« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月16日 (月)

楽しみはとっておくものですよ!

本日予定されていた「未来」ヴォーカル録りは、台風4号の襲来により、昨夜の段階で瀬戸口雅資がMTR運搬にストップをかけたため延期。リハに切り替えられた。
が、当日になってみると意外や東京は小雨程度。これならいけるんじゃないか、とも思い直しかけたが、千葉野田市に住むヴォーカルの静香さんが暴風で外出も出来ず、スタジオまで来れないという事態に。
せっかくなので中町チカラと二人で、瀬戸口が再構築した譜割り、メロディーによる「未来」のセッションデモをスタジオ室内機材にてカセットテープ録音。作曲者の中町チカラですら、新しいメロに馴染むのに時間がかかり、2時間を費やす。これを考えると、今日静香さんが来れなかったのは結果オーライだろう。彼女には、みっちり完成オケで自宅リハを重ねて頂いたほうがよさそう。
ちょうどデモを録り終わる頃、急遽呼び出しを受けた佐々木利剛が駆けつけ、その後は中町、佐々木のツインギター、瀬戸口キーボードによるセッションとなる。
チカラバラードの真髄、「月」「夜空」「眠りにつくまで」、SUPER46「GET NERVOUS!」から「貧しいあの娘」「街は、雨のにおい」などがたて続けに演奏された。
打ち上げでは、「未来」の完成オケを聴いた佐々木が珍しくベタボメ。曰く「牛人会初の外向きな作品」とか。写真素材のジャケットも彼が担当することとなり、「楽曲もアレンジもジャケットも直球」宣言。「直球は実力が無いと投げられない。我々もいい加減そういう力がついてきたってこと」と、うまく話を纏め、瀬戸口、中町両名をデレデレ状態にしていた。
シングルB面曲の打ち合わせも終わり、シングルリリースは8月下旬から9月あたりになる予定。御期待下さい。

070715_1 

↑ 佐々木到着直後、デモを録り終えたばかりの「未来」を佐々木だけのために歌う中町チカラ。サービス満点にリードギターパートも弾く。が、佐々木はチューニングの真っ最中だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

「未来の鬼」、見参!

こんばんは。鬼、および、ダイナマイト、こと瀬戸口です。
俺は諸状況に応じて色々な鬼になりますが、今日ばかりは「未来の鬼」と名乗らせて!
休日というのに目覚ましを8時にセットして起床。朝飯がっつり食ったあと、早速「未来」録音に着手。
まずはアコギ。最初は普通のエイトでキッチリ弾いていたが、最終的にはハネる感じでOKテイク。そして、ジギースターダストばりの「おんなじアコギを2度弾く!」パターンでさらにワンテイク。それを左右に振り分ける。
続いてベース。これは当初から考えていたのだが、「シンプルだが音色にこだわる!」という方針で。俺のMTRは内臓エフェクトがスグレモノなので、1個1個試しながら、「なめらかに、それでいてズシーンとくる音」を探し求める。音色が決まっていざレコーディング。いや~俺ベースの腕はかなり落ちてるなぁ。25歳くらいの頃は結構弾けてたんだけどなぁ。何度もやり直し、ようやくOK。この時点でなんと夜の9時であった。
晩飯にして、ちょっとPCをチェックすると、中町さんから「佐々木さんが家まで来てくれて、ネット開通しました」の朗報が。これで音源チェックもスムーズに行くというもの。めでたい。
とりあえず中町さんに連絡を入れ、来週日曜日に静香さんのヴォーカル録りを行う旨、打ち合わせ。
矢継ぎ早に、今度はキーボードの録音。まずは和音から。木管楽器っぽい音色。これも決めていた。ヨエコさんの「楯」のイメージ。Bメロで一瞬だけ忙しいパートがあって、そこで何度かつまずいたが、割とすぐにOKテイクが弾けた。この時点で先週入れた仮和音のトラックを消す。
続いて、ダイナマのお家芸とも言える、サブリミナル・パーカッション。驚くな、5種類入れたぞ!ま、だいたいの人は最後の鈴くらいしか耳がいかないだろう。が、こういうパーカッション装飾ってのは、リスナーの深層意識には絶対届いているからな!
さて、ここからが大変だ。クラシック音階によるピアノ、およびストリングス。
とにかく練習するしかない。すったもんだの末、ストリングスはシンセオーケストラ、バイオリン、チェロの3音色で構成する事に決定。
ピアノは2番から導入するアルペジオ奏法が、ムズイ!しかもクラシック音階なのでアドリブがきかない!とにかく音を覚え、指を覚える!
そんなこんなでさすがに少し疲れてきたのでラーメンを食う。で、今、インフォメ更新しているわけだ。
たぶんこのまま寝ずに、明日の昼頃までにオケ完成させるだろうな。
だって、鬼だもの!

070707_1

↑ 一昨年の「夜空」レコーディングの際、マイクスタンドを買ったのだが、見つからない。おそらくまだ掃除していないPCルームの何処かに埋もれているものと思われる。
仕方なくアコギのマイクセッティングには、普段MTR運搬に使用している巨大カバンが登場。椅子に座って弾いた。しかし、このアコギもずいぶん長いつき合いになったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

「未来」レコーディング経過報告

休日のスケジュール。飯を食う、寝る、以外のほとんどの時間を「未来」レコーディングに捧げる、男ダイナマである。ヒマでモテない、ハッスルファンの諸君、御機嫌いかがかな?
で、今日の作業はというと、まずは昨夜完成させたリズムプログラミングのステレオ処理から。俺が4トラMTRで宅録やり始めた20年前に思いを馳せれば、機械であれ生であれ、ドラムスをステレオで録音出来る、なんちゅうのは夢のまた夢だったわけだが。
1番のAメロは、いかにも打ち込み打ち込みした機械音で、2種類の音色を左右に振り分ける。J-POPだなぁ。エイトビートが絡んでからは、クラッシュとライド、両シンバルのステレオ配置に気を遣う。あと、タムの左右への流れ。これらを凝るのは毎度の事だ。
そいつをMTRステレオチャンネルにブチ込む。この時点で結構体力を消耗したので、ドトールまで行って休憩。
帰還、今度はラフな仮和音をキーボードで録音。昔はこの作業をギターでやっていたのだが、SUPER46「GET NERVOUS!」あたりから、必ず鍵盤でやるようになった。それなりに弾けるようになった、というのもあるが、なんといってもチューニングにマチガイがないのが大きい。ギターの場合、微妙な狂いがあとあと祟ったりするのである。
さて、問題はこの次である。仮歌だ。歌ナシでアレンジしてしまうと、どうしてもヴォーカルの邪魔になる部分で凝った事をしてしまい、ワケわかんなくなる。仮歌は絶対に必要なのである。さらに言えば、この段階で本番OKテイクのヴォーカルがあれば、俺的にはベストなのだが(「YOKO2」とか「月」とか、あと俺のソロとか)、さすがに今回はワガママも言えない。自分で適当に歌うしかない。
最初はメロまんま、裏声で歌えばなんとかなるだろ、と思ってたんだが、さすがに女性のキーだ、高い高いたか~い!自宅なので声張り上げるわけにもいかず、断念して1オクターブ下で歌うことに。これもまた大変で、低いレ、なんてのが出てくる。たぶんYOKOも出ないよこの音は!ギターの6弦より低いんだぜ!JULIAN!の「とど愛」歌入れで、低いソに四苦八苦した俺には到底無理な音階だが、ゴニョゴニョと誤魔化して、なんとか歌う。
プレイバックを聴き、頭の中にあるアレンジアイデアを整理。キーボード部をちょっと練習する。難しい・・・。あと2週間でモノにできるかどうか正直微妙だが、ともかく来週の土日は、鬼と化すしかないな・・・。

0707011

↑ 中町チカラ、手書きの歌詞カードを片手に仮歌入れ。マイクは今年になってからYOKOに勧められて買った5.7BEATというヤツで、ホワイトロードのマスターも、「あぁ、これはイイですよ~」と太鼓判を押していた。とにかく細かいニュアンスを拾ってくれるので助かる。

0707012

↑ 深夜11時過ぎまでかかって歌い終わり、記念に写真を撮る。ブログやってると、どんどん一人上手になっていくとは言うが、正直早くスタジオの絵が撮りたいですよ~。中町さんとか佐々木とか、妙にあのスタジオの薄暗いライトが似合うんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

「未来」月間スタート!

「7月半ばまでにヴォーカルを入れたい」との中町チカラの依頼を受けた瀬戸口雅資は、本日をもって、「未来」オケ録音にかかりきりとなった。
瀬戸口としては、自身フェイバリットの中町楽曲「優しい風が吹く街」「月」に並ぶ得る名曲として「未来」アレンジに可能性を感じており、もう少し練る時間が欲しかったところだったのだが、とりあえずダメモトで始動。YOKOからプレゼントされたSXWのDVD、佐々木から「早急に読め!」と推奨された「ゴーレム100」、しばらくおあずけだ。
2週間前に一度組み立てていたリズムマシン音源を解体、イチからやり直す。スネアの音色が気に入らなかったのと、Bメロ直前の譜割りを縮めるため。
リズムマシンを組みたてる際って、楽曲の雰囲気を確認するために、なんとなく歌いながらやっているわけだが、改めて思うのは女性ヴォーカルのレンジが、やっぱり男とはエライ違いだという事だ。中町さんがCで作曲した「未来」は、静香さんのキーに合わせた結果、Gへと移調した。メロを拾うと、一番低い音がD、一番高い音がハイB。だいたい女性ヴォーカルとしては平均値のキー設定。つまり、男の俺には、まともには歌えない!
これは大変。俺の流儀はリズム→仮和音→仮歌と入れてからアレンジの組み立てに入るので、今回のように一人多重録音スタイルの場合は、一度は絶対自分で仮歌を歌わなければならない・・・。
明日は、布団かぶってウラ声で絶叫だな。ハイBはキツそうだ・・・。

070630_1 

↑ ごったがえしているように見えるが、畳が見える&足の踏み場がある、という状態はほぼ2年ぶりとなる、牛人会新宿本部(DYNAMITE宅)のレコーディングスペース。ちなみにキーボードはKORGのTRITON-Leで、貧乏性の瀬戸口雅資が、キーボード4台目にして初めて買った「プロ御用達」楽器である。最近だと、ミッキー吉野が上段用に使っているのを見た(下段用はYAMAHAのよく知らないヤツだった)。瀬戸口が完全に使いこなせてはいるワケはないが、とりあえず思いつく限りの音色はだいたいプリセットされている、というスグレモノ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »