« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月18日 (月)

SHIZUKA「メロディー」全レコーディングトラック完了速報

SHIZUKA、デビューシングルの録音作業が本日遂にオールアップ。既にA面「未来」は昨年末に完成しており、本日はB面「メロディー」の最終作業、SHIZUKA満を持してのリードヴォーカルレコーディング。
作曲者である中町チカラの意向により、アレンジの段階で瀬戸口雅資が勝手に変えていた3番の歌詞を1箇所オルジナル表記に差し戻すなどの訂正はあったものの、ヴォーカル自体はTake5、6の2トラックで早くもOKが出た。時間にして、スタジオ3時間予約の1時間半が過ぎたあたりの事であった。
そしてここから、誰も予想していなかった修羅場が訪れる。

時間を余したプロデューサー瀬戸口は、1つの空きトラックにコーラスを入れることに。
「チカラさん、コーラス行きましょうか!」
の一言に、中町は自信満々、ノリノリで
「待ってましたぁ!」
と、シールドが繋がっていない全く関係ないマイクを握って声出しを始める。ま、これは愛嬌というか、お約束だが。
彼としてはJULIAN!収録の「過ぎゆく夏」のように、自由にハミングをやらせてもらえる、と考えたらしいが、鬼モードの瀬戸口は、サビ部から部分部分を抜き出してコーラス箇所を指定、「3度上でハモれ!」と、数少ない得意分野であるハモり旋律のお手本を聴かせる。
顔面蒼白と化す、チカラさん。
これはよく聞く話だが、優れたヴォーカリストほどそれ故に、ハモリコーラスの経験などほとんど無く、苦手にしているという。
当然、瀬戸口が歌うメロを空で真似する事は、彼の実力ならば余裕で出来るのだ。が、いざ録音!となると、SHIZUKAのリードヴォーカルに釣られ、あらぬ音程を連発。
瀬戸口はその度に容赦無いダメ出し。緊張で直立不動となり悪戦苦闘する、チカラさん。

↓ 瀬戸口にダメ出しを喰らい、「こんなはずでは・・・」と、苦笑するしかないチカラさん。マイクを前にこんな状態に陥る彼を見るのは、出会って以来初めてだ。

0802172

見かねた瀬戸口、「俺が手本を」、とマイクを奪い取る。マイクはチカラさんの汗でじっとりと濡れてしまっている。
SHIZUKAのヴォーカルに合わせ、余裕でハモる瀬戸口。畏れ入るチカラさん。これは牛人レコーディング史上、かなり珍しい構図だ。
ただ、このSHIZUKAの音源については、正規録音で瀬戸口がハモる訳にはいかない。なんとしてもチカラさんにやってもらわねば、意味が無いのだ。

20テイクは超えていただろうか。ようやくOKが出た。
コーラスの悲しいところは、これだけ苦労して録ったテイクが、かすかに聴こえるか聴こえないか、くらいの味付け程度にしかミックスされない、という事なんだよね、残念ながら。
まだミックスは終了していませんが、リリースの暁には、皆さん耳をダンボにして、サビ部を注意深く聴いてみて下さいね。

↓ なんとなくハモりのコツを掴みかけた頃のチカラさん。いつもの立ち姿がようやく戻ってきましたね。

080217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

SUPER46レコーディング、および「R20」第一回配布会速報

昨年1年間、1トラックのOKテイクも録れないまま座礁していた、SUPER46ニューアルバムの正規レコーディング。小原先生ニューアルバムの緊急リリースに刺激を受けた、リーダー瀬戸口雅資の強制号令のもと、本日遂にドラムスの録音が開始された。
昨年より懸案されていた、渡辺弘の練習量および楽曲解釈度だが、今回は文句無し!1日に一気6曲という、ドラムスレコーディングとしての新記録まで打ち立てた渡辺に、瀬戸口・佐々木両名は心からひれ伏したという。

録音されたのは「スーパーブー」「ビーバーランド」「霧の中のゴルフ」「泣きのジプシー」「バラクーダ」「ベイビーフィンガー」。
うち、「泣きのジプシー」は佐々木、「ベイビーフィンガー」は渡辺本人が次回再録の含みを持たせたが、仕切った瀬戸口としては、全曲OKを出しても良いくらいの出来。これで、数曲に関してはようやく他楽器の正規レコーディングへと移行できる。まずは、めでたしである。きっかけを作ってくれた小原先生に、この場をお借りして感謝したい。

その小原先生だが、打ち上げの席に「R20」を持参して乱入。1枚をなべ、1枚を次週SHIZUKA「メロディー」レコーディングで中町チカラと会う予定の瀬戸口に渡し、「歌詞が韻を踏んでいるのに注目してほしい」などと強く主張して喋り倒していた。どうもこの人、自分の音楽について一般人が解り易い部分と解り難い部分の区別があまりついていないらしい。その点、愛すべきアーティストであると言える。
アルバムの核となった「来てくれますかパート2」のS.E.(雨音)について、佐々木の「イントロのS.E.の音量に合わせてヴォリューム設定したらいきなり先生のヴォーカルが爆裂して、どうしようかと思った」とか、瀬戸口の「ラストの洪水で、あつこ遂に死んだか、と思った」、などの暴言をニコニコしながら聴いていた小原先生、この曲には格別の思い入れがあるようだ。録音は相当長期に渡っていたらしく、瀬戸口が当HP「Dynamite-Burn」のコーナーにて雨音のS.E.について書いた文章を読んだ時、ちょうどこの曲のオケを練りこんでいたらしく「黙っているのに苦労した」そうだ。

SUPER46も負けてはいられませんな。
ここから加速しますよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

驚かそうと思って黙ってたんだ

みんな、元気かい?
ぼく、ニセ小原マン。

実は、去る2月3日(リメンバーミュージック創立記念日)に、我が社の創立20周年記念アルバムをリリースしたんだ。
牛人会の奴等には内緒にしてて、いきなり郵送したんだけど、みんなびっくりしてたよ、イヒヒヒヒ。

今回は、会社の後輩にギターを弾いてもらったり、ジャケット描いてもらったりして、ヴォーカルもスタジオで録ったりとか、色々と新しい試みがあるよ。
アルバムのテーマはね、「葉子なんてガキさ、やっぱ、あつこでしょ」という壮大なものなんだ。一般人にはちょっと難しいかな?
でも、さっきぼくの下僕の佐々木っていう奴と、ぼくの音楽についての研究に一生を捧げている瀬戸口って人が、絶賛してくれたよ。あいつらもなかなか聴く耳持ってるね。瀬戸口って人の判断で、正式にGYU-020として、牛人会で配給することも決まったんだ。

20年かぁ。確かに20年っていう月日は身体に浸み込んでくるけど、こうして記念アルバム作ってるうちに、20年が10年になり、10年が、まぁ5年くらいにはなり、とうとうシャウトまでしちゃったよ。恥ずかしいなぁイヒヒヒヒ。

もう若葉とは呼べない緑。
でも、自画自賛は悪いことじゃないよ。

みんな、聴いてね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »