« SHIZUKA「メロディー」全レコーディングトラック完了速報 | トップページ | 牛人遺産指定映像DVD「牛人夜明け前」、遂にリリース »

2008年3月 9日 (日)

SUPER46レコーディング速報

ニューアルバムのタイトルも決まり、年内リリースに向けてフル回転のSUPER46。
昨日8日は、巣鴨ホワイトロードにてドラムスの正規レコーディングを朝10時から敢行。佐々木・瀬戸口両名に事あるごとにプレッシャーをかけられ、さすがの”ミスタールーズ”ドラマー渡辺も、必死の自宅練習をこなしてのスタジオイン。「シラス台地を踏んで体調万全」などと、ワケの解らない発言もあったが、前回同様聴き応えのあるテイクを連発した。
まずは前回のリベンジで、「ベイビーフィンガー」。一度出たOKテイクがMTRの機器トラブルで仕切り直しとなったりしたものの、終始安定したプレイで余裕のOK。ドラムスのみならず、佐々木のギターも、間奏部以外はOKを出しても良いくらいのテイクが録れた。この曲については、あとはタカシがどう来るか、である。普通にニック・ロウで来るのか、ブルーストーマスで来るのか・・・。楽しみです。
続いて佐々木の野心作「ダニー・ザ・ドッグ」。過去、リハで1回合わせたのみ、瀬戸口の譜面作業も終わっていない状況にも関わらず、渡辺が「やってみたい」と強く希望しての正規録音チャレンジ。
佐々木・瀬戸口とも半信半疑で準備していったのだが、ドラマーはきちんと自分なりの解釈で練りこんでいた。佐々木の作曲イメージとは相当かけ離れたものだったが、プレイヤーが渾身に練ってきた構成が、そうそう悪かろう筈はない。瀬戸口は、持ち帰った2つのOKテイクのうち、リズムの乱れが少ない方を仮OKとし、ミックスダウン。あとはメンバーのチェック次第。ちなみに、この曲の佐々木のギターはズタボロである。練習せい、精進せいby多留GM。ヴォーカル音程も修正が必要だが、歌のみに集中して録ればおそらく大丈夫だろう。
続いて、新譜収録予定の佐々木ナンバーの中で瀬戸口がイチオシしている「雨の庭」。こちらもドラムス次第でどう転ぶか、という楽曲だったが、瀬戸口としてはこのテイクにOKを出したい。部分部分で奇蹟のプレイがあるのだ。スタジオでのプレイバックの際に問題視された、間奏直前の1音抜けについては、リードギターで誤魔化せばこうなるよ、的な仮ミックスをほどこしたので、佐々木・渡辺のチェック結果を待ちたい。
最後に「愛のイーグル」。瀬戸口の「SUPER46が、瀬戸口ソロを勘違い解釈してカバーした、みたいな感じでやりたい」ということで、思案した佐々木がグランジ案を出し、ニールヤングばりの「なんちゃってアルペジオ奏法」を炸裂させる。これは良かった。突然の振りだったため、ドラムスのOKテイクには至らなかったが、手ごたえは掴めた。「俺のカバーを俺が歌ってどうする?」という瀬戸口の強制により、渡辺が仮のヴォーカルまで録音。この曲は、次回スタジオでのドラムスOKテイクを狙います。
今回はこの4曲でオールアップ。
タカシへ。できればベースは俺と佐々木の曲を交互に録っていきたい。スタジオでは、楽器のダビングをしつつ、片方がヴォーカルの練習テイクをその都度入れていきますんで。ヴォーカル担当が偏ると、どちらかがスタジオで死ぬことになります。よろしく。

|

« SHIZUKA「メロディー」全レコーディングトラック完了速報 | トップページ | 牛人遺産指定映像DVD「牛人夜明け前」、遂にリリース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/40441628

この記事へのトラックバック一覧です: SUPER46レコーディング速報:

» 飲むだけで髪の毛が生える発毛剤 [WIN GRACE]
飲むだけで発毛・発育に大きな結果を出します。20年の実績を元に貴方にお届け致します。 [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 18時00分

« SHIZUKA「メロディー」全レコーディングトラック完了速報 | トップページ | 牛人遺産指定映像DVD「牛人夜明け前」、遂にリリース »