秋の大運動会~涙色の空

2010年9月20日 (月)

[ 伝授・特別編 ] 9・17 大阪グランキューブ 沢田研二『秋の大運動会~涙色の空』セットリスト&完全レポ

昨年に引き続きましてのこの時期、もはや恒例・・・(なのか?)ジュリーLIVE遠征・イン大阪でございます~。

夏の続きか秋の気配か。
といった按配を予想していったのですが・・・あ、暑い!

ジュリーが「ようやく運動会らしくなってきました」と言っていたように、多少涼しくなったとは言え、それでもまだまだ暑い大阪なのです。
去年と比べたら、一目瞭然。
昨年は9月の18日に大阪で柴山さんの目の前でピョンピョンしていた僕ですが、こんなに暑くはなかったですよ。
何故そう言い切れるかというと。
今だから言えますが、その18日のLIVEの翌19日、僕は初めてカミさんの実家に挨拶に行ってるわけです。つまり、スーツを着ていたのです。
でも全然「暑かった」という記憶が無い。
今年の19日にスーツを着てたら・・・死んでます。

いやいやそんな話はどうでもいい。
新幹線も定刻通りに大阪に着き、余裕を持ってグランキューブに到着。ちょっと交通の便は微妙なのね。
まずはグランキューブ内の2階喫茶店にお呼ばれし、たくさんのJ先輩にご挨拶したり指さされたりしながら、お茶を飲みます。

僕のチケットを見てもらい「A
l」の「」が「i」(アイ)なのか「l」(エル)なのか、みなさまに判別して頂きました。
かすかに点らしきモノがあるから「i」だろう
・・・との鑑定で、「やった~1ケタや~!」と喜んでいますと、「どっちにしても松席には変わりないだろう」とツッコミが。
そこでお隣のレオ丸お姉さまがおもむろにチケットを取り出しながら
「アタシなんかcかoかで悩んだねんで~」
と。
拝見しますと、たたた確かに!
よ~く見れば右側に穴がありますから「c」なんですけどね。パッと見「o」にも見えるんですよ。
年を重ねればその分・・・うあ!すみません!

・・・などという開演前の考察から、グランキューブの座席列番号はもっと分かり易くした方が良いのではないか、という結論が導き出されました~。

で、6時前にせっま~いエスカレーターでホールのある5階へ移動。
エントランス付近でもたくさんの先輩方に声をかけて頂きました。みなさま、僕の最新記事を読んでくださっていて、「はじめまして」とにこやかに仰ってくださいます。嬉しいですね~。

そうこうするうち、超・大物から連絡を頂きまして通路奥で待っておりましたら、颯爽と現れました~。
吉田Qさん!
ジュリーwithザ・ワイルドワンズの大名曲「涙がこぼれちゃう」「いつかの”熱視線ギャル”」の作詞・作曲者として名を馳せ、先月28日には千葉フェスにて1万人の観衆の前で「ジュリ~!」を連呼し存在感を見せつけた、若きシンガーソング・ライターでございます。
この日がジュリーLIVE初体験でだそうで。

一応、「変装してきた方がいいですよ」と伝えていたのですが、完全な素の状態でご登場なさいました~。
「一応メガネかけて来たんですけど」
と、相変わらずの渋い声です。

Qさまのお隣りには、ASAHI SUPER DRY THE LIVEの投票では心をひとつにして共にゴム紐を売り歩いた、関西・Qさま応援団のケンケンジ様がいらっしゃいました。
ケンケンジ様には、その後一旦別れてすぐまた再会した際、写真も撮って頂きまして、それが先頃流出したアレでございます。

結局、開演直前まで入口付近をQさまと二人でウロウロしていたんですが、意外にみなさまこの超大物に気がつきませんねぇ・・・。
それとも、「あの人、Qさんじゃなかった?」って、後からウワサされてるんでしょうか。

さて、いよいよ入場。
今回のお席は通路に面しています。
通路側でしかできないことって、意外と多いんですよ。楽しみ倍増です。
グランキューブ、えっらい縦長ですなぁ・・・。2階席もあまり前方までせり出した作りではないですね。

会場雰囲気に、セットリストへの期待感を感じます。ネタバレを我慢して参加なさっていらっしゃるお客さんが多いのでしょう。
こういう雰囲気は、今ツアーではこの大阪まで・・・でしょうかね。

ブザーが鳴ってからの待ち時間は、渋谷ほど長くありません。
開演!

---------------------------------

1曲目「ROCK' N ROLL MARCH」

Rocknrollmarch

イントロのドラムスで「お~っ!」と立ち上がる会場。この瞬間のために、皆必死でネタバレをガマンするんだもんね・・・。
後ろは振り返らなかったけど、スタンディングの割合は、どうだったんでしょ?
2階席のQさまも、「状況が許せば立つ」と言ってたけど・・・。

下山さんのフォーム、バッチリ見えます!

2曲目「BAMBINO EXCUSE

Pleasure

イントロが終わってヴォーカル導入するタイミングでずずい、と前にせり出してくる両サイドのギター兄弟。
おぉ~、下山さんのジャンプが大きい!

ジュリーは1番から歌詞を間違います。この曲については最早お約束ですが・・・なんですか、伊勢原は完璧だったんですって?信じ難いなぁ。

ジュリー、声自体は渋谷よりも出ているようです。渋谷ではこの曲でも息切れが目立っていましたからね。

3曲目「緑色のkiss kiss kiss

Pleasure_2

打上げにていわみ先輩が、この日最も印象に残ったナンバーとして挙げていらっしゃいました。
「DY君、この曲のLIVEは完全にブルースだよ」
と。

で、御本人のブログでは鉄人バンドのインストについて同じことを書いていらっしゃいますが、僕の目の前でグイグイ飲みながら
「ジュリーの横に行ってブルースハープを吹きたかったよ」
といわみ先輩が仰ったのは、この「緑色のkiss kiss kiss」について語っておられた時でしたよ~。

前日の広島公演でジュリーが歌詞を
「ヒロシマの空から~♪」
と変えて歌った、という情報は掴んでいましたが、大阪でもやってくれましたね。その瞬間の会場の「わぁ~っ!」って雰囲気も伝わってきました。
”ヒロシマの空”というのは特別な言葉ですから、限定かなと思っていましたが・・・どうも今後各地で披露されるっぽいですね。

4文字地名の公演は要注意です!
「福岡」は堅いでしょうね。
ひょっとしたら5文字も行けるかもしれません。「館林の空♪」とか・・・。

~MC~

「何度も金使わせてスマンな~!」
という挨拶からしてすでに・・・絶対関東圏では聞けないジュリー節ですよね~。

ジュリーの
「まいど!」
にはすかさず
「おいど!」
と返すお客さん・・・いくら大阪のお約束とは言え、凄い。
もうね、コンマ数秒の反応なのよ。

「9月3日に始まった時はまだまだ暑くて・・・何処が秋や!といった感じでしたが、ようやく運動会らしい気候になってきました」
ということで、「さ~んきゅ~!」と大きく手を振りながらの大阪ご挨拶のシメでございました。

4曲目「ス・ト・リ・ッ・パ・ー

Stripper

ハイハイ、この曲のDYNAMITEはピック弾きのエアベースでございますれば。ちゃんと正しいタイミングで弦楽器横揺れを一緒にやらさせて頂いております。
だって、下山さん一人じゃかわいそうじゃん!
(柴山さんも多少揺れてるけど、実はこの曲のリードギター・パートは難易度が高く、それドコではないのよ)

「俺のすべ~てを~~~♪」
のトコで、ストロークの突き放しがあって横揺れは一瞬止まります。
下山さんがうつむきながら拍を数え、GRACE姉さんの3連符を待っているのが手にとるようにわかりました。

5曲目「ダーリング」

Konndohakareina

冷静になってみますと、「ス・ト・リ・ッ・パ・-」~「ダーリング」って凄い流れだよねぇ。YOKO君が羨ましがるワケだ。
プレプレツアーの「勝手にしやがれ」と同じく、長年のファンのお姉さま方のキメポーズが完璧で・・・後追いファンは全部にはとてもついていけず、悔しい思いをしております。
ただ
「だ~~~~~~~~り~~~ん
♪」
のグー→パーは必ず合わせます。そこはもう意地です!

6曲目「君をのせて

Acollection

さぁ、下山さんガン見です!
ジュリーに睨まれたかもしれません。分かりません。僕は畏れ多くもジュリーを見てませんから、この曲だけは。

「君をのせて」・・・コード進行はすべて頭に入っていますが、問題は下山さんがどのようなフォームで弾くか、です。
下山さんの手元を確認しながら、自分も一緒に左手でフォームを追いかけます。ところどころ「ん?」という感じで追いつけなかったり。
「お~!」と思ったのは

肩と肩を ぶつけながら
F    F#dim     C        Am

の「F#dim」。
これを下山さんはハイポジションの7フレットで弾いたんです。
dimというのは特殊な和音で、ルートは違っても和音構成それ自体はすべてのキーを合わせて3種類しかありません。
従って、どのポジションで弾くか、はギタリストの主張であり、楽曲解釈でもあるわけです。

下山さんは
1弦=8フレット
2弦=7フレット
3弦=8フレット
4弦=7フレット
のフォーム。

僕は今まで「君をのせて」を1フレットのフォームで弾いていましたから、これにはビックリ。
「F→F#」の流れよりも「F→A」という鋭角的な表現(しかもハイポジションですからチロリン♪みたいなカン高い響きになる)を下山さんは選んだのですね。
おそらく柴山さんとはずいぶん解釈が違うはずです。

転調後は、A♭を下4弦のみのポジションで弾いたり・・・勉強になりましたね~。
実は・・・10月の渋谷は、この大阪よりもさらに下山さんガン見なお席を賜っておりますので(ああっ石を投げないでください!)、完璧にコピーして参りたいと思っています。

7曲目「I'M IN BLUE」

Gsiloveyou

いわみ先輩曰く
「周りは座っとったけど、俺は一人でノリノリやったで~!」
ということで、会場の反応自体は今ひとつだったようですが、マニア泣かせの素晴らしい選曲でしたね、これは。

「Maybe I'm a loser♪」以降手拍子が頭打ちになるのは渋谷と同じ。
「すべてはこの夜に」の「Hang on me♪」の部分と同じですね。どちらも佐野元春さんのナンバーなのは、偶然かな?

8曲目「”おまえにチェック・イン”

Wonderfultime

一転しまして、この曲ではジュリーしか観ていないという。
とにかく、ジュリーのヴォーカルにピッタリなナンバー。62歳にして、「オーマイ・ゴッド♪」や「ハレルヤ♪」のアクションがあまりにもカッコ良過ぎます!
かと思えば、サビは例のキバリ拳炸裂でございますよ~。

張り切ってジュリーと一緒に「うん!」「あっ!」とやっておりましたら、お~!斜め前、Ah14番のお姉さまもバシバシとやってはります。嬉しいですね~。

翌日シネ・ヌーヴォーさんにてお会いしただんぼ様は、グランキューブ2階からDYNAMITEの「ほみたい、うん!」をチェックしまくっていらっしゃったとのこと。
ダメですよ~。ジュリー観てなきゃ~!

9曲目「明日」

Ikitetarasiawase

えっ、メイ様の「イントロで・・・?」な曲は、これでしたか!
てっきり「ひかり」あたりかと・・・。「ひかり」は以前からお好きだったのですね。

先述しました、通路に面してこそできるアクションとは。
「蹴散らした~♪」
の、キックです!
DVD『ワイルドボアの平和』で初めてこの曲のジュリーのアクションを観た時、是非参加したいなぁ、とずっと思っていたのですが、渋谷初日は(2階席だったこともありますが)とっさに足を出すことができませんでした。
その分、大阪では広い空間に向けて思いっきりやって参りました~。

ギターソロの照明も完璧で、ホッ・・・。
松席で観ていると、イントロのGRACE姉さんのキック連打が凄かったです。

10曲目「我が窮状」

Rocknrollmarch

渋谷初日では歌詞が飛んでしまうハプニングがありましたがこの日は大丈夫。
ジュリーはもうすぐ、いつもとは全然違う場所でこの曲を歌うのですね。歌の力を存分に発揮してくれることでしょう。
そういえば、その時の伴奏はどうするんだろう・・・。泰輝さんが駆けつけたりするのかな?

柴山さんはローディーさんから次曲インストのギターを受け取らず、両手フリーの体勢でコーラスに専念。
曲が終わるとすかさずスタンバイ!

11曲目 鉄人バンドによるインスト

渋谷では、イントロで真っ暗な中、泰輝さんにスポットが当たってましたが、この日はさほど強調されてなくて、ステージ全体が明るい感じでした。
僕の前方、ほとんどのお客さんが座ってしまって・・・「こりゃイカン!」と必死で手拍子を続けました。
下山さんの重厚なロングトーンのソロが始まったあたりから、徐々に周囲の方々もノッてきてひと安心。

実は、僕も『奇跡元年』の時はそうだったんです(恥)。
レポにも”休憩”なんてとんでもない書き方してるし・・・。エラそうなこと書いてる割には、集中力が途切れていたのでしょうね・・・。


選曲構成については、ジュリーが「我が窮状」を歌った後でスイッチを入れ替える必要がある、ということなのだと思います。
だから「我が窮状」が前半のトリなんですね。

12曲目「涙色の空

Namidairo

敢えて書きますが・・・。
柴山さんに痛恨のミスがあったのです。

柴山さんの出番は鉄人バンドの中で最も遅く、2番途中から。
「ちゅくぎゅ~~ん!」(
←ごめんねワケわかんない擬音で
とピックを滑らせた後、最初のタッチで「ソ」の音を出さなきゃいけないのに・・・「ラ」だったか「ラ♭」だったか、少し高いフレット位置で弾いて、不協させてしまいました。
すぐにGmに戻りましたから、それはほんの一瞬のことでした。

僕が敢えてこのことを書くのは、僕のような者でさえそれに気づいた・・・「涙色の空」とは、そこまで後のない究極の形でアレンジされたナンバーなのだ、ということです。

僕には絶対音感がありませんし、純粋に鳴っている音だけでこのようなミスに気づくことは滅多にありません。と言うか、普通この程度のミスは他の音に埋もれて目立たないのです。
鉄人バンドにベースがいれば、気づかなかった。
エレキギターが2本でも、気づかなかったでしょう。

「涙色の空」のアレンジは、完全に各メンバーの役割がパーツとして確立していて、どの音が欠けても成立しませんし、どの音がミスしてもハッキリ全体に影響します。
今回の柴山さんのプレイは珍しいハプニングでしたが、彼等4人がそこまでそぎ落とされた剥き出しの楽曲に立ち向かっているのだ、ということを改めて確認できました。
演奏するのは、長年ジュリーと苦楽を共にした彼等鉄人バンドでなければならない。そういう曲なのですね。

転調前のアコギ弾き語り部では、ジュリーの歌詞が一瞬飛んで早口で追いかける格好になり、そこでは下山さんが一層ストロークを大きくしながら、リズムを乱さぬよう「くっ!」と唇を噛んで気合を入れているのが伝わってきました。

演奏の出来それ自体は渋谷初日(完璧でした)の方が上だったわけですが、素晴らしいお席でこのような不測の事態をいくつか目の当たりにし、「涙色の空」の究極性を垣間見たような気がして、僕はとても感動したのでした。

13曲目「エメラルド・アイズ

Namidairo_2

打ち上げでいわみ先輩に
「すまんDY君。この曲はどうやってノッたらいいのか解らんのや」
と頭を下げられてしまいましたが・・・。

確かに、なかなかLIVEでの反応が難しい楽曲です。僕は下山さんのソロから手拍子を始めるつもりでしたが、やってみるとどうも唐突なんですよね。
GRACE姉さんのドラムスは、1番と2番ではAメロでスネアを入れる拍が違うのです。2番から普通に手拍子でいいのかな、とも思いましたが、途中でまたスッと後ノリに移行する箇所がありますし・・・。

渋谷ではほぼCD通りの演奏だった下山さん。この日は1番の1回し目からすでに、ジュリーのヴォーカルに絡むアドリブの単音を弾いてくれました。
ギターを弾きたくて仕方がない・・・そんなステージだったのではないでしょうか。
鉄人バンドの下山さんは、完全に復活いたしました。

(後註:いや、ギターが弾けることへの思い・・・だったのかもしれません。南さんのことがあったばかりでしたね・・・)

14曲目「まほろばの地球

Namidairo

やっぱりこの曲のLIVEでのジュリーは、エロい・・・。

いわみ先輩と話していて思ったのは、僕の感じる”ロックにおけるエロ”はおそらくミック・ジャガーが基準なんじゃないかと。
僕自身はいわみ先輩とは逆で、どちらかと言うとストーンズよりはビートルズ寄りだったりするのですが、それでも最強にエロいロック・ヴォーカリストと言えば圧倒的にミック・ジャガーなわけです。

では、ジュリーはどういう時にミック・ジャガーばりのエロを発揮するのか。

その答えのひとつが「まほろばの地球」にあると思います。
一例としては、バック演奏の構成がハードなツイン・リードであること。
それによってジュリーは曲が進行していくに連れてどんどん陶酔状態になるのです。ジュリー自身が、ストーンズのツインリードのリフ・ロックを好きなんだと思います。

「エロを振りまいています!」という主張を持つヴォーカリストに、僕は全くエロを感じません。
脳が恍惚となった状態から歌われるメロディーと身体の動き。つまり、”捨身”のヴォーカルにこそ、ロック的エロがある、というのが僕の考えなのですがいかがでしょうか。

大阪のジュリーはエロかった。
そして、いつか「Shangri-la」を生で観たいものだ・・・と思いました。

15曲目「若者よ」

Namidairo_2

「DY君、この曲はな・・・」(ぐい!)
「はぁ」
「完全にGSなんだよ!分かる?」(ぐい!)
「はぁ、なんとなく・・・」
「いや、分かっていないな・・・。GSと言ってもタイガースじゃない。ジュリーと柴山さんと泰輝さんの3人は、この曲ではスパイダーズだ!そして柴山さんの作曲はジャガーズだ!分かる?」(ぐいぐい!)
「どちらも数曲しか聴いたことが・・・」
「はぁ・・・(溜息)。若者よ!と喝を入れたくなるジュリーの気持ちが分かるわ・・・(ぐいぐいぐい!)、おばちゃん、ボトルもう1本!」

・・・若干ディフォルメされていますが。
僕はこれから本館の方に「若者よ」の記事を書かなければならないのですが、う~ん難しいテーマをいわみ先輩から授かってしまいましたよ。
実は僕はこの曲、CD音源での下山さんのパートはアコギでも良かったのでは、と考えていたくらいですからね・・・。

16曲目「ひかり」

Ikitetarasiawase

ジュリーのLIVEに参加すると、それまで特に”メチャクチャ好き”というわけでもなかった楽曲にコテンパンにヤラれてしまって唖然とすることがあります。
今回はこの「ひかり」。
なんというスケールの大きな、懐の深いナンバーでしょうか。僕は例によって本館ネタバレ解禁後にはセットリストの中から何曲か復習の記事を書きたいと思っていますが、「ひかり」についてはもう今から書きたいことが次々に溢れ出てしまっている状況です。

しかし、こんな大名曲に気づいていなかったとはね・・・。詞も曲も完璧だし、渋谷・大阪と、ジュリーのヴォーカルは「届かない花々」にも匹敵するサイケデリック・バラードの最高峰たる表現力でした。
こういうナンバーをLIVEでセットリストの隠れた柱にできるアーティストは、そうはいないですよ。

下山さんは終始うつむき加減でガシッ、ガシッと4弦~6弦のバッキング。変わったコード進行の楽曲だから、渋谷でもう一度下山さんの手元をガン見しなきゃ~。

17曲目「太陽」

Ikitetarasiawase_2

柴山さんの”ぬお顔”って、2種類あると思うんです。
ひとつは、「オラオラ~!」って感じの、ギターを武器にリスナーの感性を一刀両断してしまう、攻撃系。
もうひとつは、弾いているうちにギターの方に操られ始め、「かんべんしてください~」って感じで大泣き状態になっているという、受身系。
まぁ攻撃だろうが受身だろうが、その時柴山さんが寄り添っているお相手は残念ながら組長ではなく、ご自身のギターなんですけどね。

大阪の「太陽」では、柴山さんは完全に受身系でした。
涙流してるんじゃないかと思うくらいに顔を崩して、口を開いたり閉じたり。渋谷初日は、ここまでではなかったなぁ・・・。

「ひかり」と違い、「太陽」は以前からメチャクチャに好き!という自覚のある1曲でした。
アルバム『生きてたらシアワセ』はファンの間でも好き嫌いが分かれる作品のようですが、僕は今ツアーでこのアルバムから3曲聴けたことに、とても満足しています。

18曲目「世紀の片恋」

Kitarubeki

みなさま。
イントロでGRACE姉さんが、やかんを叩くような音を出しているのにお気づきかと思います。
「カウベル」と言って、ロックには欠かせない打楽器です。
ビートルズの「ユー・キャント・ドゥ・ザット」やストーンズの「ホンキー・トンク・ウィメン」といった曲において、60年代から数々の伝説を作ってきた音。
『歌門来福』の「SOMEBIDY'S CRYIN'」でも使用されました。
是非この機会に「カウベル」という名称を覚えてくださいね!

下山さん、ボトルネックを絡めた指が・・・長い!
通常サイズのスライドバーだよね、あれ・・・。

ちなみに僕はハーフサイズしか持っていません(つまり、器用じゃないってことね)。
20100923

で、下山さん。エンディングで前にせり出してきた時には、左手には何も装着されていないのよ!
いつ外したんだろ?
次回ガン見確認したいところですが、この曲じゃ無理かな・・・。ジュリーのヴォーカルとアクションがスゴ過ぎますし、何といっても試練の「おいっちに体操」がありますからね。

試練、と言ったのは、この曲の「おいっちに体操」はかなりキツいのよ!
「ひかり」「太陽」で身体を休めてたせいなのかなぁ。
で、キツいながらもそこで踏ん張って頑張ってやり遂げれば、次曲「マンジャーレ!~」以降何故だか楽々身体が動くようになるという、不思議。
・・・考えてみれば、長距離走ってそうだよね。一番キツいのは、最初の5キロくらいなんです。そこを頑張れば、何とかそのまま行くんですよね。
まさに”秋の大運動会”。
それを実感するセットリストが、この「世紀の片恋」からなんですよね。

19曲目「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」

Samosutatto

先述のように、どういうわけだかこの時点で「おいっちに体操」が余裕の体力でこなせる・・・これが運動会の醍醐味!

ヴォーカル直前のキメの箇所でジュリーはリズムに合わせて掌をパタパタさせるんですけど、このテンポで16分音符の裏拍とか出てくるリズムですよ!
普通そんな器用に動きますかいな(僕は動かない・・・一応ジュリーと一緒に参加はしますけどね)。

間奏は柴山さん→下山さんとリードギター・リレー。
柴山さん、次回の渋谷で”交互足出しリードギター”(神業)やってくれないかなぁ・・・。

20曲目「愛まで待てない」

Aimadematenai

前曲の最後の音が鳴り終わらないうちに、GRACE姉さんのカウント。走り出すジュリー。
渋谷で一度観てる光景だけど・・・男の僕でも「ジュリー!」と身体が波打つ感じ。

今ツアーではこの曲、「ダーリン・ユー!」って、特定のお客さん狙ってやってるんですかね、やはり。
1度、僕のちょっと後ろに向かってやってました。振り返るわけにもいかず、指されたお客さんの反応が見れず残念~。

今回のセットリスト、リードギター・リレーが多いですね。

21曲目「遠い夜明け」

Kitarubeki_2

渋谷初日ではず~っと泰輝さんを観ていました。
で、この日は下山さんガン見、の予定だったのですが・・・歌が始まるやいなや、ジュリーに釘づけ。目を逸らすことができなくなりました。
何なのでしょうねこれは。陳腐な表現になってしまうけど、歌の神か何か、降りてきているように思えます。

あくまで僕の都合の良い想像的解釈ですけど、ジュリーの今回の選曲、覚和歌子さんとGRACE姉さんという、自らを代弁してくれるような作詞をした2人の女性のペンによるメッセージを重要なポイントとして位置づけているのではないでしょうか。
前半の「明日」。後半の「遠い夜明け」でそれを強く感じるんだなぁ。
どちらの曲も、ジュリーの生き方そのものですから。

翌日、azurお姉さまにメールを打ちました。
ジュリーばかり観ていたけど、「遠い夜明け」の下山さんのアコギの音は、ずっと耳に残っていました。
席によって記憶に強く残る音が違う・・・それもまたLIVEの醍醐味なのですね。

~MC~

さすがに日が経って前後の記憶が入り乱れてきてます(汗)。
順不同ということで、よろしくお願い申しあげます。

「『秋の大運動会』ということで・・・毎回、(ツアーが始まる前に)タイトルを考えてくれ、言われるんですよ。
ただシングルCDと同じ『涙色の空』じゃ、意味わかんないでしょ?それが『秋の大運動会』とかつけたら、(みんなに)何が始まるんやろか、と思ってもらえる」

「ジュリーwithザ・ワイルドワンズ(のツアー)がどうも消化不良で・・・いや、あれはあれで楽しいんですよ。
でも、ちょっと動いたら誰かにぶつかったり・・・植田さんが(ドラムセットから)降りてくる曲なんかは、床に置くスピーカー・・・俗に”ころがし”っていうヤツですが、それが邪魔で」

「なんか、”動け”って身体が言うんですよ。”今のうちやで。今のうちに動いて、走っとかなアカンで”って」

「あと8年・・・70歳までは続ける。でも・・・70になった時にまたここ(大阪)へ来てみたら全然(お客さんが)入ってなくて”あぁ、8年前はあんなにたくさん来てくれたのに・・・みんな亡くなってしまったんだなぁ”・・・なんてことにならないよう、みなさんも健康には充分留意して頂きたいと思います」

あと、化粧をやめて何年、というお話に絡んで、お2人ほど政治家をバッサリとやってました。
鉄人バンド登場のタイミングは、渋谷のレポで書いた通りの展開になってましたね。やっぱりギタースタンバイの状態で、立ちつくしたまま漫談終了を待つ柴山さん、下山さんのお二人は相当キツかったのではないかと。

メンバー紹介がありまして
「それではよろしゅうございますか。
オ・マ・ケですぅ~!」

22曲目「ポラロイドGirl」

Karehanemurenai

渋谷初日もそうでしたが、場内に「キタ~!」って雰囲気が充満しました。ネタバレを我慢し続けた関西のみなさま、あっぱれです。僕も来年のお正月は何としても見習わなければなりませ~ん(泣)!

ジュリーの連続ジャンプもスゴかったけど、この日は下山さんでしょう。動きはシャープだし、せり出し率は過去最高だったのでは。
間奏ソロをギンギンにカマしている柴山さんよりさらに前に出てきて、ソロが終わるタイミングを、ステージ中央で待ち構え・・・。
ライトがバ~ン!と当たったと思ったら、2番頭のリフを髪を振り乱し、上体を反らしながら激しく弾いたんですよ!
いつものヘドバンではなく、ランディー・ローズみたいなアクションで。
「俺はここだぜ!」って弾き方は、鉄人バンドでの下山さんにしては相当珍しい。今にして思えば、下山さんの胸の内に、自分の鳴らしている音を伝えたい人がいたのかもしれませんね。

エンディングではお約束・ジュリーの水芸もバッチリ。最前列のお客さんには飛沫がかかったてたんじゃないかなぁ。

23曲目「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」

Royal3

組長の御記事を読んで気がつきました。
下山さん、「ハッ、ハッ、ハッ!」をやってなかったんだっけ・・・。

確かに記憶がない・・・ジュリーばかり観ていたにしても、たぶんやってたらチラッとでも印象に残ってるはずなんですよね。
だから、やっていなかったのでしょう。

それ、やっぱり演奏上の理由かもしれません。
まぁ、下山さんの場合は恥ずかしがってる説が巷で持ち上がるのも納得はできますけどね・・・。

オリジナル音源だとギター演奏はその部分ミュートですから、ギタリストが右腕を突きかざす事は可能なワケです。
しかしそれはあくまでエキゾティクス編成の話。
オリジナルでは「ハッ、ハッ、ハッ!」のトコはベースがしっかり「ミ~ミミミミ♪」と残っているのですから。
今の鉄人バンドの編成で単純に建さんのパートを抜いたら大変マヌケなことになってしまいます。さすがにドラムだけ残すってのは、この曲の緊張感を削いでしまいかねません。
ですからきっと下山さんがローコードのE7でバッキングをしているんじゃないかと想像できます。
その点、しっかり次回渋谷で確認するぞ~!

ジュリーのカッコ良さは渋谷と変わらず。
最後の「ハイ!」もキレイにお客さんと一緒にキメて、普通なら、ラストはバラードで締めても良いはずですが、そこは・・・運動会ですから。

24曲目「いとしの惑星」

Iikazeyofuke_2

渋谷ではこの曲の目玉をGRACE姉さんの
「だん・だん・だだだ!」(笑顔)
というドラムだって書いたけど、お松な席から観ると、やはりキレイにハモるギター兄弟の同時フレーズ弾きが印象に残りますねぇ・・・。
ベースレスの構成でこんなこと、できないですよ普通。

といった幕切れで、大阪のネタバレ我慢組のお客さんもやっぱり「えっ、終わり?」って言ってました。
すごくイイ曲をトリに選んでると思うのですが、ツアー初参加だと、「もう1曲あるんじゃないか」って考えちゃう人が多いようですね。

--------------------------

そして。
こ、これか・・・噂のエスカレーター地獄!
せっまいエスカレーターに押し寄せる人波。ぐあ~、とかきわけ、カミさんとはぐれたところでメイ様達に見つけて頂きました!
良かった~。開演前にお会いできなかったので、今年はもうお会いできないかな、と思っていましたので・・・。

1階まで降りてしばらく待ち、メイ様にいわみ先輩をご紹介頂きまして、そこからはいわみ先輩に単身連れられ夜の町へ。
いわみ先輩のお話に興味のある方も多いと思うんですけど。
「あ~、そりゃブログにはちょっと書けないっすね・・・」
という話が多かったのです・・・ジュリー絡みは。いや、危ない話とかではなく、ロックをやってる身からすると、ソコは言わぬが華、と申しますかね。

ただ、御本人が覚えていらっしゃるかどうか分かりませんが、僕が圧倒されたのは決して芋焼酎の一気飲みなどではなく、深夜の肥後橋でいきなりミック・ジャガーのアクション真似をご披露なすった、という瞬間でございました。
「DY君、大丈夫だよ。ミックがやってる限りは、ジュリーも大丈夫だ!」

さて翌日は九条シネ・ヌーヴォーさんにて、ジュリー映画特集初日。
僕も「華やかなる招待」を1本観てまいりました。
あらすじは知っていて、部分的には観たことがありましたが、キチンと腰を据えて鑑賞するのは初めてという作品です。

「瀬戸口さんでしたら病院ですよ」というシーンが笑うトコなのかどうかはともかくとして。
「廃墟の鳩」「ジンジン・バンバン」が斬新な別テイクである事に、心底驚いた次第です。
カッコ良過ぎる!僕が60年代サイケデリック・ロック期で一番好きなアレンジ手法じゃないですか~!

・・・というようなことで、本館でのネタバレ禁止期間(まだまだ続くよ!)中に「廃墟の鳩」をお題に書こう!と決めました。
別テイクの音源、探さなくちゃ~。

20100917

| | コメント (49) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

明日、大阪行ってきます

本日の東京は大雨で、気温も低く長袖でも寒いくらいですが、明日の大阪は真夏日だとか・・・。
体調を崩さないよう、みなさまもお気をつけくださいませ。

思えば去年の今頃(18日)も大阪にいました。柴山さんの目の前に。
今年は下山さんの”やや目の前”ってことになりました。恐縮ながら、何故かお席の相性がいいです、大阪。

LIVEレポは連休明けに帰京してからになります。
広島、大阪の興奮醒めやらないみなさま、とりあえず当記事にてコメントお待ちしています~。

今回の大阪遠征は、まずソロコンあり、映画あり、真面目な用事もあり、なかなか慌しくも楽しくなりそうですが、そんな中でも一番の使命は。

いわみ先輩のジュリー絡みの逸話を根掘り葉掘り聞いてくる!

これです。
ただ・・・今ちょうどタイガースがトホホな展開になっている(あ、阪神の方です。念のため)ところなので、ご機嫌がどうだろうなぁ・・・。

ともあれ、たくさんの「はじめまして」「おひさしぶりです」を楽しみにしております!
よろしくお願い申しあげます。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

[ 伝授・特別編 ] 9・3渋谷CCレモンホール 沢田研二『秋の大運動会~涙色の空』セットリスト&完全レポ

まさに大運動会。
ジュリー、62歳にしてあの運動量。
あんな元気な老人に「頼ってるぜ」と言われても・・・若者としては
(←コラコラ)大変なプレッシャーでございます。
でもね。
若者を目覚めさせるにふさわしいステージでございました。

僕のセットリスト予想記事は、『歌門来福』に引き続き見事なまでの全敗。
やっぱりジュリーはこうでなくっちゃ!ヒヨッコの予想なんて、どんどんくつがえしてやってくださいませ~!

当日は仕事の関係で東武東上線「ふじみ野」駅からの直行になったDYNAMITE。
充分余裕を見て開演2時間前に早退したのですが・・・。

うあ!
電車が止まってる~!

人身事故があってダイヤが乱れているらしく、なかなか動き出しません。
ビビリまくった僕はカミさん(ギリギリになって別途参戦)に「どうしようどうしよう」とメールを出しまくり呆れられ、それでも動き出さないのでSOSの狼煙を上げたところ、遥か彼方の沖の鳥島から
「おちつけ」
と書かれたメモをくわえた伝書鳩がやってきて、ようやく冷静になりました。

結局なんとか間に合いまして、6時には会場に辿り着きましたが、「やっぱりLIVE当日は有給をとった方が安心だな」と改めて思った次第でした。

開演前、終演後、多くの先輩方にご挨拶させて頂きまして・・・特に遠方からお越しのみなさま、本当にお疲れさまでした。
そして、みなさまこの若輩に気さくにお話してくださり、感謝の言葉もございません。ありがとうございました。

今回お隣りのジュー高さんは、ブザーが鳴っても延々とQさまラヴなお話をしてくださいまして。
でもって真後ろのお席に、長野でお声をかけてくださった遊様がいらっしゃるというチェックされ放題の状況でしたが、みなさまご承知のように、僕はもう今さら何を怖れることなどございません~。
いざ、開演!

1曲目「ROCK'N ROLL MARCH」

Rocknrollmarch

炸裂するGRACE姉さんのドラムス。
おぉ~、これで来たか~!
昨年の『PLEASURE PLEASURE』と同じ立ち上がり。これは逆に誰も予想していなかったでしょうね。

打上げにてKP様が
「2年連続でツアーの1曲目が同じって・・・裏の裏をかかれた~!」
と脱帽していらっしゃいました。
一方、「SMASH THE ROCK」を予想していらしたKT様、惜しい!

で。
とりあえず僕は昨年から、この曲の「ヘイ、ヘイ、ヘイ!」については大声で参加させて頂くことに決めていますので、いきなりお隣のジュー高さんや右隣のお姉さまをビビらせてしまったかもしれません。お恥ずかしい。
1年ぶりだったけど、ちゃんと拳振り上げのタイミングも完璧に覚えてました。

柴山さん、去年とはソロのフレーズ変えてきましたね!

2曲目「BAMBINO EXCUSE

Pleasure

ジュリー・・・。
どうしてもこの曲を、一度完璧に歌いたいのね・・・。
それは無理です!
ということで歌詞はやっぱり途中からボロボロになりましたけど、とにかく走る走る!
2階から見下ろしていますと、ジュリーの動きに合わせて前方のお客さんの首が右へ左へ。うん、この曲はこうだった、1年前も。

そして。
あの懐かしい、下山さんのその場飛びが今年も炸裂!
良かった・・・お元気そうで。

ひとさし指の突き上げポーズも、みなさまやっていらっしゃいました。最後のリフレイン、6回だぞ6回・・・と数えていたのは僕だけではなかったはず。
3拍子に切り替わる箇所で会場の手拍子が「あらら・・・?」になる感じも、すごく懐かしかったです。

3曲目「緑色のkiss kiss kiss

Pleasure_2

そういうことですか。
ソロでは思いっきり、自分の身体から湧き出る「歌」を歌いたいのですね、ジュリー。これは良い意味でジュリワンの反動と見るべきでしょう。

もちろんジュリーはジャングルビートの手拍子を煽ります。
「kiss kiss kiss♪」も参加します。
昨年の『PLEASURE PLEASURE』ツアーでは、この投げキッス、大阪ではどなたもやらはりませんでしたが、さて今年はどうでしょうか?

~MC~

「暑い!」
まずはこのひと言から。
「ようこそ!夏の・・・終わりの大運動会へ(笑)。外はすっかり6時半の明るさですが、気温は昼間のまま・・・」
「新曲は4曲だけ・・・。あとは・・・いつものように歌詞を間違えまくっておりますが(笑)」
「暑い中、坂道を駆け上がり(笑)、満員電車にのってお越し頂きましてありがとうございます。ありがとう、渋谷~!」

4曲目「ス・ト・リ・ッ・パ・-

Stripper

もうね、これは自然に身体が動く。
で、この曲に関しては、僕がやっているのはエアギターではなくエアベースです。ピック弾きのね。(←俗に言うどうでもいい情報)

ギターのお二人も、ずい!と前にせり出してきまして。中央で動くジュリーの激しいこと激しいこと。
CD音源はギター3本とベース、という構成なのですが、鉄人バンドスタイルだと

リードギター(柴山さん)
サイドギター(下山さん)
オルガン(泰輝さん)

となります。
手数が多く忙しい柴山さんが自由に動けないため、例の横揺れアクションは下山さんの担当です!
ちゃんとやってましたよ~。

5曲目「ダーリング」

Konndohakareina

お~!
ヒット曲連発コーナーへと突入の模様です。
左前方、18列34番のお姉さま、細かい振付けが完璧です!素晴らしい。

この時点でジュリーは既に喉がかすれてるのね。そのかすれ具合が
「ダ~~~~~~~・・・リ~ン
♪」
のロングトーンに妙に映えて、いやぁイイ感じじゃないの~。

この曲は、絶対LIVEの方がイイですよね。

6曲目「君をのせて

Acollection

いつも明るく天然かつ上品なトークで僕等を楽しませてくれる、某チーム沼津のO様が、打ち上げの席にて、「君をのせて」についてこう仰るのですよ。

「この間BSで、わけのわからない方が歌っているのを観たんだけど、全然心に響かないの」
と。
「わけのわからない方」って・・・・・・。
いや、その通りなんですけどね。

とにかくこの曲は、こうしてジュリーが歌い継いでおりますので。そこんとこよろしくお願いしますね、彬良さん!

イントロの泰輝さんのストリングス音色のシンセサイザー。
下山さんのダウン・ストロークのアコギ。
鉄人バンドの「君をのせて」も、またそれぞれの時代とは違った味わいがあるんですが、ポンタさん在籍時より原曲に近いことは間違いないですね(爆)。

この曲も、「スマイル・フォー・ミー」みたいな半音転調があるでしょ~?
大阪で下山さんのフォームをチェックするのが楽しみなのです!

7曲目「I’M IN BLUE」

Gsiloveyou

来た!今まで生で聴いたことのない曲。やった~!!
ジュリー、佐野元春さんナンバーって好きなんでしょうね。LIVE率が高いもの。
でも、「WHY OH WHY」と「BYE BYE HANDY LOVE」にも今後期待しちゃうぞ~。これは多くの先輩方も同じ気持ちではないかと。

ジュリー、2番の「ネオンライト♪」が出てきませんで、「フォギーナイト♪」を2回繰り返してました。オッケ~オッケ~。

8曲目「”おまえにチェック・イン”

Wonderfultime

お~!!
例の「伊勢原ポスターネタバレ」楽曲を、前半ですべて片付けてしまおうということですな。
ニクイ、ニクイよジュリー!

この曲は、僕にとって2つの萌えポイントがございます。
まずは、「快傑ジュリーの冒険」でエキゾティクス弦楽器軍団が見せる、その場ステップの演奏。
足をバタつかせるようにして演奏しながら、コーラスをとる!

そして。
『greenboy』ツアー等で、多くのお姉さま方を奈落の底に突き落としたと言われる
「ほみたい、うん!ほみたい、うん!」
のジュリーのキバリ拳だ~!!

『ジュリー祭り』の時は普通にカッコいいヴァージョンだったからね。今回こそ!と、先輩方のブーイングをヨソに、僕は期待しておりましたよ~。

出ました。
嬉しい~~~~~!!
これまで何度、ツアー初日直前に
「ジュリーと一緒に、ほみたい、うん!をやるんだ!」
と宣言しながら撃沈してきたことか。夢は念ずればいつか叶うのですね
(←そんなんが夢なのかい、俺)

ジュー高さんはじめ周囲のみなさま、見苦しいモノをお見せいたしました。すみません・・・。

9曲目「明日」

Ikitetarasiawase

よっしゃ~!また来ました、LIVEお初曲!
『ワイルドボアの平和』を観た時から、「希望」と共に一発で惚れこんでしまった、聴くたびに勇気を貰える力強いナンバー。
そして、鉄人バンドの演奏がビタッとハマるナンバーでもあります。

てなことで間奏。
柴山さんと下山さんが交互にリードを弾くんですが・・・。照明さんがスポット当てる人を間違えまくります。
お休みしてる人の方に当てちゃうのよ。
たまらず柴山さんが「次こっち!」と右手でビシッ!と下山さんを指さしましたが、その果てしなくカワいいポーズにもバッチリ光が当たってました。
僕は大ウケで、終演後にお会いしたしょあ組ギター番長・カオリー様に

「明日」の指さしポーズが・・・ぐわっはははは

と爆笑しながら申しますと、番長は

照明、何してんねん!!!
と、大層ご立腹の様子でございました。あわわわ・・・。

10曲目「我が窮状」

Rocknrollmarch_2

僕はこの楽曲を支持します。何故なら、すさまじくイイ曲だからです。
特に

♪ 我が窮状 守りきれたら ♪
       C      E7  F           F#dim

の部分の和音進行は、ゾクゾクするほど美しいです。

かつて、僕の叔母が地元で、「第9条を輸出する母の会」というのをやっていたのですが、その時叔母自作の「地球星」という楽曲のCDを僕に送ってきて、当時LIVE活動を頻繁に行っていた僕に「歌ってください」と頼んできたことがありました。
・・・僕はその期待に応えませんでした。
思想ではなく、楽曲に共感できなかったためです。すみません・・・。

どんな内容が歌われようと、僕はやはり楽曲至上主義なのでしょう。それが良いことなのかどうかは分かりませんが、ジュリーの歌う「我が窮状」という楽曲は素晴らしいメロディーを擁した、優れたナンバーだと思っています。

この日、コーラスマイクのセッティングはGRACE姉さんの設定が小さかったですね。
そのせいでしょうか
「ダバダ~♪」
と、3度下の男声がエライ響き渡っていましたが・・・ひょっとして下山さんですか、あの声は?!

で、ジュリーですが。
「忌わしい時代を遡るのは♪」
の歌詞が完全に飛んでしまいました。次回は必ず修正をかけてくるでしょう。

11曲目 鉄人バンドによるインスト

イントロでは一瞬「ファンク?」な感じを受けましたが、これはパワフルなシャッフル・ナンバー。
ウィングスの「ロケストラのテーマ」を彷彿させる明解な進行と重厚なリズムは、猛者揃いのバンドのインストゥルメンタルにはうってつけなのです。

『歌門来福』『僕達ほとんどいいんじゃあない』と参加して毎度思うのは、この中間部の鉄人バンド・インストがセットリストで果たす役割が、徐々に増してきているということ。
例えば今回は、歌に入り込む気持ちの方向性がまったく違うバラード2曲の橋を渡す・・・ジュリーがスイッチを切り替える役目を果たしています。
そして、演奏や楽曲のクオリティーの高さには驚かされます。
是非作曲クレジットだけでも知りたいのですが、DVD録りでも無い限りそれもまた夢・・・。

と、ここまで書いて突如思いました。
ジュリワンin渋谷のDVD化があるなら、あの素晴らしいインストゥルメンタル・ナンバー「瞬きさえできない」~「マーメイド・ドリーム」(局地的な仮題です)のクレジット明記が期待できるんじゃないの~?

ツアーで毎回DVD録りがあれば、いいんですけどねぇ。

12曲目「
涙色の空

Namidairo

インストが終わり、泰輝さんのピアノに載せて、ジュリーは正面から再登場です。

初日の演奏、僕のベストはこの曲です。
やっぱり、直前に頑張って記事書いて良かった・・・書いた通りのナンバーだ、と思えましたから。
いや、ギターの担当が予想通りだった、とかそういうことではなくて。
この曲が”ジュリー&鉄人バンド”の完成形、究極形であるという考えが正しかったんだ、ということに改めて感動したのです。

この日の演奏、そのどの瞬間であっても、今バンドメンバーの誰がどの音を出しているか、ということが会場のお客さん全員に判別できたのではないかと思います。普段、バンドの音に興味のないみなさま、楽器の判別をなさらないみなさまにさえ、それが分かったはずです。「涙色の空」とは、まさにそういう曲なのです。

ジュリーのヴォーカルにはどんな思いが込められていたのか・・・それは分からないのですが、この情感に満ちた歌声が恋しければ、家に帰ってCDを聴けば良い・・・。
「涙色の空」がそんな名曲である秘密が鉄人バンドの楽器編成にあるのだ、と、今一度みなさまにお伝えしたいと思ったステージでした。

13曲目「エメラルド・アイズ

Namidairo_2

実は僕が新譜4曲の中で最も好きなのは、この曲。
これはね、エレクトリック・ポップなの。次に本館で記事を書きますけどね。書きたいこと、たくさんあります。

僕がいつもお邪魔しているブログさんで、ジュリーの身近に緑内障に苦しんでいる方がいらっしゃるのではないか、というこの曲の歌詞考察が紹介されていて、すべての謎が解けた今となっては、僕は心おきなく楽曲を紐解けば良い・・・そう思いながらこの日の演奏を堪能しました。

記事にも書くことになると思いますが、この曲で最もメロディアスな箇所は、ヴォーカル部ではなく間奏のギターソロ部なのです。
下山さんはずずいと前にせり出してきて、そんなリードギターの旋律を、気持ち良さそうに弾いていましたね。


14曲目「まほろばの地球

Namidairo_3

なるほど、後半戦は新譜から立て続けに攻めるワケね。

この曲・・・これまた書きたいことがいっぱいあるんだけど、結局CD聴いてみたらドリフではなかったですね~。
いやいや、リフの最初から4つの音までは、音階移動とリズムが同じですので、ドリフ判定をなさったみなさまのお考えは間違いではございません。
ただ、GRACE姉さんの狙いはレッド・ツェッペリン系のハードロックですね。
初めてじゃないかなぁ。GRACE姉さんが最初から自分の叩きたいドラムスフレーズありき、で作曲したのは。
後ノリのドラムスです。アタシだってたまにはこういうの叩きたいわよ!ということなのでしょうか。

ギター番長・カオリー様によりますと、この時の演奏で下山さんのチューニングがブッ飛んでしまったのかも・・・とのことでしたが僕は気がつかなかったなぁ。上手と下手では、ずいぶん音の聴こえ方が違うようですね。

お客さんが、どういう手拍子で合わせたものか迷っていましたね。
この手のブルース進行のハードロックは、手拍子じゃなくて頭を振るのが通常のパターンですよ~。GRACE姉さんのスネアドラムのアクセントで、振ってみましょう!

15曲目「若者よ」

Namidairo_4

一転しましてこちらのナンバーは、初日ですでに手拍子パターンが確立しました。
サビが頭打ち→Aメロは2拍目と4拍目。そして
「舵取りをするのは君だ♪」のBメロの頭打ちが、メチャクチャ気持ち良く合ってましたよ~。
こりゃ、相当LIVE映えする曲です。

ぶっとい音の間奏は、柴山さんのSGでございました。
新譜4曲に関しては、使用楽器もステージとCDは同じでしょうね。「涙色の空」で述べた通り、今回の新譜はそういう狙いの作品ですから。

ちなみに。
「俺達、老人♪」
のコーラスは・・・柴山さん一人にやらせるのは酷だと思う。かと言って下山さんや泰輝さんがまさか。
ここはひとつ、お客さんがお手伝いしましょうよ。
僕、年齢関係なしに、大阪ではやってきます!

16曲目「ひかり」

Ikitetarasiawase

うわ!
『生きてたらシアワセ』から2曲も演るか!
僕にとっては嬉しい誤算。このヒヨッコは、『ジュリー祭り』以前のジュリーLIVEを全く知りませんので、自分がもしかしたら間に合ったかもしれない年のツアーで歌われた楽曲には、想像力が豊かになるんですよ。

「ひかり」という曲は、僕が以前「届かない花々」を評した”媚びないバラード”の要素を強く持つナンバーです。
普通にバラードと呼ぶのには抵抗がある人もいらっしゃるでしょうが、いわゆるサイケデリック時代のバラードのあり方が見える曲なのです。
この先、生で聴けるとは思ってもいなかった曲・・・こういうサプライズは嬉しいですね!

17曲目「太陽」

Ikitetarasiawase_2

サプライズは続く!
『生きてたらシアワセ』から、3曲目の選曲だって?
しかも連発・・・しかも「太陽」とは!

「太陽」・・・この曲にはすごく思い入れがあります。
ちょうど1年くらい前に。
ものすごくお世話になっているJ先輩がメールをくださり、僕のブログのことを
「北風じゃなくて太陽」
とおっしゃってくださったことがありました。
ちょうどその頃、ブログの在り方について悩み、方向性を失いかけていた時期でした。
僕はその先輩の言葉で、「このまま行こう」と決めました。

「太陽」の詞は、強くなれないことへの悲しみが描かれていますが、それは逆に弱い者に対して、自分が強くありたい、という思い・・・太陽になれるものならなってやろう!というハートの強さをジュリーが表現している作品かと思っています。

ジュリー、今回のセットリストで、この「太陽」が一番シビれたよ!

18曲目「世紀の片恋」

Kitarubeki

下山さんの曲が1曲は来るな、とは予想していて「あの日は雨」の記事を書きましたが・・・結局ジュリーが好きなナンバーに落ち着きましたか~。
とある先輩は、ジュリーはこの曲、過去ツアーにてなかなかうまく歌えずリベンジの意味もあったのでは、と推測なさっていました。

何と言ってもイントロ。GRACE姉さんのカウベルの音量が凄まじくデカイ!
で、柴山さんがニッコニコしながら腰のあたりでノリまくるのです。
なんだ、バンドもみんなこの曲が好きなんじゃん。

ステージを縦横無尽に駆け巡るジュリー。
いよいよここからが運動会!なワケです。

19曲目「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」

Samosutatto

「世紀の片恋」、エンディングからGRACE姉さんのフィルインは間髪入れず。
お~っ!遂に来たか~!!
『ジュリー祭り』ポカ~ン大名曲・リベンジの時が~。

隣りにYOKO君がいないのが残念だ・・・。
とにかく初のジュリーLIVEが『ジュリー祭り』だった僕とYOKO君にとっては、あの大名曲が連なる、DVDでいうところのdisc-2・・・あの時間を取り返したくて取り返したくてたまらないのですよ。
あれだけの贅沢なラインナップを、信じられないことに、ポカ~ンと過ごしてしまったのですからね。
特にこの「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」はリベンジ候補曲の中でも別格とされておりまして。

YOKO君、お先に。
俺、柴山さんと一緒に前方蹴り上げギターソロ、やっといたから。

で。
柴山さんの後を受けた下山さんのリードギターは、原曲とは全然違ってて、ビートルズの「GET BACK」みたいになってました~!

20曲目「愛まで待てない」

Aimadematenai

次はバラードかな、と思っていたら・・・。
大盛り上がりの「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」の最後の演奏音がまだ鳴り終わっていないというのに、GRACE姉さんが超高速のカウントを出すではないですか~!
このイントロは・・・「愛まで待てない」!
思わず

ジュリー大丈夫か~っ!

と心の中で叫んだのは僕だけではないはず。

これまた『ジュリー祭り』以来ですよね。ジュリーが「歌いたい」と思った曲をセットリストにしたら、やっぱりこうなるワケね。
声は切れ切れ・・・「頑張れ」は禁句かも知れないけど、思わずそう言いたくなってしまします。
でも・・・そういえばこの初日、「頑張れ!」のかけ声は無かったです。これだけ頑張ってるジュリーにね、それはナイですよ、さすがに。
とにかく走る走る!


声が途切れても、次の瞬間には「あ~~~~ッ!」と吼える!
唯一休んでたのは、ギター兄弟ソロ競演の間奏部だけでしたね。
っと、ここでいきなり思った。
今回のセットリスト、下山さんのスライドは頻繁に堪能できたけど、柴山さんがボトルネック持った曲って、あったっけ・・・?
大阪で確認してきます!


21曲目「遠い夜明け」

Kitarubeki

ふ~、バラードだ。なんかホッとする・・・。
今度は、じっと立ちつくして熱唱するジュリーの頬を汗がつたいます。僕はLIVEで双眼鏡を使わないのですが、2階席後方からでも、汗がしたたっているのが見てとれます。
どれだけ大量の汗が流れていたことか。

ジュリーの歌唱がとんでもなく素晴らしかったことは他のみなさまが書いてくださるはずですので、僕はちょっと別の視点から。
この曲、泰輝さんの”神の両手”が炸裂しまくります!
キーボードの音色設定は、下段がピアノで、上段左半分がストリングス、右半分がバンドネオン系。
間奏は本当に凄かったです。
上段右部から左部への移動はまだしも、ソロが終わってジュリーのヴォーカルが噛み込む瞬間に下段のピアノに間髪入れず移行する、その早業。
みなさまも是非、次回は泰輝さん渾身の間奏部にご注目ください。

この日、「したたかさ♪」を「やわらかさ♪」と歌ってしまったジュリー。
仕方ないよね。今のジュリーは「したたかさ」とは無縁だもの。

それにしても、2000年の時点でジュリーに「心をさらして歌う」というフレーズを提供した覚和歌子さんの感性には、驚かされるばかりですね・・・。

セットリスト本割はこの曲がトリ。
散々暴れ回った後に、汗だくのまま静かなナンバーを歌う、という黄金のパターンですね。

~MC~

再登場するやいなや、いきなり背中を見せ、
「ずんずんずん、ず、ずっずっずずんずん♪」
と「渚でシャララ」のイントロのベースを口ずさみますが、サッと向き直り
「今日は踊らないよ」
と。
あら?結構実感こもってますね。そうですよそうですよ。年末あの番組に出るとしても、踊るのはもう、いいよね。2階席最前列で観ていた加瀬さんには、その辺は伝わったかな?

「今年は水不足って話を聞かないですが・・・みなさまペットボトルに溜めたりしました?(笑)・・・水を普通にペットボトルで飲む時代が来るなんて、昔は想像だにしませんでしたよ。ましてやお茶をペットボトルで飲むなんてねぇ」

「水分も大事ですが、塩分もとらないとダメですよ。でも塩分はとり過ぎてもダメ。小学生の頃、腎炎で入院したんですよ。顔がむくんじゃって・・・。あ、今はむくんでるんじゃないですよ(笑)!これだけ汗かいてるのにむくんでたら、病気ですからそれ」

「もうね、(LIVEは)1時間半でエエと思ってるんですよ。なのに今もう1時間50分も経ってる・・・いざ始まると張り切ってきまうこの性格はなんとかならないものでしょうか」

「1時間半やって、後からまた出てきて15分やって・・・もうそれでエエんじゃないかと・・・(場内の「エ~ッ?」の声に)放っといてください。これはひとり言なんですから、返事しなくても・・・ここで愚痴を言ってるだけなんですから!」

「(今日も)そろそろ切り上げませんと、この後で飲む時間が短くなる!(加瀬さんと?サリーやタローと?)・・・ということでメンバーを紹介します!」


註:この日はバンドもジュリーと一緒に再登場しておりまして、特にギターの二人は長~い漫談が終わるのを、ギターを持って立ったままジッと待っておりました。
去年のプレプレでも、最初の渋谷2daysはそうだったんです。ところが1ケ月ちょっと経って大宮に行ったら、メンバーはジュリーのMCが終わりそうになってからの登場に段取りが変わっていました。今年もそのパターンなのでしょうか?

ジュリー、ささっと下手を指して
鉄人バンド、ギター、下山淳!」

・・・すさまじい拍手だぁ~!
下山さんはいつも通りでしたけど。

で、この後いったんGRACE姉さんを紹介してから、ジュリーがもう一度下山さんを指して

「あ、元気になって戻ってきました~!」
と。
良かった良かった(涙涙)。

ジュリーが最初にハッキリ”鉄人バンド”と言ってからメンバー紹介をしたのは、僕の観てきたLIVEでは初めてのことで・・・それも嬉しかったです。

それでは、オマケですぅ~!!

22曲目「ポラロイドGirl」

Karehanemurenai

イントロのキラキラ☆キーボードの段階で、隣りのジュー高さんが「キャ~!」と。
おっ、この曲好きなんですね!

この日、僕の真ん前のお席には、隣りのカノジョに誘われて来た、といった感じの僕と同世代くらいのお兄さんがいらしゃいました。
一応最初からスタンディングでしたが、初っ端の3曲くらいは腕組み体勢だったんです。

それが「ス・ト・リ・ッ・パー」で一度爆発してからは、凄いのなんの。
「世紀~」~「マンジャーレ~」でのジュリーおなじみ”拳を上下のおいっちにダンス”(←組長からパクりました)をね、上下じゃなくて前に突き出す感じでやってたのよ。
それがこの「ポラG」に至って、完全に腰の入ったサンドバック連打みたいな大変な状態になってました。

あのねお兄さん、カノジョが時々横目で見て笑ってましたよ~。

しかし、これこそジュリーが喜ぶパターン。セットリスト前半に「誰もが知ってる」疾走ナンバーを組み込んだ成果ではないでしょうか。

間奏直後のサイドギターが残る箇所では、下山さん渾身のスライディングが炸裂。
で、立ち上がったと思ったら、ヴォーカル直前のバスドラ4連発に合わせてぴょんぴょんとジャンプしながら所定の位置まで後退していく、という暴れっぷりを見せてくれました。

23曲目「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」

Royal3

おぉ~!これ演るんだ!

LIVE最中には気がつかなかったんですけど、例の伊勢原ポスターのネタバレ曲の中で、ここまで「サムライ」を歌ってなかったのね。
結局のところ「サムライ」は演らなかったワケですから、直前になってジュリーがこの「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」と選曲を差し替えたということなのでしょうか。

しかし・・・。
『奇跡元年』の時にも思ったのですが、この曲の拳振り上げ時のジュリーのカッコ良さは、何なのでしょうか。
足の曲げ具合、身体の傾き具合、マイクの位置。
男の僕でも惚れ惚れします~。

でもね、ジュリー。
エキゾ時代のヒット曲なら、僕はそろそろ「麗人」も聴きたいよ~!
クルクル回ってるトコが見たいよ~!
来年のお正月、お願いいたします。

24曲目「いとしの惑星」

Iikazeyofuke

これも僕にとってはお初の曲。
今回のセットリストは『ワイルドボアの平和』や『生きてたらシアワセ』・・・つまり2007年に歌った曲が多いのですね。
ひょっとしたら生で観られたかもしれない(一応、音源のみのジュリー堕ちはその頃すでにしてたんです、僕は)ツアーのリベンジを味わえて、個人的には大満足。
初めてLIVE体験した曲は、すべてとても好きなナンバーでしたから。

この曲は何と言っても、GRACE姉さんが
「だん、だん、だだだ!」
と叩く時の笑顔でしょ~。
さすがに2階席後方では確認できず。これも大阪の楽しみにとっておこう。

実は僕は、この曲がラストだと思っていませんでした。もう1曲歌うと思ったんです。
しかし結局今ツアーは、『奇跡元年』『Pleasure Pleasure』『歌門来福』より1曲少ないセットリストでした。

帰り道で大先輩のKP様が
「2008年のツアーで、一気に曲を増やしちゃったから・・・急には減らせなくて徐々に減っていくとは思ってた」

と仰っていました。
そうかぁ。
贅沢なことを当たり前に考えちゃ、いけないよね。
でも。
ファイナルに備えて、絶対もう1曲隠れてると思うんだよね。

----------------------------

ということで。
僕はこの初日、大満足で帰ったんですけど。
その後の巷のブロガーさん達の”伊勢原大絶賛”攻勢にちょっと凹んだりもしております。

なにやら凄まじくキングモードなジュリーだった様子・・・。
そう言えば、ジュリワンツアーの八王子も相当良かったからなぁ。やっぱりツアー2日目は行っとかなきゃいけないのかもしれません。

この伊勢原絶賛関東組へのリベンジは・・・大阪で果たす!
グランキューブへお越しの先輩方、どうかよろしくお願い申しあげます。

と言っても、初日のステージが素晴らしかったことには変わりありません。
まず、この気候ですよ。
世の中ではあちらこちらの学校が、9月に予定していた運動会を10月に延期する、などの処置がとられているという猛暑・酷暑の日々。
そんな中、ジュリーと鉄人バンドは見事に大運動会を敢行いたしました。

ジュリー、伊勢原では「70まではやる!」と改めて宣言してくれたようですね。
ジュリー自身は大丈夫。だから

「俺が何の心配もなくこの先も歌い続けられるように・・・この世の中を頼むぞ、若者よ!」

ってことなんじゃなかろうか・・・。
だとすれば、40代の僕もメッセージを受けた「若者」には含まれるのでしょう。

とりあえず、初日が終わってそう考えました。

次回大阪で、目覚めろダイナマイト!
・・・って、まったく別の方向に目覚めに行くような気もいたしますが。
ともかく。
大阪の先輩方の前で、セットリストをうっかり喋らないように気をつけなくちゃ~。

20100903

| | コメント (15) | トラックバック (0)

とり急ぎセットリストだけ

「それではメンバーを紹介します。
鉄人バンド、ギター、下山淳!」

の時の拍手は、やっぱりスゴかったなぁ。

次の「ポラロイドGirl」2番直前で、ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん、とバスドラに合わせて1拍ずつジャンプしながら後退していく下山さんを観て、明日、明後日と続く夏の過酷な3日連続のステージも大丈夫、と思いました。
ジュリー曰く

「元気になって帰ってきました~!」
という下山さんの雄姿をまずお伝えして、とり急ぎセットリストをどうぞ。

1. ROCK'N ROLL MARCH
2. BAMBINO EXCUSE
3. 緑色のkiss kiss kiss

~MC(サラッと)~

4. ス・ト・リ・ッ・パー

5. ダーリング
6. 君をのせて
7. I'M IN BLUE
8. おまえに”チェック・イン”
9. 明日
10. 我が窮状

~鉄人バンドによるインスト~
(重厚なシャッフル・リズムのナンバーです)

11. 涙色の空

12. エメラルド・アイズ
13. まほろばの地球
14. 若者よ
15. ひかり
16. 太陽
17. 世紀の片恋
18. マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
19. 愛まで待てない

20. 遠い夜明け

~MC(長いです)~

21. ポラロイドGirl
22. 6番目のユ・ウ・ウ・ツ
23. いとしの惑星



どう?
誰もが楽しめる、すごく素直なセットリストだと思うんだ~。
新規組の僕にとっては、初めてLIVEで聴く曲あり、ドームでポカ~ンしてしまった大名曲のリベンジあり、いつでも聴きたいヒットチューンあり・・・大満足のセットリストでしたが、いかがでしょうか。

とにかく。
走る、飛ぶ、叫ぶ!ものすごい老人!

あまりの休憩無しの飛ばしっぷりに、ダメ押しで「愛まで待てない」のイントロが来た時には、さすがに心配になってしまったほどです。
今回は、ロックなジュリーですよ!

会場でご挨拶したみなさま・・・とても全員のお名前を書ききれません。光栄なことです。
ありがとうございます。またすぐにお会いしましょうね。

それにしても。
何度「お恥ずかしい」と頭を下げたことか・・・。

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

ネタバレコメントお待ちしております!

いよいよスタート!

1曲目予想は「おまえに”チェック・イン”」!
ジュリーと一緒に
「ほみたい、うん!ほみたい、うん!」
がやりたい~。

・・・あ、お姉さま方はこのヴァージョン、イヤなんでしたっけ。

アンコール1曲目が「ス・ト・リ・ッ・パ・-」!
大トリが「月の刃」でどうだ~!


(たぶん全然当たりません)

| | コメント (5) | トラックバック (0)