« SUPER46、年内最終リハ速報 | トップページ | 20時まで会社員、22時まで神、そして24時まで鬼 »

2007年12月 9日 (日)

KAZUMI 「初雪」、レコーディング完了!そして、「夢を叶えて」リリース収束案とは?

昨日8日、巣鴨ホワイトロードにてKAZUMI「初雪」のヴォーカルレコーディング敢行され、見事OKテイクを得た。これにより「初雪」はすべての録音作業が完了。あとは正規ミックスを待つのみとなった。
「未来」完成音源を1週間前に瀬戸口雅資から手渡されていたKAZUMIは、刺激を受けたのか気合満々のテイクを重ねていた。元々、1ケ月前のヴォーカル録りの時点で、作曲者の瀬戸口としては「これでOKじゃないか」と思ったのだが、KAZUMI自身が「もっと歌えるはず」と強く希望しての今回の再録。前回はヴォーカルの入力レベルが大き過ぎ、多少ビビる箇所があった事も受けて、SUPER46・佐々木のヴォーカル録りとほぼ同値のセッティング。デカい声、羨ましい・・・。歌い終わった直後に「今のどうですか?」と言ってきたあたり、本人も納得のテイクを1回録ったのち、さらにSUPER46リハのため外で待機する佐々木利剛・渡辺弘を待たせて、最後の最後にもう1テイク。結果、このテイクが「ベスト」を勝ちとった。
更にKAZUMIは、自身のペンによる詩を持参。「初めて書いた」とは思えない志の高い1篇で、瀬戸口はその場で作曲を受諾。これにより、KAZUMIのCDデビューは、本人のアーティスト像が強い内容へと変貌する事となった。
思案した瀬戸口は、既にバンドスタイルでレコーディングを終えている「夢を叶えて」を、正規デビューCDとは切り離す事を決断。急遽、GYU-020として牛人会コンピレーション第2弾を企画、その収録曲の目玉として「夢を叶えて」早期リリースを提案し、この案は牛人会の両御意見番、佐々木・YOKO、ならびに作曲者の中町チカラにも了承された。
正式なアーティスト名義のCDにはまだ時間をかけなければならなくなったが、皆様の耳に牛人会初の「平成新本格」女性ヴォーカリストの歌声が届けられる日は、近くなってきました。お楽しみに!そして、今後のKAZUMIの活動にも御注目下さい。

|

« SUPER46、年内最終リハ速報 | トップページ | 20時まで会社員、22時まで神、そして24時まで鬼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/17325237

この記事へのトラックバック一覧です: KAZUMI 「初雪」、レコーディング完了!そして、「夢を叶えて」リリース収束案とは?:

« SUPER46、年内最終リハ速報 | トップページ | 20時まで会社員、22時まで神、そして24時まで鬼 »