« 沢田研二 「別れのテーマ」 | トップページ | TEA FOR THREE 「君を真実に愛せなくては他の何も続けられない」 »

2013年5月30日 (木)

沢田研二 「ジュリアーナ」

from『KENJI SAWADA』、1976

Kenjisawadafrance

1. モナ・ムール・ジュ・ヴィアン・ドゥ・ブ・モンド(巴里にひとり)
2. ジュリアーナ
3. スール・アヴェク・マ・ミュージック
4. ゴー・スージー・ゴー
5. 追憶
6. 時の過ぎゆくままに
7. フ・ドゥ・トワ
8. マ・ゲイシャ・ドゥ・フランス
9. いづみ
10. ラン・ウィズ・ザ・デビル
11. アテン・モワ
12. 白い部屋

--------------------

え~、まずはジュリー界の時事ネタを少しだけ。
『鴨川ロマンス』からの情報で僕が一番萌えたのは、サリーの「デビュー曲は20テイクくらい演った」というお話でした。「僕のマリー」のことですね(それともB面「こっちを向いて」も含めてそういう感じだったのかな?)。
バンドが一発録りだったので、誰かが間違うとまた最初からやり直し、ということだったようです。

1967年初めと言えば、まだまだ4トラック・レコーディングの時代。そりゃあ、少なくともベーシック・トラックは一発録りのはずです。
おそらくバンド演奏とジュリーのヴォーカルをPANで2トラックに振ってまず1発。残りの2トラックがコーラスかなぁ・・・。あくまで想像ですけど。
年末が近づいたら、そのあたりにも気をつけて初期のタイガース・ナンバーをじっくり腰を据えて聴き返してみたいものです。

それでは本題。
拙ブログでは現在、「みなさまからのリクエストにお応えする週間」ということで頑張っております。
今日は、昨年執筆した「巴里にひとり」の記事へのコメントで頂いたリクエスト曲(nekorin様ありがとうございます!)を採り上げましょう。
「ジュリアーナ」、伝授!

このアルバムのフランス語ナンバーは、全7曲中5曲までもが転調構成を採り入れています。
しっとりとしたいかにも「シャンソン風」の曲想から転調のアイデアを多用しているのかと思いきや、「ジュリアーナ」のような軽快なポップ・ロック・チューンでもそれが見られるのは少し意外のようですが、これがまたカッコイイ転調なのです。

ちなみにこのアルバム、収録曲のいくつかについてはキーの特定ができません(テープのピッチが演奏通りではなくマスタリングの段階で上下されているため。60~80年代のレコード音源には、ジュリーに限らずこうした例が数多くあります)。
「ジュリアーナ」の場合も、「A♭」(=変イ長調)と「A」(=イ長調)の間のピッチとなっています。
マスタリングされたピッチはどちらかと言うと変イ長調のキーに近いのですが、イントロでフィーチャーされるアコースティック・ギターの「トニック→add9→sus4→トニック→add9→トニック」のリフがロー・コードでの演奏になっていますから、僕はイ長調でこの曲を採譜することにしました(変イ長調だと、このアコギ・リフはチューニングを半音移動させない限りロー・コードでの演奏が不可能なのです)。
イ長調の採譜ですと、転調移行部含め、いかにもギターで作曲したんだなぁ、という感じもしますしね。

転調の繋ぎ目を見ていきますと

♪ sur toutes les routes de la vie
  A                           C#m7

  j'etais seul et je n'ai rien appris
  F#m                       D

  Aujourd'hui Juli Juliana
             B7

  Je Voudrais revenir chez toi ♪
           E

Aメロ2回し目のここまでがイ長調。王道の進行です。
続いて

♪ Juliana J'ai besoin de ton amour
  C                 E7

  Juliana sans toi je compte les jours ♪
  Am                 F                  G

ここはハ長調。
イ長調からハ長調、という転調の理屈は、移調比較しますとこのアルバムの他のフランス語ナンバーと同じなのです。違いは「Dm7」「F」といったサブ・ドミナントの和音を経過せずにいきなり「C」に跳んでいること。穏やかに流れていくような転調ではなく、豪快な力強い転調と言えます。

そしてサビ部の最後

♪ Juli Juli Juliana   Juli Juli Juliana
  C              F      C               G7

  Juli Juli Julia    na ♪
  C              E7  A

の「na~♪」でイ長調へ帰還。
そのまま、イントロと同じ「A→Aadd9→Asus4→A→Aadd9→A」のリフへ。

で、このコード・リフなんですが、イントロは完全なアコースティック・ギター・ソロであるのに対し、1番と2番の間、その後のエンディング部はいずれもエレキ・ギターとオーケストラが左サイドから助っ人に入ります。
このエレキのミックス音量が、うっかりすると聴き逃してしまうくらい小さいんですよね(ピアノはさらに小さいですけど)・・・。アコギの方はリフ部になると「えいっ!」とフェーダー上げてるっぽいんですけど。
ともあれ、バラード調の「巴里にひとり」ではアコギが不在で、ロック調の「ジュリアーナ」がアコギ強め、というアレンジにはとても好感が持てます。

アレンジと言えば、これはおそらくレコーディング本番での咄嗟のアドリヴなんでしょうけど・・・2’21”あたりから突如炸裂するドラムスのフィル・インが素晴らしい!
同じ演奏部は曲中に4度登場しますが、このフィル・インが入るのはたった1回きりです。是非注意して聴いてみてください。

さて、「ピュア」という言葉がピッタリのフランス語ジュリー・ヴォーカル・・・この「ジュリアーナ」での一番の聴き所は、ジュリー自身が「じゅり、じゅり」と惜しげもなく連呼している、ということに尽きると思いますが・・・ここではその他に、ちょっと専門的なヴォーカル考察もしてみたいと思います。

この曲のヴォーカルは、ダブル・トラックです。
1曲目「巴里にひとり」のシングル・トラックと比較すれば歴然。ジュリーの声が二重になっているのは、みなさまもすぐに聴きとれるでしょう。
特筆すべきは、これが当時流行の機械による複製トラックによるもの(「バイ・バイ・バイ」記事参照)ではなく、ジュリーが2回歌ったトラックを重ねている(「人待ち顔」記事参照)、ということです。
何が凄いって、この曲の2つのヴォーカル・トラックにはほとんどズレが無いんです!

「同じ人が2度歌ったトラックを重ねる」手法の場合、どうしても細部に声の出し方やブレス、音の伸ばし具合に違いが出ることが当たり前です。それが逆にダブル・トラックならではの味わいになったりもするんですが、「ジュリアーナ」のダブル・トラックはそうしたヴォーカル・ニュアンスの違いを見つけることが非常に難しい。
2番Aメロになってようやく微妙な違いを辛うじて確認することができますが、これは僕が素人ながら長年のレコーディング経験があるから気づけることで、普通のリスナーが普通に聴いていたらまず聴き分けることはできないと思います。ジュリーのヴォーカルはそれほど細にまで行き届いているのですよ。

ジュリーのフランス語ナンバーの大きな魅力は、その無防備なまでの素直さ、純粋さです。

これは若き日のジュリーの特性・・・実際は全然そんなことはないのに「まだまだ自分は歌が下手だ」と思っていて、ならば、と「歌う」ことに一心になる。ジュリーは決して「自分の渾身の歌の表現でフランスの人達に気持ちを届けよう」などとは微塵も考えていません(と、僕は感じます)。
プロが作った素晴らしい楽曲を、音程に気を配り、徹底的に発音を練習し、ただただ素直に「歌」として歌う・・・余計な過信や自己主張はまるで無く、無心に歌うのです。至らぬ(と本人は思っている)歌唱力を何とか努力で補おうと全力を尽くした結果、寸分違わぬヴォーカル・テイクを何度でも繰り返し歌えるまでに身体に叩き込んだのではないでしょうか。

そうして歌われた曲は、たとえネイティヴな発音でなくともフランス人のリスナーにビシビシと伝わるものがあったでしょう。
「なんだか、東洋のカワイイ男の子が一生懸命フランス語の曲を歌っていて、凄く良い!」
という現地の感覚が、ジュリーのフランスでの成功の要因だったのかな、と僕は思います。

僕はこれまで、外国人ヴォーカルの邦楽で逆のパターンを何度も感じたことがあります。日本語の歌詞そのものを完全に理解しているとは思えないんだけど、下手に日本人が情感を込めて歌うより自然に歌詞の内容が伝わってくるなぁ、と感じる曲が結構あるのです(代表例は何と言っても「私だけの十字架」)。
ジュリーのフランス語ナンバーって、彼の地の人達にそんなことを感じさせる力があったんじゃないかなぁ。

持って生まれた美貌、アイドル的人気に胡坐をかくことなく、溺れずに「歌うこと」に対して常に真摯に立ち向かう・・・若い頃から積み重ねてきたそんな努力あっての今のジュリーなのだ、と改めて思います。
『サーモスタットな夏』ツアーDVDでのMCなどで聞かれる「これもひとえにワタシの努力!」というおどけたようにして笑いを誘うジュリーの言葉は、実は間違いなく本当のことなんですよね。だからこそ僕のような新しいファンが世代を問わず増え続けているのです。


最後に。
いつもブログで考察記事を書く際、歌詞カードを改めて熟読したりすると、それまでずっと見逃していた再発見があったり、思いもよらぬ誤植とかに気がついたりするものですが・・・今回もありましたよ~。

まず、自分の無学ぶりを思い知った細かい再発見がありました。
アルバム『KENJI SAWADA』って、フランス語曲と英語曲の収録曲については歌詞カードに日本語訳も載っていますよね。
「ジュリアーナ」の訳詞を、「いかにもこの時代ならではの日本語訳だなぁ」とか考えながら読み進めていき、ふと

(ルフラン)
ジュリアーナ ぼくはきみの愛が必要だ
ジュリアーナ きみなしでぼくは 何日もすごしてきた

という表記に気がつき、「そうか!」と。
いやぁ、日頃から仕事で知ったJ-POPのタイトルや歌詞で「ルフラン」ってフレーズを結構頻繁に見かけたりしていたのですが、意味については深く考えたことなかったなぁ。言われてみれば、これはフランス語独特のフレーズです。
「リフレイン」のことなんですね。

日本語で「くり返し」と書かずにカタカナで「ルフラン」なんて表記するあたり、ちょっと気どった歌詞カードにしたかったのかな?
ともあれ、今さらながら勉強になりました。

もうひとつ、ちょっと酷い誤植を発見。
歌詞カード冒頭・・・収録曲クレジット一覧のページです。

Juliana1

何処が間違っているか、お分かりになります?

日本人の作詞・作曲クレジットがローマ字になっているのは良いのですが・・・「追憶」と「白い部屋」の作詞者が逆!
単に間違っているのではなく入れ替わっている、というのは珍しいパターンかな~。
最初にクレジット作成した方が何か思い違いをして、それが校正段階もすり抜けてしまったのでしょうか。
僕などはかつて、『ROYAL STRAIGHT FLUSH 3』歌詞カードの「あなたへの愛」の作曲者表記が誤ってジュリーになっていたのをしばらくの間信じきっていたことがありましたし・・・こういうクレジット表記のミスは、再版の際にマメに修正して欲しいなぁと切に思いますね・・・。

あと、1番Aメロの最初の歌詞なんですけどね。これは誤植・・・なのか僕が無知なだけなのか。

J'ai Clhouru arres ma liberte

(訳詞は「ぼくはぼくの自由を追いかけた」となっています)

と書いてあるように僕には読めるんですけど、太字で表記した単語・・・「Clhouru」ってのはかなり不自然なスペルだと思うんですよね。子音が3つ続いてる・・・しかも最初の「C」が大文字になってるのもワケ分かりません。
ただねぇ・・・僕の手持ちの歌詞カード、ちょっとこの部分の印刷が擦れているんですよ。「Clh」という並び自体が僕の読み違いかもしれません。
何と言っても、ここ2年で急激に進行してしまった老眼(泣)。
メガネ外さないと歌詞カードが読めず、歌詞を書き写そうとすれば今度はメガネかけないとPC画面が見えず・・・という情けない状況。普段はまぁ、大体の歌詞は把握していますから、歌詞カードが見にくくてもほんの数箇所の確認だけで事足りていたのでさほど苦労は感じなかったのですが・・・今回はなにせフランス語でしょ?
スペルを1コ1コ確かめながらの書き写しでしたから、本当に往生いたしました。

そんなこんなで、「Clhouru」の謎を伝授してくださる方を切望しております(高校で英語ではなくフランス語を履修なさったと仰っていたしょあ様に期待!)。
たぶん「追いかける」という意味の過去分詞か形容動詞が来るべき箇所のはずなんですけど・・・。

それでは、次回更新からいよいよ”恒例・全然当たらないセットリスト予想”シリーズへと突入いたします。
今年の6月は仕事がバタバタしそうなので、4~5月と比べると執筆速度はかなり落ちてしまうかと思いますが、なんとか週に1回の更新をメドに4、5曲ほど書いておきたい(お題はもうだいたい決めています)。
ちょうど今、みなさまからのリクエストお題ということで3曲続けて書いてきています。せっかくですからしばらくそれは継続して、みなさまからリクエストを頂いていた多くの曲の中から、今回の僕のセットリスト予想として「これは!」と思うお題を採り上げてみることから始めていきたいと考えています。

と言いつつノッケから、「それを予想曲に挙げるとは・・・」という、みなさまア然な変化球をご用意させて頂く予定。
どうぞお楽しみに!

|

« 沢田研二 「別れのテーマ」 | トップページ | TEA FOR THREE 「君を真実に愛せなくては他の何も続けられない」 »

みなさまからのリクエスト伝授!」カテゴリの記事

コメント

DY様

この軽快なポップチューン、大好物でよく聴いてますhappy01

この収録アルバムは、明らかに楽曲を集めて一枚にした感ありありだったので、最初は軽い気持ちで聴いたんですが、いい意味で裏切られました。

これだから、初期ジュリーは侮れないです。

是非、生で聴きたいですね。

ダブルトラック、注意して聴いてみます。

投稿: Mr.K1968 | 2013年5月30日 (木) 22時35分

Mr.K1968様

ありがとうございます!

このアルバム、僕も購入した時はあまり大きな期待はしていなかったんです。まぁ一種の、それこそ「寄せ集め」的な企画盤なのかな、と。
ところが聴いてみると素晴らしい「アルバム」なんですよね。
フランス語曲をメインに、英語曲、日本でのシングル曲、とバランス良く配置されていて独特の味わいがあります。
「ジュリアーナ」はフランス語曲の中で唯一アップテンポのポップチューンということで、存在感が際立っています。名曲ですね!

投稿: DYNAMITE | 2013年5月31日 (金) 09時09分

DY様 こんばんは。
お待ちかね~!!(笑)

「ジュリジュリジュリア~ナ」
2度歌って重ねてるんですね。やっぱり。
他の曲と何かヴォーカルの聴こえ方が違うのはミキシングのやり方なのかな?と。
「ゴー・スージー・ゴー」も「ジュリアーナ」に近いヴォーカルですよね。

フランスでのレコーディングはZUZUが付きっきりでカタカナでルビ付けてそれでも完璧な発音を求められて泣きたいくらい大変だったとラジオで言ってたっけ。

イギリスでは「アメリカンイングリッシュ」はダメと言われ、おまけにフランス語をさんざんやらされた直後で「なぜ君の英語はフランス語なまりなんだ?」
しかもやっと帰れると思ったらフランスから「やっぱりダメなところがあるのでやり直し」と呼び戻されたとか。
とにかく大変だったみたいでした。

投稿: nekomodoki | 2013年5月31日 (金) 22時16分

DY様

ジュリーのフランス語の歌は、歌声がひたすら美しく、言葉がわからない(歌詞カード見えたとしてもわかりません〜)だけに余計に、ただただ音に身を委ねうっとりと聴き入るのみ…。
流れるようにリズムに乗った歌い方はジュリーの持ち味の1つだと思っていますが、フランスの歌だとそれが際立ち、心地よいのです〜。

特にお題の曲は、普通の人が歌うともっと縦にアクセントのつく感じ?になると思うのですが、ジュリーは流れるように軽く、それでいてリズミカルに伴奏の上に乗っていて(わかりますでしょうか?うまく表現できなくてもどかしいです)、どうしたらこういう歌い方ができるのかな〜と思います。

ただ、DY様ご推奨の「じゅりじゅりじゅり〜、あ〜、な〜!」だけは、バブル華やかなりしころのディスコを勝手に連想(行ったことありませんが)してしまい、そんな自分が恨めしい…(涙)。

ジュリーのフランス語の歌で1番好きなのは「ELLE」です。CDにならないかなあ。

投稿: A.F | 2013年6月 1日 (土) 00時08分

DY様
懇切な説明 ありがとうございます。
リクエストしたころ、このアルバム聞きまくっていました。ジュリーの 甘い声素敵。
久しぶりに聞き返しました。やっぱり、素敵だわあ。
私、今年のお正月コンサートで、ジュリーコンサート デビューしたんです。ジュリーはやっぱり、素敵でした。(大阪と渋谷2回行きました)でも、たぶん今年はもうジュリーに会えないです。なので、皆さんのレポートを楽しみに待ってます。

投稿: nekorin | 2013年6月 1日 (土) 05時57分

DY様 こんにちは

たった今、7月静岡公演のチケットが届きました。これは澤會分では無く、地元主催者へ先行予約したものです。これでまずはひと安心しました。ツアー初日分も、もうすぐだと思いますので楽しみですね。

お題の曲、アコースティックギターが爽やかなアップテンポ曲なのでとても好きです。記事を読んで納得したのは転調の話です。鼻歌で歌うと、Bメロに変わる「ジュリアーナ…」の歌い出し「ジュ」の音が上手く取れません。そんなことを悩みながら、いい加減なカタカナ・フランス語で歌いまくっています。「オレトー ジュヴギャン マツノー ジュリ ジュリ ジュリアーナ」 なんてね。レコードと一緒に簡易仏日辞典まで買いましたが、さっぱりでた。

「ELLE」は私も好きです。確かベスト盤LPと、もう一枚のフランス語盤LPに入っていたと思います。

投稿: BAT OUT OF HELL LOVE | 2013年6月 1日 (土) 17時26分

お返事が遅れております。申し訳ありません~。

nekomodoki様

ありがとうございます!

仰る通り、「ゴー・スージー・ゴー」と「ジュリアーナ」のヴォーカルはとても似ていますね。
ロック調の曲をダブルトラックにしたことで、バラードのヴォーカルがより印象的になっていますが、それを狙ってやったかどうかは分かりません。案外この時点ではまだ「バラードのジュリー」というイメージがスタッフにあって、ロック・ナンバーだと線が細いのでダブルに、と考えられていたのかな…。
いずれにしても、アルバム『愛の逃亡者』で考えると、僕が双璧に好きな2曲…「ウォーキング・イン・ザ・シティ」がシングルで「マンデー・モーニング」がダブル、というのはいかにも象徴的だなぁ、と思います。

A.F様

ありがとうございます!

なるほど、言われてみますとこの曲、普通の人が歌ったらタテのアクセントになるところ、ジュリーのヴォーカルは非常になめらかですねぇ。このなめらかさは天性ですよね。

そして…確かに「じゅり、じゅり、じゅりあ~な!」はバブリーな時代のディスコの漢字がします…何故なんでしょうか。

「ELLE」の存在を知ったのは、ジュリー堕ちしてからずっと後のことでした。
名曲ですよね!

すみません、一度切ります。

投稿: DYNAMITE | 2013年6月 2日 (日) 23時34分

DY様、ホントに名指しできましたね・・・

確かに、ぱっと見、フランス語ではあり得ない綴りです。
しかし、「Clhouru」だけじゃなく、私には「arres」も不明な言葉なんです。
arriver(来る)?の過去分詞の間違い?でも、そしたらJ'ai じゃなくて Je suisになるわけだし、
「Clhouru」は、限りなくchou…という系統の言葉の誤植に近いと思う。
いや待て、「Clhouru」と「arres」とあわせて、chassé の間違い?
「J'ai chassé ma liberté.」
動詞chasserは「狩る」という意味だから、「自由を追い求める」という意味になるかな?と・・・

ここまで考えて、待てよ、ジュリーはなんて歌ってるんだ、と思い、つべで探したら・・・
歌詞付きの動画が載ってましたよ、DYさま!!

正解は「J'ai cherché partout ma liberté」

全然違うジャマイカ。
cherche は探す
partout はいたるところで
ma liberté は、ぼくの自由、ですから
訳詞とほぼあいますよね。

実は私この曲初めて聞きました。
手拍子とかが明るくて、ミッシェルポルナレフみたいですね。
フランス語も、とてもわかりやすい。l
ちょっとリピっちゃいそうです〜かわゆい!!

投稿: しょあ | 2013年6月 2日 (日) 23時41分

nekorin様

ありがとうございます!

ジュリーライブ・デビューなさったのですね。
ジュリーは何と言ってもライブです。僕も『ジュリー祭り』以前に初期アルバムはかなり聴きこんでいたのですが、やはり初めてライブ参加した『ジュリー祭り』が本当の意味でジュリー堕ちの日だ、と考えております。

とは言え、全国にはなかなかライブに頻繁に参加できないファンの方々、たくさんいらっしゃいます。
今年ライブに参加できないと仰るnekorin様のためのためにも、またレポ頑張りますよ~。

BAT OUT OF HELL LOVE様

ありがとうございます!

おぉ、いち早くチケットがお手元に…静岡、いいですねぇ。

おそらく澤会さんから今週には初日のチケット発送があるのでは、と思い僕も今から楽しみです。席は何処でも良いのですが、やはりチケットを手にするとワクワク感は何倍にもなりますから…。

ジュリーのフランス語曲は本当に名曲ばかりです。
ただ…大学時代フランス語を2年学びましたが、今ではサッパリです(泣)。
辞書もずいぶん前に処分してしまいました…sweat01

たびたびすみません、また一度切ります。

投稿: DYNAMITE | 2013年6月 3日 (月) 13時04分

しょあ様

ありがとうございますありがとうございます!

そうでしたか…いやぁ結構ひどい誤植だったんですね。
レコード盤からこうだったのか、それともCD化の際にこうなってしまったのか…ともあれこれでスッキリしました。勉強になりました!

それにしてもこの曲のフランス語はわかりやすいのですか…さすがです!
僕レベルでは一緒に歌うことすらなかなか…sweat01

ジュリーのフランス語曲、「ジュリアーナ」以外にもまだまだ名曲がありますよ~。日本語訳から考えて、「アテン・モワ」などはかなり詞が良さそうなんですが…どうなのでしょうか。

投稿: DYNAMITE | 2013年6月 3日 (月) 19時50分

DY様へ

 これも問答無用で? 発売日に“即買い”したLP盤のアルバムでした。          
 フランス語は全く分かりませんが、聴くほどに「ジュリー、 やっぱり、歌がウマイなあ〜」
って、感心…世間一般の人に、“ジュリーの歌唱力”をもっと…もっと認めて欲しいと、本心から願っていた当時のことを思い出しました。      
 ステージを観もせず、アルバムを聴きもせず? …評論家然? として、楽な音楽記事を書いて凌ぐ、残念な輩が跋扈していた時代…           
 十年一日の如くの? ステレオタイプな“ジュリー評”が往々にして残っていて…weep    
 CDとして再販されていることを知った折り、このアルバムは割りと早めの段階で購入…改めて聴き直した時に、収録されている楽曲は、どれも甲乙つけがたいほど♪名曲揃いで、美しく纏まっていた? ことに驚き入りました。          
 若い歌手に対し、これだけの作品を集められたことは、あの当時としては“破格の扱い”… 「若ジュリー、恐るべし! 」と。
 それと…根っからの生真面目なジュリーですから、どんなに多忙であっても、アルバム制作に臨む以上は、その時なりに、“自信作”を世に出したい筈? なので…フランス語の発音も、 そこそこ“イケている”様に仕上げて? いると、私は思っていたのですが(*どうかな?)。 
 『ジュリアーナ』…この曲を今回久しぶりに聴いて、皆様のコメントに書かれてあった様に“リズム”に意識を向けると、不思議と“楽しい気分”になる?ことを学びました。     
 有り難うございました。

投稿: えいこはん | 2013年6月 3日 (月) 20時41分

えいこはん様

ありがとうございます!

僕はポリドール期のジュリーのアルバムをすべて200?年のリマスター再発シリーズで一気に購入したのですが、そのシリーズではすべて帯に発売年月日が記されていました。
その文字を眺めながら、「あぁ、自分は何歳だ」とか考えたりしたものですが、今では「あぁ、先輩方はこの時この作品をタイムリーで聴いていらっしゃったのか」と考えます。

この作品は編集盤っぽい作りになっていますけど、やっぱりレコードでA面、B面とお聴きになった当時の先輩方は幸せだと思います。CDで聴いてももちろんイイですけどね…LPには負けるでしょう。

本当に仰る通りで、若い歌手だったジュリーに対し、よくぞこれだけ質の高い曲が短期間で集められたものですね…。
そして、真摯にそれらの歌に打ち込んできたジュリーであればこそ今に繋がっている、とつくづく思えます。

それにしても、ジュリーとフランス語って合っていますね~。

投稿: DYNAMITE | 2013年6月 3日 (月) 21時43分

私がこのアルバムの中で一番好きな曲はアテン・モアです。
ジュリーの歌っている曲の中でベスト10の中に入る曲です。いまだに、よく聞いています。どんな内容の詩なんだろうな~と想いながら。
この歌を歌いたいからフランス語習おうかなとおもったぐらいです。
それにしてもジュリーって、フランスがよく似合いますわあ。

投稿: ナタリー | 2013年6月 8日 (土) 01時04分

ナタリー様

ありがとうございます!

僕もフランス語の原詞はサッパリですが…訳詞から判断すると、1曲目「巴里にひとり」は東洋の異国からやってきた美青年が現地の女性に”ナンパかます歌”(←と、ジュリー自身が2003年のLIVEで言っとりますね~)だとすれば、「アテン・モア」は現地でフランス人女性と本気の恋に堕ちてしまった青年が帰国の飛行機の中にあって歌う歌…ということになるでしょう。
このアルバムは本来、「アテン・モア」でコンセプトとしては締めくくられているようですね…。

他フランス語曲のCD化を切に希望します!

投稿: DYNAMITE | 2013年6月 9日 (日) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185531/57438387

この記事へのトラックバック一覧です: 沢田研二 「ジュリアーナ」:

« 沢田研二 「別れのテーマ」 | トップページ | TEA FOR THREE 「君を真実に愛せなくては他の何も続けられない」 »