« 2018.12.9 四谷区民ホール 『瞳みのる&二十二世紀バンド LIVE2018~音楽は時代と国境を越える』(その⑤) | トップページ

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

770104

我が家は新年早々カミさんが風邪で寝込むという状況ではありますが(たぶん僕がうつしました・・・)、まずは平穏な元旦を過ごせることに感謝。

今年は久々にジュリーの「新年明けて間もない」LIVEがあります(5日、大宮ソニックシティ)。
昔はよくお正月早々のLIVEのMCで、『新春かくし芸大会』や『日本レコード大賞』の話をしてくれたそうですね。5日はどんな話が聞けるでしょうか。

拙ブログは2019年も相変わらずのマイペースでやっていければ、と思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

|

« 2018.12.9 四谷区民ホール 『瞳みのる&二十二世紀バンド LIVE2018~音楽は時代と国境を越える』(その⑤) | トップページ

お知らせならびにひとやすみ」カテゴリの記事

コメント

DY様 明けましておめでとうございます。

昨年もありがとうございました。
平日の開始時間が早くて思うように参戦お出来になられないようですが。
平日は6時以降にしてくれないかな、とよく一緒に行く方たちと話してます。
最近は年配者でも普通に働いている人が多いし、若い人たちの中にも興味を持っている人たちがいるんですから、平日は遅い開催もあっていいんじゃないかと思ったりしています。

ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。

投稿: nekomodoki | 2019年1月 2日 (水) 09時28分

DY様 新年おめでとうございます

毎年、年賀状だけのやりとりをしている高校の級友から、なんと「浜松公演に行きます。大きいホールなので不安です」と書かれた年賀状が元日に届き、驚いています。私がジュリー好きなのは高校時代から知っていますが、コンサートへ一緒に行ったことも話をしたこともなかったので、ただただ驚いています。ドタキャン報道や静岡公演中止などのニュースがきっかけで気になったことと思います。ライブを観て果たしてどんな感想だったか楽しみです。この機会(25年ぶり)に話そうかなと思います。私は武道館参戦予定です。

90年代頃までは、正月ライブは特別メニューだったり、年末年始の話だけで30分以上延々と裏話が聞けたりで楽しかったですよ。渋谷公会堂3days(1/4.5.6頃)がお約束だったことも思い出されます。それだけに新年のライブでのメニュー変更がないかなあと思ってしまいますね。

追伸
スージー鈴木さんの「イントロ」本を読みました。80年代の幕開けを飾ったのは、「TOKIO」と「アンジェリーナ」だという説に同感しましたが、やはりギターや楽器の弾ける人の捉え方は見事ですね。掲載曲すべてに愛着が湧きました。

投稿: BAT | 2019年1月 2日 (水) 10時28分

明けましておめでとうございます。

DYNAMITEさまやファンのみなさまのお話を
楽しみにいつも拝見するばかりだったこちらに、
思い切って昨年よりコメントさせていただきました。
ジュリーのお話ができるのがとてもうれしいです。
お健やかで良い一年となりますように。
元気でいましょう。

年末に掃除をしながら
ベルギー国立モーリス・ベジャール20世紀バレエ団 
1985年秋の日本公演のパンフレットを見つけました。
ながめるとびっくり、「沢田研二(歌手)」の寄稿が!

ベジャール振付けといえば
映画「愛と哀しみのボレロ」でも有名な
故ジョルジュ・ドンのボレロ。
公演演目ではなかったけれどそれについて書いています。
ジュリーはCO-CóLOの「架空のオペラ亅のころでしょうか。

ゆとりや風格だけではない、これからも変化するという、
現在のジュリーのステージや、屋久島で踊ったボレロにも
どこかでつながるでしょうか。抜粋してみます。

《・・・ジョルジュ・ドンの「ボレロ」を見た。・・・ダンサーの肉体を舞台の上に浮かび上がらせる照明や舞台美術がシンプルで、それでいて深味のある様式美を生み出していることに目をうばわれた。飾りのない舞台で生身をさらけ出して踊るという行為の裏には、日頃の凄まじいばかりの訓練があるに違いない。目に見えない精神の持久力・・・一定のリズムを、16分あまりも丸テーブル上だけで表現し、見るものの心を引きつけられるのは、余程デキるのだろう。
 魅了されたのはそればかりではない。演じ終り、観客の拍手に応えるカーテンコールをするときのジョルジュ・ドンの姿こそ、まさしくスターだった。他の人は演じきってしまうとホッとして普通の人間に戻ってしまうが、ドンは終ってからもスターであり、深く膝を折ってお辞儀する瞬間にも劇場中を圧する"華"が感じられたのだ。》

投稿: piano | 2019年1月 6日 (日) 11時13分

コメントをくださったみなさま、お返事が遅れ大変申し訳ありませんでした。

nekomodoki様

あけましておめでとうございます。

年末から年明け、カミさんと風邪のキャッチボールを展開させてしまい辛い冬休みとなりましたが、どうにか5日の大宮ソニックに参加できました。
「お客さんの6割がさいたまアリーナの振替でいらっしゃっている、と聞いています」とのことで、何度も何度も「許してください」と頭を下げるジュリーに大きな拍手・・・満員御礼の歌い初めでございましたよ~。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

BAT様

あけましておめでとうございます。

おぉ、お友達も浜松参加ですか。おそらく仰る通りで、昨年のジュリーの思わぬ露出で、お友達もBAT様のことを思い出されたのではないでしょうか。
僕の方も、従弟、従妹からの年賀状にジュリーのことがひと言添えてありました。世間的な反響はやはり大きかったようですね。

スージーさんは今年はまずチェッ○ーズの研究本を出版されるようです。その後ジュリー絡みでの怒涛の執筆にも期待を持ちたいですね。
本年もどうそよろしくお願い申し上げます。

piano様

あけましておめでとうございます。

いつも貴重なお話を紹介してくださるpiano様、コメント大歓迎です。今年も色々と教わりたいと思っております。

モーリス・ベジャール来日公演のパンフにジュリーの寄稿・・・これまた初めて知るお話です。本当に貴重ですね。
「目に見えない精神の持久力」との記述に惹かれます。正しくプロの視点だと思いました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: DYNAMITE | 2019年1月 7日 (月) 10時07分

DY様 こんばんは。

お風邪でもひかれましたか?
大宮、私たちも行ってました。
レポ、お待ちしておりますよ~。
今日は武道館、大盛況でした!
ジュリーは自分を嫌いになりたくないから納得で来ないことはしないんですね。
三日間のどこか、来られますか?

投稿: nekomodoki | 2019年1月19日 (土) 21時34分

nekomodoki様

ありがとうございます!

ご心配をおかけして申し訳ありませんsweat01
バッタバッタしている間に時が経ち…今年は勤務先で大きな変革があったりとなかなか大変な1年となりそうで、ブログの更新頻度も落ちそうです…。

武道館は昨日参加しました。全方位いっぱいのお客さんにジュリーもご機嫌で、僕が観た古稀ツアーの中では一番良かったと思います。
僕はこれでツアー参加終了です。5日の大宮と合わせ、ツアー総括的なレポの下書きを始めます!
しばしお待ちを~。

投稿: DYNAMITE | 2019年1月21日 (月) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/67544476

この記事へのトラックバック一覧です: 謹賀新年:

« 2018.12.9 四谷区民ホール 『瞳みのる&二十二世紀バンド LIVE2018~音楽は時代と国境を越える』(その⑤) | トップページ