« 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第一回「序章・旅からの帰還」 | トップページ | SUPER46 「Who Shot The Mouse?」レコーディング速報 »

2009年2月 7日 (土)

2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第二回「夜の歌」

さて2月1日当日。
思えば、佐藤哲也がステージで演奏するのを観る事自体が、17年ぶりなのである。最後に観たのは、おそらくYOKO君とのユニット。その後、SUPER46のグッドマン最終ライブの時に共演した(ゲストでギターを弾いてくれた)けれど、客席から観る、というのは相当久しぶりである。

佐藤の叩くタブラが、あの頃と比べどのように変わっているのか。
これが、今回最大の興味であった。瀬戸口は、佐藤哲也のソロアルバム「うしうし」のプロデューサーでもあるので、一介の素人でしかなかった頃の佐藤タブラの音を一番聴きこんでいるのは自分である、という自負がある。
「うしうし」時に録音され、結局収録されなかった、タブラとスティールギターのみで演奏された、演奏時間8分以上にならんとするインスト楽曲の音源を未だに所持しているほどなのだ。
ただ、佐藤哲也の消息が解った今だからこそ、その曲はお蔵入りと決めた。自分が墓に持って入ります。

音や金時さんというのは変わった造りをしているお店で、ドアを開いて3回笑えば、すぐそこにステージが。奥に客席とカウンター。入口寄りにステージが配置されているというのは珍しい。
瀬戸口は30分前にはもう入場したが、その時は今回共演の沼沢ゆかりさんと国分明子さん、それに佐藤本人が、最後のリハ真っ最中であった。
ステージの上に台座(って言うのかな、あれは)が置かれ、3人、胡坐状態でかなり速いテンポで演奏中。
もう、その時既に。
タブラの音が、衝撃なのである。あぁ、こんな音が出る楽器なんだ、と。
大変失礼ながら、15年前に佐藤が出していた音というのは、タブラよりはボンゴに近かったのかもしれない。瀬戸口が生でタブラという楽器の真髄を知ったのは、この日、初めてと言ってよいだろう。
リハなので、お三方とも普段着だった。話が飛ぶが、ステージ衣裳を身に纏って本番が始まった時の威圧感もスゴかった。それっぽい衣裳を着てタブラやシタールを手にするだけで、三人を取りまく空気がガラッと変わるのだ。

この日、プログラムは3部構成になっていて、第1部が沼沢さんシタール+佐藤タブラ。第2部、国分さんシタール+佐藤タブラ、そして第3部がツインシタールとタブラで、それぞれ1曲ずつを演奏。
1曲といっても、30分から40分の演奏時間だという。
佐藤のMCでの説明から引用させて頂くことになるが、インド古典の楽曲(ラーガ)は、基本として、作曲された旋律に、アドリブを交えた演奏で、まず静かな導入から開始される。和音装飾という観念が存在せず、主旋律をどういった形で極めていくか、というのが演奏時の醍醐味であるという。静かな立ち上がりから、タブラが絡み、徐々にテンポが速くなり、情熱的なまでに速くなったところで、唐突に終わる、というのが基本スタイルなのだそうだ。
また、楽曲それぞれに、演奏時刻が決められている。この日の3曲はすべて「夜の歌」ということらしい。

佐藤が何故ステージでこんなにいっぱい喋ったかというと、沼沢さんという女性が、とにかく独自のゆったりした時間感覚をお持ちで、ステージ開始後のチューニングを、落ち着き払い、慌しい日本人の生き方を諭すように、ゆっくり、ゆっくりと大事に調律していくのである。この感覚を持っている方が、なるほどインドとの相性が良いのかなぁ、と。
ただ、佐藤は一応ステージを仕切っている立場だから、お客さんに気をつかい、その間色々な事を喋ってくれた、というわけだ。
最終的にはネタ切れとなり
「実は今日、来てくれる事になっていた僕の友人がインフルエンザにかかり・・・」
と、佐々木君のネタまで披露してくれてましたが。

(すまん続きます。演奏が始まるのは次回!・・・って、別にウケ狙ってるわけじゃありませんよ。本当に、文章が長くなるんです、最近)

|

« 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第一回「序章・旅からの帰還」 | トップページ | SUPER46 「Who Shot The Mouse?」レコーディング速報 »

コメント

・人間、歳を喰うと、文章が長くなる。

これは通称「小原」と呼ばれる立派な病気だ。
みんな、気をつけよう。

  しかし、悪いことばかりではない。

今回の佐藤記事なんか丁寧な解説で、たいへん読ませる。
ダイナマイトはルポライターを目指すべきじゃないのか。なんつって。

  いよいよ演奏が開始される(らしき)第三部に期待しよう!

投稿: ジ・インフルエンザー | 2009年2月 9日 (月) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/43977840

この記事へのトラックバック一覧です: 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第二回「夜の歌」:

« 2.1 音や金時 佐藤哲也LIVEレポ 第一回「序章・旅からの帰還」 | トップページ | SUPER46 「Who Shot The Mouse?」レコーディング速報 »