« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

2017.8.20大宮ソニックシティ 沢田研二『50周年記念LIVE 2017-2018』セットリスト&完全レポ(執筆中)

駐:
執筆途中の更新です。
今もなおセットリストのネタバレを我慢されているジュリーファンのみなさまもいらっしゃいますので、”現在○曲目「○○」まで執筆済”という表記はせず、加筆する度に更新日付を変更してゆくスタイルで書いてまいります。
全文を書き終えるまでには半月以上かかるかと思いますが、今回もよろしくおつき合いをお願い申し上げます。
また、絶賛進行中のツアー各会場に参加されたみなさまのご感想、貴重な情報などもコメントにて楽しみにお待ちしています!

☆    ☆    ☆

ジュリー50周年記念ツアーは2週間のお盆休みも明け、大盛況の大宮公演から無事再開されました。
これからファイナルまでが本当に長い・・・物凄いスケジュールです。しかしジュリーは相変わらず元気一杯、気合充分。そんな大宮公演に僕は今年もYOKO君と男2人で参加してまいりました~。

こんな年はもう二度とないと思うんですけど、僕は今回のツアーで、初日NHKホールが上手側端の最前列、この大宮がYOKO君と並びでド真ん中2列目という神がかりの席運に恵まれての参加。感謝、感動、いくら言葉を尽くしても足りません。
この特別なツアーにそんな幸運が巡ってくるとは、真に有難き身に余る光栄であり幸せの極みです。こうなったからにはもう、とにかく全力渾身を尽くしてレポに取り組みたいと思います。

いやはや、それにしても。
実はこれまで僕はジュリーLIVE1桁台の神席経験は(キャリアに比すると)比較的多いのですが、完全にジュリー正面の「どセンター」って初めてだったんですよ。
ご経験のある方ならお分かりの通り・・・ただただ凄いです、ドセンターの神席って。YOKO君も言ってましたが、いつもはしょっちゅうギターのフォームでキーを確かめたり、あれこれとバンドのチェックをしてしまう僕らが、ま~よほど思い切らない限り正面のジュリーから視線を外せないわけです。
それでも僕は何度か柴山さんのギター・ソロをガン見したり「TOKIO」のイントロで依知川さんに見とれたりできましたけど、YOKO君の方は「ジュリーがサイドに動き回る時以外はひたすら視線固まってた」と。
まぁ無理もない。彼は今回「ジュリー以外のLIVE全部含めて今までで一番の神席」だそうですから。打ち上げではお姉さん達に「ご懐妊?」とからかわれていたYOKO君、否定せずに「たぶん双子を授かりました」と(笑)。

そんなこんなでひたすらロックオン気分が続いた幸せな時間でしたが、それ抜きにしても本当に素晴らしいステージでした。ジュリー69歳、心身とも絶好調です。
もちろん声もね。
ロックナンバーもバラードも最高のパフォーマンス、ヴォーカルだったと思います。素晴らしかった!

それに、やっぱり隣でビビッドな反応をされるのは楽しいですねぇ。明らかにジュリーから丸見え状態なのでさすがに例年のような殴り合いはできませんでしたが、YOKO君は「ダイブ曲」のイントロの度に僕の下半身をゴツゴツ拳で打ってきました。
彼の興奮を間近で感じたことで改めて「今年のツアーは特に凄いぞ!」と再確認できました。

開演前のBGMはいよいよ「祈り歌」まで来ました。
マキシシングルですから、CDタイトルチューン以外の3曲が流れます。YOKO君曰く「震災後の曲をこういう大きなホールの音響で聴くと荘厳な感覚に打たれる」とのことですがまったく同感。特に「FRIDAYS VOICE」のような構成の曲はね・・・。

おっと、今ツアーはセットリストの曲数も曲数です。枕は短めに、早速レポ本文にとりかかりましょう。
今回はキッチリ演奏順に書いていきますよ~。
執筆途中での更新スタイルで、記事完成までには相当な日数がかかるかもしれませんが、呆れずによろしくおつきあい下さいませ。

とにかく「どセンター神席」にビビリまくりのYOKO君、ブザーが鳴って場内の灯りが落ちると「うわぁ~~~」と呻きます。僕はそれを横目に余裕のふり。
初日と同じように巨大スクリーンがスルスルと降りてきて(いや~近い!)、YOKO君「?」状態から・・・開演!


あなたに今夜はワインをふりかけ

Omoikirikiza

大宮公演は場所的にも「もう関東圏の会場で1度参加済み」のお客さんが多かったのかな。初日のようにスライドショーが切り替わる度に歓声が沸く、ということはありません。でも隣のYOKO君はしきりに「うおっ!」とか「へ~」とか「おっオーティスじゃん!」とか反応しながら観ていましたね。

巷で話題なのは、このスライドショー最後のショット。今ジュリーが何と言っているのか、という。僕も今回はジュリーの唇の動きを確認してみました。
単に「ありがとう」ではなさそう。至近距離で見た感じだと、最後の1音は「お」行のように見えるんです。とすれば「愛してるよ」説が有力でしょうか。でも最後が「え」行で「ありがとうね」の可能性もあるかなぁ。

スクリーンが上がり、ジュリーの姿を確認するやYOKO君は「やべぇ、やべぇ!」と。
いや、分かる・・・ホント近い。
これが「どセンター神席」の景色なのか~。
イントロが始まるや、たまらずのスタンディング。ジュリーLIVEの前方席で男が2人並びで立っちゃうのは本来とても申し訳ないことです。僕でも170センチ強、YOKO君に至っては180センチ近い身長ですから・・・。
YOKO君は何度か気にして後ろをチラ見したそうですが、「悪いなぁと思うのはもちろんだけど、それでも(後ろのお客さんが)ノリノリな様子だったから本当に救われた」と。有り難いことです。

今ツアーのオープニング、曲数カウント外のオマケとして配された「あなたに今夜はワインをふりかけ」。改めて、特別なショーの幕開けにふさわしい選曲、アレンジなんだなぁと感じました。
それにしても初日同様、ジュリーの喉は冒頭から絶好調。これはジュリー、日頃から相当気合を入れて節制、精進しているのでしょうね。

1曲目「君だけに愛を

Tigersred

多くのじゅり風呂さんもそうされていますが、拙ブログでもジュリーに倣いオープニングの「あなたに今夜はワインをふりかけ」を曲数カウントせず、この「君だけに愛を」から曲順表記させて頂きます。
「どセンター神席」はさすがに音響も凄い迫力で。特に、最初の「君だけ~に~♪」でアッパービートになって以降の依知川さんの「どっ、どっ、どどどど♪」というラインがズンズン身体に響いてきます。
柴山さんのイントロでのアルペジオ→単音瞬時の切り替えは初日と変わらず。

ただ、そんな素晴らしい演奏でも僕らの視線はジュリーだけに釘付け。真正面の至近距離でこの曲を歌うジュリー・・・格別なる挑発。幸せと言うしかありません。
指差しはおもに1階の10列目~20列目くらいを狙っていたでしょうか。僕は追っかけコーラスにも密かに参加。「夢の世界へ♪」からはトッポのパートをこっそり歌ってきましたよ~。

2曲目「自由に歩いて愛して

Pygbest

イントロの瞬間、「うおっ!」と叫びながらジュリーの死角を突いて(笑)僕の太腿をガンガン打つYOKO君。
打ち上げでも話題の中心となったのはこの曲をはじめとするYOKO君初体感のレア曲で、「自由に歩いて愛して」については「俺はもうあのAmのリフは余裕で弾ける!」と自慢顔の彼でしたが、バンド名のことをさかんに「ぴーわいじー」「ぴーわいじー」と連呼。
僕と2人の時は良いけど、お姉さん達がいる場所でそれはアカンで~。

ツアー直前にこの曲の考察記事を書いて、コメントにてKIX-Sのカバー・ヴァージョンの存在を教えて頂きました。音源はまだ聴けてはいないのですが、96年に勤務先から出版していたバンドスコア『KIX-S/BEST-S』の中に収載があったことを先日資料本で確認。

Kixsbests


スコアを見ると、KIX-Sヴァージョンは斬新にアレンジを変えていることが分かります。
キーもオリジナルより1音半高いハ短調です。


大宮でのこの曲で気づいたのは・・・コーダ部で歌メロを締めくくる「NOW THE TIME FOR LOVE♪」の「LOVE」はメロディー自体は冒頭の「誰かが今♪」の「が」と同じなんですが、発声の違いなのかジュリーのヴォーカルは「LOVE」の方がずっと高い音階に聴こえるんだなぁ、と。
ジュリーは「LOVE♪」の瞬間首をググッと上げ目を閉じ熱唱します。シャウトっぽいけど決してメロディーは崩さない、絶品の歌声。
素晴らしいシーンを間近で観て、素晴らしい発声を間近で聴けた、と感動しました。

3曲目「
僕のマリー

Tigersred

大宮でもジュリーのMCは初日と同じく、この曲の前、「ラヴ・ラヴ・ラヴ」の後、「ISONOMIA」の後、そしてアンコール前と計4回。ま~この日はとにかく長かったですが(大宮のMCは毎年長いですけど、それにも増して)、MCについては僕の印象に強く残ったお話に絞ってアンコール前に纏めて書かせて頂くことにします。

さて、よく考えたらYOKO君はこの「僕のマリー」は初体感(『ジュリー祭り』では歌われず、その後の「ほぼ虎」「完全再結成」のツアーには彼は不参加)。
イントロの瞬間に「おっ?」と漏らしたYOKO君、今回の大宮に向けてジュリーのシングルをすべて自力でワンコーラスに編集しクロスフェイドで繋げたCDを作って予習に励んでいたそうです。しかし後で聞くと「ソロの曲でしか作んなかったんだよね」と。
全部詰め込むにはシングル多過ぎだよね、と打ち上げで話したりしました。

ジュリーのソロで体感するこの曲は「夢を見た~♪」の聴こえ方がタイガースとは違います。ジュリーが歌う音階のみが強調されるのです。
それはそれでザ・タイガースの「僕のマリー」とは別物という感じで新鮮でした。

4曲目「
青い鳥

Tigersblue

打ち上げでYOKO君曰く、「俺、タイガースの曲だと「風は知らない」と「青い鳥」が好きなんだよね」と。
彼のジュリー・ナンバーの好み(「古い巣」「バタフライ革命」「WOMAN WOMAN」「ジャンジャンロック」など)を考えると以外や朴訥で穏やかな2曲です。
「青い鳥」はドーム(『ジュリー祭り』)以来でドキッとした、と言っていました。
ほぼ虎、そしてタイガースの再結成LIVE、強引に彼を誘っておけばよかったかなぁと今さらのように後悔します。ピーのドラムスやサリーのベースにYOKO君が感化されない筈がないので・・・。

柴山さんのギターは初日と比べるとかなりタイトに。
でも「あくまで横移動」奏法(ジュリーの視線にビビりつつ必死でチラ見しました笑)は変わっていません!

5曲目「
greenboy

Greenboy
タイガース・ナンバーに続いての選曲に、ジュリーの思いを感じずにはいられません。
その一方で、基本的にはこの曲は赤ん坊から少年へ、少年から大人へ、大人から老人へ、そしてまた赤ん坊へ・・・という「人生一気振り返り」テーマですから、来年の古希イヤーも再度歌われるんじゃないかなぁ、とそんなことを考えながら観ていました。

「ビートポップに尖ってた♪」の箇所だったか、をひと差し指を立てて歌ってくれたジュリー。
この曲は他にも結構ジュリーの動きに見所は多いですよね。「愛まで待てない」ほど派手ではないけれどヘドバンもしますし、エアギターもあります。
衣装のグリーンもあいまって、「デビューからの50年を一気におさらいする」ツアーでのジュリーの真髄のような名曲だと感じました。

それにしても、他でもないこの曲で柴山さんのソロに目が行かないとは・・・畏るべし、センター神席で受けるジュリーの眼力&吸引力!

6曲目「
あなたへの愛

Royal3

今回のこの曲の柴山さんの音、すごくオリジナルに近いですよね。
考えてみれば「あなたへの愛」は普遍的なメロディーが傑出している名曲で、それ故にアレンジ自体もこれまで色々と冒険的な試みが成されてきた1曲です。
ジュリーwithザ・ワイルドワンズがそうだったし、僕が体験していないLIVEでは、何とワルツ・アレンジの時もあったと以前先輩に教えて頂きました。
でも、結局オリジナルのアレンジが一番良い・・・これはみなさまそう思われるでしょう。だから、音色についても今回はじみじみ「いいなぁ」と。
細かいエフェクト設定は分からないけど、「コーラス」を使っているのは間違いなさそう。ストーンズの「If You Really Want To Be My Friend」のような音です。

7曲目「
許されない愛

Julie2

この日僕らは真正面のジュリーのオーラに気圧されてなかなか左右弦楽器隊に目を向けられませんでしたが、GRACE姉さんと泰輝さんについてはジュリーの奥で細かい動きまで自然に観ることができました。

で、「許されない愛」ですが・・・初日とはGRACE姉さんのアレンジが変わりました。Aメロでスネアを4拍打ちです(4拍目は裏のゴーストも挿入)。
これは音も見た目もカッコイイ!
初日のようにだいたい2小節に1度の割合で豪快なフィルを繰り出すアレンジも良いけど、こちらはリズムに骨が入ると言うか、LIVE向きかなぁ。
「あなたへの愛」がオリジナル音源王道の再現ですから、70年代序盤の同時期リリース2曲の繋がりとしても面白かったです。

ジュリーの「あなたが~♪」の狂おしい「が~♪」が相変わらず素晴らしい!
目を閉じて上半身を揺らしながら、ギリギリとした主人公の感情を載せて歌ってくれます。

8曲目「
追憶

Jeweljulie

こちらもGRACE姉さんが名演。細かいハイハットと16分音符で2連打するキックのコンビネーションは、いつ聴いても「生のLIVEならでは」の感動があります。
そう言えばYOKO君が「GRACEさんがキックを打つとバスドラが光る」って話してたんだけど、僕はまったく気づけず。実際そういう仕掛けになってるのか、それともスピリチュアルな現象なのか(僕は全然ダメだけどYOKO君はそっちの感覚も持ってます)。

サビの「ニーナ♪」を気持ち良く伸ばせている時は、ジュリーの喉の調子が良いと思います。
初日もこの大宮も声が絶好調の今ツアー。69歳ジュリーの体調管理にも本当に頭が下がりますね。

9曲目「
サムライ

Omoikirikiza

初日とは違い大宮ではこの曲が終わってもジャケットを脱がなかったジュリー。
結局後の「時の過ぎゆくままに」で脱いだんですが、真ん中のMCだったか、暑い暑いと言いながら
「最近涼しい日が続いていたので忘れてた」
という話をしてくれました。僕は「暑さ」を忘れてた、とその時は解釈したんですけど、もしかしたら「サムライでジャケット脱ぐのを忘れてた」ということだったのかな。
忘れる、と言えばこの日はカウントが始まってから「あっ、次はスタンドや!」と急いでマイクスタンドをとりに戻って「よし!」とばかりにマイクをしっかりはめ込むやいなや歌が始まる、というシーンも楽しめました。

それにしても至近距離の「サムライ」は最高です。
最初のサビと最後のサビで使う手を変えてくるお馴染みの所作が、しなやかと言うか流麗と言うか。
背中の後ろにクイッと手をやる仕草なんて特にね。まだ脳裏にハッキリ映像が残っていますよ~。

10曲目「
君を真実に愛せなくては他の何も続けられない

Teaforthree

YOKO君が「おっ、ティーフォースリー!」と反応したのもつかの間、終わってしまうというアレンジ。
いや~、やっぱり短いですな~。せっかくなら「誓うよOh My Love~♪」のジュリーのロングトーン(「ve」の発音がポイント)まで聴きたいところですが・・・。
でも逆に、短いアレンジだからこそ柴山さんの2度のリフが倍オイシイ!とも言えます。

タロー作曲の短調アップテンポということで、ギターやベースの感触が2013年に生で体感したザ・タイガース再結成時の「色つきの女でいてくれよ」によく似ているなぁ、とも思いました。
ちなみにこの大宮公演の日は、都内の銀座タクトでピーとタローのジョイント・コンサートも行われていました。ジュリーと他のタイガース・メンバーのLIVE日程が近場の会場で完全に重なる、というのは今回が初めてのパターンだったのではないでしょうか。

11曲目「
ス・ト・リ・ッ・パ・-

Stripper

大宮のジュリーLIVEは毎年音響も素晴らしくて、YOKO君はコンソールのお兄さんのことを「短髪の真面目そうな彼」と呼んでリスペクトしているのですが、今回は開演前にPAのチェックを忘れていました(YOKO君が緊張していてそれどころではなかった)。

で、もちろん今年も素晴らしい音響を堪能したわけですが、唯1曲、この「ス・ト・リ・ッ・パ・-」でトラブル(なのかどうかも分からないのですが)がありました。反響音がワンワン言って混沌状態となり、珍しくもジュリーが大きく音程を外して歌っていたのです。
この曲ではジュリーと弦楽器隊がかなりステージ前方に出てきていましたから、僕らの位置の客席も含めて「たまり」に入っちゃったのかな。
依知川さんが「ここです、ここです!」とばかりに強いアタックでルートを強調したり・・・観ている僕らとしては焦りました。でも、ジュリーってこんな時でも堂々としているんですよね。

大宮の次の町田公演のMCでイヤモニの話が出たそうです。これは大宮の「ス・ト・リ・ッ・パ・-」での出来事を受けてのことだと思います。
イヤモニをしていれば、こういう事態においても伴奏のモニターに支障はない・・・でもジュリーはそれをしない、と。耳をいたわり長く歌い続けたいとの気持ちもありましょうし、タイガース時代のジャズ喫茶の演奏経験で、ジュリーは大抵のことには動じなくなっています。それぞれの条件、状況での対処も自分の中で「こう!」というラインを持っているのですね。
大切に環境をお膳立てされた歌手とは経験地も対応能力も違うということです。
ある意味、今年の大宮の「ス・ト・リ・ッ・パ・-」は僕らとしては貴重な体験ができた、と考えています。

・・・とここまで書いたところでNasia様のブログを拝見したら、福井公演の「ス・ト・リ・ッ・パ・-」でも、たぶん同じようなことがあったっぽいです。
う~ん、やはりモニター返し無しのセッティングで「たまり」が発生しているのかなぁ。初日のNHKホールではそんなことはなかったんだけど・・・。

12曲目「
ヤマトより愛をこめて

Konndohakareina

僕は『ジュリー祭り』で本格的にジュリー堕ちしたのですが(これはYOKO君も同様)、それはイコール「鉄人バンドの音」で堕ちた、ということです。

これまで何度か書いている通り、僕は『ジュリー祭り』の佳境で歌われた「ヤマトより愛をこめて」でのGRACE姉さんのドラムスに強く惹かれました。決して主張し過ぎず、それでいて存在感のあるデリカシー溢れたバラード・エイトの刻みにその時僕は、「あの素敵な女性ドラマーは誰?」というド素人状態でした。
その後2000年代のアルバムを購入し、作詞クレジットの「GRACE」さんがそのドラマーだったと分かり、「こういう詞を書く人だからあれほど歌心のあるドラムが叩けるのか」と納得したものです。
ただ、今回の「ヤマトより愛をこめて」はショート・ヴァージョンですからGRACE姉さんのエイトが聴けません。その点はやはり残念・・・でもそのぶん、泰輝さんのピアノ、柴山さんのギターの素晴らしさが伝わりやすいアレンジなのかもしれません。

ジュリーの歌う「ヤマトより愛をこめて」はツアーごと、会場ごとに発声の表情が違うといった感じのことを初日NHKホールのレポで書きましたが、それは柴山さんのギターも同じです。
特に「からだを投げ出す値打ちがある♪」の箇所。直前の小節4拍目から頭の1拍目に繋がる2和音の柴山さんの表現は毎回違います。激情の突き放しだったり、繊細で本当に微かな音だったり。
いつまでも変わらず若々しいルックスのために年齢のことを忘れてしまいがちですが、柴山さんも先日お誕生日を迎えられ何と65歳となりました。
65歳のギタリストが、50曲を演奏する66公演を駆け抜けようという・・・ジュリーだけでなく柴山さんも超人です。真に鉄人です。
柴山さん、遅くなりましたが65歳のお誕生日おめでとうございます。いつまでも、ジュリーの横で素晴らしいギターを聴かせてください。

13曲目「
モナ・ムール・ジュ・ヴィアン・ドゥ・ブ・ドゥ・モンド

Kenjisawadafrance

以前から大好きな曲でしたが、どうやら今年に入って僕はこの曲を「格別に好きなジュリー・シングル」と再評価し改めて惚れ込んでしまったようです。
福岡の先輩のご好意で『沢田研二の愛をもとめて』のラジオ音源を聞くことができ、その中でもパリの話題に特に感銘を受けたからでしょう。

後ほどアンコール前の項で書きますが、この日の大宮の長~いMCで、ジュリーは正にその「パリ・レコーディング秘話」の補足をしてくれたのですよ~。
これは本当に嬉しかった!
「モナ・ムール・ジュ・ヴィアン・ドゥ・ブ・ドゥ・モンド」のフランス・リリースについて「一等賞になったわけではないので大した自慢話でもないんですけど、まぁ、四等賞だったんです」と紹介してくれたジュリー。やっぱり「苦労しながらも一生懸命やった、そしてその努力がセールスに反映された」のは、当時のジュリーもとても嬉しかったのでしょうし、すごく良い想い出となって記憶に残っているんだろうなぁ。
生で聴いても素晴らしい名曲、素晴らしい歌です。加瀬さんも実際は「いい曲」だと思っているはずですよ(←この加瀬さんの楽曲評価の話題は、後にMCの項で詳しく書かせて頂きます~)。

14曲目「
明日は晴れる

Asitahahareru

この曲のセットリスト配置も興味深いですね。
時代を大きく離れた曲の繋がり、ということで言えば、「greenboy」が「きれいな大人」のキーワードを指摘するまでもなく自然にザ・タイガースのナンバーに続いたように、「モナ・ムール・ジュ・ヴィアン・ドゥ・ブ・ドゥ・モンド」から「明日は晴れる」への繋がりにも何かジュリーの中で特別な意味があるのでしょうか。

考えられるのは、アルバム『明日は晴れる』製作時にジュリーは、セーヌの源流を訪ねる旅番組に出演し、「我が心のラ・セーヌ」という曲が生まれアルバムにも収録されていること。
ジュリーにとって70年代のフランスでの成功の想い出が、2003年のアルバム『明日は晴れる』とリンクしているのかもしれません。

初日の演奏が素晴らしかった柴山さんのギターをガン見するつもりでしたが、ジュリーのオーラに圧されてチラ見しかできず・・・(泣)。
とにかくこの曲のギターは、Bメロ以降の単音と複音のコンビネーションが凄まじいのです。次の松戸公演ではしっかりチェックしなければ~!

あと、ジュリーの歌に気持ちよく身を委ねていてふと「あれっ、このベースはピックの音じゃないぞ!」と気がつき、今度は依知川さんをチラ見。
おおっ、指です、指で弾いてます!
素晴らしいグルーヴ。柴山さんのギターも合わせ、「明日は晴れる」は今セットリスト中バンド演奏のクオリティーが特に高い1曲と言えるでしょう。

15曲目「
コバルトの季節の中で

Tyakoruglay

本来お客さんが手拍子参加するタイプの曲ではないんですけど、あのイントロが始まると思わず身体が反応して手を打ってしまいます(YOKO君もやってた)。
究極にポップなリフ、軽快なエイト・ビート。そして歌に入ると哀愁のメロディーが待っているという。
「これはジュリー本人の作曲作品ですよ!」と世界中に叫びたくなる名曲です。

またラジオ音源の話なんですが、今僕は82年~84年のジュリー出演番組(こちらも福岡の先輩のご好意で聞くことができています)を中心に猛勉強中。
その中に『NISSANミッドナイト・ステーション』(先輩方は当然ご存知の番組でしょうね)で『ジュリーA面ベストテン』『ジュリーB面ベストテン』という企画がありました。ちょうど「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」が最新シングル、という時期の放送で、A面、B面それぞれの名曲群の中でどの曲が一番好きか、というのをリスナーにハガキで応募して貰い、ベストテン形式で発表していくというもの。
これがなかなか興味深い順位でね~。
A面では、今もLIVEの定番で必ず盛り上がる「危険なふたり」「TOKIO」といった曲がその時のファン投票では意外やベストテンから外れているんです。
詳しい内容は”セットリストを振り返る”シリーズで執筆予定の「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」の記事に譲りますけど、他でもない「コバルトの季節の中で」が堂々ベストテン上位にランクされていたんですね。
「ひょっとしたらベストテンに入ってくるかな、とは思っていたんですが、こんな上位にランクインするとは・・・自分で作った曲ですから嬉しい」という感じで喜ぶジュリーの声が印象に残っています。
もちろん今ツアーの超豪華なセットリストにあっても堂々の名曲ぶり。
しみじみ、本当に良い曲ですね。

16曲目「
君をのせて

Acollection

今となっては奇跡のようなソロ・デビュー・シングル。ジュリーのヴォーカル、佇まいはとても自然で気品があって、優雅と言う他ありません。
久世さん作詞の「コバルトの季節の中で」に続く配置も良いですね~。
確か久世さんは「君をのせて」について、「これは男同士の歌だ!」とご熱心だったんですっけ。これは間違いなく歌詞で言うと「肩と肩をぶつけながら♪」の箇所に収束する解釈でしょう。ほら、そんな歌詞の通りに互いの肩をゴツゴツとやりながら「君をのせて」のその歌詞部(だったと思います)を歌うジュリーに見とれている男2人が実際ここに(笑)。
別に事前に打ち合わせていたわけでは決してないのですが、自然にそんな感じになりましてね。こういうのは、女性のファンからすると羨ましい状況なのかな?
すぐ後ろのお客さんにとっては迷惑この上ないでしょうが・・・(申し訳ありません)。

17曲目「
憎みきれないろくでなし

Omoikirikiza

やはりYOKO君も初日の僕と同じ感想を持ったようです。「この曲はベースがあった方がイイ!」と。
ただしその上で「そういう曲をベースレスで見事再現していた鉄人バンドの技量に改めて感服する」とも。これは、今回はセットリストから外れている「カサブランカ・ダンディ」についても彼は昨年のツアーで同じことを言っていたなぁ。いや、本当にその通りです。

初日まじまじとガン見した柴山さんのギターもこの日は音だけを楽しみ、ひたすらジュリーを観続けました。仕草のひとつひとつがなめらかな中で、静から動へのスイッチの切り替えをスパ~ン!と行くのがジュリーの凄さ(憎みきれない~♪」の瞬間とか)。
エロックでもあり、ブラス・ロックでもあり、愛すべきバカ・ロックでもあり・・・でもやっぱりこの曲も「ロック」だけでは語れないジュリーの魅力に満ちています。

18曲目「時の過ぎゆくままに」

Ikutuka

今セットリスト中まだ考察記事未執筆の6曲のうち、この曲だけは今年の”セットリストを振り返る”シリーズでは書かず、来年6月25日、『ジュリー祭り』全セットリスト考察記事の大トリとして採り上げる予定です。
こんなに有名なジュリー最大のヒット曲なのに、リアルタイムでの記憶が僕にまったく残っていないのは何故だろう、と今でもよく考えることがあります。
小学校低学年ということもあって歌番組を観ていなかったのと(と言うかまだ音楽に興味を持つ前だった)、あとこれは最近今さらのように知ったのですが、『悪魔のようなあいつ』って夜10時からの放送だったんですって?完全にアダルト枠じゃないですか(笑)。
まぁそんな状態のヒヨッコ後追いファンが、このジュリー・ナンバーの中で最も有名な曲の考察にどう取り組むか・・・今はそれを迷いながらも楽しんでいる期間。
ジュリーが目の前で歌ってくれた「時の過ぎゆくままに」に、僕はとても健全なイメージを持ちました。
「危ういジュリー」「ガラスのジュリー」のような退廃美を、遅れてきたファンの僕は「時の過ぎゆくままに」の中に感じとるには至りません。
そのぶん、不朽の名曲に新たな切り口を見出すつもりで頑張りたい、と思っています。

大宮の「時の過ぎゆくままに」・・・YOKO君曰く「テレビより近いジュリー」の歌は清らかで健やかで、ただただ素晴らしかったです。

19曲目「勝手にしやがれ

Omoikirikiza_2

セットリスト前半で「時の過ぎゆくままに」→「勝手にしやがれ」って、どれだけ贅沢なんだ!という。
やっぱりイントロの瞬間に会場がうねる感覚、大宮でもありました。生涯過去最高の神席と言うYOKO君のエキサイトも止まるところを知らず、何とあの彼が今回は堂々と壁塗りアクション!
「これは珍しいなぁ」と思いながら手拍子していたら、「何スカして手拍子なんかしてる?お前もやれ!」とばかりに僕の右手を掴んでグイッと持ち上げるという荒技も食らいました。

ということでジュリーの真正面で男2人も壁塗りに参加。
ジュリーはいつものように細かいパントマイム、後奏での素早い闊歩から最後は全速でセンターに戻ってきてビシ~ッ!とポーズを決めます。
ちょっとよろけるようなフリはあくまで一連の動作についてくる余興でありサービス、と見ました。近くで観ていたら、ジュリー実際は相当に余裕がありますよ。凄まじい体力、天性のステージングに畏れ入るばかりです。


☆    ☆    ☆

註:執筆途中の更新です。続きはこれから!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

ネタバレ解禁のお知らせ

昨日、待望の大宮公演に行ってまいりました!
素晴らしいステージ、そして『ジュリー祭り』以後に僕が参加したジュリーLIVEの中では史上最長のMCにより、3時間をゆうに超える大興奮の公演でございました。

ジュリーはお盆休みをはさんでも相変わらず元気でしたよ~。髪も良い感じで伸びてきましたし、動きもしなやか、お肌もピカピカ。何より歌声の素晴らしさ・・・喉も絶好調を維持しているようです。
まだまだ続く歴史的ツアー、これからのジュリーも本当に楽しみですね。

さて、大宮レポ執筆開始前ですが、かねてよりお知らせしていた通り今日のこの記事をもってコメント欄などすべて、セットリストのネタバレ解禁とさせて頂きます。
まだネタバレ我慢続行中のかたもいらっしゃるかと思います。今後、うっかり拙ブログ記事本文、コメントに目を通してしまわぬよう充分お気をつけください。

大宮のレポは、初日同様書き終えるまでにはかなり時間がかかってしまいそうです。
書き終えてから一括のupとするやり方も考えましたが、この先の各地公演にご参加のみなさまからの情報、ご感想をコメントにて心待ちにしていることもあり、ひとまず近日中に執筆途中の状態でupし、ネチネチと日々書き加えてゆくことにします。
なるべく早く最初のupができるよう頑張りたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

それでは、YOKO君とシャララダンスを踊ってきた大宮公演のレポ開始まで、しばしお待ちを~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

下北沢『BASEMENT BAR』にて、吉田QさんのLIVEが決定!

こちら本館の更新は久しぶりです。
迷惑なノロノロ台風、猛暑と大変な気候が続いていますがみなさま大丈夫でしょうか。

僕は昨日ようやくツアー初日・NHKホール公演のレポートを書き終えたところ(3週間かかりました)。
ネタバレ我慢中のみなさまもまだまだ多いと思いますが、頑張ってくださいね。我慢するだけの値打ちは絶対にある!と断言できるツアーですから。

さて今日は・・・情報をご存知ない方々も多いと思いますので、この場でお知らせです。
あのジュリーwithザ・ワイルドワンズ「涙がこぼれちゃう」「いつかの”熱視線ギャル”」の作詞・作曲者としてお馴染みの吉田Qさん、来月のLIVEが決定しています!
(Qさんの関東圏でのLIVEは、2010年千葉ポートパークの夏フェス以来)

日時:9月4日(月)
場所:下北沢 BASEMENT BAR


お店の当日スケジュール情報はこちら
お店への詳しいアクセスはこちら

Qさんご本人のお言葉によれば

ライヴを観にいくというよりラジオを聴きにいく感覚で来て頂ければ、戸惑いが軽減されると思います

とのこと。
よく分からない・・・(笑)。

お店のスケジュールに掲載されている競演者の方々についてチラッと検索したりして・・・ますますどんなイベントなのか想像がつかなくなりました(笑)。
ただ、いかにもQさんらしい独特のステージになるだろう、という予感はプンプンしますね。
イベントの概要やQさんの出番のだいたいの時刻など、新たに情報が入手できましたらおいおいこの記事に追記してまいります。

平日の開催ですが、滅多にない貴重な機会です。幸いにも個人的には勤務先の決算作業を終えたばかりの日程ということで、当日は僕もなんとか仕事を早退して駆けつけたいと思っています。
ご都合よろしければジュリーファンのみなさまも是非お越しください。会場でお会いしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »