お知らせならびにひとやすみ

2022年11月15日 (火)

ジュリー・さいたまスーパーアリーナ公演、最速先行抽選受付 開始迫る!

今日は、とり急ぎのジュリー情報、お知らせ記事での更新です。

いや、全国ジュリーファンの情報網については間違いはなく僕の出る幕でもないのですが、拙ブログはジュリーファンではない方々も時々訪れてくださいますから(仕事関連とか吉田Qさんのファンの方々ですとか)、ここではおもにそうしたみなさまに向けて。

ジュリー(沢田研二さん)の来年のさいたまスーパーアリーナ公演(6月25日、日曜日)チケット先行抽選予約受付が、今週末の19日土曜日正午から始まります!

Tourfinalinfo

(オフィシャル特設ページはこちら

ジュリーが「この先ひとまずの第1の目標」と掲げる一大イベント・・・なんとか僕らジュリーファンとしても微力を注ぎ集客に努め、広い会場をフルハウスにしたい!と思っているのです。

先日のガンズ&ローゼスの同会場公演に参加した職場同僚の話では
「1階端のスタンド席だったけど、ビックリするくらい音が良かった。東京ドームより全然良い」
とのこと。

特にジュリーファンでなくとも、「沢田研二」を知っていらっしゃるみなさま。
このロックなツアー・ファイナルに是非ご参加を・・・よろしくお願い申し上げます!


というわけで、昨日のフォーラムの詳しい感想については次回更新で。
記事お題は「TOKIO 2022」の予定です~。

| | コメント (8)

2022年8月23日 (火)

残暑お見舞い申し上げます

8月に入ってから、ご無沙汰しております。

本当はお盆前に『まだまだ一生懸命』ツアー・セットリストから1曲お題を選び、渋谷初日の細かい感想など併せて書こうと思っていたのですが、月はじめの新潟公演(ツアー2日目)が延期となり、僕の周囲に「ネタバレ我慢を神奈川公演まで頑張る」と仰る先輩方が多くいらっしゃったため、ステージ概要に詳しく触れる記事更新を保留している次第です。
まぁ、厳しい決算月で仕事が大変、という理由もあるんですけどね。

さて、僕の次のツアー参加は11月のフォーラム。
そしておそらくその参加前に、ジュリー主演映画『土を喰らう十二ヵ月』を観る予定です。

我が家もムビチケをとりまして準備は万端。
公開が待ちどおしいですな~。

20220811_0904

↑ カミさんの分と2枚とったので、特典も2枚・・・ということなのかな?それとも2枚ついてくるのが基本形?

そして、ジュリーファンであればほとんどのみなさまはもう御存知なのでしょうが、銀座松屋内の「松屋手仕事直売所」さんが映画とコラボ!(こちら
9月13日から1週間、「ツトムさんの台所」ショップ・イベントが開催されるようですね。
せっかく関東圏に住んでいますから、時間があれば行きたいなぁ。

そういえば、原作の『土を喰う日々』の文庫。凄い重版ペースのようですねぇ。
僕は最初のヴァージョンの帯1冊しか買っていませんけど、ファンによっては帯が変わる度に買い直していらっしゃる方も・・・それがここへ来て新潮文庫さん、トドメのフルカバー・ヴァージョンで重版ですか!
僕もさすがにこれならもう1冊持っておきたいぞ~、と心動いております。


ということで、まだまだ厳しい残暑は続くようです。今日はイヤな暑さだった・・・。
コロナ禍の心配もあります。みなさまくれぐれも体調お気をつけて・・・。

神奈川公演にご参加のみなさま、よろしければご感想お聞かせくださいね。

| | コメント (4)

2022年7月26日 (火)

「まだまだ一生懸命」セットリスト(答え合わせ編)

初日渋谷、行ってまいりました!
いや~素晴らしいツアー開幕のステージでした。

僕は改装後の渋谷公会堂は今回が初めてで、その点も楽しみにしていました。
「ロックの聖地」の面影を残しつつ、懐かしい「歌謡コンサートホール」的な仕様と言いますか、ちょっとNHKホールに構造が似ていませんか?
同行した友人の佐藤哲也君が見事ゲットしてくれた僕らの席は、2階5列目。
もちろん細かいところまでは無理とは言え、なかなか見やすい席でしたね~。

さぁ、今日はいよいよ開幕した『まだまだ一生懸命』ツアー・セットリストの「答え合わせ編」です。
普段から「僕の予想は全然当たらない」と自虐気味に言ってはいますが(まぁ外れるのがまた楽しい、とも思っているんですけどね)、さて今回は・・・?

まずはセトリとはまったく関係無さそうな若虎ジュリーのショットを数枚貼りますので、ネタバレ我慢中のみなさま(応援していますよ!)は、写真から下は読まないでくださいね。

Xmasport
Img341
Img296


新曲「LUCKY/一生懸命」の考察記事で僕は「明るくポップなジュリー」と書いたのですが、初日のステージ全体にそれが反映している感じでした。
嬉し楽しいセットリストです。

それでは参ります!

1.「ジャスト フィット

Miscast_20220726185201

イントロ前のS.E.再現ですぐに分かりました。いきなりの予想的中、しかも近年に限ってはレア度高めの名曲降臨にテンション上がる!

ちなみに佐藤君、この曲は知ってたんだって。
渡されたCDを聴いて「これは知ってるけど、やらんやろ~」と思ったのだとか。
ジュリーファンの「先輩」として溜飲を下げた、それでもサプライズ級のオープニングでした。

2.「サーモスタットな夏

Samosutatto_20220726185201

また予想的中・・・佐藤君も隣で「うわぁ・・・よく当たるな~」と言い始めました。

似たリズムの曲をLIVEで繋げてくるのは、ジュリーがよく採用するパターンですね。

3.「I'M IN BLUE

Gsiloveyou_20220726185301

おぉ久々!
佐野さんの曲が来るなら「すべてはこの夜に」じゃないかな、と思っていましたが、こっちですか~。

佐藤君は知らない曲だったそうですが、ちゃんと手拍子を合わせていました。さすが!

4.「greenboy

Greenboy

佐藤君は既に知っている曲なので予想CDからは外していました。これは多くのみなさまの脳内予想に挙がっていた1曲だったのではないでしょうか。

オリジナル音源にキーボードは入っていませんが、斉藤さんのオルガン・アレンジが素晴らしかったです!

5.「いい風よ吹け

Iikazeyofuke_20220726185801

ここで柴山さんがギターチェンジ。
「よく見えないけど、あれは”世界のカブトムシ図鑑に載ってるやつ”(白のフェルナンデスね)じゃないか?」
と思っていたらやっぱりこの曲がキタ~!

正直これは鉄人バンド(特に下山さんのアコギ・アルペジオ)のアレンジに思い入れがあるんですけど、オートフィルターのバッキングを導入した高見さんの新たなアプローチも斬新でカッコイイです。

佐藤君は「タイトルだけ知ってた」そうです。

6.「勝手にしやがれ

Omoikirikiza_20220726191501

イントロ・インパクトが相変わらず凄い!一瞬でジュリーの世界になりますねぇ。

「さよならというのもなぜか♪」の後のジュリーの即興作詞が聴きとれなかったのが悔しい・・・。

7.「時の過ぎゆくままに

Ikutuka_20220726191601

なるほどこういう攻め方か!じゃあ次は「危険なふたり」か「追憶」が来るな、と思いました。

柴山さん、ギター1本体制の時とは「余裕」が違います。全然フレット見ずに弾きますね~。

8.「危険なふたり

Royal_20220726191601

やはり来ました。
ここまでの「大ヒット曲3連発」は、お正月のセトリと重複していないのがポイントですね。

依知川さん、この曲はサリー社長に敬意を表して(?)ピック弾きです。

9.「TOKIO 2022」

Lucky_20220726191601

これを「怒涛のヒット曲連発」コーナーに組み入れるかどうかはまた別として、このアレンジも改めてカッコイイ、と思いました。

柴山さんの弾き方自体は、テンポこそ少し遅くなっていますが、昨年のギター1本体制で魅せてくれたそれとほぼ同じでした。
そうしたことも含め、落ち着いてきましたら単独のお題記事を書きます!

10.「LUCKY/一生懸命

Lucky_20220726191601

開演前に「間奏ソロをどちらが弾くのか楽しみ」という話をしたら、佐藤君曰く「えっ、どう聴いても高見さんじゃん」と断言。
「音色、音階が変態」なのだそうです(もちろん彼、褒めているんですよ!)。僕はまだ修行が足らんな~。

ジュリーの歌い方、表現は、「このラッキーをみんなでシェアしよう!」(「共有しますか?」という楽しいキーワードが今プロレスファンの間で流行しているんですけど、それにとても近い明るいイメージ)という感じなのかなぁと個人的には思いました。
これから各地ツアーにご参加のみなさま、サビに振り付けがありますよ!お楽しみに~。

11.「Come On !! Come On !!

Reallyloveya_20220726191701

「LUCKY/一生懸命」が歌われた後、ということで「歌詞繋がりでここで「奇跡」が来るぞ!」と身構えたていたら、何と嬉しいサプライズ。
今セトリで新譜2曲意外では唯一、僕は初体感となるこのダイブ曲が降臨です。
「奇跡ヤバイそれ!」じゃなくてその直後の「カモンカモン!」からの歌詞繋がりだったか~(笑)。

佐藤君はまったく知らない曲。終演後に「マルコシアスバンプの秋間さんの曲だよ」と教えたら興味津々の様子で、おそらく彼は近々アルバム『REALLY LOVE YA !!』を購入すると見ました。

12.「時計/夏がいく

Sur_20220726191801

予想的中。大好きな曲なので嬉しい!

これも久々ですよね~。「驚いて、振りむけば♪」のジュリーのアクションも懐かしいです。

13.「君をいま抱かせてくれ

Hello_20220726191801

予想的中。佐藤君、「おまえ、本当にすげぇな」と・・・。いやいや、いつもはこんなに当たらないのよ~。
今回は、「ギター1本体制ではご無沙汰だけど、バンドではよくやってたよね」という曲を中心に予想を立てたので、そのあたりがうまくジュリーの「そろそろ歌いたい」選曲とシンクロしたのかなぁ?

14.「愛まで待てない

Aimadematenai_20220726201601

「君をいま抱かせてくれ」の最後の音が残っている状態で、平石さんがハーフ・オープン・ハイハットで凄まじいBPMのカウントを炸裂させた瞬間、それと分かりました。
またまた予想的中、やはりこの曲が来ますわな~。ほとんどのファンの方がセトリ入りを確信されていたのではないでしょうか。

ジュリー、走る走る!
間奏は柴山さんと高見さんのリレーでしたね。

15.「約束の地

Beautifulworld_20220726201501

またしても予想的中。と言うか「君をいま抱かせてくれ」からここまでの3曲は、佐藤君に渡したCDの曲順までそのまんまだったので、佐藤君もさすがにビックリ。いや、僕自身が一番ビックリなんですけど。

あれだけ走り回り暴れまくった「愛まで待てない」直後のバラードだというのに、ジュリーはまったく呼吸が乱れません。
歌えば歌うほど声がよく出てくる・・・これこそ我らがジュリーなのです。

アンコール

16.「頑張んべぇよ

Helphelphelphelp_20220726201501

これは「あっ!」と思いました。
歌われてみますと納得のセトリ入りです。
僕は「予想編」で、音源リリース前の1度しか歌われていないという理由で「揺るぎない優しさ」を挙げましたが、そもそも「まだ1度も歌っていない」曲があったわけですよね。

また、これはアンコール前のMCでジュリーが「さいたまスーパーアリーナ公演決定!」をお知らせしてくれたこと無関係の選曲ではないでしょう。
ジュリーにとっても「今度こそ」の意気、そういう気持ちも込められていた歌だったに違いありません。

ああいうことがあったので、この公演決定への世間の注目も高いようです。
ここは僕らファンもひと肌もふた肌も脱いで頑張りましょう。皆でさいたまスーパーアリーナを満員にして、最高のニュースを世間に届けようではありませんか!(なんか選挙演説みたいな書き方ですみません笑)

17.「ダーリング

Konndohakareina_20220726201701

これもお正月と重複しない大ヒット曲。
すわさんと山崎さんがジュリーの隣に出張してきて振りを合わせるシーン、「いよいよLIVEは佳境」という感じで盛り上がりましたね。

18.「あなたへの愛

Royal3_20220726201701

先輩方は意外に思われるかもしれませんが、僕や佐藤君の世代って、同年シングルの「危険なふたり」は知っていても「あなたへの愛」は知らずに育っているんです。
新規ファンの佐藤君、「初めて聴く曲」だったと言っていました。

これが今セトリのラスト、とても心地よい締めくくりだったと思います。


ということで、僕にしては相当高い的中率での「答え合わせ」となりました。
佐藤君の予習用予想としては充分過ぎる結果。また、ブログを読んでくださっている人の中に、ここ数年でジュリー堕ちされたファンで、もしか「DYNAMITEの予想曲、一応チェックしておくか」と予習し初日に参加された方がいらしたとしたら、僕は鼻高々でございます(笑)。
いかがだったでしょうか。

それでは次回更新はおそらく8月、セトリの中から1曲お題を選び、さらに詳しいLIVEの感想も併せて「やり直し伝授」のカテゴリーにて書く予定です。

お題はもう決めました。
「大好きな曲ゆえに、ジュリー堕ち間もない時期に書いてしまってまともな記事になっていない」という名曲のリベンジ考察です。
しばしのお待ちを~。

| | コメント (12)

2022年7月21日 (木)

「まだまだ一生懸命」セットリスト(予想編)

注:
こちらの記事はツアー開幕前の「予想編」です。
初日が終わりましたらなるべく早いうちに「答え合わせ編」と題してまた記事を書きますので、正式のセトリはそちらのupをお待ち頂き御参照ください。

あ、ケンケンジ姉さんには当日のうちに忘れずにセトリをメールいたします(笑)。

で、今回の予想記事ですが・・・これは渋谷初日を一緒に参加する友人の新規ファン、佐藤哲也君に「これで予習しとけ!」と渡した、僕が独断で編集したCD曲目(全18曲)をここでみなさまにもご紹介しておこう、という内容です。
したがって、僕とタメの佐藤君なら当然知っている数々のヒット曲や、彼が既にCDを購入しているアルバム(『耒タルベキ素敵』とか『第六感とか)』)の収録曲はここでは外していますから、そのぶん「セトリ予想」としてはハンデがあるんですけど、なんとか彼のためにも5、6曲は当てたいところ。

結構真剣に考えて作成しましたが、さてみなさまの予想とどのくらい重なるでしょうか。
CDの曲順に沿って、参ります!

----------------------

セットリスト的中自信度・5段階内訳
★★★★★・・・絶対やります!
★★★★・・・絶対とまでは言えませんが、おそらくやると思います。定番曲の中でも今回可能性が特に高いと思えるナンバーです。
★★★・・・比較的セトリ入り頻度高め、という中から「今回は是非」と期待しているナンバーです。このあたりまではみなさまの予想と重複するものも多いのではないでしょうか。
★★・・・ちょっと難しいかなぁ、と思いつつも「可能性はある!」と考えるサプライズ・ナンバーです。
★・・・おそらくやりません。でも聴きたい、一縷の望みに賭けたい!というレア曲です。

----------------------

1.「LUCKY/一生懸命」
的中自信度★★★★★

Lucky_20220721192201

やはりジュリーの表情とアクションが楽しみ。威風堂々と、にこやかに歌ってくれると個人的には予想していますが・・・。
あと、間奏ソロを柴山さんと高見さんのどちらが弾くか、にも注目しています。

2.「湯屋さん」
的中自信度★★

Julie4_20220721192301

『ジュリー祭り』以降では、僕が唯一参加できなかったLIVE『きめてやる今夜』でしかセトリ入りしておらず、個人的には悲願の1曲。
近年セトリ入り率の高いアルバム『JULIE Ⅳ 今 僕は倖せです』収録曲なので今回も望みを託します。

3.「時計/夏がいく」
的中自信度★★★

Sur

大好きな1曲、久々の降臨期待!

4.「夜の河を渡る前に」
的中自信度★★

Tyakoruglay_20220721192401

僕が本格ジュリー堕ちする少し前までは時々歌われていたようですが、僕は未だ未体感。個人的ダイブ曲のひとつです。

5.「un democratic love」
的中自信度★★★

Undemocraticlove

ジュリーが今歌えば、歌詞中の「君」はプーチン大統領を指すように聞こえるのでしょうか・・・?
元々は安部さんを指す(リリース時の僕の個人的解釈です)「君」(対する一人称は「国」)。ジュリーの歌声と表現力ならば、この詞をもってしても鎮魂歌として成立するでしょう。「本当の愛とはどんなものか、君は知っていたんだよね」というふうに。
僕は安部さんについてこの曲の考察記事で色々と書いたように、政治的な考えは一部において真逆でしたが、心から尊敬し見倣いたいと思う安部さんの言葉があります。
「家庭の幸福とは、妻への降伏」
世界中の指導者達がこの志を持てば、戦争なんてきっと起きないでしょうに。

6.「彼は眠れない」
的中自信度★★★

Karehanemurenai_20220721192501

歌詞冒頭「海の向こうで戦争もはじまっている」からのセトリ入り連想、と言うと安易なようですが、相当な有力候補と見ています。
何より今のバンド編成がメチャクチャ似合いそうな名曲ではないですか!

7.「若者よ」
的中自信度★★★

Namidairo

ジュリーは選挙のある年にこの曲を歌う、というイメージが僕にはあります。
「俺たち、老人!」の字ハモコーラスは、すわさん&山崎さんに加えて柴山さんかな?(笑)

8.「光線」
的中自信度★★★

Sinpurunaeienn

これも新生バンドがピッタリの名曲。いかにもBARAKA好みの七拍子フレーズ部、そしてコーラス隊ラストのリフレイン「Oh,oh,oh,oh~♪」が今までにも増してカッコ良く聴こえると思う!

9.「気になるお前」
的中自信度★★★★

Julie6_20220721192601

限りなく★5つに近い★4つ予想です。
バンドだと久々な感じだなぁ。

10.「希望
的中自信度★★★

Ikitetarasiawase

平和へのメッセージ・ソングは必ず何か歌われる、と思う中で個人的に最有力と推すのがこの名曲。
平石さんのドラム、絶対合いますよ~。特に間奏後、ジュリー歌い出し直前のフィルは要チェックです。

11.「muda」
的中自信度★

Royal80

今回作ったCDの中では唯一の★ひとつ。まぁセトリ入りは無理かな~。
一度は生で聴いてみたい、とずっと思い続けている1曲なのですが・・・。

12.「君をいま抱かせてくれ」
的中自信度★★★

Hello

最近はご無沙汰ですけど、そろそろ来そうな定番曲。盛り上がるのは確実。

13.「愛まで待てない」
的中自信度★★★★

Aimadematenai_20220721192801

これはジュリー、バンドで歌いたくてうずうずしている曲だと思いますよ~。
てっきりお正月の新バンドで早速歌うものとばかり予想していたのですが・・・今回はきっと来ます!

14.「約束の地」
的中自信度★★★

Beautifulworld_20220721192801

ジュリーの人生観がリリース時からさらにフィットしてゆき進化を続けている名曲。
LIVEだと(当然ですが)フェイド・アウトではない、というのがポイント。エンディングのあのジュリーの厳かな手の動き、表情を久々に味わいたいです。

15.「揺るぎない優しさ」
的中自信度★★

Isonomia_20220721192901 

2017年お正月に、CDリリースに先んじて「今年の新曲です」ということで歌ってくれた・・・セトリ入りは現時点でその1回きりなんですよね。
つまりファンとしては「未だ、曲を知った状態でLIVE体感できていない」貴重な1曲。
セトリ入りの可能性は高くないとは思いますが、「脳よ熱くなれ」のフレーズが「LUCKY/一生懸命」の世界観にも通ずる、と思うので期待してみます。

16.「サーモスタットな夏」
的中自信度★★★

Samosutatto_20220721193501

この編集CD、一応ここからの3曲が「アンコール」という体裁で曲並びを考えました。いざ聴いてみたら、この3曲の繋がりがメチャクチャ良くて(曲間無しの編集)自分でビックリしたという。
「サーモ」はやっぱり夏のツアーが似合う!まぁ今ツアーは冬そして来年へと続きますが、特に暑い時期にジュリーLIVEで聴きたい1曲です。
「やめて!」は、すわさん担当かなぁ?

17.「ジャスト フィット」
的中自信度★★★

Miscast

長いファンのみなさまにとってはセトリ常連曲なのでしょう。でも『ジュリー祭り』以降はまだ1回(1ツアー)しか歌っていなくて、僕にとっては結構レアなイメージ。久しぶりに体感したいです。
長尺のソロをどちらのギタリストが弾くのか(はたまたリレーか?)にも注目。

18.「TOKIO 2022」
的中自信度★★★★★

Lucky_20220721192201 

佐藤君は今年新譜が発売されていたのを知りませんでした。ジュリーの新曲が出るなら3月11日、と思い込んでいたみたい。
これは昨年ギター1本体制で疲労されたパンク・ヴァージョンとどの程度近い(もしくは同じ)演奏を柴山さんが魅せてくれるか、が個人的なチェック・ポイントです。

☆   ☆   ☆

で、佐藤君にこのCDを渡した後になって「ああっ、あの曲があった!」と思いついたのが、「奇跡」。
「LUCKY/一生懸命」の歌詞中に出てくるフレーズそのままのタイトルですし、これはきっと来る、オープニング1曲目もあり得る、奇跡ヤバイそれ!

というわけで、追加で「奇跡」も加えた計19曲を今回の僕のセトリ予想ラインナップとさせて頂きます。
(まぁ「LUCY/一生懸命」「TOKIO 2022」の2曲については「予想」とは言えませんが)

正直、お正月までは行かなくともヒット曲多めの構成になるような気がしていますが、とりあえずこの予想の中から1曲でも多く的中させたいものですな~。

それでは、いざ渋谷初日。
次回更新は「まだまだ一生懸命」セットリスト(答え合わせ編)ということでよろしくお願い申し上げます!

| | コメント (12)

2022年6月 4日 (土)

沢田研二 「夕映えの海」

from『JULIE Ⅵ ある青春』、1973

Julie6_20220604100401

1. 朝焼けへの道
2. 胸いっぱいの悲しみ
3. 二人の肖像
4. 居酒屋ブルース
5. 悲しき船乗り
6. 船はインドへ
7. 気になるお前
8. 夕映えの海
9. よみがえる愛
10. 夜の翼
11. ある青春
12. ララバイ・フォー・ユー

-------------

今日は旅日記です。

記事お題に借りたジュリー・ナンバーは、名盤『JULIE Ⅵ ある青春』から「夕映えの海」。
何故この曲にしたのかと言うと・・・。

20220528_181735

前回少し書きました通り、先月末28、29日の1泊2日、コロナ前以来となる久々の夫婦旅行で新潟県の上越市に行ってまいりました。
幸い素晴らしい天候に恵まれ、南国鹿児島育ちの僕にとっては憧れの北陸圏、日本海を満喫しましたよ。

今日は楽曲考察ではありませんが、よろしければゆる~い旅日記におつき合いください。


上越市、というと都心からは遠いように感じてしまいますが、今は北陸新幹線があるので移動時間もさほどではありません。
我が家からだとまず大宮に出て、新幹線『はくたか』号で「上越妙高」へ。
上越妙高駅は、西側に見える妙高連山の景色が有名なのだそうです。

1653954747659

ここで『妙高はまなすライン』(第3セクター)に乗り換え、日本海に面した港町「直江津」で昼食。
お店は以前から個人的に気になっていた『直江津庵』さん(僕はYou Tubeで各地の立ち食い蕎麦屋さんをチェックするのが趣味なのです笑)。

20220528_111724

地元の方からすると、駅に隣接するごく普通の立ち食い蕎麦屋さんなのでしょう。
しかしそこは日本海の港町ならでは・・・僕等のお目当ては珍しい天麩羅のオプションでした。

20220528_112124
カミさんが注文した「大めぎす天そば」

20220528_112055
僕は「げそ天そば」

「イカ天」は各地どこの立ち食い蕎麦屋さんでも食べられるけど、「げそ天」は珍しいですよね。
「めぎす」「げそ」ともに直江津の名物です。

軽く湊町を散策後、『妙高はまなすライン』でひと駅だけ戻ります。
降り立ったのは、戦国武将好きの僕が今回の旅行で一番楽しみにしていた「春日山」。駅名の通り、ここには越後上杉氏の居城、春日山城があります。

20220528_125723

戦国時代初期では屈指の威容を誇る山城で、標高189メートルの山道を歩いて登りました。

20220528_125650

麓まで利用したタクシー運転手さんが教えてくれたのですが、この春日山神社入口の謙信公像は「川中島方面を睨んでいる」という設定になってるみたい。

やっぱり春日山城と言えば謙信公ですよ。
大学からの友人で、おもに城郭ライターとして活躍している浦上史樹君曰く
「初稿で”戦国最強”と表現して編集から赤が入らない武将は、上杉謙信ただ1人」
なのだとか。

登山道中には家臣の屋敷跡もあって

20220528_131626

直江氏は山城守兼続が有名ですけど、僕のお気に入りは「御館の乱」で景勝側につき大活躍するも、その後悲運の最期を遂げた直江信綱なんだよな~。

山頂間近に柿崎氏(上杉家臣団では猛将の系譜)屋敷跡への横道案内もあったけど、キツそうな獣道っぽかったので今回は断念しました。

そして山頂。

20220528_133543
20220528_133720
20220528_132823

天守閣跡、本丸跡には涼しい風が吹き、山登りの疲れが吹き飛ぶようです。

夕方には春日山から直江津まで戻り、JR信越線に乗り換えて「上下浜」(じょうげはま)へ。
予約の『佐渡見亭』さんにチェックイン後、宿から徒歩1分の浜辺に日本海の夕陽を見にいきました。

1653873021548 
20220528_182028
20220528_184356

水平線に沈む夕陽なんて都会暮らしだとなかなか拝む機会はありませんから、感動しますね~。
日の入りは午後6時50分過ぎ。

20220528_185300

『佐渡見亭』さんの食事は素晴らしかったです。

20220528_190605

夕食はこの状態からスタートし、後から順に「のどぐろの汐焼」「平目と海老の天麩羅」「鯛釜めし」「デザート」も追加されます。

20220528_194125
天麩羅

20220528_201323
鯛釜めし

さらに朝食はこんな感じ。

20220529_073221

写真には映っていませんが「あおさと豆腐の味噌汁」も頂きました。

チェックアウト後は、せっかくだからと朝の日本海も見に行きました。

20220529_084546
1654066118911

迫力は夕方には及ばないものの、穏やかそうに見えてもさすがは日本海、海鳴りと海風は太平洋のそれとはまったく違います。

さて2日目は上下浜から直江津経由で再び妙高はまなすライン、2駅下った「高田」に到着。
まずは「4」と「9」がつく日付に開催されているという『四九の市』へ。

20220529_100612

最近は物価の高騰が厳しい中、カミさんが「安い安い!」と言いながらトマトなどの野菜を購入、僕の荷物が増えました(笑)。

そして戦国末期の平城・高田城跡に向かいます。
先述の浦上君が執筆した『続・日本100名城/公式ガイドブック』では「高田駅から徒歩15分」と書いてありましたが・・・それに対して「オマエは競歩ランナーかよ!」ってくらい距離を感じたのは、道程が悪かったのかな。

この城は徳川家康の六男松平忠輝の居城で、僕としては築城総監督が忠輝の義父にあたる伊達政宗、というのがポイント高いのですよ。
ちなみに築城には政宗の他に真田信之も関わってます。譜代の居城ですからそのあたりも豪華で、築城は大阪の陣より少し前のこと・・・大河『真田丸』ファンにとっては感慨深いものがあります。

20220529_102345
20220529_102748
御三重櫓(93年復興)

20220529_102833
櫓からの眺め


そんなこんなで満喫しました、上越の旅。

地元の方のお話では、北陸新幹線の開通で上越市は東西双方からのアクセスが良い観光地になった、と。
関東圏、関西圏の都会にお住まいのみなさまも、今後旅の機会がありましたら是非。宿は上下浜の『佐渡見亭』さんがお勧めです!


最後に、お題に借りたジュリーの「夕映えの海」について少しだけ。
『JULIE Ⅵ ある青春』の中では決して目立つ曲ではないのですが、僕はこの名盤を『JULIE Ⅱ』主人公の少年が成長した後のストーリーというコンセプト・アルバムと捉えていて、その意味でアルバムの重要な1ピースとして欠かせない佳曲だと思っています。
『JULIE Ⅱ』で言えば「二人の生活」のようなポジション(どちらもB面2曲目ってのがまた味わい深い)。

森田公一さんらしい朴訥なメロディーをサラリと歌うジュリー、イイですね~。


それでは、添付写真が僕の旅日記だけではつまらないでしょうから(汗)オマケです!
前回に続き『ヤング』のバックナンバー、今日は

741201
741203
741204

さて次回更新は、5月15日に開催された『PEEが奏でる左門町LIVE』について書きます。
僕は今年もスタッフとして準備段階からこのLIVEに関わってきましたので、書ける範囲で(笑)ウラ話も交えつつ・・・よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (4)

2022年2月25日 (金)

ジョン・レノン 「ブリング・オン・ザ・ルーシー」

from『ヌートピア宣言』、1973

Mindgames

ビートルズ解散後のジョン・レノンのソロ・アルバム(ヨーコとの連名クレジットも含む)の中、『ヌートピア宣言』(現邦題は『マインド・ゲームス』)の一般評価は高くはないのだけれど、僕はこれが一番好き。
穏やかなラヴ・ソングが多数を占めるアルバムだからこそ、鮮烈なプロテスト・ソング「ブリング・オン・ザ・ルーシー」が際立つのだ。

「今すぐ人殺しをやめろ!」
「やめろったらやめろ!今すぐにだ!」

と、ジョンは歌う。
10代の僕に大きな影響を与えた1曲である。

55歳となった僕は今、身体の痛みの中届いた最悪のニュースに接し、ただひたすらウクライナの平和を願っている。



長らく更新が途絶え申し訳ありません。
DYNAMITEは現在、尿管結石と格闘しています。

石のサイズ的には小さめなので粉砕手術の選択肢は無く・・・日々強い鎮痛座薬を使い仕事をし、夜にそれが切れると今度は軽い飲み薬で激痛を僅かに軽減しつつとにかく水を飲みまくり、石の自然排出を待つしかないのです。

今回の僕の場合は石が同時に2個尿道に落ち、しかもそれがくっつくようにして雪だるまのような形状になっているため、通常のケースより排出に時間がかかっている様子。先日は尿道を拡げる薬も処方されました。
担当医の見立てでは排出まで1ヶ月とのことで、いい加減もうそろそろ出てきて欲しい・・・。

痛みによる睡眠不足と食欲不振でかなり弱っていますが、なんとか頑張ります。

| | コメント (2)

2022年1月 8日 (土)

とり急ぎ、初日セットリストです!

行ってまいりました、ジュリーの『初詣ライブ』東京国際フォーラム初日!

開演前の神事やセットリスト含めて、なるほどこれは正に『初詣』なLIVEなんだなぁ、と。
『ジュリー祭り』が初のジュリーLIVE参加だった僕にとっては、バックバンドがガラリと変わったステージというのがまず初体験でして、いやぁ新鮮でした。

今回もケンケンジ姉さんにセトリメールを頼まれておりまして、終演後の乾杯の前に慣れないスマホと格闘。「スペース」の開け方が分からず英語タイトルの曲がズラズラと単語がくっついた状態の表記でお送りすることに・・・姉さんすみませんでした~。

それでは、こちらでもとり急ぎセットリストのみ明記しておきます。
以下、セトリとはまったく関係の無いタイガースの画像を貼っておきますので、ネタバレしたくない方は画像の下からは読まないでくださいね。

Img609

(今回のフォーラム公演には客席にサリーさん、ピーさん、タローさんが駆けつけており、トッポさんは銀座でLIVEだったそうで・・・これにてめでたく寅年が明けた、といったところでしょうか)

1「護り給え
Kokuhaku_20220108162101

2「神々たちよ護れ
Rocknrollmarch_20220108162101

MC
「恵比寿、広尾、六本木・・・あ、日比谷線や!」
からの

3「そのキスが欲しい
Reallyloveya

4「THE VANITY FACTORY
Gsiloveyou

5「ス・ト・リ・ッ・パ・-
Stripper_20220108162401

6「6番目のユ・ウ・ウ・ツ
Royal3

7「カサブランカ・ダンディ
Royal

8「憎みきれないろくでなし
Omoikirikiza_20220108162501

9「恋のバッド・チューニング
Badtuning

10「ポラロイドGIRL
Karehanemurenai_20220108162601

11「サムライ
Omoikirikiza_20220108162501

12「LOVE(抱きしめたい)
Love_20220108162701

13「世紀の片恋
Kitarubeki

14「核なき世界
Oldguysrock

15「A・C・B
Kitarubeki 

~アンコール~

16「ROCK'N ROLL MARCH
Rocknrollmarch_20220108162101 

17「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
Samosutatto_20220108163201

オーラスの渋谷の前になるか後になるかはまだ分かりませんが、このセットリストの中から1曲をお題に選び、LIVEの感想を交えながらの記事を書くつもりです。

渋谷も行きたいなぁ・・・。

| | コメント (6)

2022年1月 1日 (土)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

760116

↑ 76年お正月『沢田研二ショー』(日本劇場)パンフレットの最新アルバム広告ページより。
 『初詣ライブ』初日に向けて、個人的スーパーダイブ曲「U.F.O.」セトリ入りへの僅かな期待をこめて。


毎年お正月休みは、大好物のお雑煮を食べて、寝て、箱根駅伝を観て、食べて、寝て・・・とやってるうちにあっという間に過ぎ、「え~っ、もう明日から仕事なの?」と寂しくなるのが常ですが、今年はお正月休みが明けて仕事が始まり、金曜日がやってくるのが待ち遠しい、楽しみで仕方ない、という。
『初詣ライブ』まであと6日の元旦です。

2022年が、ジュリーと新生バンドにとっても、ジュリーファンのみなさまにとっても佳い年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (8)

2021年5月29日 (土)

とりあえず初日のセトリです!

「生はやっぱり違うんですよ!」
(by ジュリー)

ということで今日はまず、更新内容にはまったく関係ないジュリーショット画像を。


『BALLADE』名古屋、大阪公演にご参加予定でセットリストのネタバレ我慢中のみなさまは、このジュリーの写真から下は読まないでくださいね


Img208_20210529091301 

Img324

今回『BALLADE』の個人的なセットリストのイメージは「王道」かな。

当然僕が予想お題記事で書いた2曲はカスリもせず。
思っていた以上にシングル・ヒット曲の割合が多かったのですが、何度となく体感している曲でも「あぁ、やっぱりジュリーの歌はイイ!」と感じるLIVEでした。
1年4ヶ月の重みかなぁ。

以下、初日セトリです!

1.「30Th Anniversary Club Soda
Aimadematenai_20210529095701

2.「時の過ぎゆくままに
Ikutuka

3.「君をのせて
Acollection

4.「追憶
Jeweljulie_20210529100001

5.「海にむけて
Rocknrollmarch

6.「あの日は雨
Atarasiiomoide_20210529100101

7.「コバルトの季節の中で
Tyakoruglay

8.「根腐れpolitician
Shout_20210529100201

9.「三年想いよ
Sannenomoiyo

10.「雨だれの挽歌
Love_20210529100301

11.「TOKIO
Tokio_20210529100401

12.「渚のラブレター
Stripper

13.「明日は晴れる
Asitahahareru

14.「ISONOMIA
Isonomia 

15.「届かない花々
Croquemadame

16.「いくつかの場面
Ikutuka

~アンコール~

17.「ヤマトより愛をこめて
Konndohakareina

18.「ハートの青さなら 空にさえ負けない
Atarasiiomoide_20210529100101

個人的イチオシは「いくつかの場面」!
柴山さんのベストは「三年想いよ」。唯一アコギを使用した「あの日は雨」も良かった!

すべて一度は記事を書いたことのある曲ですが、後日このセトリの中から何か1曲「やり直し伝授」のカテゴリーにてお題記事とし、その中でLIVEの全体的な感想も書こうと思っています。
次回記事は5月16日のピーさんのLIVEセトリから1曲書きますので、その次の更新。
6月半ばくらいになるかなぁ。

ともあれ、ジュリーの歌声の素晴らしさを思う存分堪能できる、ジュリーが歌ってくれることの有難さをしみじみと感じられる王道のセットリスト、と思っています。

名古屋、大阪にご参加のみなさま、くれぐれもお気をつけて、楽しんでいらしてくださいね。
この東京公演はやはり入場に時間がかかり、フォーラム前の広場がディズニーシーのアトラクション待ちみたいな折り返し行列になってました。
名古屋や大阪はチケット販売枚数から考えてそこまで極端なことにはならないとは思いますが、現地には早めの到着をお勧めいたします。

それではまた後日!

| | コメント (8)

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます!

Asleep19

Asleep20

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
僕は、昨年師走は多忙のためまったく手をつけられずにいた『BEST OF NHK』をこの連休でひとまず一気見、さらにこれからは各曲じっくりとバンドの音の検証などしながら再鑑賞してゆく予定です。

あと、僕は箱根駅伝ファンなのでね・・・異例の形とはいえ今年も無事開催、楽しみです。
チームの選手達も(特に4年生は)昨年春~夏頃は気が気じゃなかったと思います。
ちなみに大学駅伝では、昨年3月以降各校次々にチーム揃っての練習はとりやめとなり、寮も閉鎖、選手は先の予定がどうなるかも分からない状況で1人1人が個人で練習しなければなりませんでした。
それでも「辛抱」を「希望」に変えて乗り切った、ということです。

昨春に大学駅伝がチーム行動できなくなった時、「チーム解散」という言葉が使われました。
もちろん今は各校それぞれ活動再開、箱根本番を目前としています。
つまりこの場合、チームの「解散」とはやむを得ず「活動ができない」状況を受けてそう称したもので、決して「廃部」という意味ではないんです。

何故僕がこんなことを書いているのか・・・ジュリーファンのみなさまはお分かりですよね。
「辛抱」から始まる2021年ですが、共に前を向いていきましょう!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧