« 2005.06.26 SSYBM同窓会レポート | トップページ | 2005.7.18 GYU-017企画情報 »

2005年7月 4日 (月)

2005.07.03 SUPER46レコーディング速報「人生いろいろ」の巻

ホワイトロード 参加;瀬戸口、佐々木 Engineer;ダイナマ

①「ベイビーロック」
ドラムトラックにエレキギターをオーバーダブ。
一発録り、ランスルーでアタマからエンディングまで。TAKE1~TAKE6で一応ok。
ガレージロック的アプローチ?否ギターが下手なだけ。ただし、やさぐれ感は有り。
ロックは不良性感度の音楽ですから!
この曲はリハーサル直前三十分で書き上げた、といういい加減なナンバーで、佐々木は没にするつもりだったが、次の練習でなべ氏が「アレ、やらないの?」と発言した為急遽レコーディングとなったもの。
演奏してみると、意外や愉しいナンバーで、「曲の値打ちは、演奏してみなければわからんものだ」と佐々木はなべに感謝したのだった。
この曲、本物のバカです。アルバム唯一のシャッフル曲。

②「ゾンビーハウスブルース」
ドラムトラックにガイドボーカルをオーバーダブ。後リ-ドギターテスト2回。
佐々木のフレーズ固まらず次回へ持ち越し。
タカシくんに「なんかすげぇ怒ってますよねー(笑)」とコメントされた爆走ナンバー。
ガイドボーカル、怒りの出力は「20%ぐらい」(Dynamite談)
注:プレイバック聴いてみたら、20%でも相当キテル。
  本番では70%くらいでちょうど良いのではないか。

③「アンナ・リー」
ドラムトラックにアコギをオーバーダブ、テスト三回。
瀬戸口の卑怯な魅力光る、カントリーロック調のナンバー。
「彼は日本のグラムパーソンズか、アメリカの吉田拓郎である」(Rolling Stone誌)
なべ氏のトリッキーなオカズの応酬にDynamiteギブし、次回持ち越しとなった。

|

« 2005.06.26 SSYBM同窓会レポート | トップページ | 2005.7.18 GYU-017企画情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/11253105

この記事へのトラックバック一覧です: 2005.07.03 SUPER46レコーディング速報「人生いろいろ」の巻:

« 2005.06.26 SSYBM同窓会レポート | トップページ | 2005.7.18 GYU-017企画情報 »