« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月23日 (土)

ナマ快気記念SUPER46リハ速報

先週、DYNAMITEが食あたりで動けなくなり、スタジオをドタキャンしたSUPER46。
DYNAMITEの快気祝いを兼ね、本日は巣鴨ホワイトロードにて3時間のリハ。演奏曲目は6曲。

・「ベイビーフィンガー」(瀬戸口持ちの新曲)
・「スーパーブー」(佐々木持ちの新曲)
・「ロング・ロスト・フレンド」(瀬戸口持ちの新曲)
・「密林歌」
・「霧の中のゴルフ」
・「身体障害者の子守歌」

新曲について、「ベイビーフィンガー」(馬鹿パブロック)と「スーパーブー」(馬鹿リフロック)の2曲はアルバム収録に向け前向きに検討された。「ロング・ロスト~」は佐々木曰く「瀬戸口さんのMTR作品の匂いがする」とのことで、バンドとしてはボツになる方向。
ニューアルバム収録予定のこれまでの候補曲について、変化球が多い事を佐々木、瀬戸口両名ともにちょっと気にしていたようで、二人が持ってきた「スーパーブー」「ベイビーフィンガー」は、どちらもストレートな馬鹿ロック系。サビでタイトル3連呼、というアイデアまで偶然にも被ってしまったが、受ける印象はまるで違う。アルバムの軽さに貢献するダイナマ、混沌性を強化する佐々木、まぁ二人ともにさすがの持ち味である、と言っておこう。

次回いよいよドラム録音に突入の予定。「バラクーダ」「霧の中のゴルフ」「泣きのジプシー」あたりから取りかかる。なんとかタカシが秋の仕事モードに入る前に、数曲のメドは立てておきたいが・・・。

0706221

↑スタジオでの写真を撮り損ねたので、打ち上げのお好み焼き屋でのショットから。佐々木が反転に失敗し二つに割れたコーン玉を無情に見つめるナベ。佐々木の失敗を電話でカミさんにチクっていた。

0706222

↑すっかり食欲を取り戻し、ナベの焼いた焼きソバをほとんど一人で平らげたあと、パイナップルソフトクリームなど注文し、悦に入るダイナマ。

0706223

↑佐々木失敗のあと、完全に一人奉行と化し、ラストをもんじゃでシメる、なべ。俺の経験上だが、ドラマーには料理好きが多いようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 9日 (土)

「未来」着手しました

「中町チカラのナンバーを女性ヴォーカリストが歌う!」シリーズ第2弾、「未来」。
セメントプロデューサー瀬戸口は本日午後からアレンジ組立てに着手しました。この曲については「夢を叶えて」のようなバンドサウンドではなく、「すべて瀬戸口さんの好きにアレンジして良いです」との中町さんのお言葉もありまして、かなり好き放題やらせて頂く所存。コード、譜割りの変更は絶対やりますね。
僕のアレンジは、その時良く聴いている音楽の影響が前面に押し出てしまうので、女性ヴォーカルとくれば、まぁ今回は倉橋ヨエコ一色にはなりますわな。今日はプログラミングを設定しただけなんですが、まる一日かかりました。楽曲がバラードなもんで、ヨエコさんの「楯」「夏」「桜道」をブッ続けで聴いてイメージを作り、譜割りを再構築。変なタイミングでスネアが絡んできますよ~、お楽しみに。
「未来」を歌うのは、中町チカラのバンド時代からのファンだったという静香さん。正式なアーティストクレジットはまだ未定。今年は女性ヴォーカリストがいきなり二人も増えて、牛人会も華やかになってきましたな~。が、どっちも連れてきたのが中町さん。瀬戸口雅資、佐々木利剛、YOKOの3大巨頭にそんな話は全くナシ、それってちょっと寂しくないか、え?

070609

↑ 暗いな・・・。宅録野郎の必須アイテム、リズムマシン。ダイナマの愛機はBOSSのDR-770。SUPER46初期に使用していたTR-550から数えて4台目。YMOの打ち込み聴いて「スゲ~」と思っていた世代にとっては、90年代に入ってからのリズムマシンの異様なまでの音色進化というのは、俄かには信じ難いものがある。これさえあれば、その辺のごく普通の小学生だってマトモな音楽を組立てられる、くらいの技術革新ではある。ただ、リズムマシンのプログラミングって、編集好きな人じゃないとイライラしてダメらしいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 3日 (日)

「夢を叶えて」オケ完了しました

結局前夜から寝ずにレコーディング。すべての演奏トラックが今朝方完了致しました。
リードギターに関しては、これは最近の僕のレコーディングパターンになりつつあるのだが、最初は無理して弾きまくろうとして数々の失敗テイクのちに何とかOKを出すものの、プレイバックしてみたらどうも良くない。初心に立ち返り、メロ重視のスローハンドを新たに練りこんでやり直し、格闘の末にOK!という流れ。「Happy Birthday」「泣ける日没」「ジ・エンド・オブ東急ストア」「ゴングを鳴らせ」「昨日までの二人」「過ぎゆく夏」「ベイビーロック」「アンナ・リー」とかもそうだった。基本的にテクが無いのである。メロとか音色で勝負するしかないわけだ。
ギターを録り終えれば残る作業は得意分野で、装飾のパーカス(注意しないと聴こえないが、確実にアレンジ効果がある、という自負があるのだ、これは)、および左右バランスの設定。フェーダーの上げ下げは今回は決めなかった。それはKAZUMIのヴォーカル次第である。
しかしまぁ長々とかかってしまったが、ここまでくれば大体先も見えてくる。ヴォーカルについては彼女のペースに合わせようかと思う。
あと、ジャケについては、佐々木曰く「俺の剣技はもはや神の領域」、らしいので、大船に乗った気でいられますよ、中町さん。

070603_1

↑ ダイナマの愛器、というか腐れ縁ギターというか。もう15年選手で、ヴォリューム、トーンの各つまみなど見るかげもない。何故か、中町チカラの楽曲を録音する際に、ブライアン・メガネの憑依率が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

「夢を叶えて」オーヴァーダブ速報!

DYNAMITEです。今週の土日は、丸々「夢を叶えて」オーヴァーダブに費やす予定。なんとしても明日までにオケを完成させるべく、気合充分なのであります。
さて本日は、一日かけて鍵盤系のレコーディングが完了。ほぼ予定通りの進行だ。
オルガンを1トラック、ピアノを2トラック。
ピアノは間奏部8小節、2番Aメロ部に3度上の残響的なハーモニーを入れるために2トラックを使用、のちステレオでバウンスした。間奏のメロはリハ段階から頭にあって、結構気に入っている。スタックリッジというバンドからヒントを得た「泣きトラッド系」だが、ナベさんは「プロコルハルムみたい」と言っていたなぁ。このメロを最大限に生かすため、先日の中町さんのベースレコーディングにあたって、無理矢理コード修正をして頂いた。ベースがきっちりリタルタンドしていかないと成立しないアレンジなので。
明日はリードギターとパーカス、そしてミックスの予定。
完成の手ごたえはあり。乞うご期待!

0706021

CDと本とDVDと書類と、そしてゴミの山のその奥深く、部屋の一角に設置されている、これが悪名高き牛人会新宿本部のレコーディングスペース。
これ以上カメラを引く事はできない。地獄絵図になってしまうからだ。川口支部とはエライ環境の違いである。

0706022

芸能人ブログよろしく、自分で自分の写真を撮ってみる。うわ~ダセェな!特に土曜限定の洗濯物が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »