« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

「未来」完成しました

24日、シングル「未来」でデビューする静香さんと、作詞・作曲を担当した中町チカラ氏、プロデュース・アレンジメント、エンジニア担当の瀬戸口雅資の3名が巣鴨・ホワイトロードに集結。A面曲「未来」の最終レコーディングとして、静香さんのヴォーカル録りが行われ、見事なテイクの連発により成果を見た。
3種類のOKテイクを持ち帰った瀬戸口は、寝ない男の本領発揮、翌早朝に正規ミックスを仕上げ、中町氏のOKをとりつけた。ほぼ1年をかけて制作された「未来」、遂に音源完成である。
今後B面曲の音源制作にとりかかると同時に、佐々木のジャケットも着手の予定。年内リリースは厳しいにしても、A面「未来」の完成は、ひとまず胸をなでおろすところである。

スタジオでは、中町アコギ1本の伴奏によるアンプラグドヴァージョンも録音され、その作業を境に静香さんは正規音源のOK連発体制に入った。ヴォーカルの声量が明らかに変化した瞬間であった。これでこの二人も井上・まなを超えたなぁ。

0711242

スタジオ終了の瞬間、中町チカラは「写真撮るの忘れてた~」と絶叫。仕方なくフロアで放心状態となっている二人を激写。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

KAZUMI 最新レコーディング速報

数々の企画・校正を繰り返しながら進行するKAZUMIのデビュー音源レコーディング。本日は瀬戸口作詞・作曲の「初雪」正規トラックのレコーディングが行われた。
「初雪」については、瀬戸口が思い切り派出にアレンジしたオケを聴いたKAZUMIが「こっちもイイけどギター1本のヴァージョンも録音したい」との意見を持ち、2ヴァージョンの音源が発表される見通し。前回のリハでギター1本での伴奏に慣れてしまっていたKAZUMIは、アレンジオケヴァージョンの正確なリズムに、かえって本日は四苦八苦。タメがきかない分表現が追いつかず、10回以上歌ってようやくノッてきたか、という頃にタイムアップ、残念。結局アレンジヴァージョン、弾き語りヴァージョンともにOKテイクには至らなかった。
彼女、気合充分で今日は最初から大声で飛ばしていたからなぁ。で、多少力を抜いて歌った方がイイ、と二人で気づくまでに時間がかかった。初期のSUPER46でもこんなことあったっけなぁ。
手ごたえは掴んだので次回はOKが録れると思うが、本日の作業を終えた時点で、KAZUMIのデビュー音源、どのような形になるにせよ、お披露目は来年に持ち越しが決定的。おそらくKAZUMI作詞・瀬戸口作曲で1曲、あと数曲の牛人ライターの作品を加えたミニアルバム形式でのリリースになるだろう。本当に初雪が降ってきてしまう前には何とかしたいが・・・。

ところで、KAZUMIは今日5分ほど遅刻してきました。
その「遅れます」メールのフレーズが

~ごめんなさい。走っていきます~

「地蔵通りを走ってんの想像すると笑っちゃうから走らんでよし!」
と返しました。
どのみちセッティングに10分はかかるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »