« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月29日 (月)

2005.8.28 SUPER46レコーディング速報

ホワイトロードDスタ(佐々木、ダイナマ)

風邪っぴきのまま大荷物をかかえてダイナマ登場。
MRS-1608使用では初のスタジオ録音となり、セッティングに時間をとられる。
「今日はダイナマ主導で」との佐々木の心優しい一言により、まずは前回、ナベおかずについていけず無念の涙を飲んだ「アンナ・リー」のアコギ。
6テイク目だったか、ようやくOK。勢いのままもう一回重ねる。佐々木曰く
「アンタ、今世界で一番アンナ・リーのギターが弾ける男だよ!」
・・・嬉しくはない。タカシのためにガイドヴォーカルを歌う。
ダイナマのヴォーカルは相変わらずダメダメ。練習あるのみだ。
続いて「ワールドニューストゥデイ」。
ダイナマがヴォーカルとアコギ、佐々木がコーラスとエレキギター。
初めての仮テイク録りで、佐々木に曲の雰囲気をつかんでもらう。盛り上がり部分から噛みこんで炸裂するエレキに佐々木もノッていた。
「俺、ニールヤングみたいじゃん」は、言い過ぎだが。
ちなみに佐々木の職業はパソコンの修理屋。この曲の歌詞は佐々木の心の叫びか。
最後に「ゾンビーハウス」にタカシ用のガイドヴォーカルとアコギを入れる。
珍しく佐々木がかなり押さえ目に歌う。が、ブリッジで突然大声に。
なんでや?って尋ねたら、
「ここのメロディーは難しいので、大声出さないと音程がとれない」
のだそうだ。音痴と戦う男の考えることは解らんな。
でも、ちゃんと歌えてる。しか~し!Aメロが甘い!
結局彼は、大声出さなきゃどんな音程もとれないということなのか。ま、フラットしまくるダイナマのアンナ・リーよりはマシか。
あっという間に3時間が過ぎた。
次は「ふみこ」「エアコン」「ヤン尼」のドラム録りでっせ、なべさん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »