« 沢田研二 「8月のリグレット」 | トップページ | 映画『キネマの神様』 »

2021年8月25日 (水)

THE ROLLING STONES 「ダンデライオン(たんぽぽ)」

Throughthepast

ダンデライオンは嘘をつかない
そしていつも俺たちに賢明な道をしめしてくれる
さて、この曲は明るい方がいい?
それとも悲しい方がいいかな?
ダンデライオンに任せてキメてもらお

↑「ダンデライオン」サビ部より(意訳:DYNAMITE)

Dandelion

風が吹けば飛んでいってしまいそうな、たんぽぽのような痩身の男は、実は途方もない鉄人であり賢人であった。チャーリー・ワッツ逝く・・・享年80才。

チャーリーがドラマーでなかったら、ストーンズはとうにバラバラになっていたんじゃないか、と思うことがある。

ストーンズファンは、たとえミック派でもキース派でも、ブライアン派、ミック・テイラー派、ロニー派、みんなチャーリーのことが大好きだった。信頼していた。
サイケデリックな「ダンデライオン」も、カントリーな「デッド・フラワーズ」も、ファンクな「ホット・スタッフ」も、レゲエな「ユー・ドント・ハフ・トゥ・ミーン・イット」も、チャーリーはどんなタイプの曲であっても泰然といつものようにスネアのフィルを繰り出し表情をつけて、「ストーンズ・ナンバー」として楽曲を成立させた。

210825_01

↑ 自分はストーンズのスコアをこんなに持っていたのか、と今さらながらに・・・。


ストーンズを愛する全世界の人が今、大きな哀しみの中にある。
残されたメンバーはその哀しみを胸に、これからもストーンズの活動を続けてくれるだろう。

ただ。
チャーリーを失ったこの先、僕らは真に「ストーンズの音」をリアルタイムで体感することは叶わない。

合掌。

|

« 沢田研二 「8月のリグレット」 | トップページ | 映画『キネマの神様』 »

コメント

DY様
 こんばんは。久しぶりにコメントさせて頂く記事がチャーリー・ワッツの訃報とは何とも残念です。
 キースのギターに合わせるがゆえビミョーに遅いチャーリーのスネアがとてもストーンズのグルーヴには重要だとか、スネア叩く時にハイハット抜くとか、チャーリーの個性こそがストーンズの心臓部であったことは間違いありません。
 「ダンデライオン」いい曲ですね。少しおかしくなり始めていた時期かも知れませんが、まだブライアンもプレイしていましたね。私としてはカップリング曲の「この世界に愛を」の方が好みですが、どちらもこの先ライヴ演奏されることはなさそうですね。スティーヴ・ジョーダンがサポートするストーンズ?は来日するのでしょうか?

投稿: ねこ仮面 | 2021年8月29日 (日) 22時25分

DY様 こんばんは。

「ダンデライオン」
私はどうしてもユーミンの
「ダンデライオン~遅咲きのタンポポ」
の方が頭に浮かんでしまうのですが。

正直ストーンズの方の曲は存在自体知らなかったですが、今は便利ですね。tou tubeで聴けました。
とてもシンプルで優しい歌でタンポポのイメージって万国共通なのかな、と。

足元にひっそりと咲いていて気づかれずに踏まれても健気に強く繰り返しよみがえる。
葉がライオンの歯に似ているからこの名前なんだっけ?

ストーンズは今どうしているのかな?とこの状況でライブも出来ないんじゃ、と思っていたんですが、その矢先にメンバーが亡くなってしまって、これからの活動はどうなってしまうのでしょう。
ビートルズが短期間で解散してしまったのに、ストーンズがこんなに続いているのは奇跡に近いと思ってました。
やはり、接着剤となるメンバーがいたということですね。
ご冥福をお祈りします。

投稿: nekomodoki | 2021年8月29日 (日) 23時46分

お返事大変遅れました。
申し訳ありません。

ねこ仮面様

ありがとうございます!

ビルが脱退した際もその後のステージングに違和感はあったのですが、今回のチャーリーのことは自分でも驚くほどのショックを受けました。
脱退ではなく訃報という悲しみ。レコーディング音源だと意外とチャーリーが叩いていない曲も散見しますが、やはりチャーリーがいないとなると、「この先、もうストーンズとは言えないのかなぁ」とまで考え込んでしまいます。

僕はサイケ期のストーンズの中ではこの「ダンデライオン」に加え「チャイルド・オブ・ザ・ムーン」「魔王のお城」「ランターン」がトップ4です。
「この世界に愛を/ダンデライオン」は、アメリカではシングルAB面ひっくりかえっているんですよね・・・。

nekomodoki様

ありがとうございます!

少し前に、ワクチン接種予約についてアドバイス頂きましたが、その後なんとか近場(と行っても徒歩では行けない距離ですが)の病院で受けることができました。
ただ、先天的な身体のハンデでしょうね・・・1回目の接種から酷い副反応が出まして、ずっと往生していました。
でも、2回目も受けます。まだちょっと先になるんですけど。

ストーンズはこのコロナ禍にあっても精力的に活動していました。それだけにショックなチャーリーの訃報でした。
もしメンバーにチャーリーがいなかったら、ストーンズは少なくとも1度は解散していたような気がします。
改めて、チャーリーのご冥福をお祈りいたします。

投稿: DYNAMITE | 2021年9月 9日 (木) 09時11分

DY様こんにちは。

諸事情で渋谷は行けませんでしたが、昨日神奈川県民ホールに行ってきました。
ジュリーがこの態勢にした本当の理由がわかった気がします。
究極のシンプルな編成のステージはごまかしが一切効かずステージも客席も熱い緊張感が支配していて、最後まで5000人がすごい集中力で見入ってました。

セトリは新曲が入りました。
演奏に鬼のように集中するカズさんに
「カズ、前へ出ろ1」
とジュリーが何度か声をかけていたのが印象的でした。

投稿: nekomodoki | 2021年10月18日 (月) 10時38分

nekomodoki様

ありがとうございます!

こちらは先日ようやく2度目のワクチン接種を決行し、ヤワな身体を再び襲う副反応と戦っております。

神奈川県民ホールのご感想ありがとうございます。久々の県民ホールでしたがとても素晴らしかったようですね。
新曲は来年の3.11にリリースでしょうか。楽しみです。

長らくブログ更新できていませんが、1度目のワクチン接種後の経験から、今回の2度目はたっぷり有給休暇の予約をしておりましたので、ひとまず映画『キネマの神様』レビュー記事を少しずつ下書きし始めたところです。週末にはupしたいと思います!

投稿: DYNAMITE | 2021年10月18日 (月) 12時52分

2500人でした。すみません。

投稿: nekomodoki | 2021年10月19日 (火) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沢田研二 「8月のリグレット」 | トップページ | 映画『キネマの神様』 »