« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月21日 (日)

緊急会合無事終了

本日、秋葉原「やまと」にて緊急の会合。
メンツはDYNAMITE、佐々木御大、なべ、チカラさん。元々の主旨は、リリースが遅れているSHIZUKAデビューシングル「未来」の未完成ジャケットについて佐々木がチカラさんに現状報告を行う、というものだったが、佐々木がドタン場で根性を見せ、昨日から本日にかけてジャケット作業を終了、急遽会合はそのお披露目会となった。
作品は佐々木相変わらずの情念冴え渡る力作。作曲者チカラさん、プロデューサーDYNAMITE両者は即座にOKを出し、残すはSHIZUKA本人の確認のみとなったが、ここまで来れば秋リリースは確実。DYNAMITE曰く「俺が携わった音源の中では、初めての外向きな作品」という強力シングルが、ようやく日の目を見る事になりそうだ。

一方DYNAMITEがここ1週間で仕上げた、架空刑事ドラマ「男の非常線」収録予定曲「炸裂のテーマ(夜空刑事のテーマ)」の音源受け渡し。作曲者チカラさんはその場で聴いて即、公表OKを出した。DYNAMITEはもう1曲、小原先生先生の曲をアレンジした「背徳のテーマ」をも当日ギリギリで完成させ持参していたが、小原先生会合不参加により審議は無し。「ま、い~か。OKもらわんでも」というDYNAMITEの軽い判断により、音源は作曲者の知る事もなく、参考資料として佐々木、チカラさんの手に渡った(スマン葉子)。

またDYNAMITEが佐々木に依頼していた歌詞ノートも完成し、この大変優れた作品集をネタにして、佐々木、DYNAMITEは何やら悪企みを進行させる模様。この事案についてはまたいずれ。DYNAMITEがいくら「俺は持ち歌400曲以上!」と胸を張っても、2000編は下らないと言われる佐々木の膨大な詞作品には到底及ばない。どうやらDYNAMITEは、その中で自らが作曲に関わった数100曲について、何やら集大成的な事を計画しているようだが、こちらの詳細もまたいずれという事で。

ところで、なべ。非常識に大盛りだったスパゲッティナポリタンをシメで平らげるなど、なかなか元気な様子であった。SUPER46の新譜作業の追い込みに向け、気合充分と解釈したいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »