« りんたろう『幻魔大戦』 ('83、角川映画) | トップページ | 東史郎・小川保雄『悪少女②』 ('79、日本文芸社ゴラクコミックス) »

2014年2月23日 (日)

村形順子・木村知生『魔獣戦士タイガー①』 ('84、秋田書店少年チャンピオンコミックス)

 ひとめ見て大バカだとわかるマンガに、あれこれ解説を加えて揶揄する必要などまったく無い。
 だが、そのバカさ加減がなんらかの有益な可能性を含むものであること。また世間一般に流通するカッコよさというものがいかに薄っぺらく、厚顔無恥で押し付けがましく、どマヌケと紙一重の危うい存在であるかということ。これらを証明する資料としては、第一級の説得力を持つであろうことは間違いない。
 ま、証明してどうするというのも確かですが。

 今回採り上げるのは、怒るとトラになる男の物語である。

6151r7twql

【あらすじ】

 怒るとトラに変身する特異体質の持ち主タイガー!正直過ぎるネーミングに脱力だ。発表当時にして既に「古い」「ナウくない」と揶揄されるようなセンス。『コブラ』にでも触発されたのか。いかしたバンダナ、ノースリーヴの袖口が三角に切れ上がった変なピチT着て肩で風切り、新宿のディスコにいきなり参上だ。
 鳴り響くミュージック、乳房を放り出し踊り狂う不細工ねーちゃん。タトゥーにピアス。グラサン、リーゼント。
 場末の安い近未来感覚が爆発する画面に、早くも拙者の腰は砕けそう。
 そんな無残な喧騒を抜け、70年代ヒーローの特権・ガニ股でそぞろ歩き、正面鏡張りのいかれたドアを開けた。
 
 「よく来たわねタイガー、こないだの返事を聞かせて貰うわ!」

 VIPルームに君臨する悪の女王・麗華様と対峙するタイガー、鼻くそをほじりながら、

 「・・・んぁ?なんだっけ?!」

 この男、相当頭が弱いようだ。
 怒りに駆られる麗華様だったが、そこはSMクイーン歴13年、だてに歳は喰っていない。
 美しく引かれたアイラインをキュッと絞らせ、

 「あなたを悪華団の副官に指名した件よ!」

 でた。
 誰が見ても分かる悪そうな集団。しかもさりげなく(でもなく)自身の名前も織り込み済み。

 「あぁー・・・。それなら断る。」

 鼻くそ、ピンと指で弾き。不敵に笑った。
 悪。ダメ、ぜったい。
 タイガーの持つ男らしい心情をこれほど見事に綴ったシーンがかつてあったろうか。って、いまわれわれはこのマンガを読み始めたばかりですが。ヒシヒシと迫る、もうダメになりそうな予感が素晴らしい。開巻わずか4ページ目なのに。

 麗華様の勧誘をあっさり撥ねつけたタイガーは、階下のレストランで店員に小便を掛けられ虐待されていた乞食を助ける。店内で小便してはいけません。
 徹底した正義の人であるタイガーは、風紀紊乱けしからん店員を鉄拳制裁。ボコボコにしてあっさり片付け、乞食の被った大きなトチロー風味の麦藁帽子を外すってぇと、これがなんとまぁ、80年代アニメ風美少女。
 首から下は劇画風ナイスバデーだが、顔はもろ幼女という、作者の決定的な画力のなさが生んだデンジャラス物件。
 
 「お・・・おれは、おまえを抱きたい!」

 正直すぎ。
 社会的地位を脅かしかねない危険な欲望のカミングアウトに躊躇無い、おおらか過ぎる性格のタイガーに、一同思わず苦笑。そして展開する、くんずほぐれつのベッドシーンには床慣れした佐藤師匠も思わず赤面だ。・・・ってマジか?話が早すぎるぜ!
 52階の高層ホテルの部屋。シャワーを浴びて、月明かりだけが照らす薄暗い部屋で。
 ずぽぽ。
 本当に挿れてる。
 ずぶぶ。
 本当に挿してる。
 ぬぷぷ。
 出し挿れ、もはや自由自在。下半身の魔術師。

 いいのか、タイガー。下半身は26歳だが顔は12歳そこそこの女だぞ。っていうか、なんなんだこのマンガは。やりたい放題か。

 タイガー自身を心行くまで放出し、満足の喫煙を果たすタイガー(事実)。濃厚に漂う少年マンガにあるまじき大人の気配に、突如として襲い掛かる卑劣極まる悪華団。
 ほっ。
 
 「ぴょーーーッ!」
 「ぴょーーーッ!!」
 「ぴょーーーッ!!!」


 近未来の悪は掛け声すら独特だ。
 黒覆面に網タイツの悪党軍団をちぎっては投げ、ちぎっては投げ。完全武装の忍者集団を怒りにまかせて素手で叩き伏せてしまった。
 その間巻きつけたタオル一枚の顔だけ幼女は、ヒロインの特権として悪の魔の手に攫われていってしまった。ホテルのフロアを全力で叩きくやしがるタイガー。最低あと2発はやれたのに。回数制限が妙にリアル。
 その、極限までせつない怒りがタイガーの奥底に眠っていた変身能力に火をつけた!

 ぶぼぼぼぼ。
 薄いTシャツを引き千切り、上半身が巨大なトラの姿となり、暴れだすタイガー。ホテルの壁を破壊しTVを窓から放り投げ、来日したレッドツェッペリンを彷彿とさせる凶行を繰り返して彼女を探し求める。

 「ちくしょう!!!
 オレは、幼女が好きだーーー!!!
 幼女しか興味がねぇんだーーー!!!」


 心からの、血の叫びだ。
 行く手を阻む卑劣な悪華団はトラの牙の餌食となり瞬殺。ヒグマを思わす強力パンチは忍者の邪悪な顎を砕き割った。強い。この男、無意味に強すぎる。
 どこまでも邪悪な麗華様は、麗華銃殺隊を繰り出し、重機関砲の一斉掃射でタイガーの進攻を止めようとしたが、大人の女性にいっさい興味を示さない正直すぎる性欲エネルギーの暴発の前にはまったく太刀打ちできず、顔面を握りつぶされ、首を捥がれて殺されてしまった。

 あきれた幼女好きのタイガー、敵を皆殺しにしヒロインが幽閉されている拷問室に駆けつけると、彼女はやり殺されて死んでいた。

 「しまったーーーッ!!!
 敵にも、同じ病的趣味を持つやつがいやがったのかーーーッッ!!!」


 正義の怒りで地面を何度も殴りつけるタイガー。ロマンを求める旅はまだ始まったばかりだ。

【解説】

 熟女でもなく少女でもなく、幼女が好き。
 そんな異常趣味を全力でバックアップする、G.I.ジョーの如き心強いマンガの登場に拍手喝采だ。
 このあとタイガーは砂漠に潜むニューハーフにあったり、本物の幼女と友達になり真剣交際を告白したり、あきらかに性的に異常なアドベンチャーに本気で挑んでいく。その間、人間を真っ二つにちぎったり、股間の持ち物を大きくしたり縮めたり。そうして少しずつ大人の階段を登っていくタイガーの活躍に次週もご期待ください!

|

« りんたろう『幻魔大戦』 ('83、角川映画) | トップページ | 東史郎・小川保雄『悪少女②』 ('79、日本文芸社ゴラクコミックス) »

もっと、あらすじが読みたいきみへ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村形順子・木村知生『魔獣戦士タイガー①』 ('84、秋田書店少年チャンピオンコミックス):

« りんたろう『幻魔大戦』 ('83、角川映画) | トップページ | 東史郎・小川保雄『悪少女②』 ('79、日本文芸社ゴラクコミックス) »