« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月26日 (木)

GYU-018「YOKOⅡ」リリース速報

10月25日、当HP開設3周年という記念すべき日に合わせ、GYU-018としてオリジナル版「YOKOⅡ」が遂にリリースされた。1995年に制作されたこのアルバムは、確たる目的意識も無いままに結成された初期牛人会において、参加メンバーが初めて本気で取り組んだ音源制作作業であり、その意味でも感慨深い(しつこいようだがby佐々木)復刻盤である。決してとっつき易い作りではないが、我々としても涙なくしては聴けないこのアルバム、当時のYOKOの歌(どれも名曲である、やはり)と、参加メンバーの気合がぎっしりと詰まった1枚である事は確実に保証できる。是非多くの方に聴いて頂きたいと思います。ちなみ、初回特典付はあと40枚だよん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

GYU-018「YOKOⅡ」制作作業、いよいよ大詰め

本日、牛人会新宿本部にてDYNAMITE、佐々木、そしてYOKO本人の3者による「YOKOⅡ」制作の最終打ち合わせが行われた。
これにより、全てのアート素材のスキャニング、歌詞カード配色決定、マスター音源の受け渡しが完了。CD本体のプレス、各素材の印刷等がダイナマに委ねられ、遂に来週リリースの運びとなる見込み。
今年の初めからジャケット制作に砕身してきた佐々木は「感無量」発言を連発、またDYNAMITEは打ち上げで大好物の手羽先を20羽たいらげるなど終始上機嫌であったが、「キレイ好き」で名高いYOKO本人は、新宿本部のあまりの汚さに体調を悪化させ、「目がチカチカする」「フラフラする」などと言い残し、川口支部へと逃げるように帰還したという。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

GYU-018「yokoⅡ」ジャケット一式、遂に完成!

本日、スタジオ・キャメルでのSUPER46レコーディング終了後、牛人会川口支部において、GYU-018「yokoⅡ」ジャケット一式完成に伴う、リリース打ち合わせが行われた。
佐々木利剛の技の冴えは相変わらずで、表ジャケット、中敷、裏面、盤面、とすべての素材が揃い、完成品はどれもこれも入魂の傑作である。加えて、初回配布特典として、筆描きによるカット48枚を仕上げたそのプロ根性には全員脱帽した。特典カットは「貰うとイヤな気持ちになる」というシュールなコンセプトに基づいて描かれた、世にもおどろおどろしい人物画。無論それぞれが世界に1枚づつしか存在しない貴重な作品で、48枚のカットがランダムに同封されていくことになる。特典付き完成品CDの配布は先着順につき、ご予約はお早めにね!
今週からスキャニング、音源確認などの作業を予定しており、早ければ22日、遅くとも29日のリリースが確定的。
GYU-018「yokoⅡ」、この機会に是非ともお聴き下さいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

SUPER46レコーディング速報

本日午後、SUPER46メンバーは川口キャメル・スタジオに勇躍乗り込み、アルバム「Rain On A Sunday」収録曲すべてのレコーディング・セッション作業を終えた。
収録曲中最も長期間格闘となった「インドの珍しい体位」が遂に纏め上げられ、佐々木のエレキギター、なべのコーラスをオーバーダブ。佐々木のギターは、本人の強い希望により、外部モニターからベーシックトラックを流しながらの同時録音。この形式は、「COOKIES」までのSUPER46作品においてヴォーカル録音の際に採用されていた手法だが、ギター録音での導入は今回が初の試みだった。録音途中、ギターの内臓シールドが断裂するアクシデントが発生したが、エンジニアとして助っ人に来ていたYOKOの自宅(キャメルから徒歩3分)で応急処置し、事なきを得た。
改めて思うことだが、スタジオキャメルのヴィンテージ、マーシャルアンプの鳴りは素晴らしい。ちょっと前まではそこまで良さを感じる事はなかったのだが、これも佐々木の演奏に表現力がついてきた証拠だろう。
アルバム完成については、佐々木のジャケット作成、ダイナマのオーヴァーダブ&正式ミックスを待つこととなるが、どうやら11月のリリースは間違いなさそうである。みんな、待たせたね!
なお、余った時間ではSUPER46&YOKOによるセッションが敢行された。SUPER46の新曲「バラクーダ」「霧の中のゴルフ」「泣きのジプシー」のリハの他、SUPER46の演奏をバックに、YOKOが「過ぎゆく夏」を歌うというお宝的セッションもあったが、録音しようとしたナマをYOKOが必死に止めた。彼は言った。
「中町さんには内緒にしとこッ!」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

「Rain On A Sunday」制作進行速報

ここ1ケ月、活動再開したは良いが、新曲リハに終始し、アルバム「Rain On A Sunday」に着手していなかったSUPER46。本日はようやく重い腰を上げ、収録曲の仕上げ作業を再開した。
佐々木、ダイナマ2名によるスタジオイン(なべ氏は仕事→ハグのため欠席)。
まずは「ワールドニュース・トゥデイ」。ダイナマのリード・ヴォーカル、佐々木のリズムギターを同時録音。4テイク目で両者OKを出し、矢継ぎ早に、2人揃っての細かいコーラスワークを詰める。
続いて「いるか幼稚園」。サビ語尾の音程を佐々木がギブしたため、ダイナマが部分的にハーモニーを加える案を採用。同時に佐々木はこの曲2トラック目となるギターを練り、両者同時録音。ダイナマのコーラスは3テイクOK、別トラックのフォローコーラスに切り替え、佐々木のギターを合わせ5テイクですべてOKが録れた。
最後は「ヤング・アンド・尼」。ダイナマ曰く「今回のSUPER46やJULIAN!のレコーディングにおいて、一番の新たな発見、収穫はなべのコーラス」、との事だが、一方で「だが歌詞が英語になると途端に活舌が悪くなる」という欠点も発見され、現時点での「ヤング・アンド・尼」のなべコーラスをフォローする形で、佐々木、ダイナマのダブルコーラスを録る。
本日のレコーディングの結果、アルバム「Rain On A Sunday」のスタジオ作業は「インドの珍しい体位」のギター、コーラスを残すのみとなった。
佐々木のジャケット制作、およびダイナマ自宅での総仕上げ作業を換算し、アルバムリリースは11月上旬から中旬に設定。
皆様、今しばらくお待ち下さい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

地球爆破3秒前!YOKOⅡジャケット進行報告

本日、牛人会川崎支部から本部に入った連絡によると、佐々木利剛はGYU-018「YOKOⅡ」の中ジャケット部を完成させた模様。
佐々木によれば「これで残すは裏表紙と表の背景のみ」だそうで、これにより「YOKOⅡ」10月9日リリースが視野に入った。
乞御期待!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »