« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年1月28日 (日)

「リメンバータイムス」号外より速報

注目の小原先生先生の新作について、タイトルチューンが演奏時間10分を超える大作である事が、本日付け配布の地方新聞「リメンバータイムス」号外にて報じられた。
この曲は「不定愁訴」の路線を更に押し進めた、小原流プログレポップスの決定版とも言える作品とのことで、同曲の登場により、当初予定されていた「自家中毒」というアルバムタイトルは変更される事になる模様。
その楽曲のタイトルを聞き出そうと、牛人会川崎支部より記者が派遣されて小原本人と接触に成功、喰い下がったが
「それを言っちゃうと、アルバムタイトルが判っちゃうからな~」
などとスットボけつつ、先生は自信満々、余裕の表情だったという。
全国の小原信者よ(3人くらいか?)、期待して待とうではないか!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年1月27日 (土)

KAZUMI 「夢を叶えて」リハテイク・ミックス速報

ども毎度、寝ない男です。プロデューサーに休息はありません。休日の前夜は大抵音源をいじり、気がついたらワケのわからん日付になっていて、「今何曜日だ?」状態に陥りますね。毎度のことですが。
さて、「夢を叶えて」先週のリハテイクですが、ミックスしてみて少なからず驚きました。
なべドラムス、中町ベースがある程度練られていたのは感じていましたが、音源として聴いてみて一番良かったのは小原先生のエレアコでした。
Aメロのアルペジオ、サビのストロークの振り分けはとてもキレイだし、リズムも音も乱れが全く無い。アルペジオ部はルート音も完璧で、まぁキーがCでなければこうはいかないでしょうが。僕もアルペジオオタクなので、他人のプレイをイイと思う事は少ないですが、この曲の小原演奏は、地味(いや、これが大切なのよ)ながら、かなりのモンです。
なべドラムはテンポアップと曲の土台作りとして貢献度は大。
中町ベースは、ところどころのミスタッチを修正すれば、フレーズは申し分ないと思います。てか、この人のベース、音が太い!これはタカシにも無い味です。
結論としては、KAZUMIとDYNAMITEは、もっと練習しろ!と。トホホですわ。メンバーの皆様には来週早々郵送出来ると思いますのでよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

KAZUMI-BANDリハ速報、そしてゴキサールのリーダー、松井氏への御礼

本日は巣鴨ホワイトロードにて、KAZUMI-BAND第2回目のリハ。
試行錯誤の末、「夢を叶えて」のキーをハ長調に設定。メロディー楽器はこの点辛い。キーが決まってからでないと、練るものも練れないからだ。
といったわけで、本日一番の飛躍を見せたのは渡辺弘のドラムス。彼のアイデアにより、中町作曲の時点と比べるとかなりのテンポアップ。バラードの面影は消え、ミディアムテンポのポップスへと楽曲が変貌した。
宣言通りエレアコをかついで現れた小原先生も、Aメロをアルペジオ、サビをストロークと振り分け、元気良くヴォリュームを上げて演奏。
KAZUMIのヴォーカルも、まぁハイCが余裕で出るんだからこれはもう男からすると未知の世界である。
どうも私ダイナマが一人足を引っ張ったくさい。すまん!
発表形態については、この1曲のみならコンピ収録、小原曲にOKが出るなら2曲入りシングル、ということで進めていこうと思う。

私は風邪をひいていたこともあって、結構フラフラで帰宅したのだが、メールチェックをすると「Rain On~」の感想が2件届いていて元気を取り戻した。
一人は大学で同じゼミだった小倉君。イチ押しは「アンナ・リー」。
そしてもう一人は、あのゴキサールのリーダー、松井竜也!ま~ま~さすがですよ、この男。丁寧に全曲の感想を頂きました。特に、今まで無反応に近かった「ママのチョッパー」「カヌーソング」を推してくれていたのは嬉しかった。
あと、歌詞であるとか細かい演奏パートとかまで聴いてくれたらしく、感激。なべドラムから佐々木シャウト、盟友タカシのベース、そしてダイナマリードギターまで余すところなく絶賛。「インド~」を「美しい」と言ってみたり、なべヴォーカルを「メランコリック」と言ってみたり、いや~さすが!日本の法廷の未来は、キミに任せた!好きなように裁いていいよ、もう。
マジで、今後彼の文章を作品解説として歌詞カードに追加掲載、検討の必要アリでしょう。どうもありがとうございます。また作るからね、バンドサウンドのSUPER46。よろしく!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

2007年、牛人始動!

2007年、年始の慌しさの中、活動を開始した牛人会。本日は2つの大きな動きがあった。
まず、巣鴨ホワイトロードにて新年初のスタジオリハ。主役タイプの佐々木、YOKOの欠席が、はからずも思わぬ流れを生み出した。
単なる新年会を兼ねたスタジオ馬鹿騒ぎのつもりで集った面々。そんな中、主役を攫ったのは、たまたま時間が空いて遊びに来た、牛人会初の女性ヴォーカリスト、和美ちゃん。
軽いノリで開始された彼女のデビュー予定シングル「夢を叶えて」(作詞・作曲・中町チカラ)のリハーサルだったが、回数を追う毎に声が出て本領を発揮し始めた和美ちゃんのヴォーカルに、いつしか他のメンバーはサポートバックバンドとして曲を煮詰め始めた。
遂にはスタジオ予約の3時間を全てこの曲に費やし、練り込んでいくという事態に。完奏は9テイクを数え、テイクを重ねる度に、それぞれのパートの微調整やコード進行の取捨が議論された。
ある程度形が纏まったテイク5の段階で、録音演奏音源をスタジオでプレイバックしたのだが、その時点でヴォーカルが微妙にフラットしていた部分を、次のテイク6できちんと修正してきた和美ちゃん、さすが平成新本格!
すっかりその気になった面々は、次回リハ日を打ち合わせて各自課題を持ち帰ることに。
バックバンドのパートは、ドラムス・渡辺弘、ベース・中町チカラ、ギター・小原先生、キーボード・瀬戸口雅資でほぼ固まった。小原先生は次回エレアコを持参するとのこと。
なお、和美ちゃんのアーティストクレジットだが、本人の意向もあって、ローマ字で「KAZUMI」。俺としては、Uを抜いて「KAZMI」の方が字面が映えるような気もしたが、当面「KAZUMI」名義にて今後の情報を伝えていこうと思う。

一方、今日は所用で欠席となったが、「今年は漫画に賭ける!」宣言をした佐々木利剛。ネット配信用第一弾の構想が纏まったとの情報が、先程新宿本部に寄せられた。
「呪殺コンサルタント」というタイトル(SFファンにとっては、何ともツボをついたタイトルセンスだ)の、初期フィリップ・K・ディックのテイストを目指す短編だという。
1月中には原稿を仕上げたい、とのことで、こちらも大注目だ。
いや、どうやら初っ端から忙しくなりますね、今年のGYUは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

おめでとう2007年!

みなさま、あけましておめでとうございます。
昨年は「JULIAN!」「YOKOⅡ」「RAIN ON A SUNDAY」と、それぞれ違った意味のある3タイトルCDをリリース、久々に活動的な1年でありました。
本年も心してかかります。よろしくお願い申し上げます。

ところで、上記CD、特に「JULIAN!」について新たなリスナー開拓を推進した結果でしょうか、元日早々、年賀状の怒涛の枚数にド肝を抜かれているところです。
今日一日は返事書きで潰れそうですが、感謝すべき事です。みなさん、ご丁寧にどうも有難うございます。
そんな中から1枚ご紹介させて頂きます。
「月」「JULIAN!」「RAIN ON A SUNDAY」と、ベーシックトラック録音でお世話になったスタジオ、巣鴨のホワイトロードさん。
毎年御年賀は頂いていたのですが、今年は丁寧なご挨拶、激励を書き添えて頂き、「あぁ、俺らもついに巣鴨の顔になったか」などと感慨に浸ってしまいました。
本年もお世話になります。

File0206

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »