« ザ・タイガース 「めちゃめちゃ陽気なバンドのテーマ」 | トップページ | 沢田研二 「お前なら」 »

2018年10月18日 (木)

今日からまた日常を・・・明日は晴れる

みなさまご存知の通り、さいたまスーパーアリーナ公演が中止となってしまいました(YOKO君は同日の飲み会で泣く泣くセトリのネタバレを解禁しました)。

中止の知らせに僕はまず、呆然とするしかありませんでした。そんな中で遠方からお越しの顔馴染みのみなさまとお会いしたり緊急のメールを頂いたりして、そのショックの大きさを思うに連れ実感が沸いてきた、というのが正直なところです。
それとともに、またこんな時だけジュリーのことを何も知らない人達に、テレビで面白おかしく採り上げられてしまうのだろうか・・・と胸が痛くなりました。

昨夜はなかなか眠れませんでした。
昨年YOKO君と2人、神席で観た大宮公演のMCでジュリーが「来年はここ(大宮ソニックシティ)ではやりません。(古稀ツアーの埼玉公演に)エエ会場があったんですよ~」と楽しそうに「大会場公演」をプチ予告してくれたこと、今回のさいたまスーパーアリーナに誘っていたもう1人の友人S君が、突然の中止にも文句ひとつ言わず「こうなったら俺も武道館に行くぞ!」と言ってくれたこと、開演前にお会いした遠征のみなさまのウキウキした様子など、あれやこれやのことを思い出していました。

今朝、「日常」の通勤電車の中で改めて考えました。
昨日のライヴ、遠方から駆けつけたみなさまには本当におかけする言葉もありません。
そして、昨夜からのこの件についての報道を目にするにつけ、普段からメディアを鵜呑みに信用する習慣がいかに危ういか、というところまでを考えました。


今はただただ、この先のジュリーの古稀ツアー各公演の無事の開催と成功を祈るばかりです。
僕などが言うまでもなくこの次の公演、SAYAKAホールに参加されるお客さんは、いつも以上に熱い拍手と声援でジュリーと柴山さんを迎えてくれるはずです。僕も当日は、こちらから念を送ります。
SAYAKA組のみなさま、どうか託しましたよ!


実は明日から3日間、楽器業界・楽譜業界にとって2年に1度の大イベント『楽器フェア2018』が、東京ビッグサイトで開催されます。僕も休日返上で全日程、楽譜出版協会のブースでスタッフを務めます。
こちらのブースの目玉は、すっかり恒例となった、各メーカー選りすぐりの『謝恩価格本』コーナー。簡単に言えば絶版本スコアのお蔵出しです。プレミアもののスコアをユーザーが安価で購入できる、ということで毎回大変にぎわいます。

『楽器フェア』はとても楽しいイベントですが、仕事として関わる僕らはそれでも最終日はクタクタに疲れます。
広い広いさいたまスーパーアリーナに響くジュリーの歌声に力を貰ってから「いざ出陣!」というつもりでいましたが、残念ながら叶いませんでした。
でも、頑張ります。
ジュリーが大変な時こそ、日常生活で手は抜けません。ある先輩の「明日は晴れる」とのSNSでのお言葉にも励まされました。

開催初日の明日はあいにく降雨確率60%の予報なんですが、僕も「明日は晴れる」の志をしっかり持って、全力で働いて参ります。
楽器やスコアに興味のある関東圏のみなさまは、東京ビッグサイトまで是非遊びにいらしてくださいね!

|

« ザ・タイガース 「めちゃめちゃ陽気なバンドのテーマ」 | トップページ | 沢田研二 「お前なら」 »

お知らせならびにひとやすみ」カテゴリの記事

コメント

平日だったため、埼玉まで行けませんでした。
横浜のようにせめて土曜なら・・・
ジュリーの口から理由とお詫びを聞けて、ああ良かった(決して良くはないのですが…)と、昨日からの重い気持ちがちょっと軽くなりました。
SAYAKAホール&アルカイックホール組です。
いつもどおりジュリー声に浸りつつ、純粋にジュリーとカズさんを応援してきます!

投稿: 湿原 | 2018年10月18日 (木) 19時58分

ジュリーファンの一人として、本当にモヤモヤした1日でした。ジュリーからの事情の説明とお詫びを見て、私もなんだか安堵しました。
今回のことで悲しい思いや悔しい思いをされた方はたくさんいらしゃるでしょうけど、私にはジュリーの歌が必要です。できる限り歌ってほしいと、心より願っております。

投稿: O55 | 2018年10月18日 (木) 21時26分

DY様
私も埼玉アリーナ行ってました。
残念ではありますが、ジュリーの決断には異論ありません。古希のお祝いに苦渋の顔で歌うジュリーを見たくはありません。
いっぱいのお客さんの前でしか歌わないと決めたんです。それを覆す事はないと思います。
リテラにジュリーの事が出てました。
このサイトは政治的な事が主なんですがジュリーの反原発や九条を守ろうという歌を歌っている事に対するエールです。
その記事に対するいいねが千人以上
今後スーツ姿の紳士たちのファンも増えそうな気配がしますよ。
リテラで検索して読んでみて下さい
記事のタイトル
ドタキャン沢田研二の媚びない勇気!ジュリーが歌い続ける反原発と憲法9条への思い

投稿: キミちゃん | 2018年10月20日 (土) 23時40分

さいたまスーパーアリーナ前、
慣れない大きな会場なので早めに到着すると、
サウンドチェックだったのか、
かすかにもれて聞こえる音がありました。

さかんに招待券交換をうながすアナウンスを聞き流し、
降らずにもってくれた曇り空を見ていました。

ええっと驚き、何があったのか気になりながら、
よほどのことなのだろうから、
ジュリーとカズさんの急病でないようだから、
しょうがないなあ、と人波を抜けわりとすぐ帰りました。

歌えないよ、というなら歌いたくないだけでなく、
歌ってもいつものようなパフォーマンスは無理だ、
そんなコンサートにしたくないということだったかも。
ファンを信じてる、というなら信じてほしいということかも。

これもまた、想定外とはいえ、
OLD GUYS ROCK ツアーのワンシーン、
ただの波風立てないいい大人で終わらなかった!

ジュリー!

投稿: piano | 2018年10月21日 (日) 06時35分

みなさま、DYNAMITE超多忙期間のため、頂いたコメントへのお返事が遅れており申し訳ありません。
後日必ずお返事いたしますのでしばらくお待ちくださいませ。

そして…本日のSAYAKAホールにご参加のみなさまには、ジュリーと柴山さんへの熱い声援を改めて託します。
素晴らしいステージとなりますように。

投稿: DYNAMITE | 2018年10月21日 (日) 09時20分

DYさま

びっくりの後、納得。

何度もチラシが入っていたので集客できてないのかな?と思ってました。
埋まっていない覚悟はして埼玉まで向かいましたが・・・。


DYさま超御多忙中に本の件でメールしてしまいました。お時間できましたらご確認くださいませ。

投稿: mimina | 2018年10月21日 (日) 19時39分

こんばんは。
SAYAKAホール公演、ジュリーも何度か言及してくれた「いつも以上の大きな温かい声援」をファン一体となって届けてきました!

ジュリーからは今回のことをターニングポイントとして、新たな見果てぬ目標(SSAをお客さんで一杯にする)をもって再出発しますとの決意も聞けました。(思わず、めげないなぁ~と笑いながらツッコんでしまいました・笑)

去り際に投げキッスで応えてくれたジュリー(嬉)
チョロいな~と思われてもいいです、これからもずーーっとついていきます!!

投稿: 湿原 | 2018年10月21日 (日) 20時47分

今後はフェイドアウト、とか言ってたジュリーに逆に新たな火を点けてくれちゃったのかな、とむしろ拍手しております。次のSSAには是非とも馳せ参じたい。沖縄離島より。あ、今回の武道館初日には行きましたし、千秋楽にもも当初から参る予定ですよ〜。
なんか外野席が、遠方から来たファンに補償しろとかやかましいですが、全国ツアーですよ?遠方のファンは当然地元付近の公演も押さえていて、旅行ついでに遠くにも出かけているのでしょう?地元の方には代替公演もあるだろうし、遠くの方には払い戻しもあるし、なんにも問題ないと思うのにな。
それにしても第一報を聞いた時には「えっジュリー体調不良なの?」と思わず心臓を押さえてしまったもので。
ジュリーが元気でさえいれば、幸せです。「君を残してどうして逝けるだろう」それを信じて生きていきたい、50年来のファンです。めっきり、体調不良ですが。

投稿: らいら | 2018年10月21日 (日) 22時01分

DY様

SAYAKAホール大盛況でした。
ジュリーは明日を気にしない千秋楽レベルのボォーカルでした。
鬼気迫ってました。
素晴らしいliveでした。

さいたまスーパーアリーナの振替えがソニックだという発表がありました。
でも私は行きません。
そういう問題ではないからです。

ジュリーも言ってましたが、私は満員のさいたまスーパーアリーナで柴山さんと二人で唄うジュリーが観たいのです。特別なワンナイトliveで充分です。

次回はアルカイックホールに参戦します。

投稿: Mr.K1968 | 2018年10月21日 (日) 22時22分

DY様 こんばんは。

私も埼玉にいました。
わけわからんけどとにかくジュリーの生の言葉を待つしかないと。理由の無いことはやらない人ですから。
大半の人は同様で、皆割と淡々と引き上げていきました。遠くから新幹線や飛行機で来られた方もいらしたようで、気の毒でしたが。
状況がわかってくるにつれ、
(あー、ジュリーはどこまでもジュリーだな、)
しかし、マスコミさん今更ここまで騒ぎますか?と思ったけど、意外と好意的な意見が多かったので拍子抜けしてしまいました。
SAYAKAホールの様子をいろんなブログで見て安心しました。
大宮、行きます。大千穐楽取れるのかな?

投稿: nekomodoki | 2018年10月22日 (月) 22時17分

DY様 こんにちは

今ツアー初参加予定だったYOKO君さんやお仲間の方々には残念でしたが、この二人だけのRock Showを是非、体感できることを祈ってます。

静岡も生憎の台風で中止となり、私はこれで二回目の体験です。前回は「BAD TUNING」の時の入院によるもので、あの時も静岡市公演の中止で、振替となった会場がなんと私の住む田舎街で、ありえない経験でした。

以前にも書きましたが、初ライブ体験の観客数は、たった50〜100人位。1200人会場にごくわずか。中央から後は私と弟だけ。それでも中止せず真剣に歌ってくれました。ジュリー自身がギターの弾き語りで、ビートルズナンバーを一曲一曲リクエストをもらい、歌本をめくりながら即興演奏したコーナーがありました。急遽その時だけのプログラムだったのか、ツアーのプログラムだったのかは知りませんが、ジュリーだっていくらもそういう苦い経験をして来ていますから、いまさらプロ意識のイロハ云々の話では無いことを分かっていながら、そのようなコメントが多いのは、ジュリーの今を語れないからに尽きます。

それと、東京ドームでコンサートをやりたいと言った時に、ことごとく断られ、「一緒にやりましょう」と手を差しのべてくれたイベンターが○●○●さんだけ。社長さんの名前まで出して、そのお陰であれから10年間頑張って来れたと熱く語ったあの話を聞いた人であれば、ゼロから100を作り出す情熱の半端なさに気づいたはずです。

「TOKIO」までで時間が止まってしまっている人たちに、それ以降の38年間に歌って来た、ロックスピリッツと平和を願う祈りの歩を止めない姿も含め、今のジュリーに一度でもいいから触れていただきたいですね。

全国縦断コンサートを最初に行ったのがジュリーであると同時に、以来、毎年やっているのもジュリーだけ。40年以上もですよ。なぜ続けて来られたか?ファンを虜にして離さない魅力が、次から次へと出てくるからです。そしてその中から培って来たものが「信頼と約束」だったのではと思っています。

カズさんとの二人体制に武道館初日のあと、困惑を隠せないファンが多かったようですが、公演を重ねる毎に弾けている様子が聞き伝わっています。ジュリー曰く「すぐ慣れるから」という魔法にまんまとはまってしまったようですね。

どうか、今のジュリーを語れる人が増えることを願います。

あと、若いタレントさんやアナウンサーの方々が、「ジュリーさん」って呼ぶ言い方が妙に萌えます。

投稿: BAT | 2018年10月23日 (火) 15時10分

DY様

あましんアルカイックホール参戦してきました。
本日もジュリーのボーカルは絶好調でした。
大盛況のうちに幕をとじました。

今日は、さいたまスーパーアリーナの振替えの話はなかったです。
私は行きませんが、大宮への振替決定も、大半の方は、地元しか行くのが難しいのが当然でしょうから、迅速な対応で良かったです。

柴山さんとの二人体制は、どんどん進化しています。本日、一緒に行ったlive好きの会社の同僚は、ボーカルの凄まじさは当然として、ギター 1本にも関わらず、音が薄く感じないことに感心してました。

いつの日か、ドームを除けば国内最大のさいたまスーパーアリーナで、この素晴らしいliveを観られる日を待っています。

ドームで自ら話していたように、ジュリーはできも
しないことを口にするような夢想家ではないことは、よくわかっているつもりですので。

ちなみに、今回の件をきっかけに、私のまわりで、
ジュリーのliveを一度観てみたいという人が増えてます。

次回は松山に参戦します。

投稿: Mr.K1968 | 2018年10月23日 (火) 23時24分

みなさま、お返事が遅れて大変申し訳ありませんでした。

湿原様

ありがとうございます!

確かに横浜公演とは違い、さいたまアリーナは平日17時開演というスケジュールが、遠方にお住まいの多くのみなさまにとってはネックとなったでしょう。動員には大きく響いたでしょうね・・・。

僕はその場にいて、その後の飲み会では「次の公演」・・・SAYAKAホールのことを心配する声が多くの人から出ていました。
結果、素晴らしいステージとなったようで安堵し嬉しく思いました。
湿原様はじめ、SAYAKAホールに駆けつけたファンのみなさまに感謝しかありません。本当に良かったです。

O55様

ありがとうございます!

現場にいた僕らですら何が何だか分からない、という状況でしたから、お留守番組のファンのみなさまは「中止」の報に「一体どうして?」と不安な時間を過ごされていたでしょうね。

その後ジュリーの言葉で全容が明らかになりましたが、この件で公になっているコメントはそのジュリー本人の会見だけなんですよね。
本来ならイベンターも何らかの公式コメントを出すべきかと思うのですが・・・。

僕も、再出発したジュリーをこれからも変わらず応援するのみです。今は古稀ツアー今後のスケジュール、各会場の無事の開催と成功を心から祈っています。

キミちゃん様

ありがとうございます!

今回さいたまアリーナでジュリーの歌、柴山さんのギターを聴けなかったことは僕もとても残念ですが、その後ジュリーの普段の活動や驚異的なライヴスケジュール、「現在どんな歌を作り歌っているのか」ということまで、はからずも一般世間に広く知られるところとなりました。
やっぱりジュリーは稀有な運命を背負っている歌手なんですね・・・。

スーツ姿の紳士のファン、増えるといいですね。

すみません、ここでいったんお返事切ります。

投稿: DYNAMITE | 2018年10月25日 (木) 09時40分

piano様

ありがとうございます!

当日、「サウンドチェックの音を聴いた」と仰っていたファンは僕の周囲にも多くいらっしゃいました。
今考えるとその時にジュリーは客席を見て「ん?」と思い、そこから話し合いが行われたという経緯だったようですね。

あの日は心配していた雨も降らず、ほどよい気温でコンサート日和・・・でも会場に入ったら凄い熱気なんだろうなぁと考えていた矢先の中止の報は本当に残念でしたが、この先もジュリーの歌を聴きにライヴに行く、応援する、という気持ちに変わりはありません。
これからのジュリーの活動、来年以降のライヴ選曲が楽しみです!

mimina様

コメント&メールありがとうございます!
いつも気にかけてくださって嬉しく思っています。
さいたまアリーナでお会いした際には気が動転していた時でしたから、お話もままならず大変失礼いたしました。

どのくらいのお客さんがあの広い会場に集まるのか・・・僕はまったく予想がつyかずにいましたが、7000人もの人があの日開演を待っていたことは確かです。普通のホールであれば大成功の集客数ですが・・・ままならないものですね。

湿原様

ありがとうございます!

先程も書きましたが、SAYAKAホールにご参加のみなさまの熱い声援には、伝え聞いただけでも感謝感激でした。

最後の投げキッスはその後の公演でも恒例となっているようですね。僕の次の参加はおそらく年明けすぐの大宮になるかなぁと思っていますが(インフォが来てから友人2人と相談するつもりです)、その時まで投げキッス続けてくれているかなぁ?

たびたびすみません。ここでまた一度切ります。

投稿: DYNAMITE | 2018年10月25日 (木) 12時39分

らいら様

ありがとうございます!

体調がすぐれない中、初日の武道館へははるばるいらしていたのですね。大きな会場いっぱいにお客さんが入っている初日の光景は、やはり圧巻でした。

僕はさいたまスーパーアリーナの遠征のみなさまに直にお会いしたりメールを頂いたりしましたから、そのショックの大きさも実感しましたし、「何の問題もない」とまではさすがに言えないですけど、メディアの中にはまったく的外れな報道も散見されましたね。

その後の公演の様子を伝え聞くに、ジュリーはとても元気な様子。それが一番ですよね。
ジュリーはこの先も一層頑張ってゆく決意のようです。らいら様もどうかお身体ご自愛ください。

Mr.K1968様

ありがとうございます!

さいたまアリーナ当日は、入場の列に並んだらMr.K様に自分の座席番号をメールでお伝えするつもりでした。
ところがどうも会場前の人混みの様子がおかしい・・・と戸惑っていたら、まさかの「中止」の報。その後あたふたしていたところに帰路に着かれたMr.K様からメールを頂いたという次第で、久しぶりのご挨拶が叶わず残念でした。

SAYAKAホールは素晴らしいステージになったようで本当に良かったですね。
ジュリー、お客さん双方にとって、久々に特別な熱を感じ合えた貴重な時間だったのではないか、と羨ましく想像しています。

nekomodoki様

ありがとうございます!

当日は僕も「ジュリー自身の言葉を待つしかない」と思いましたが、まさか囲み取材の会見があるとは予想できませんでした。

マスコミが騒ぐであろうことは容易に想像できました。僕はその日に日本テレビさんとフジテレビさんの取材の申し込みをお断りしていましたので・・・あぁ、こんな時だけ世間は騒いでいるんだなぁと。

翌日からしばらくは、仕事先でも様々な人に「さいたまアリーナにいたの?」と詳しい事情を聞かれましたが、何をどう話してよいのか(笑)。でもみなさん好意的でしたよ~。やはり70歳にしてあのLIVEスケジュール、平日に7000人も動員できるジュリーの現在をはからずもメディアが知らしめてくれた、ということなのですね。

この件を機に、ジュリー本人も澤会さんも僕等ファンも少なからず気合を入れ直し、自らの意志で新たな気持ちに切り替わる、と思います。これからのジュリーに期待しましょう!

すみません、またまたここで一度切ります~。

投稿: DYNAMITE | 2018年10月25日 (木) 16時09分

BAT様

ありがとうございます!

さいたまアリーナに誘っていた2人の友人のうち、YOKO君は年明けの武道館中日に参加が確定しています。もう1人のS君は「俺もその日に行きたい」と言ってくれましたが、大宮振替の話が出ているのでそちらになるかもしれません。
いずれにしても彼等に今回のツアーを体感して欲しい、という僕の気持ちは今回の件で一層強くなりました。インフォがあり次第予定を決めたいと思っています。

ジュリーがかつてビートルズの弾き語りを披露していたことは知っていますが、体感できている先輩方が本当に羨ましいばかりです。

ビートルズと言えば、先日ネットに上がった中将タカノリさんの記事中に、ポール・マッカートニーの記述についてとんでもない誤りがありました。
タカノリさんはいつもジュリー関連の発信をされ、今回もジュリー支持の内容自体が素晴らしかっただけに、ポールに関する誤認識が残念でなりません。

Mr.K1968様

SAYAKAホールに引き続き、アルカイックホールのご感想ありがとうございます!

僕も、仕事関係の人達の中に「沢田研二のコンサートを一度観てみたい」という声がいくつか上がっています。さいたまアリーナの中止は残念でしたが、今回の件が一般ピープルへの強力な宣伝効果を思いもかけずもたらしていることは間違いありません。
当然僕は彼等に年明けの日本武道館3daysを勧めています。澤会さんから一般発売を知らせてくれるハガキも来ましたからね。

Mr.K様は次は四国まで密航ですか。いいなぁ。
密航と言えば、僕はツイッターをやらないので見ていないのですが、前田日明さんが直接的ではないにせよ「ジュリー擁護」とも受け取れるツイートをしていたそうですよ。

投稿: DYNAMITE | 2018年10月26日 (金) 09時28分

DY様

毎年、ジュリーが休日に四国でliveをやってくれるので、旅行がてら四国勤務の学生時代の友人と一緒に観に行くのが恒例になってます。

もちろん、関西では大阪城ホールを勧めてまして、追加で二人分、チケットおさえました。

今回の件では、昨日あたりから、ちゃんと取材や調査に基づいた、読む価値のある記事が増えてきた印象ですが、個人的にはスージー鈴木さんの書かれたものがダントツだと思ってます。

追伸
私もツイッターはやらないのですが、ジュリーと前田日明、不器用なまでに実直な生き方に共通する面が多いイメージです。
ただ、ジュリーの場合は、実体のない「世間」と闘い風穴をあけるという点で、アントニオ猪木的でもあるとは思います。

投稿: Mr.K1968 | 2018年10月27日 (土) 23時35分

DY様

立川行ってきました。
ほんとにほんとに素晴らしいステージでした。

で、勘違いかもしれないけれど・・と思いつつ、夢だった「自慢の君がいる」の指さしをいただいたような気がしてます。
もう腰が砕けそうになりましたがこらえて離すもんか、と全精神力を目に集中しました!
ま、こんな風に思った人が100人くらいいるかもしれませんけどね~

本番前に聞こえた近くを歩いている女性の会話・・
「テレビの取材の人に声かけられたけど無視したよ・・あんなとこでしゃべったりしたらジュリーに嫌われちゃう・・」キラキラの乙女達なのでした。

今回の事で親しい友人が連絡をくれました。
私を心配してくれていたけれど、何も変わらないよ!と伝えると「なんかマスコミ腹立つわ!私一度ライブ行っとくわ!」と言ってくれましたので武道館に連れができました。

次は府中に行きます。
今年は回数が多くて嬉しいです!


投稿: 空桜 | 2018年10月30日 (火) 00時16分

Mr.K1968様

ありがとうございます!

僕が四国を訪れたのは、会社の慰安旅行で4県を周ったのが最初で最後・・・穏やかで好きな土地なのですがなかなか行く機会がありません。
『ジュリー祭り』以後、全国ツアーのスケジュールを見ながら「ジュリーはあんまり四国には行かないんだなぁ」と感じていた時期もありましたが、最近のツアーでは必ず組み込まれていますね。そうか・・・休日に開催してくれているんですね。

スージーさんと言えば、2013年に「沢田研二はもう、あなた達マスコミが浮き沈みを論ずる地平にいないのだ。勉強して出直して欲しい」と、くだらない三流記事を一喝した名言が忘れられません。
浮き沈みを論ずる地平にはもういない・・・なるほど、ジュリーはプロレスラーで言うと猪木的であるかもしれませんね。

空桜様

立川公演のご感想ありがとうございます!

いやぁジュリーの指差し羨ましいですね~。「自分が狙い撃ちされた!」と思えるのもジュリーの魔力のひとつです。僕もそう感じた経験はありますよ~。あれは「頂いた者勝ち」ですからね(笑)。

マスコミの騒ぎもどうやら落ち着いてはきたようですが、まだまだ勝手なことを言う人もチラホラいるようですね。あまりテレビを観ないので僕自身は知らないのだけれど、会社では皆僕がジュリーファンだと知っていますから話題にはなります。
そしてやはり僕の周囲でもそんな時「一度コンサートに行ってみたい」という話になるんですよね。
年明けの武道館3daysを勧めまくっています!

投稿: DYNAMITE | 2018年10月30日 (火) 09時20分

DY様 こんばんは。

予定外でしたが、立川行って来ました。
一体感、半端なかったです。

駅で(どうやっって行こうかなぁ、)と案内板を見ていたら、同じような人がいたのでタクシーに同乗して会場に行ったのですが、言葉のイントネーションが微妙で、聞いたら台湾から来た方でした。
実は埼玉にも行ったそうです。
その後やっぱりどうしても見たくて、仕事に合わせて立川のチケットを知り合いに手配してもらったということでした。
ギターと二人だけ、ということもすでに承知で、どうなるのかな、と言ってましたが、ライブ後は「サイコー!!」と感激してらっしゃいましたよ。
アフターもチケットを私に譲ってくれた方と3人で楽しく盛り上がりました。
「日本大好き!・・・でも日本で仕事は大変」
はい、同感。

投稿: nekomodoki | 2018年10月30日 (火) 20時34分

nekomodoki様

立川公演のご感想ありがとうございます!
素敵なライヴと楽しいアフターを過ごされたようで、こちらも嬉しくなってきます。

一体感凄かったですか・・・どうかこのままの雰囲気で僕も次の公演を楽しみたいものです。

ちなみに僕も台湾が大好き。勤務先の慰安旅行で1度訪れました。
現在はどうか分かりませんが、やけに舗道が高い位置にある独特の街並みが印象に残っています。とても好感の持てる国、人達です。
ただ1点、マヨネーズが甘いのだけは受けつけませんでした。せっかくおいしそうなエビなのに、何故それがかかってる!みたいな(笑)。

投稿: DYNAMITE | 2018年10月31日 (水) 12時25分

DY様、こんにちは。

日本ガイシホール行ってきました。
既に情報が入っていることと思いますが、「満員御礼」の札がインフォメーション・ボードに貼ってあり、大盛況でした。「ブリージア席」というあまり耳慣れない可動式の席も使用されていました。

「こんな平日に・・・、またドタキャンするかもしれないのに・・・」と自虐ネタを披露し満員の会場にジュリーも心底嬉しそうでした。

「カサブランカ・ダンディ」の歌い出しで何が起こったのか、リズムに乗れない感じと歌詞もよく聞き取れず・・・。「あなただけでいい」もちょっと歌い出しで躓いた感じが。まぁこれもご愛敬で、曲目が進むに連れ どんどん魅了されて行く ギター1本とヴォーカルによる空間でした。

9月の長良川以来、本ツアー2度目でしたが、前回同様、「お前なら」辺りで喉の調子は上がってきて、「F.A.P.P」の高音部もばっちり、「あなただけでいい」では極上に仕上がった感じでした。あくまで僕の感想ですが。「A・C・B」「マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!」の盛り上がりは相変わらず凄かったです。今回は、アリーナ席下手側の11列目。アシベの道案内が下手側だったこともあり、しっかりと間近で確認できました。「2000年でも」は「古希古希古希でも」でした。大きな会場でしたが、全編を通じて音響が良かったなぁと感じました。

音楽については、素人の耳しか持たない僕なので、あくまでも感覚的な話ですが、「カサブランカ・ダンディ」のテンポはオリジナル音源に比べ、ゆっくりに感じます。これは前回の長良川と同様。またジュリーがリズムに乗りにくそうな感じに見受けられます。今回は歌い出しで躓いたので、余計そう感じたかもしれませんが。ジュリーの大笑いから始まる2曲目からラストまで、柴山さんとジュリーの織り成すグルーヴは素晴らしく、体も自然に揺れ、会場も一体となっていましたが、どうにも1曲目での 自分の体に馴染まないような違和感、居心地の悪さみたいなものはどこから来るのか、未だに気になっています。これ僕だけなのでしょうか。 
DY様、何か考えられる要因などありますでしょうか? 僕の次回は武道館最終日になる見込みですが、素晴らしいロックンロールショーに進化しているステージだけに 1曲目のこの感覚だけが気になっています。この場を借りてご伝授いただけますと幸いです。


投稿: goma | 2018年11月 3日 (土) 09時37分

goma様

ありがとうございます!
お返事遅くなり申し訳ありませんでした。

今ツアー、「演目によってはテンポが遅く聴こえる」との多くのみなさまのご感想を目にしましたので、僕は2度目参加の和光市公演でBPMに注意して聴いてみました。結果、「カサブランカ・ダンディ」はじめテンポはオリジナル音源とほぼ同じだと思いました。
ただ、会場によって若干のバラつきはあるのかもしれません。

「カサブランカ・ダンディ」のリズムは「ハーフタイム・シャッフル」と言って、細かく分解すると僕らは1小節に6×4の24個の強弱を感じながら聴くことになります。ギター1本での演奏だと空白部分を感じとりやすいのかもしれませんね。
和光市では僕はその点まったく気にならなかったのですが、次会場でも再度テンポに気をつけて聴いてみたいです。

その次会場・・・澤会さんからの振替案内のお知らせが我が家にはまだ届かず、ヤキモキしています~。

投稿: DYNAMITE | 2018年11月 5日 (月) 12時57分

DY様、ご回答ありがとうございます。

音楽を聴くのは大好きなのですが、感覚だけで聴いていて、音楽的素養が著しく低い自分に辟易することが良くあります。今回の「カサブンランカ・ダンディ」については、テンポの遅さとグルーブ感への違和を感じたものの、その要因が自分にあるのか、演奏形態にあるのか、全く答えが見つからない状態でした。次回参戦時は、DY様の伝授も頭に入れながら聴いてみます。

僕は、まだまだ澤会さんの席では恐れ多いと思っており、チケットは通常に購入しています。1月21日の武道館ではジュリーを斜め後ろのアングルから見ることになりそうです。今回は、友人(男性)1名と一緒に行きます。彼はパニック障害を長い間患っており 人混みを苦手としていますが、「今ならLIVEに行けるかもしれない」「ジュリーのLIVEを一度でいいから観たい」という一念発起による参戦です。ちなみに、「行きたい」と言い出したのは、ドタキャン騒動のかなり前のことです。大学時代にはカラオケでジュリーとビートルズの曲をよく一緒に歌いました。6年ほど前、久しぶりに会った時には「ジュリー縛り」で3時間くらいカラオケで歌い続けました。僕とは違って、音楽に造詣が深い彼です。1月21日 武道館。彼の反応が今から楽しみです。

投稿: goma | 2018年11月 5日 (月) 17時56分

DY様、ご無沙汰しています。

私の初日・岡山を終えて真っ先に浮かんだ感想は、「研二親分とカズさんは、これから二人で全国に殴り込みをかけに行くのか・・・」。
「悪名」の続きを見たようでした。
冒険の旅にはいろんな事が起こりますね。

おそらく今回の件を機に、地元ラジオのロック系音楽番組内で一時間のジュリー特集が組まれていました。
かかった曲は70年代までが中心だったものの、裕也さんとの関わりから、佐野元春さん、大滝詠一さん提供楽曲のエピソード、ジュリー祭りのMCにも触れ、聴きごたえがありました。
リスナーにもぜひライブに足を運んでほしいところですが、広島公演はこの番組の放送時間とかぶるんですよね・・・。
認識を新たにした方が少しでもいらっしゃれば良しとしましょうか。

ラジオといえば、別の愛聴している番組のパーソナリティーが、「そのキスが欲しい」の作曲者だと初めて知りました!
今まで頭の中でまったく結びついていませんでした・・・。

投稿: だんぼ | 2018年11月 6日 (火) 17時50分

goma様

ありがとうございます!

もう一般販売で武道館のチケットを手にされているのですね~。
僕は武道館は中日の20日ですが、やはり男性の友人と3人で参加します。常連のYOKO君と、もう1人は初ジュリーとなる友人。ギタリストでもあるのですが仲間内ではヴォーカリストとして活躍している人なので、ジュリーのスタイルには共感してくれるものと確信しています。
goma様もご友人のサポートともども、道中お気をつけて・・・楽しい1日となることを願っています。

あと、その後さいたまチケットの振替案内も無事届き、僕はジュリー三昧の新年になりそうです。楽しみです!

すみません、お返事一度切ります~。

投稿: DYNAMITE | 2018年11月 7日 (水) 09時02分

すみません、大瀧詠一さんの「瀧」が「滝」になっていました。
失礼しました。

投稿: だんぼ | 2018年11月 7日 (水) 15時09分

だんぼ様

ありがとうございます!

確かに柴山さんにとってもこの2人体制は、「親分と2人でさぁ乗り込むぞ!」という感じですね。あのジュリーにここまで信頼されたら・・・相当節制とか体調への気遣いとか(それはもちろんジュリーもそうですが)大変な苦労があるかと思います。僕ら観る側は本当に幸せですよね。

僕も最近になって、カミさんの影響でラジオの地方番組の面白さに目覚めています。例えば関西のばんばひろふみさんの番組なんてメチャクチャ面白いです!
関東にいながらそれが聴けるのですから、便利な時代になりました。

ちなみに大滝詠一さん、誤りではありませんよ~。
ちょっとややこしいのですが、大滝さんはアーティスト名が「滝」の字で、作曲家名が「瀧」の字。2つを使い分けていらしたのです。
例えばアルバム『A LONG VACATION』のリリース・アーティスト名義が「大滝詠一」で、アルバム収録曲の作曲クレジットは「大瀧詠一」名義となります。
でも一般的には「大滝」さんで大丈夫ですよ!

投稿: DYNAMITE | 2018年11月 7日 (水) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/67285937

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からまた日常を・・・明日は晴れる:

« ザ・タイガース 「めちゃめちゃ陽気なバンドのテーマ」 | トップページ | 沢田研二 「お前なら」 »