« マレー・ラインスター『地の果てから来た怪物』(’58、東京創元社文庫SF) | トップページ | 《架空マンガレビュー》『ダウンロードの鬼』('02、日) »

2015年8月23日 (日)

ジョー・ヒル、ガブリエル・ロドリゲス『ロック&キーVol.1』 ('15、飛鳥新社)

 世にも悪名高きジョー・ヒルが原作のコミックブックを読まされるなんて、今日はなんて運の悪い日なんであろうか!(って、まぁ、しっかり自分で買っておるわけですが。)
 なに、ジョー・ヒルって何者だって・・・?
 きみはよっぽどツキまくった人生を送ってるに違いない。やつのことを知らずに過ごせるなんて。度はずれた幸運に恵まれているとしか思えない。
 西部じゃとっくに有名ですよ。伝説のホワイト・トラッシュ。飲んだビールの大ジョッキで人の頭を殴る男。幼女と幼児を強姦して殺し、死体の皮を剥いで軒先に吊るして、うちわで扇いで涼む人でなし。ど畜生。指名手配犯。無法者、デスペラード。
 そいつがジョー・ヒルってやつですよ!

 ・・・と、三文芝居はいい加減にして、今回のこの本、確かに世評通り面白かった。
 税込4,500円もするんで貧乏人には決してお勧めしないが、ま、このクソ暑いってのに毎日よくもまぁ会社ばっか行ってるような律儀なクソガキどもには、やきとんで一杯の替わりに読んでけ!って程度には推奨できるかナー?!まったく大人って、くだらないことにばかり金使ってるよネ。嘆かわしい。
 でも全編フルカラーで300ページ以上ありますし。鼻に鉤マーク状の影を描き込む、80年代の日本マンガみたいなロドリゲスの作画術は、いまいちながらも丁寧で好感が持てる仕事だし。「ま、いんじゃネ?」って感じですか。つべこべ言わず買っちまえ。

【あらすじ】

 ある日狂ったクソガキがやって来て、親父をぶっ殺して数か月。すべてを忘れ人生をリセットするために父方の実家に引っ越してきたロック一家を、井戸の底の悪霊が襲う!
 まさに死霊悪霊乱れ舞いといった大変な事態なのであるが、悪霊がなんで襲ってくるのかと言えば、そのカギは文字通りこの実家(豪壮なお屋敷)の中に隠された太古の鍵にあるのであった。ちゃんちゃん。
 なら、引っ越さなけりゃいいじゃん(爆)!

 以上だ。
 これでどんな話か解れというのは、ペンギンに高校入試を受けさせるくらい無理があると思うので、細かい説明はしない。
 
しないが、面白ポイントをちょっとだけ解説しておくと、とにかく隙あらば人をぶっ殺したがる大量殺人鬼の出てくる話は、たいてい外すことがないものである。
 ジョー・ヒルの本書を読んでいて直接的に思い出したのは、ニール・ゲイマン『サンドマン』3巻に出てきた少年ホモ殺人鬼なあいつ(名前忘れた)だが、『殺戮の〈野獣館〉』だって本筋とたいして関係ないロリコン親父殺人鬼の大活躍によって面白さを倍加させているわけだし。
 そもそもがレザーフェイスの昔から、得体の知れない、ほっとくと死体の山を勝手に築いてしまう悪い人達ってのは、われわれの精神の間違ったツボをグイグイ押してくるパワーを持ってるもんですよ。ね、そうでしょ、ご同輩?
 そういう悪すぎるやつって、なぜかアメリカではエンターティメントのキャラクターになっていて、ハンニバル・レクターを筆頭にしてとても人気がある。
 アメリカって、やっぱり不思議だ。

 ところで、ジョー・ヒルってのは、キングの息子ですよ。『地獄のデビルトラック』監督の。あ、知ってた?当然だよね。こりゃまた失礼しました~~~

|

« マレー・ラインスター『地の果てから来た怪物』(’58、東京創元社文庫SF) | トップページ | 《架空マンガレビュー》『ダウンロードの鬼』('02、日) »

マンガ!マンガ!!マンガ!!!2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョー・ヒル、ガブリエル・ロドリゲス『ロック&キーVol.1』 ('15、飛鳥新社):

« マレー・ラインスター『地の果てから来た怪物』(’58、東京創元社文庫SF) | トップページ | 《架空マンガレビュー》『ダウンロードの鬼』('02、日) »