« 相米慎二『光る女』(’87、大映+ディレクターズ・カンパニー) | トップページ | 『蜂女(インベージョン・オブ・ザ・ビー・ガールズ)』 ('73、WHDジャパン) »

2010年11月24日 (水)

11/24 ウンベル、へそくりを大公開

「ありゃー、なんだー、この記事はー?」

佐藤師匠が無邪気な声で云った。
ウンベルはバーの止まり木にだるそうに凭れて、喋る。

「師匠、ルフィの物真似で話すのはやめてください。
だいいち、おたくのぼっちゃんは仮面ライダーに夢中なんでしょうが」

「まぁなー、けどよう、お前のブログ、今月ぜんぜん更新しないじゃんかよー?
オレは毎日、クリックしてるんだぜ。いつまでたっても、デボネアばっかしじゃん。
いいかげん、アタマにきた!
今日はこの場でページを借りて、お前を絶対ぶっ飛ばす!!」

 

「・・・すいません。ゴムゴムのナントカだけはやめてください。
記事にしたいものは日々たまる一方なんですが、なかなか時間がとれなくて」

「ホントかよー、たとえば、どんなネタがあるのよ?」

「今月、川島のりかずだけで三冊、拾いました」

「そういうのを書いて欲しいなー。オレ、あんたの記事でのりかずの名前を知ったんだよー。
思わず、検索しちゃったよー。」

ウンベル、ガバと平伏する。

「へ、へー。恐縮すぎるお言葉。
だいたい、あたしの記事はレビューとは名前ばかりで、まともな作品紹介が一切ないという・・・。」

「ホントだよなー。
だいたい、今やってる『恐ろしい村』だっけ?アレ、長すぎ。やばい」

「かれこれ、半年はやってますからねー。同時収録の短編「蝶の家」にも触れないとまずい、とは思いつつ・・・。」

「創作を披露する場所を切り離したほうがいいんじゃない?
僕は、タブラと育児は分けて考えてますよ」

「(そりゃそうでしょう、と云いたいが堪えて)へ、へー。
さ、さすが、師匠。もったいないお言葉。
そこで、いちおう、こちらも対策を考えてみました!」

「んー、どんなんだー?」

「まだルフィですか。
従来のウンベル総司令とスズキくんのシリーズを『川島のりかず劇場』と呼ぼうと思います。
これと『川島のりかずレビュー』を分けて考える方法論です」

「んー、いいんじゃないー?さっそく、やれば・・・?」

「第一弾、『化けもの赤ちゃん』!近日公開!乞う期待!」

佐藤師匠、グビと手にした黒霧島のロックを飲み干した。

「そうか、そうか。
そりゃ、よかった。
・・・んじゃば、いってみよーか。
ゴムゴムのぉーーーー・・・!!!」

「え?!」

|

« 相米慎二『光る女』(’87、大映+ディレクターズ・カンパニー) | トップページ | 『蜂女(インベージョン・オブ・ザ・ビー・ガールズ)』 ('73、WHDジャパン) »

チェック不要の新着情報!」カテゴリの記事

コメント

「ゴムゴム....」ってなんだっけ?

投稿: sato | 2010年11月25日 (木) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11/24 ウンベル、へそくりを大公開:

« 相米慎二『光る女』(’87、大映+ディレクターズ・カンパニー) | トップページ | 『蜂女(インベージョン・オブ・ザ・ビー・ガールズ)』 ('73、WHDジャパン) »