« ホルヘ・グロウ『悪魔の墓場』 ('74、スペイン+イタリア、日本ヘラルド) | トップページ | 古賀新一『血みどろの蟲屋敷』 ('85、秋田ホラーコミックス) »

2011年5月11日 (水)

5/11ウンベル、虫喰い干しに興味深々

 Oni

 宇野誠一郎先生の逝去を追悼申し上げる。


 こんなふざけた表題の記事で、お恥ずかしい限りだが。
 だいたい、上記掲示のイラスト、誰だかわからないし。

 いや、しかし驚いたなぁ。
 ちょうど今朝がた、CDウォークマンを畳みながら歩いていたら、「きみは何を聴いとるのか、ホイ」と近所のバカに呼び止められたので、

 「宇野誠一郎作品集Ⅰです、ホイ」
 とバカ正直に返事をしたところ、

 「それはなにか、とクエスチョン!」
 としつこく聞くので、

 「あー、『ひょっこりひょうたん島』とかの作曲者です。あと、『ふしぎなメルモ』とか、『ねぇムーミン』とか、『ダイヤモンドダストが消えるまで』とか」

 「それ、ユーミン!」

 「あと、『一休さん』とか『ははうえさま』とか、あと『一休さん』とか」

 「一休さんばっかしじゃないか!どんだけ一休が好きなんだ」

 「(小声で)まずいですよ!だんだん、バカキャラ薄くなってますよ!」

 「しまった、ホイ」

 ・・・と愉快なひと騒動があったばかりであったのだ。(半分実話)

 語ってる傍から人が死ぬ。
 これは中学の頃、「ディックが好きです」と告白した途端に、ディックが死んだ驚愕体験とかぶるものがあるが、あの頃はネットなんかないから、情報の伝達も遅かった。
 死んだら、世界のどこでもすぐわかる。
 素敵な時代になったネ!

 まぁ、この文章の調子からもおわかりの通り、私と宇野先生との距離は士農工商以上の隔たりがあるので、たいした追悼の弁などないのだが。
 とうぶん宇野先生のCDを電池が消耗しきるまで愛聴させていただこうと思う。
 
 さようなら。いい曲をいっぱいありがとうございました。

|

« ホルヘ・グロウ『悪魔の墓場』 ('74、スペイン+イタリア、日本ヘラルド) | トップページ | 古賀新一『血みどろの蟲屋敷』 ('85、秋田ホラーコミックス) »

チェック不要の新着情報!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5/11ウンベル、虫喰い干しに興味深々:

« ホルヘ・グロウ『悪魔の墓場』 ('74、スペイン+イタリア、日本ヘラルド) | トップページ | 古賀新一『血みどろの蟲屋敷』 ('85、秋田ホラーコミックス) »