« 『どんづる円盤』 (’78、日) <後編> | トップページ | 『デッドリー・スポーン』 (’83、米) »

2010年1月 1日 (金)

1/1 ウンベル、新春に呪いの風を運ぶ

 諸君!お前のアトランティス大陸は見つかったか?!
 無理?!
 あ、そう。(意外とあっさり撤収。)
 ウンベルだ!本年もよろしくねッ!

 しかし、本年度も、課題図書が山積みで新年を迎えることとなり、非常に不本意だ。
 アポロが月に行くことがあっても、私が自分の蔵書を全て読みきることはないのではないか。不吉な予感が胸を横切る。

 また、古本ハンターことスズキくん以外、まったく関心を示さない事項であろうが、
 『蔵六の奇病』カラー本を、元旦に俺は見た!(少年画報版、ですねー。)
 表示価格一万五千円!ひゃー!!きびしィなァー!
 
 それだけなら、まだいいが。
 年末ブロードウェイで、お買い物(「白雪姫は悪魔の使い」「人魂のさまよう海」など)をした際、ふと、レジ横のショーウィンドウを覗くと。なんと。

 城たけし『呪われた巨人ファン』が!!!

 心臓が止まるかと思った!!
 しかし、さらに、その横に陳列されていたのは!!

 川島のりかず『中学生殺人事件』!!

 しかも、両者共に値段のラベルがついていない!!

 
・・・・・・・・こわい!!こわすぎる!!

 
その瞬間、俺の頭の中の打算コンピュータがスパークし、動きが完全に止まってしまった!!
 いったんお買い物のレジ、完全に終えちゃってるという今の状況もやばい。
 それに、いまだ捌けていない、のりかずの名作『フランケンの男』が七千八百円する、という相場状況から推測するに、
 こりゃ、一万円は下らない。
 しかも、大物が二冊。同時に。
 あまりにも、ビッグタイトルだ。最後の、ラスボス級だ。
 ラスボスが、ダブル。
 そんなゲーム、聞いたこともねぇよ。

 出せるか?
 出せるか、ウンベル?!

 ・・・・・・・・・・・・うぅぅぅむ。

 (以下心の中のエクスキューズ。)

 しかし、この二冊をいきなり手にしてしまうと、俺自身何か終わった感漂う、燃え尽き症候群に陥ってしまうのでは?
 (後で思うと、たぶん、絶対、それはないのよ。)

 人生にはもっと楽しいことがあるぞ、何を生き急ぐ??
 (これは、妥当な見解。)

 そもそも、のりかずが万単位なんて、絶対おかしいよ、資本主義経済!!
 (しかし、これが現実だぞ。)

 いや、問題はそういうことじゃないんだ。うぅぅッ。

 さまざまな思惑がアタマを埋め尽くし、オレは師走の夜の街に逃亡した!!

 そして、心を決めて元日行くと、その二冊は瞬時に消えてしまっていた!!

|

« 『どんづる円盤』 (’78、日) <後編> | トップページ | 『デッドリー・スポーン』 (’83、米) »

チェック不要の新着情報!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/1 ウンベル、新春に呪いの風を運ぶ:

« 『どんづる円盤』 (’78、日) <後編> | トップページ | 『デッドリー・スポーン』 (’83、米) »