« 沢田研二 「SOMEBODY'S CRYIN'」 | トップページ | ザ・タイガース 「落葉の物語」 »

2010年2月25日 (木)

恐縮です!(渚でシャララ篇)

本日、加瀬さんのブログを拝見。
焦りました。ジュリーwithザ・ワイルドワンズ、スマスマの放映日が3月1日ですって~?!
そんなタイトなスケジュールなんだ・・・。

え、何を焦っているかって?

・・・というワケで新カテゴリー「恐縮です!」今日はその第1弾です。
このカテゴリーでは、微力・底辺ながら僕が少しでもジュリーに関連する仕事に携わった事柄について、大変恐縮ではあるのですが、多くのみなさまにご紹介させて頂こうというものです。
いつもいつもそれが可能かどうか解りませんが、少しでもジュリーや加瀬さん達の活動を世に広めるため、今回のようにこうして記事を書かせて頂きたいと思っています。よろしくお願い申しあげます。

何かと言いますと。
3月に、僕の勤務する会社から、GSの名曲群を収載したギター弾き語り対応の楽譜が出版されます。
タイトルは「グループ・サウンズ・コレクション」。
ず~っと絶版状態、中古で6000円を超える価格で売られたりしていた本の、復刻版となります。
今日はこの商品のご案内をさせてくださいませ。

元々は、会社の後輩の企画。
「以前出版していたGSのギター弾き語りの復刻なんて、どうですかね・・・?」
今年の初め、企画のネタ探しに奔放している後輩が、そう打診してきました。
世は未曾有の大不況。楽譜もなかなか思うように売れない状況が続いていた中、普通なら
「そんなん、ダメ!きっと在庫残るで~」
と、シビアに却下なのですが。

それが、今年の1月早々の話ですよ。
すべてのジュリーファンが(もちろん僕も)
「GSで日本を元気に!」
と、その気になってた矢先のことですよ。

「よし、のった!」
と二つ返事。後輩もビックリしたでしょうね。
さらに

「旧版そのままの復刻じゃアカン!急いで1曲追加して、3月に発行できるか?」
「はぁ・・・」
「追加する曲は、”渚でシャララ”だ!」
「何ですかそれは・・・」
「今月の”ひるおび”のテーマソングになっている、2月11日発売のジュリーwithザ・ワイルドワンズのデビューシングルだぁ!」
「はぁ・・・あ、この旧版、グループごとに五十音順に並んで収録されてますから、最後がワイルドワンズなんです。ワイルドワンズ絡みの曲なら、その後の一番最後に付け足しても自然ですね!それでしたら作業もすぐです!(註:ページを入れ替える作業が発生すると、原稿割りの作業が大変で時間がかかるのです)」
「おっしゃ~、キマリや~!」

と、かなりハシょり、かなり脚色してますが、そんな会話がありまして。
で、数日後、後輩にリサーチの結果を聞いてみると。

「探したら、エーベックスさんから12月に資料が来てました~」

なんだと~!
(ということは当然多くのライバル会社にも同じものが届いてる)
急げ!急いで進めろ!
と言うかその前に・・・
早く聴かせてぇ~!!

あ、以前にも「渚でシャララ」の記事にて申しあげた通り、こうして僕はいち早く音源を耳にすることができましたが、ちゃんと正規のCDも発売日に購入しておりますから。
そこは何卒ご容赦くださいませ。

ジュリーの写真がついているわけでもない、GSのオムニバス。楽器を弾かない方々にとっては用もない・・・ただの譜面しか載っていない本。
ですが、「渚でシャララ」を世に広めたい!という、一介のしがないファンの情念によって、この企画は無事に進行しました。
密林さんでは便宜上3月末日の発売という設定になっていますが、中旬には出来上がってくるはずです。

しかし。
冒頭で僕が焦っていたのは、ですね。
ジュリーwithザ・ワイルドワンズが、テレビで「渚でシャララ」を歌う・・・その直後には普通にみなさまが購入できる、というタイミングで、発売したかったのです。
まさかスマスマが3月頭の放映とは・・・無念。
まぁ加瀬さんも「3月1日ではないかな?」と書いていらっしゃって、まだ確定情報ではないようですが。

そんなワケで、「渚でシャララ」TV放映直後の発売、とはいかなそうな雲行きですが、密林さんではもう予約を受け付けております。↓

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%BC%BE%E3%81%8D%E8%AA%9E%E3%82%8A-%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/dp/4285126419/ref=sr_1_6?ie=UTF8&s=books&qid=1267107029&sr=1-6

本の中に写真も無いし、オフィシャルグッズでもない。興味のある方は少ないとは思います。
でもこの商品は、欲張って大きなリスクを持って制作してはいません。
ですから、決して派手に売れなくとも、そこそこに売れて「おっ、思ったより動くね」という反応が掴めれば、それで大満足なのです。
「予想より売れたのは、”渚でシャララ”を収載したからだよ」
と、さりげなく主張もしてみたいし。

そうやって、徐々に徐々にジュリー人気の底力を会社や世間が認知してくれたら、また次があります。
正直、僕は”ジュリー70越え”の年に照準を絞っているのです。
その時こそ、微力ながら大きな企画商品の仕事に少しでも関われたら、と夢に描いています。今回は、そのための小さな第一歩ということになります。

それでも、この夏ジュリワンが大爆発して、僕が何も言わなくても、会社がアルバムのマッチングスコアまで企画検討、なんていう状況になる事もちょっと期待したりして。
(ちなみに、僕はアルバムについては先取りして聴いてはいません。僕の立場としては、メジャーリリースCDならば先んじて聴く手だてはいくらでもあるのですが、直接アルバムの企画が無い状況でそれを求めるのはフェアではない、とファンだからこそそう思いました。僕もみなさまと同じく、発売日を心待ちにしているところです。)

僕は、「渚でシャララ」は多くの人が「踊って&歌える」楽曲だと思っています。
一人でもギターを弾ける人がいれば、そこに集まった人達が、「渚でシャララ」を伴奏付きで歌って踊れる。その中にジュリーファンでない人が混ざっていたら、その人はそこで曲を覚えてCDを購入する・・・そんな流れが起こってくれたら、最高なんですけど。

そうそう、ひとつ後悔している事がありまして。
シングルのB面「涙がこぼれちゃう」を追加収録に押し込めなかったことです。
音源を聴いて、これはギターを弾く方なら絶対弾き語りたい曲だ、と思ったし、あの時の会社の雰囲気なら、僕が強く推せば自然にもう1曲追加できたはずなんです。

ただ、今回は迅速な作業を第一に、という事で自分を抑えてしまいました。
それに・・・「キーがC#かぁ~」なんて余計な事も考えてしまって。
「カポでCプレイでもいいけど、そしたら転調部がE♭になっちゃうし、カポつけてE♭ってのもなぁ・・・」
なんて。
余計な事考えずに、原調のまま載せときゃ良かった!
素晴らしい曲だとは思いながら、まさかこんなに他のジュリーファンのみなさまのハートを掴むことになるとは・・・予想できませんでした。
残念無念・・・涙がこぼれちゃいますよ。

気をとり直して。
譜面はですね、僕のような適当な者が手をかけたのではなく、キチンとした楽譜専門のアレンジャーさんが採譜してくださっておりますので。
どうぞご安心ください。

譜面にはコードが付いておりますので、何とか鍵盤系の方々にも・・・と思っています。
鍵盤を弾く方で、コードの和音構成が解らない方は、遠慮なく拙ブログを通じて僕に聞いてくださって、構いませんからね!
是非ピアノやキーボードでも、「渚でシャララ」弾き語りを~。

最後に、この楽譜集「グループ・サウンズ・コレクション」の収載曲をお知らせしておきますね。
「渚でシャララ」以外は、昔発行していた絶版商品と同じ選曲。ちょっと当たり前な感じの曲並びで新鮮味に乏しい、とお感じになる方もいらしゃるかもしれませんが・・・。
タイガース世代の方々ならば、誰もが耳にしたことのある名曲ばかりかと思っています。
「懐かしい!」と思って頂けたら、それだけでかなり嬉しいです。

*ザ・ヴィレッジ・シンガース
「亜麻色の髪の乙女」
「好きだから」
「バラ色の雲」

*オックス
「スワンの涙」
「ガール・フレンド」

*ザ・カーナビッツ
「好きさ好きさ好きさ」

*ザ・ゴールデン・カップス
「愛する君に」
「長い髪の少女」
「本牧ブルース」

*ザ・サベージ
「いつまでもいつまでも」

*シャープ・ホークス
「遠い渚」

*ザ・ジャガーズ
「君に会いたい」
「キサナドゥーの伝説」

*スウィング・ウエスト
「雨のバラード」

*ザ・スパイダース
「いつまでもどこまでも」
「風が泣いている」
「ノー・ノー・ボーイ」
「夕陽が泣いている」

*ザ・タイガース
「青い鳥」
「君だけに愛を」
「シーサイド・バウンド」
「銀河のロマンス」
「花の首飾り」
「僕のマリー」
「モナリザの微笑」

*ザ・テンプターズ
「エメラルドの伝説」
「おかあさん」
「神様お願い」
「忘れ得ぬ君」

*ザ・ハプニングス・フォー
「あなたが欲しい」

*バニーズ
「太陽野郎」

*パープル・シャドウズ
「小さなスナック」

*ブルー・コメッツ
「北国の二人」
「青い渚」
「青い瞳」
「草原の輝き」
「ブルー・シャトウ」

*ザ・ワイルド・ワンズ
「愛するアニタ」
「青空のある限り」
「想い出の渚」

*ジュリーwithザ・ワイルドワンズ
「渚でシャララ」

僕は大したことはしていません。最初に企画立案してくれた後輩や、デザイン、製作の人達が頑張ってくれました。
ただ、限られた文字数の中で、背表紙の煽り文句を必死に考えて、何度も何度も指示を出し念を押しました。
例えば
「渚」だぞ!「渚」じゃないぞ!
とか。
煩かっただろうなぁ。
購入を考えてくださる方がいらっしゃったら、そちらもお楽しみに。

どうぞよろしくお願い申しあげます!

|

« 沢田研二 「SOMEBODY'S CRYIN'」 | トップページ | ザ・タイガース 「落葉の物語」 »

恐縮です!」カテゴリの記事

コメント

早速ですが、ポチらせて頂きました^^
DYNAMITEさんと会社の皆様の熱意に感動したのはもちろんですが、この本の収録曲、私たちの年代の者にとっては感涙物です。
懐かしい~~~!
私は全く楽器はやりませんが、子供の頃少しだけピアノを習っていたので、楽譜もちょっとだけ読めます。
今から楽しみにしています。

投稿: hayami | 2010年2月26日 (金) 08時28分

こんにちは。
世は五輪で盛り上がり、今日はいよいよ真央ちゃんが逆転金メダルか!という日です(全く関係ねぇ~)。
いいですねぇ、GS楽譜集!うれしい企画ですね。かくいう小生も29年前のGS復活ブーム時に弾き語り集を買いました。やはりオリジナルキーで載っていない曲もありましたが、頭の中で転調させて、それを瞬時にコードにする技を得ようと中坊だった当時の僕は必死でした。
今の自分は諦めてカポつけちゃいますが(笑)。最近の若いギタリストはエレキにもカポつけてますねぇ。無理やりハイコードで弾くのが楽しかったのですが。
次は是非、バンドスコア集を希望します。しかも選曲も渋めのものも加えて!

投稿: 27年ロマンス | 2010年2月26日 (金) 08時31分

DYさん、お邪魔します。団塊世代の音楽ファンにはうってつけの本ですね。弾き語りで歌ったら、絶対盛り上がりますよ!音楽ファンの人たちはSONGSを見るから、スマスマで放送されても大丈夫だと思いますよ。ご尽力ありがとうございます。

投稿: 74年生まれ | 2010年2月26日 (金) 08時59分

初めまして。
毎日訪問させて頂いてましたが、
あまりに懐かしき曲名の数々に、御礼の言葉をお送りしたくて・・・。
なんと懐かしい・・全部覚えてる・・・
リスト見てるだけで、うるうる・・。
あの頃、初めて買ったフォークギター。
見様見真似でタイガースの曲 練習しましたわ。
娘が高校生の時ギターが欲しいというので
買ってやったのですが、ちょっと弾いてみたら、20数年振りなのに覚えてるもんですねー、ちゃんと指が動くじゃないですか。
「お母さん、弾けるのー!?」
って、娘に見直されたりして・・。

子守唄代わりに、ジュリーの歌を聴かされて育った娘は、「友達誰も知らないジュリーの歌 ソラでうたえるの。嫌だー」なんて言ってたけど、「渚でシャララ」は、お気に入り。「職場の先輩とカラオケ行って一緒に唄ったよ」なんて、じゅりキチの母を喜ばせてくれまする。
この、ダイ様渾身の楽譜を買って、
久し振りに娘のピアノと私のギターで、GSに浸りたいと思います。

それと、随分前ですが、あいら様のところで私の拙いコメにお返事頂きました事、
光栄で御座いました。今更ながらですが、
この機会に合わせて御礼を。

有難う御座いました。

投稿: トマト | 2010年2月26日 (金) 11時07分

おはようございます!

凄い企画ですね(*^_^*)
流石に私はギター及びその他も、無理なんですが、息子がギター練習しているんで、プレゼントしようかなぁ?
SONGSの放送もあるから大丈夫ですよ(*^^)v

ほんとに楽しみですね!

投稿: kumiko | 2010年2月26日 (金) 11時54分

さすがにA級グループばかりですね。モップスとかダイナマイツとか・・・ちょっとB級グループの曲も入ってたら、速攻で購入するんだけどなと思ったりして・・・

スマスマ楽しみですね!

投稿: いわみ | 2010年2月26日 (金) 18時04分

うわー、懐かしい!
私も小学生の頃「子供のバイエル」までは習ったので一応簡単な楽譜は読めます。
で、ムスメが放り出しているエレクトーンを久々(ン十年ぶり?)に弾いてみようかと思ったら、コードどこやったんだ、ムスメ!!電源入んないじゃんか。(泣)
今から思うとあの頃の曲は覚えやすかったですね。最近の曲は10回聞いてもちゃんと覚えられません。(年のせいだったりして)
私は店で直接買っちゃう主義なんですが、発売されれば山野楽器でも買えますよね?

投稿: nekomodoki | 2010年2月26日 (金) 20時36分

まあ、なんて素敵な企画。
しかも一番最後のページに無理なく付け足せるという、素敵な偶然。
神の見えざる手ですね、まさに。

>「渚で」だぞ!「渚の」じゃないぞ!
あああ、わかる、わかります、これ!
一文字とはいえ活字になったものの取り返しのつかなさ
(ちょっと日本語ヘンですが)は、悔やんでも悔やみきれないんです。

DY様、”ジュリー70越え”の企画を楽しみにしております。
その時まで(そしてその後も)ファンやめないでね~~。

投稿: 白兎 | 2010年2月26日 (金) 20時38分

みなさま~。
ありがとうございます。この件、こんなふうに素早く反応して頂けるとは思っておりませんでした。
なんだか、清々しくスタートラインに立たせて頂けたような気持ちです。
本当にありがとうございます。

hayami様

ありがとうございます!
収録曲が感涙と仰って頂けただけで、本当に嬉しいです。

この本、僕は情熱と助言だけ。若手がすごく積極的に頑張ってくれました。
僕も含め、GS世代のみなさまからしますとずいぶん後輩の人間が、こうしてGSの仕事に打ち込むというのも、「渚でシャララ」という曲に対する加瀬さんの思いが、世間に影響を与えていることの一例ではないでしょうか。

発売まで、今しばらくお待ちくださいませ~。

27年ロマンス様

先日は、ライブハウスの情報をありがとうございました。
やはり27年ロマンス様のように実際にGSを演奏なさっている方は、バンドスコアをお望みですか~!
よく覚えておきます。
力をたくわえて、いつかきっと。

僕はまず、タイガース以外のGSをよく知るところから始めなければなりませんね。
先日、ワイルドワンズのベスト盤を購入しました。
勉強いたします!

74年生まれ様

ありがとうございます。
そうですね、スマスマは無理でも(3月1日確定のようですね)、songsには絶対間に合わせないといけません。
ドタン場で著作権に引っかかったりしませんように…。

まずはスマスマで、ジュリーwithザ・ワイルドワンズの存在を知らしめてほしいですね!

トマト様

ありがとうございます!
まったく「はじめまして」な感じがしませんよ~。
ようこそお越しくださいました~!

ギターの弾けるお母さん、娘さんは感動したでしょうねぇ。
高校生になられてからいきなり、「実はお母さんはギターが弾ける」という衝撃。
光っていたでしょうねぇ、お母さんのトマト様。

是非、この機にGS演奏を満喫してくださいね。
これからも、どうぞよろしくお願い申しあげます!

kumiko様

ありがとうございます!
はい、何としてもsongsには間に合わせたいと思います。

息子さんがギターを練習中なのですね。
音楽をやる男子は、褒めればその気になりますよ~!
それはもう、タイガースを覚えてもらいましょう~!
音源はkumiko様がご用意できますしね。

親子でジュリー。いいなぁ~。

いわみ様

いらっしゃいませ~。
ありがとうございます。

本日初めて、いわみ様のブログにお邪魔しました。
スゴイ…!
多趣味で、広い知識と考察に驚きました。

僕はジュリーファンの中では若手の部類ですけど、世間一般では「オヤジ」です。
モップスもダイナマイツもまったく知らないヒヨッコな「戦うオヤジ」ですけど、これからもどうぞよろしくご指導くださいませ~。

nekomodoki様

ありがとうございます~。

エレクトーンがお家にあるのですか!
もう、あの足がね、スゴイですよ。弾ける人達は。
足でベース音を出しながらメロディーを弾くだけでも楽しい楽器です。
是非コードの発掘を~!

山野楽器さんには、間違いなく配本されます。
無事に本ができあがってきましたら、またブログでお知らせしますね!

白兎様

ありがとうございます!

今の段階では途方もない夢かもしれませんが、少しずつ力を蓄え、実績を積み上げて…長いスパンを持って目標に進んでいけば、実現するかもしれません。
それは、ジュリーに教わったことでもあります。
日常の積み重ねが、大きな事を成し遂げる第一歩なのだ、と。

一気に欲張らず、謙虚に進んでいきたいと思います!
もちろん、10年先も20年先も、ジュリーファンはやめませんよ~。

投稿: DYNAMITE | 2010年2月26日 (金) 21時56分

おそるおそる、誰もいない…ヨカタ

自分、そういやわっかい頃、
ライブハウスで
ジャズのバックコーラスしたこと
あったっけなー~。譜面、読めないのにw

すいません…譜面、読めないのです。
一応、音楽学校の講師してるやつとか、
クラプトンマニアの元ギター少年には
「買え!」とおどしときました。

投稿: ぬこ | 2010年2月27日 (土) 00時20分

こんばんは。
さっそくポチって来ました。

朝から携帯で拝見し
♪青空のある限り も入ってて思わず
「青空のあるか~ぎり チャカチャカ チャカチャカ~♪」と口ずさみ
昨年地元で観た加山さんとワンズのコンサートで聴いたのを思い出しました。

CO-CóLo のメンバーがいるザ・ハプニングス・フォーもありますね。


♪渚でシャララ が入るなんて・・
DYNAMITEさんがジュリー祭りで呼ばれた時から
きっと神様の計画に入っていたのですね。

先日帰省した娘が ギターを始めようかなと言って 家にあるギターを触ってて
帰りの宅急便の中には 
初歩ギター教則本(私の高校生の時の物)を入れてました。
すこし弾けるようになったら
GSのナンバーきっと楽しいですよね。

エレクトーンもほこりを被っていますし
ギターだけではなく 久しぶりに
「グループ・サウンズ・コレクション」で音を出してみようかと思っています。

さっきから何回も
mu-moショップでJULIE with THE WILD ONESアルバム視聴してます。

ジュリーの声 ワンズのコーラスもいいですね。

そして毎年新しい曲が聴けるのが
ファンとして何よりもシアワセです。

投稿: くれーぷ | 2010年2月27日 (土) 00時50分

ぬこ様

おぉっ!ライブハウスでバックコーラスの経験あり、でございますか~!

僕も、大人になってから独学で勉強しましたので、小さい頃からピアノや声楽をなさっている方々と比べると、全然楽譜を読む速度が遅いのですよ。
初見でついていけるのはハ長調くらい、なレベルです。

楽譜の広報までして頂いて…ありがとうございます。
その方々には、まずは「渚でシャララ」のCDをお買い求め頂かなければなりませんね~。

くれーぷ様

ありがとうございます!
歌門でお会いした際、ワンズの「青空~」のお話、しましたね~。
その時僕はこの楽曲を知りませんでした。

後になって、版下がある事が解ったのです。
運命的ですよ~。
是非お役立てくださいませ~。

本当に、毎年新しい曲が聴けるというのは素晴らしいことですね。
ジュリーファンの先輩のみなさまは、これまでずっとそうしてこられたのですから、うらやましいです!
これからは、僕もしっかりついていかないと!

投稿: DYNAMITE | 2010年2月27日 (土) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐縮です!(渚でシャララ篇):

« 沢田研二 「SOMEBODY'S CRYIN'」 | トップページ | ザ・タイガース 「落葉の物語」 »