« モトサヤ | トップページ | 「男の非常線/オリジナルサウンドトラック」ひょっとしたら年内出るかもです »

2008年5月19日 (月)

YOKOの曲は強い!

新MTR操作習得のため、架空刑事ドラマのサントラ盤に収録予定の楽曲をレコーディング中。
バウンスがまだよく解らない。あと、インサートエフェクトの設定操作手順が旧機とは全く違うので随分苦労した。

ところで。
今回録音している曲には、「食欲のテーマ」というタイトルをつけるつもりだった。YOKO演じるスケT刑事が朝飯をガツガツ食っているシーンを連想しながら、頭の中でアレンジを組み立てていたのである。楽曲は俺のオリジナルではなく、YOKO作曲のナンバー(どの曲かはまだヒミツ、って、俺は小原先生かよ!)。彼の作品中でも重い部類の曲なのだが、俺のアレンジによって、愉快なインストへと変貌するはずであった。目標としたのは、「太陽にほえろ!」で言えば「仲間のテーマ」だったわけだし。
だが。
さすがYOKOの曲である。歌詞を除いても、どうしようもなく漂う寂寥感。トラックを重ねて全体像が見えてくるに従い、シリアスな雰囲気になってくる。さすがYOKOの代表作、俺の勝手な解釈を吹き飛ばす、確固たるコンセプトがメロディーにも浸透しているのだなぁ。
こりゃ、メシを食うシーンのバックではとても使えん。
というわけで、タイトル変更。候補として、「落胆のテーマ」とか「反省のテーマ」とか考えたが、最終的には「謹慎のテーマ」に決定。
一番スケTっぽいと思ったので。
大ミスを犯し、謹慎を食らってフラフラと街を彷徨うスケT。そんなシーンのバックでかかる。カコイイ!ま、当然そこで取り逃がした犯人と偶然出くわして全速追跡、ここでバックは「激怒のテーマ」に変わるわけだが。

一応、完成したらYOKO本人に聴いて頂き、了承をとりつけるつもりである。「こんな曲にしちゃダメだよ、瀬戸口さん」とか言われる可能性だってありますからね。
なんとか来週末には。
これが終わって、ある程度機材の感覚を掴んだら、いよいよドラムスとベースの移植作業に進みたいと思っています。

080518

|

« モトサヤ | トップページ | 「男の非常線/オリジナルサウンドトラック」ひょっとしたら年内出るかもです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/41252914

この記事へのトラックバック一覧です: YOKOの曲は強い!:

« モトサヤ | トップページ | 「男の非常線/オリジナルサウンドトラック」ひょっとしたら年内出るかもです »