« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

2.1 音や金時 佐藤哲也ライブDVDレポ 第三回「牛人夜更け過ぎ」

肝心の演奏時のレポートをなかなかアップしない、ヘタレDYNAMITEの代わりに、当日LIVEの模様を完全収録したDVDを鑑賞した佐々木御大が特別寄稿!
お題は「牛人夜更け過ぎ」・・・そのココロは?

佐藤師匠へ
DVD鑑賞しました、ありがとうございます。
生が一番だとは思いますが、佐藤氏の音楽流儀はロック時代から首尾一貫しているな、という事を改めて確認できました。
映像的には、カメラが一台であるのを補うように画面に侵入してくるダイナマイトの影がスリリング!
トリオ編成の時(タブラ+シタール2本)など、出演者を覆い隠す奴のセクハラ目線攻撃!
「牛人夜明け前」から続けて観ると、ステージを降りたダメ男が、盟友の晴れ舞台に駆けつけた構図のようで可笑しい。

(DYNAMITE「俺、映ってるのか?」と、佐々木御大に確認メール)

これね、四人目の出演者か、というくらい映っちゃってますよ。
トリオ時はあんたの影でセクシー衣裳が見えません(笑)。
圧巻はラスト、演奏・告知を全て終えた佐藤氏が立ち上がる時、半身起こしたダイナマイト(背中)が画面中央に来て、ふたりの目線がクロスしたところでピタッと終わるんですよ!
カッコ良すぎ!
はっきり佐藤氏の目がダイナマイトを見てるのが分かる。
映画的興奮!
偶然にしては出来過ぎです。

File0457

6月14日、このDVD作品は瀬戸口の元に。
佐々木御大はジャケまで描いて渡してくれました~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月13日 (月)

佐藤師匠、ギターを弾くの巻

先日行われたSUPER46スタジオ、最大の事件と言えば。

佐藤哲也、ギターを弾く!

これに尽きる。
長いブランクに、さすがに最初は戸惑いを隠せない、カワイイ師匠。
スタジオで借りたギターをチューニングしようとするも、チューナーの見方を忘れてしまっており、佐々木君に指導される(おいおい)。
で、「まずは、曲を聴かせてもらおうかな」
のひと言に、早速「コヨーテ・オン・ザ・ハイウェイ」の録音を開始する佐々木・DYNAMITE両名だったが。

師匠のつぶらな瞳にメロメロになり、ガッチガチに緊張、演奏はボロボロ。
考えてみればさ。
佐々木君のエレキギター&ヴォーカル、DYNAMITEのドラムスなんちゅう組み合わせは、いかに古いつき合いの佐藤師匠と言えども初めて見るワケで。
モノ珍しかったでしょうな。

まぁそんなこんなでこの日のメインは佐々木君の新曲「マラソン」リハ。
佐々木君曰く
「哲ちゃんがギターを弾く事を前提に、今回持ってきた」
ということで、ファンキーなカッティングにて、佐藤師匠は全面参加です。
多彩な仕掛けが楽しい、複雑かつタイトなナンバーで、師匠もDYNAMITEもノリノリで引き出し全開で練りまくる。
10回は演奏したね。全く飽きませんでした。

またしても傑作を書いた佐々木君、これにより新譜はSUPER46始まって以来の、全曲佐々木ナンバーの公算大!(トホホ)

そして。
打ち上げにて佐藤師匠が放った

「自分のソロアルバムを作りたいんだよね~。うしうしが更にインド化したような感じの、基本歌モノで」

というお言葉に、佐々木・DYNAMITEが狂喜した事は、言う間でもありません。

不肖DYNAMITE(本日正式に佐藤門下に弟子入りした)、近々師匠のMTR購入につき合います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »