« 沢田研二 「おまえがパラダイス」 | トップページ | 8.1安城・雑感的追記~ »

2009年8月 2日 (日)

[ 伝授・特別編 ] 沢田研二「Pleasure Pleasure」2009・8.1 安城市民会館サルビアホール 狂乱の抜粋レポ

さぁ書くぞ~!

行ってまいりました初遠征。
初めて足を踏み入れましたるその地は、ジュリー曰く「豊橋からも1駅、名古屋からも1駅、面倒くさいトコロだ、三河安城!」

本当はね。
地方ならではの音響とか、お客様の様子とか、クールにレポする予定だったのですよ。
が、そんな事は吹き飛んでしまったのよ!
いきなりクライマックスから書かせて頂きます。

ラストの「TOKIO」。
安城サルビアホールは、大宮と同じく、ステージから続いて両端に通路みたいなのがせり出しておるのですよ。ちょうど、9列目まで。
僕はその9列目、限りなく下山さんサイドだったのね。
もちろん、入場時にその通路ステージには気づいていましたけど、本当に、全く期待はしていなかったのです。
だって、大宮みたいに広くない(幅は1メートルありません)し、第一、ステージとの繋ぎ目部分にでっかいスピーカーがドド~ンと設置されてて、ソコは30Cmくらいの隙間があるだけ。
いくら何でも来ないだろう、と。
ジュリー、通路にたどり着く前に落っこちる可能性の方が高いような。

ところが。
最後の「と~、き~、お!♪」のトコで、「え~~~!!まさか!!」と思う間もなく、走って来ました、ジュリー!
本当に、僕の真横までやってきて、悶えながら「と~、き~、お!♪」ですよ!!なんとその距離、1メートルくらい。
身を乗り出して、「と~、き~、お!♪」ポーズをキメました。
僕は、黒TOKIOのいてまえTを着ておりました。完全に、チェックされました。あぁ、乙女達のこれまでの慎ましき御振舞いが無に帰してしまいました・・・。

で、僕の周りにいらっしゃった、お姉さま方。
狂乱していらした事は、確かです。特に8列目の左端のお姉さま、そのまま失神するかと思いました。
でも、いじらしいですねぇ。僕のように、ググッと近づいてはいけないんですよ。「きゃぁ~!」なんて言いながら、腰がガクガクと引けて、後ずさりです。
そんなモンなんですねぇ。僕は新参者で男性だから、機を逃さず接近できたようなものです。
TOKIOのシャツで良かったわ~、と、後になってから思った次第でありました。

・・・と、すみません。
ココだけ先に書いて、ようやく落ち着きました。

当日は、さすがに「こだま」でトロトロ行くのはウザかった(タイガースの上京じゃないんだから)ので、豊橋に停車する「ひかり」を利用。
午後2時に豊橋で下車、東海道線の快速に乗り換えて田園風景をゴトゴトと30分、安城駅に無事到着。

それにしても、ネタバレコーナーのしゃん様作画のイラスト、相当に僕の特徴を捉えているようです。
だって、改札出たら、全くの初対面にもかかわらず、いきなり爆笑しながら「はじめまして~」とお声をかけてくださるお姉さまが。
その方が、みゆきママ様でございました。方向音痴の僕のために、時間を合わせて迎えに来てくださったのです。

粛々とみゆきママ様についていきまして徒歩10分。開場まではまだ2時間あります。サルビアホール横の喫茶店に腰を落ち着けまして、改めて色々なお話を伺いました。
「新参者よ、これだけは最初に言うておくぞ!」というお話から、ジュリーが井上バンド時代に安城に来てくれた時のお話(ジュリーはMCで「初めて来た」と言ってた涙)まで、まぁ話題は尽きる事はありません。2時間なんてアッという間です。
ふと気がつくと、喫茶店は開場待ちのお姉さま方で満席状態となり、僕はいつの間にやらチーム岐阜(みゆきママ様、のん様、まみ様)のお姉さまに包囲されておりました。
みなさま、楽しいお話をありがとうございました。

安城では、その喫茶店を皮切りに、入場口前、そして会場内の自動販売機の前で、お名前を伺う事もできないまま、3人のお姉さまに声をかけて頂きました。また開演直前には、まめっち様にもご挨拶する事ができました。
大宮に続き、また大きなパワーを貰いました。ありがとうございます!

着席すると、右隣りが何と、いてまえTのお姉さま。
月あかり様でした。後でしゃん様に御報告したところ、「一番最初にジュリー祭りシールを差し上げたお姉さま」との事で、そんな方と隣席なんて、ものすごい確率だったんだなぁ、と。
新参者なりに、どんどん世界が広がっております。感謝の言葉もありません。

それでは、肝心のLIVEレポへと筆を進めて参りましょう。

①地方遠征の成果と、立つ・座る問題

僕の着席列は、真後ろが車椅子の方々専用のシートになっておりまして、かなり特殊な状況でした。演奏中は、月あかり様と阿吽の呼吸で、立席曲、座って聴く曲を区別しました。もちろん本当は全曲立っていたかったのですが、自然にそう行動したのです。
そして、多くの方が、それに習っていらっしゃったようでした。
ちなみに座って聴いた曲は

「銀の骨」
「強いハート」
「すべてはこの夜に」
「明星」
「我が窮状」

「届かない花々」
「オーバーチュア」
「いくつかの場面」
「時の過ぎゆくままに」
「僕は歌うよ」
「さよならを待たせて」

もちろん、「すべてはこの夜に」「オーバーチュア」では着席ながら元気良く手拍子をリードしましたし、アンコール曲はバラードであっても毅然と立っていました。
間奏での拍手は、2人揃って頑としてやりませんでしたが、ソコまでは周囲のみなさまをリードできませんでした。
ただ、「すべてはこの夜に」直後にガバッと立って、「勝手~」の雰囲気(ジュリーは「もっと拍手を、もっと拍手を!」→「恐縮です!」と盛り上げていました)を地方の方々に向けてお手伝いできた事が、良かったなぁ、とは思っています。

ジュリーもアンコール時のMCで言ってました。
「せっかく7千円も払って観に来たのに、知らん曲ばっかりや、と、曲が進むに連れてお客さんが退いていくのがビンビン伝わるんですよ。みなさま、知ってる曲は今のところ3曲ですね!(「勝手」「時過ぎ」「ワイン」)」、と。

すぐ近くには、本当に地元の方なんだろうなぁ、というご夫婦がいらしたんですよ。
アンコール前でお立ちになられたのは「勝手」と「ワイン」の時だけでした。でも、その瞬間の「おおっ!」って感じはすごく伝わるんです。
僕としては、そんな地方ならではの雰囲気を味わえたのは良かったと思っています。
まぁ、「時過ぎ」でいきなり手拍子(拍手ではありません、手拍子です)を始められた時には焦りましたが。月あかり様、爆笑していらっしゃいました。

②声は抜群!歌詞は・・・笑った

ジュリーのヴォーカルは渋谷・大宮よりも良かったんです。最高でした。特に良かったのは「いい風よ吹け」「届かない花々」「さよならを待たせて」。
「さよならを待たせて」の入魂ヴォーカルは、「みんな座ってるけど、これがシメなんだよ、いい曲なんだよ、聴いて!」という強い意志もあったと思います。ものすごい熱唱でした。

歌詞は・・・。
何と「NAPOLITAIN」で凄まじい即興の作詞が。

・・・(ゴニョゴニョ)に、エコに・・・(ゴニョゴニョ)・・・ボッロ、ボ~ロ~♪

・・・って!
「ボロボロ~!」と叫ぶのは何回か聴いた事がありますが、「ボロボロ~♪」と歌ったのは、初めて聴いた!
(「エコ」のトコだった・・・と思いますが微妙に自信なし)

また、「緑色のkiss kiss kiss」は2番のサビ前がゴッソリ抜けまして、月あかり様が横でハラハラしていらっしゃるのがヒシヒシと伝わりました。
でも、大宮の「緑色~」は、こんなモンじゃなかったですから!

細かいところでは「Pleasure Pleasure」の「ルート」が「ケース」に化けたりしましたが、この辺は上手く切り抜けたんじゃないでしょうか。
総合的に見て、大宮を体験している僕からすると、楽しめる範囲の間違いだったかと思います。

③演奏と音響、そしてMC

鉄人バンドにミスはほとんどありませんでした。
ただ、「さよならを待たせて」で柴山さんの「ぬぉ~」が無かったのは残念。
「睡蓮」のジュリー&柴山さんによる泰輝さん包囲網は完璧。
また、「KI・MA・GU・RE」で下山さんが一旦泰輝さんに絡んでから柴山さん側へ移動したのが新鮮でしたね。

メインのヴォーカルマイクにノイズがありました。バラードでちょっと目立ってましたかねぇ。これは完全に箱の問題でしょう。

で、MC。

「さぁさぁ、どうぞお帰りになって。知らない曲ばっかりしょうもないモン観たわ!って熱いお風呂で汗流して。
ごめんね。ヒット曲連発を期待してきたの?やっぱりそう!いや、ドームは特別なんです。ツアーLIVEはいつもこうなんですよ。ヒット曲は小出しにしていかないと。毎年LIVEを演る!というのが前提ですから(拍手)、ヒット曲全部歌ったら、次の年に歌う歌が無くなってしまいますから!」

とか。で、問題なのが、
お姉さま方の事を、おばさんと呼ぶなど行き過ぎだろう!
というシーンもありまして。

曰く
「だからみなさん、いちいち返事したり、頷いたりしなくてもええんですよ!喋るのは私なんですから!
(MC途中の拍手に)やかましいっちゅうねん!もう、ホントおばさんはタチ悪いわ、頷くは、返事はするは!でもね、私、実はおじさんのファンも多いんですよ。おじさんはええわ、ずっとニコニコしながら(と、ニコニコ顔の真似)聞いてくれて」

こう書くと殺伐としているように思われるかもしれませんが、和やかに感じました、僕は。ただ、隣で月あかり様がハラハラしているのが伝わりましたから、先輩のお姉さま方はヒヤヒヤだったのかもしれません。

で、レコードが売れてない、という話から
「いや、今はCDなんですが。売れてないんですよ。だから今の人気は、歌が好きだ、という方が多いわけではない。LIVEを観たい、という方が増えてるという事じゃないでしょうか(拍手)」

「これでも昔は人気があったんです。でもね、あの頃の歌はヘタよ!もう、ヘタ、ヘタ!でも、今上手いかって言うと、それほどのモンでもない。ゴマカす事を覚えたんです」

これは、フラット音程の事なんですかねぇ。でも、昔がヘタなんて、僕はちっとも思いません!

MCは細かいニュアンスに記憶違いもあるかもしれませんが、大体こんな感じでした。
しかし、ジュリーのMCも長いけど、僕の文章もいい加減長い!
11時半かよ!

とり急ぎアップします。明日以降、また書き足すかも、です。

とにかく!
最後の「TOKIO」だけで脳がバッコンバッコン言ってるんです!

(註: 1度アップしてから読み返すと、相当はしゃいでいてイタイ記事です。申し訳ありません~)

|

« 沢田研二 「おまえがパラダイス」 | トップページ | 8.1安城・雑感的追記~ »

伝授・特別編 灼熱ライヴレポート」カテゴリの記事

コメント

参戦&レポUPお疲れ様です~

再度の一桁列
そしてあっちのBBSやあんなコメ欄で
大接近の前フリを拝見し、
いくらなんでも
うらやましすぎる!ムキーーー(`Д´)
となっておりましたが
いざレポを読ませていただくと
よかったねぇと言うしかないですね、コレは。

続きもよろしくお願いします~


投稿: シロップ。 | 2009年8月 2日 (日) 23時51分

瀬戸口様

こちらでは初めましてですね。ドーム終了後からずっと拝見しておりましたがまさか隣でジュリーのライブ参戦とは思いもしませんでした(^◇^)

安城ライブレポ読ませていただきましたがちょっと訂正を(笑)MCでのジュリーの発言について私がハラハラしていたということはありませーーん! こういう発言をするジュリーが見たかったんですよ(爆弾発言でしょうか・・・)昨日のジュリーの言い方は文面にするとキツイですけど不機嫌な感じには全く思えなかったですよね。

瀬戸口さんの「あなたに今夜はワインをふりかけ」の熱唱!しかと聴きましたよ~!!(^◇^)

最後に近くにジュリーが来てくれてよかったですね(*^^)v

投稿: 月あかり | 2009年8月 2日 (日) 23時59分

みなさま~。

こんなハシャギ放題の突貫記事に早速のコメント、ありがとうございます!

シロップ。様

いやぁ面目ありません。
僕も自分がこんなテンションになるとは想像もしていなかったのですよ。
やっぱり接近されると…スゴいオーラです。

大接近の結果、

①圧倒的な目力、ほとばしる汗
②僕と身長が同じくらい
③お腹の下の方が結構…いや失礼

といった辺りを確認いたしました。
シロップ。様も是非小さな会場の手抜きナシ・ジュリーのステージを体験してみてくださいませ~。

月あかり様

そんなに以前から…ありがとうございます!
不思議なご縁です。別個にチケット取って、LIVEでお隣になるなんて…。
しかも会場が安城!
すごい確率の偶然に驚き、感謝しました。

ちょっと特殊な席でしたし、月あかり様がお隣にいらっしゃるのが、どれだけ心強かったことか…。
途中から、何か阿吽の呼吸になっていたのがとても楽しかったです。

MC、そうでしたか~。
仰る通り、文章にするとキツイですけど、ジュリーの話し方はとてもユーモラスでしたよね。

「ワイン」は確かにフルヴォリュームで歌いました~。いや、お恥ずかしい。
でも、僕も月あかり様の「ジュリー!」という絶叫は聞き逃しませんでしたよ!

今後とも、どうぞよろしくお願い申しあげます~。

投稿: DYNAMITE | 2009年8月 3日 (月) 01時06分

御挨拶だけでも出来てよかったです。
私の席はのんちゃんと近くで、のんちゃんが私を見つけてくれました。
TOKIOは大宮と違って箱が小さい分ド迫力だったでしょうね。
私の席(19列目)からも双眼鏡なんか要らないくらいはっきりくっきり!
「時過ぎ」の手拍子にはもう苦笑するしか…

そんな超レアな反応のところでしたが、ジュリー手抜き無しの懇親ライブでした。

投稿: まめっち | 2009年8月 3日 (月) 01時19分

ぎょげっ…

出るつもりなかったのに…嫉妬

投稿: ぬこ | 2009年8月 3日 (月) 02時31分

瀬戸口様
勇気出して、ココに進出致します~♪
安城では、岐阜研人会で囲みまして
大変失礼致しました。
有難うございました。とっても楽しかったです。

それより何より!!!!!
9列左側席。良かったですね♪♪
羨ましかったです。
私、実は…ジュリーはもちろん見てましたが…
密かに「瀬戸口ウォチング」をしてました(3割位)

さてマイナーな地「安城プレジャー」楽しんで頂いたようで良かったです。
あの毒舌
「暗くて・思い…どんよりとした空気」やら…
「おばさんはうるさい」発言。大スキです!!
さすがジュリー!!!!

「立つ・座る問題」にて行動されていたんですね。(なるほど…)
私、基本的にスタンディング全部OKですが、最近はバラード系は座って
目を閉じて(もったいない??)聴いている事多いです。
最近の歌声が(やっと)自分の脳内にしっくり馴染んできましたから
「脳へと繋がってるipod」にてしっかり聴き込んでいます。

長々とカキコミしまして失礼致しました。
今後も楽しい記事upを待っています。
有難うございました。

投稿: のん | 2009年8月 3日 (月) 07時10分

瀬戸口様

はじめまして。私も皆さんと同様、ドーム祭りより日参させて頂いてます。
安城におみえになると知り、お礼を申し上げたいとキョロキョロと会場内を探しましたが、お会いできませんでした。残念!
沢山の曲をダウンロードさせて頂きました。10人のウクレレサークルでジュリーの曲をレパートリーに入れたく、強引に練習してます。何せ初心者ばかりで、難しいとぶつぶつ言われてますが(笑)
個人的には、greenboy に挑戦中です。む・・・難しいです。

長々と失礼しました。安城では、私の周りのブロックはずーと立ったままでした。皆さんとても楽しそうでしたよ!80代のご夫婦も!!

投稿: あられ | 2009年8月 3日 (月) 09時47分

DYNAMITEさ~ん

詳細なアップアップ
嬉しいです~!!
楽しかったですね~~♪

私の目の先、3メートル程のところのDYちゃんと月あかりさんの後姿を拝見しておりましたわ!

あんな狭いところ、しかもアンプ置き場を跨いで、よく落ちずにこれたと感心しています。
サービス精神の表れでしょうか。
なんといっても本人は「初めて来た」と思い込んでいるから。

フンコー状態のDYちゃんに負けず、私も「ジュリーッ!!!!」でした。

ジュリーの「おばさん発言」はもうずっと以前からですから、ちっとも気になりませんね。
もちろん、ジュリーに限り!!ですわよ。


*横レス失礼します。

月あかりさん 

会場入り口あたりで「いてまえTの方がいらっしゃるね」って、話題にしていたんですよ。
その方がまあなんとDYNAMITEさんと並びの席なんて、もの凄い偶然ですね!


投稿: みゆきママ | 2009年8月 3日 (月) 10時26分

>僕も月あかり様の「ジュリー!」という絶叫は聞き逃しませんでしたよ
お恥ずかしいですが叫びたいの(笑) 周りの方々静かにご覧になっていたので、ジュリーコールは迷いましたけどね。
瀬戸口さんも「ジュリー」って言ってみたら?喜んでもらえそうですよ(*^_^*)

横レスですが・・

みゆきママさん
ご挨拶もでき少しだけですがお話もできて嬉しかったです。今後も何処かの会場で必ずお目にかかれますね。 よろしくお願いしますm(__)m

投稿: 月あかり | 2009年8月 3日 (月) 12時42分

初めまして。
入場口前でご挨拶させて頂いた者です。
安城へいらっしゃると聞いて、私も運よくお目にかかれればと願っておりました。
喫茶店の隣の事務所前で雨宿りをしておりましたら、女性に囲まれた似顔絵ソックリの男性が前を通られ、密かに尾行をいたしまして(汗)しばし観察・・・。
Tシャツも確認して、隣におられた女性にそっと尋ねてみたところ、やはり!でございました。
楽器も出来ず、音楽的な知識は皆無に近いのですが、DYNAMITE様のブログをいつも楽しく読ませて頂いています。

私は昨年偶然見た「SONGS」で、突如長~い冬眠から覚めた復活組ですが、ライトなファンでしたので、6月の名古屋が初ライブ体験でした。私なりにライブでの心得を予習(?)し、今回の安城でも周りに合わせて立ったり座ったりしました。本音を言うと、もう少し弾けたかったのですが、やはり周りを気にしてしまいます。「座って」と言われたとか、服を引っ張られたなど聞き及んでいましたから。
「TOKIO」での両サイドの熱狂振りを後ろから拝見してました(*^m^)
本当によかったですね!
私にもいつの日か神席を!と願っています。
ジュリーの歌声、愉快なMC、ファンとの一体感、至福のひと時でした。
これで今年のツアー参戦は終了です。残念でたまりません。
ほんと、クセになりそうです。
遠征される皆さんのお気持ちがよ~く解ります!
ですから、今後も詳細なツアーレポ、よろしくお願いいたしますね~(*^-^)

投稿: まみる | 2009年8月 3日 (月) 13時42分

僕は名古屋から豊橋まで、名鉄で出かけましたよ…。
勿論、沢田さんのコンサートではありません。
井上さんのワンマンライブを追い掛けしていた頃の話です。
あの頃は本気で信じていました。いつか、井上さんのバンドで沢田さんが歌う事があるだろう、って。
井上さんが引退され、僕のコンサート三昧の日々は終わってしまいました。
まあ、皆さん楽しんでくださいね…。

投稿: 船越誠 | 2009年8月 3日 (月) 20時40分

うわ~大繁盛。
みなさま、コメントありがとうございます!

こういう時、まずは、「勘違いしちゃイカン」と自分自身を律します。
拙ブログが繁盛するのは、ジュリー人気のおこぼれを預かっているというそれだけのお話で。

記事にも書きましたが、安城でジュリーがこう言っておりました。
「この人気は、LIVEを観たい、という人が増えている、ということ」

まさにその通りだと実感するのは、LIVEレポ記事をUP直後は、アクセス数が倍増するんです。
ジュリーLIVE人気にあやかり、僕のようなごくごく普通の平凡な男性が、衛星よろしく光を当てて貰っています。
感謝、したい~♪

勘違いしないように、ホント謙虚にいかないと。
たとえ岐阜研人会のみなさまに囲まれようが、双眼鏡でガン見されようが、尾行されようが、坊やと呼ばれようが、勘違いはしちゃイカン、と再度自分に言い聞かせまして。

今日はレスする方々が多いので、1度ココで切りますね~。

投稿: DYNAMITE | 2009年8月 3日 (月) 21時36分

レス参ります~。

まめっち様

こちらこそ、ご挨拶させて頂けて良かったです。
大宮から安城、まめっち様は相当の強行軍、多忙な最中をかいくぐっての参戦でしたようで、そのタフな行動力に感服いたします。

まめっち様と同じスケジュールで遠征なんて、僕は無理ですよ。
とても真似できません。そのパワーは、ジュリーに貰っているパワーなのでしょうか。だとしたら、すごい…。

今後ともよろしくお願い申しあげます。

ぬこ様

おぉ、ぬこ様が嫉妬とは!
ブログ初期の頃からコメントを頂いている方にそう仰って頂くと、何か自分の格が上がったような錯覚が…イカンイカン。

ぬこ様の大阪神席をお祈りしていますよ。
僕は、これ以上はちょっとバチが当たりそうなので、2階後ろあたりでオッケ~!

のん様

ようこそいらっしゃいました~。
もっと早くにいらっしゃって頂いてもよろしかったのに…。

安城ではお話できて良かったです。
中抜け組の生き様、しかと聞かせて頂きましたよ。

しかし、ジュリーLIVEで僕をガン見しても何の得もありませんよ~(汗)。

あ、笑えるという事ですか…
珍しい動物を見るような感覚…ですねきっと。

また、今年中に1度はお会いしましょう!

あられ様

はじめまして!

探して頂いていたとは…お会いできず残念でした。
ドーム記事の頃から読んでくださっていたのですね。ありがとうございます!

ウクレレ10人編成のジュリー、良いですね~。
「greenboy」はサビのGを引き立てたいですから、やはり元調で演奏しなければなりませんよね。
そうなると伴奏も、イントロが大変そう…。

Cを3フレット、Dを5フレットで押さえて、Bからずらすように弾いていらっしゃいますか?
その方がかえって楽かと思います。
頑張ってくださいね!
もし御必要でしたら、コメントにアドレス添えて頂ければ(アドレスは管理者の僕にしか見えません)、「greenboy」のコードをお送りできますよ~。

みゆきママ様

1日安城では、本当に、何から何までお世話になってしまいました。
ありがとうございます!
想像通りの、豪快な中に繊細で知的な感じの方~。
2時間トークがあっという間でしたよ!

とにかく、今ツアーの参加スケジュールを組んだ時から考えておりました、「安城で、みゆきママとドキドキ」計画は無事達成されました。
本当にありがとうございます。

「TOKIO」での姿をすぐ後ろから見られたのは、少し恥ずかしいような…。
またお会いしましょう!

月あかり様

いやいや、それは女性の特権ですし。

月あかり様の絶叫は、1度だけでしたね。
堪えきれずに乙女心が爆発した瞬間に立ち会えて、僕も楽しい気持ちになりましたよ。

しかし、本当にお隣だったのだなぁとしみじみ。
こんな偶然って、あるんですね。
ジュリーにハマって以来、奇跡のような出来事に何度も遭遇しますよ。
やっぱり、ジュリーがスゴイって事なのでしょうね。

まみる様

ようこそいらっしゃいませ~。

安城では、入場間際の混雑の中、わざわざお声をかけて頂きありがとうございました!

しかし、尾行って…。
ありがたいことです。
僕は、ジュリーファンの先輩方にお声をかけて頂くのはとても嬉しい事ですので、次回からはどうぞご遠慮なさらず…。

僕も、ジュリーのおかげで小さな光が当てられ、こうしてどんどん表で悪さができなくなって行き、これからの人生を粛々と歩むしかなくなってきている自分が、結構気に入ってます~。

近い将来の、まみる様の神席ゲットをお祈りしていますよ。
今後ともよろしくお願い申しあげます。

船越様

四国から、豊橋。遠い距離です。
井上さんのコンサートを追いかけていらっしゃったのですね。

僕は残念ながら生の井上さんの演奏を知りません。
こんな僕でもチャンスがあったとすれば、中学生の頃に「太陽にほえろ」のサントラに入れ込んでいた頃だったのでしょうが…。

僕は、東京ドームを機に、今のジュリーに深くハマったので、今ツアーは楽しくて仕方がありません。
ジュリーやファンの先輩方の歴史を考えた時、例えば船越様が「沢田さん」と呼ばれていらっしゃる事が、何故か心に響くのです。
男性の先輩方の多くが、そうなのです。

僕は今はまだ、「ジュリー」としか呼べないでいます…。

投稿: DYNAMITE | 2009年8月 3日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ 伝授・特別編 ] 沢田研二「Pleasure Pleasure」2009・8.1 安城市民会館サルビアホール 狂乱の抜粋レポ:

« 沢田研二 「おまえがパラダイス」 | トップページ | 8.1安城・雑感的追記~ »