« 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第二回「夜の歌」 | トップページ | 佐藤師匠、ギターを弾くの巻 »

2009年3月 2日 (月)

SUPER46 「Who Shot The Mouse?」レコーディング速報

昨年12月以降、仮題も新たに根本からコンセプトを変えての制作に熱が入るSUPER46のニューアルバム「Who Shot The Mouse?」のレコーディング。
事もあろうに瀬戸口雅資のドラマーデビュー作。今回は一体いくつの楽器でクレジットされるんでしょうか?現在は佐々木利剛との細かい楽曲構築アイデアを出し合いながらのベーシックトラック録音、真っ最中です。

今回またしても佐々木御大は2曲の新曲を持参。何か彼、年明けたあたりから神がかってます。これまたスゴイ曲、来ました。タイトルもズバリ「クラクション」!
佐々木ギター、瀬戸口ドラムスで初リハの結果、ブロックヘッズとしか表現できないソリッドなナンバーである事が判明。あんた、2分ちょいでっせ、この曲。「Blackmail Man」に挑戦状!

もう1曲はタイトルチューン(予定)のインスト。
「面白いと思う事はすべてやってみる」というSUPER46の原点に立ち返った佐々木御大、平仮名で「どぅ、どぅ、どぅ、でぇ~ん」とか書いてある意味不明の紙切れを瀬戸口に渡します。
言っときますけど、これ普通のドラマーならギブですから。
「全てのパターンを覚える!」と宣言した瀬戸口、リハ4回目で遂に完走、佐々木御大は「まさかその日のうちに覚えるとは・・・」と恐れ入った様子でございました。

他では、「コヨーテ・オン・ザ・ハイウェイ」「夜風のライダー」と煮詰め、仕上げは瀬戸口が「ザ・ベスト・ゴム」を弾き語りデモしておしまい。

それにしても現在、佐々木10曲・瀬戸口3曲という押されまくりの事態。
新曲作らねば~!

・・・あ、哲ちゃんのLIVEレポがまだ途中なのね・・・。

|

« 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第二回「夜の歌」 | トップページ | 佐藤師匠、ギターを弾くの巻 »

コメント

・今回の瀬戸口さんは真価を充分見せつけてくれました。

私の初めてつくったインストの譜面とは、本文中にあります通り、譜面以下の存在でして、
常人には到底理解できない、狂人の考えた暗号の如きシロモノだったのですが、
(※ギター単音でメロディをつくり、リズムのイメージを「でゅん、だ、だ」等の擬音で表現した、凄すぎる構成表)

瀬戸口さんは気合いで、そのメロディをすべて覚えてしまった!
しかも、譜割りや、全体の構成まで、その場で、だ!

これには傲慢不遜な佐々木も、完全にシャッポを脱いだネ。偉大だ。偉大すぎるゾ、この男。
一回完奏し終わったところで、あたしは思わず、スタジオで拍手を送り、敬意を表したのでありました。

投稿: SUPER46 (佐) | 2009年3月 2日 (月) 19時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/44217648

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER46 「Who Shot The Mouse?」レコーディング速報:

« 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第二回「夜の歌」 | トップページ | 佐藤師匠、ギターを弾くの巻 »