2017年3月24日 (金)

沢田研二 「ISONOMIA」

Isonomia

1. ISONOMIA
2. 揺るぎない優しさ

---------------------

ずいぶんご無沙汰してしまいました(汗)。
全国ツアー前半の申し込みも終わり、みなさまも今は「さぁ、後半どうしようか」とスケジュールと睨めっこしている最中でしょうか。

僕は前半の申し込みは2会場に抑えました。と言うのも、新年の目標に掲げた通り今年のツアーは1人でも多くの友人、知人に生のジュリーLIVEを体感して貰いたく・・・方方に声がけした結果、それらすべてが後半日程の会場に集中しましてね。
後半は凄い枚数の申し込みとなる予定です。払込票の会場振り分けがどうなるか分かりませんが、参加氏名記入欄が足りないかも・・・「○○夫妻」とか「誰それ2枚」とか、なんとか工夫するつもりですが(笑)。

前半に申し込んだのは、初日NHKホールと大宮。
ただ、これがいずれも抽選という・・・初日の第2希望を京都、大宮の第2希望を静岡としたので、落選したらいずれも遠征ですな~。
大宮は例によってYOKO君と2人分の申し込みですが、さすがに彼は落選振替の静岡までは来れないのでその時はカミさんと行き、せめてYOKO君のぶんだけでも八方手をつくして大宮のチケットを探し求めなければならなくなるでしょう。
そんな事情もあって、今回はどちらかと言うと落選するなら初日の方がまだ良いかな、と思っています。京都に参加となったらお会いしたい人もたくさんいますし、久々の「ネタバレ我慢」の試練も悪くはないかなぁ。
2会場ともすんなり当選、というのが理想ですけどね。


さて本題です。
今年も3月11日のリリースとなった5ジュリーの50周年メモリアルな新譜『ISONOMIA』。
みなさま聴かれましたよね。僕はもう100回以上はリピートしているはずです。
今年も気合入れて全曲(と言っても今回は2曲のみ・・・ちょっと寂しい気もします)考察記事を書くわけですが、想定外に執筆に時間がかかっています。

2曲ともに「前を向いた力強い新曲」と言って良いでしょう。僕は2015年の『こっちの水苦いぞ』までの4枚と昨年の『un democratic love』の間で劇的に歌の受け止め方が変わって、「前向き」の明るさについては昨年から感じていました。
聴いていて元気が出てくる感覚、血沸き肉踊る感覚。でも『un democratic love』への僕のその感想に先輩方の賛同は少なかったです。「苦しい」「切なくなる」とのご感想の方が圧倒的に多かった・・・ただ、今年の新譜はそうではないでしょう。
曲調も明るく、ジュリーの歌に悲壮の空気はありません。個人的には昨年から既にジュリーはそうだった、と思っていますがひとまずそれは置いておいて、「これならファン以外の一般の方々にも是非聴いて欲しい」と多くのジュリーファンが考えることのできる、そんな新曲が今年は届けられたのではないでしょうか。

「にもかかわらず」なのかむしろ「必然」なのか・・・僕が何をそんなに考え悩んだかと言うと。
昨年と違って、この新曲のジュリーの詞に「政治性」「社会性」を持ち込みたくない、それはもうナンセンスなのではないか、と思ってしまったのです。
この素晴らしいヴォーカルに「これは政治的な歌」だと念押しする必要がそもそもあるのか?と。
昨年の僕は、特に「un democratic love」の考察でここぞとばかりに歌の政治性、社会性を掘り下げたものです。そうすることに何も躊躇いはありませんでした。
でも今年は・・・。
同じように素晴らしい歌でも、僕は昨年のジュリーには「怒り」を思いました。諦念や慟哭をまったく感じないのは今年の2曲も同じですけど、今年のジュリーは「怒り」を封印してきたようです。

「怒り」を肝に据えてジュリーが届けるのは「優しさ」。
何のために歌うのか、誰のために歌うのか。周囲から色々と言われることがあっても、いやいや「被災地のために、もっと滾れ自分!」と自らを鼓舞し(これは「揺るぎない優しさ」最大の聴きどころである「負けないぞ、脳よ熱くなれ♪」の1音上がり転調部を聴いて僕が感じたことです)、伝えたい言葉が究極に「被災者第一」「常民第一」に向かった結果、逆にジュリーの歌声から「政治性」がサッと退いていったように思えてならないのです。

ただただ、ジュリーの今の歌がそこにある感覚。
力強いけど過剰な力みはない。淡々としているようで凄まじくエモーショナル。
素晴らしい音楽、歌声です。ロックってやっぱり、外見も中身も志も作品も「カッコイイ」人がやってこその音楽なわけで、その意味では、この国でジュリーにしか踏み込めない道がこの新譜に開けています。
まず今日はタイトルチューンの1曲目「ISONOMIA」。
正直、歌詞解釈には「こうだ!」というところまで今の僕は辿り着けていませんが、今年も大いにジュリーの歌に元気づけて貰えたので、魂込めて書きます。伝授!


みなさま、「ISONOMIA」なんて言葉をこれまでご存知でしたか?僕はまったく知りませんでしたよ・・・。

実は僕は昨年12月早々にJASRACさんの登録を見て、今年の新譜のタイトル、クレジットを把握しました。
すぐに「ISONOMIA」の意味を調べると、「古代イオニアの政体」なる難しい解説があり、その政体とは「自由と平等が対立せず、自由であることがそのまま平等であり、逆もまた真」・・・う~ん、なかなかひと呑みにはできません。
耳慣れぬ言葉なので僕はその時「イソノミア」の5文字がなかなか覚えられず、忘年会でお会いした先輩お2人に新曲のお話をした際にも「え~と、え~と」となかなかタイトルが出て来ず、携帯でカンニングして「白井さんの作曲で、イソノミアって言うらしいです」とお伝えしたら、先輩のうちのおひとりが「磯の宮」と聞き違えて大笑い。おかげで僕はその日以降「磯の宮→ISONOMIA」と連想でタイトルを覚え込むことができたわけですが、お正月LIVEアンコール前の新曲紹介MCではジュリー自身も、「”磯の宮”ではありません、みたいなことをMCで言ってくれたりしてね。
「無支配」という意味なのだ、と。

言葉の意味を調べた時には、これは相当に政治性の強い歌詞だろうと予想しました。おそらく「格差があった方が都合が良い人達」を批判する内容なのかなと。
でもお正月に聴いた時は歌詞の細かな部分は把握できず、今回改めてCDでじっくり聴いてみると、意外や政治性の強さは感じず・・・もちろん社会性の高いメッセージ・ソングではありますが、「武骨なロック」として構えることなくいい歌だなと感じたのが第一印象。
そのぶん、解釈も難しいのです。
昨年の「un democratic love」のように、「ジュリーの歌詞一字一句すべてが腑に落ちる」という感覚は無いので、ウンウンと唸りながらジュリーのメッセージを読み解こうとしました。

テーマは原発。これはハッキリしています。
僕は最近よく思うんですけど、「脱原発」を望む考え方って果たして「政治的」なんだろうか、と。
頭をフラットにしてこの問題を考えた時、原発に反対する人達の「反対」理由はよく分かります。政治的な考え方はさておいても、「あんな事故が起こったんだから、もうやめようじゃないか」ということですよね。
でも、今なお「原発推進」を唱えるの人達の「推進」理由はよく分からない・・・それが正直なところ。
経済系の新聞が揃って「推進」であるからにはそれなりに理由があるんでしょうけど、細かく論説を読んでみても「そりゃあそうかも」と思える文章には出逢ったことがありません。むしろ何かを伏せているような違和感を感じることの方が多いです。
それがジュリーの歌う「欲望」なのでしょうか。

そこで「ISONOMIA」。

原子力 no!no! 無支配OK! ♪
D    E   F     G     F     G   A

ジュリーは「ISONOMIA=無支配」の対義語を
「原子力=支配」
としました。思えばジュリーは2013年リリースの「Fridays Voice」で既に「原発=支配」を歌っていますよね。
では、「ISONOMIA」に相い対する支配者とは誰なのか。ジュリーは「HIERARCHY」だと歌います。
とすればやっぱりこれは「格差社会」へのアンチテーゼ、政治性の強い歌ということにもなるのかな。
どうもうまく頭が纏まりません・・・。

解っちゃいないから止められない
D                        E

恥知らぬ人間の性 ♪
   A                 D

この表現などはかなり痛烈ですよね。大衆に膾炙したフレーズ「分かっちゃいるけどやめられない」を転じて、「解っちゃいないからやめられない」。
ジュリーが「止められない」と詞で漢字を当てはめているのは、本来「とめられない」との発音で歌いたいからでしょう。お正月がどうだったかは最早確認の術もありませんが、夏からのツアーでは「とめられない」とハッキリ歌うことも考えられます。

この記事執筆時点で稼働中の日本の原発3基のうち2基は、九州電力・鹿児島川内原発にあります。
そして、今年のジュリーの全国ツアーには鹿児島公演が組まれています。なかなかイイ感じのスケジュール(木曜日の祝日)ではありますが、今年は4月に母親の17回忌で一度帰省する予定があるので、懐の事情で僕は無念ながら参加を断念・・・ジュリーには是非、宝山ホール公演で「恥知らぬ」現知事に「解っちゃいないからとめられない」をお見舞いして目を覚まさせて欲しい、と考えてしまいます。
でもね、本当は「ISONOMIA」ってそういう過激な歌、声高に政治性を掲げる歌ではない、と思うんですよ。
今、「原発やめよう」という声はきっと政治などは関係なく、この国の「豊かな海」「豊かな里」「豊かな山」を愛する気持ちから出ているものがほとんどで、ジュリーもそうなのだと感じます。

さらに言うと「豊かな人」「faithful」とは僕らからすれば正にジュリーその人のこと。
「faithful」って素敵な英フレーズです。辞書を引くと「誠実な」とあり、「信頼できる人」こそ豊かな人=ジュリーと言って良いのではないでしょうか。
「ISONOMIA」は、「信頼できる人が歌う、信頼できる歌」だと思います。色々と考えあぐねて記事執筆が遅れましたが、僕はひとまずそんなふうにジュリーのこの詞、この歌を聴いているところ。
腑に落ちる歌詞解釈については、2015年リリースの「泣きべそなブラッド・ムーン」の時のように、みなさまからのコメントを拝見して「そうか!」という目からウロコなパターンを期待しています(他力本願汗)。

では次に「音」について。
こちらは「完璧」とまでは言えませんが、合ってるのかどうなのかは分からないなりにも、もう最初から最後までギター弾けるようになってますから!
やっぱりギター1本の伴奏というのは、コピーも燃えるものがありますね~。

それにしても、デビュー50周年に放つシングルにエレキ1本で歌う曲を持ってくるとは・・・。
攻めてますよ、ジュリーも白井さんも。
まずCDで聴いて驚いたのは、「音源にハンドクラップは入ってないのか!」と。
僕はてっきり白井さんのアレンジが「ギター+ハンドクラップ」に仕上がっていて、お正月にバンドメンバーがそれを再現してくれたものとばかり考えていました。
記憶がハッキリしないのですが、バンドが先導してくれたハンドクラップは基本「2、4」の裏拍で、Aメロ1回し目の「ここ!」という箇所で「ん・た・たん!」と変えてきていたように覚えています。てっきり「音源はこうなっているよ」と伝えてくれているんだろうな、とその時には思い込みましたが違ったんですね。
あの手拍子は、1人で伴奏する柴山さん以外の3人のメンバーが事前にお客さんのために練り上げてくれたパフォーマンスだったわけです。

とすれば、あの「キメ」の手拍子には理由づけがあるはずで、これは
「シンプルに聴こえるかもしれないけど、ジュリーの歌は同じメロディーを繰り返してはいないよ」
と、曲の「肝」を教えてくれていたんですね~。「ここは力強く!」というメロディーの箇所で手拍子に変化をつけてくれたんじゃないかなぁ。

自然の  底力   は 何よ  り強い ♪
A     Aadd9  Asus4  A   Aadd9  A  B(onA)

Aメロの歌詞1行目と2行目(続く3行目と4行目も同様)はそれぞれ全く異なる旋律。
ギター・リフでグイグイと攻めながらも、長年ジュリーのアレンジに携わってきた白井さんは「歌の表現者」ジュリーの真髄を心得ていて、「開放するメロディー」と「溜めるメロディー」の2パターンを用意しました。
バンドメンバーはその「開放」のメロディー(1番で言えば1行目と3行目)に手拍子の変化を以って、白井さんの工夫を伝えてくれたのではないでしょうか。
これはCDを聴いて初めて分かったことです。

ギター・リフの進行がこれまたトリッキーで、トニックにadd9とsus4を絡めるコード・リフまでは王道なんだけど、最後に「じゃ~ん♪」と突き放す和音がね、ギターならではと言うか、白井さんらしいと言うか。
先述の通り、コード表記するなら「B(onA)」とするしかないと思いますが、単にBの構成音(「シ・レ#・ファ#」)にルートのA(「ラ」)を加えただけでは白井さんの弾いている音にはならなくて、ここでは不協スレスレの「ミ」の音が同時になっています。
これを鍵盤で弾くと、左手で「ラ」、右手で「シ・レ#・ミ・ファ#」となり、結構気持ち悪い響きになりますが、ギターでは「ミ」の音を1弦開放で「他の音をぼんやりと包みこむように鳴らす」ことが可能。なんとも不思議な魅力が漂う和音となります。
これはジュリーのヴォーカルの語尾が明快に伸びている(「シ・レ#ファ#」のBでラの音を歌う、という時点で難易度高し。それをごくごく普通にロングトーンで澱みなく聴かせるジュリーは凄い!)からこそ生きる伴奏の響き、とも言えましょう。

さらに、「同じメロディーを反復させない」白井さんのこだわりは、サビ部でも強烈に表れています。
いや、音階を違えているのは最後の1音だけなんですけど、本当に目立つところですからお気づきの方も多いでしょう・・・「ISONOMIA」のサビは1番、2番、3番すべて着地の音階が違うんですよね。
1番の

無支配ISONOMIA♪
F#m D      E      A

は、「ファ#~ソ#~ラ~シ~、ド#~レド#~シ~ミ~♪」というメロディー。この曲の最高音である高い「ミ」の音に跳ね上がっての着地です。
それが2番「支配者HIERARCHY♪」では「・・・ド#~シ~ド#~♪」と宙に放り投げるような感触の着地。
3番「無支配ISONOMIA♪」では「・・・ド#~シ~ラ~♪」と端正にトニックまで下降するメロディーでバシッ!と〆てくれます。
ジュリーは当然作詞の際に3つのメロディーの違いに気づいていたはずですから、詞と合わせて考えると、「高らかに声を上げる」1番、「支配に疑問を投げかける」2番、「地に根を張る志を歌う」3番、とそれぞれの音階を合わせた解釈もできそうです。

白井さんのジュリーへの楽曲提供は、2009年の「満タンシングル」(ジュリー談)『Pleasure Pleasure』のタイトルチューン「Pleasure Pleasure」以来ですから本当に久しぶり(その間、白井さんのソロ名義で「聴こえなかったシグナル」でタッグを組んでいますが)。
白井さんは大いに張り切り、過去の自身作曲のジュリー・ナンバーを超えてやろう、と考えたでしょう。
ジュリーへの提供曲で白井さん自身が「エポックだった」と語っているのが「ROCK'N ROLL MARCH」。今年の「ISONOMIA」にはこの曲との共通点が多く、なおかつその時にはやれなかったことをやってしまおう」という意欲が見られます。

お正月LIVE大トリで初めて「ISONOMIA」を体感した時、エレキ1本の伴奏にド肝を抜かれた僕は、「爆音のエレキ弾き語りでメッセージ・ソングをブチかます」ニール・ヤングのスタイルを連想しましたが、実際にCDを聴いてみると、ニールとはちょっと違いました。
荒々しいけど緻密、ラウドだけど知的・・・この曲のギターの組み立てにはザ・フーのサウンドを想起させられます(カップリングの「揺るぎないやさしさ」の方てはギターのみならずドラムスもそうです)。
ただ、メロディーについてはそれだけじゃなくて。
パワーポップのようでもあるし、オールディーズのようでもあり・・・とにかく、立ち上がりたくてムズムズするこの感覚は何だろう、と。
で、3番の最後のトニックに着地するサビメロを聴いて、「あっ、クイーンの”RADIO GA GA”と雰囲気がよく似ているんだ」と気がつきました。音階も譜割も、フレーズの置き方も。

クイーンのナンバーには、「お客さんがキメのハンドクラップで参加しステージと一体になる」LIVE定番曲が2つあります。「RADIO GA GA」と「ウィ・ウィル・ロック・ユー」です。
僕は昨年クイーン+アダム・ランバートの日本武道館公演を観ましたが、もちろんこの2曲は本割のトリとアンコール1発目という重要な位置で演奏されました。「RADIO GA GA」で総立ちのお客さんがハンドクラップと共にステージに熱を送り込んだあの感覚は、お正月の「ISONOMIA」と重なります。
そうか・・・白井さん、去年のあの武道館にいたに違いない!(←推測です汗)

「ROCK'N ROLL MARCH」が「ウィ・ウィル・ロック・ユー」なら「ISONOMIA」が「RADIO GA GA」でも不思議ではありません。
還暦のジュリーと、デビュー50周年のジュリー。白井さんが捧げたエポックは、いずれも「ステージの熱気」。LIVE歌手・ジュリーへのリスペクトではないでしょうか。

タイガースのデビュー曲「僕のマリー」から、最新シングル「ISONOMIA」まで・・・ジュリーが選ぶ50曲。インフォメーションにもある通り、今年の全国ツアーで「ISONOMIA」は間違いなく歌われるでしょう。
クイーン+アダム・ランバートの武道館じゃないけど、ジュリーは「ISONOMIA」をセットリスト本割トリで歌ってくれる、と僕は予想しておきます!


それでは次回お題は当然、「揺るぎない優しさ」です。
あの震災から6年。この曲の考察では、避難を余儀なくされた人達への住宅援助打ち切りの問題について少し触れたいとは考えています。
ですが今回冒頭に書いたように、僕は今年の2曲について社会性、政治性を絡めて歌詞を紐解くことに抵抗も感じています。その解釈は自分の肝に秘めていれば良い、発信するのは為政への批判ではなくて、「優しさ」のみで良いのではないか、と思い悩みます。

その上で色々と考えるのがなかなか難しい・・・うまく考察を纏めることができるかどうか怪しいですがとにかく気合だけは入れて、脳を熱くして書きます。
1週間ほどお時間くださいね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

沢田研二 「EDEN」

from『TRUE BLUE』、1988

Trueblue

1. TRUE BLUE
2. 強くなって
3. 笑ってやるハッ! ハッ!!
4. 旅芸人
5. EDEN
6. WALL IN NIGHT
7. 風の中
8. 痛み

---------------------

まだインフォが来ません・・・。
我が家はだいたい澤會さんの封筒は首都圏のみなさまより1日遅れで届くパターンが多いのですが、2日以上遅れた、というのはちょっと記憶にありません。
今年の全国ツアー・・・ジュリー50周年のメモリアル・イヤーをたくさんの人に観て欲しくて、友人、知人にスケジュールを知らせ申込日を決めて貰わなければならないんだけど、大丈夫かなぁ。
まぁ、おとなしく待つしかありませんが・・・。


ということで、新譜リリース直前の「プチ・みなさまからのリクエスト伝授!週間」、ひとまず締めくくりの今日のお題は「EDEN」です。
最初にお断りしておかなければならないのは、これから僕が書くのはあくまで『TRUE BLUE』に収録されたアルバム・ヴァージョンの「EDEN」(ニュー・リミックス)についての考察記事だということです。

本来なら2つ存在するヴァージョンの比較考察などしたいところですが、僕は未だシングル(B面)のヴァージョンを聴いたことがないんですよ・・・。
前回に続いてkeinatumeg様のすばらしい御記事を参照させて頂くと(
こちら)、どうやら「EDEN」はシングルとアルバムとでは単なる「ミックス違い」とは言い切れないようで、keinatumeg様は「演奏も別物」との可能性に言及していらっしゃいます。今後機会あれば(と言うかユニバーサルさん、CO-CoLO期まで含んだ『B面コレクション』の企画を是非お願いしますよ~)じっくり聴き比べたいと思っていますが、とりあえず今日はアルバム・ヴァージョンに絞って書いてみたいと思います。

リクエストをくださったのは、今では僕にとって「ジュリー道の師匠」とも言える存在のJ先輩。
と言ってもリクエストのお話があったのはもうずいぶん以前のことで、「アルバム『TRUE BLUE』から石間さんの曲を」ということでした。
長らくお待たせしてしまった最大の理由は、僕自身の『TRUE BLUE』という作品への評価が遅れまくっていたことです。それが今では「CO-CoLO期のアルバムの中では一番好き!」なまでになっているのですから、ジュリー道は本当に奥深い。
『TRUE BLUE』は「新曲を聴く直前に気息を整える」には最も適したアルバムのようにも思えます。
頑張って書きたいと思います。僭越ながら伝授!


最初にアルバムについての話を少しだけ。
僕が『TRUE BLUE』を「大好きな名盤」と思うようになるまでには2つの段階がありました。
まず第1は、一昨年のEMI期全オリジナル・アルバムのリマスター復刻。それまで僕はCO-CoLO期のアルバムを正式な形で購入しておらず、音源のみを所有している状態で、特に『TRUE BLUE』については歌詞カードのコピーも手元に無く、そのため明らかに聴き込みが不足していました。
そうした経緯の反動なのでしょうか、改めて購入し揃えた『架空のオペラ』含むCO-CoLO期の4枚の中では『TRUE BLUE』のリピート率が圧倒的に高くなり、「こんなに素敵なアルバムだったか!」と遅まきながら再認識、「WALL IN NIGHT」の考察記事を書いたのです。

第2段階は、個人的なことですが昨年10月に人生初の外科手術で内痔核の切除を行い、聞きしに勝る術後の痛みの中で「不思議な鎮痛効果があり癒される」ジュリー・アルバムとして『MIS CAST』と共に繰り返し聴いていたのが『TRUE BLUE』。
その中でも特に心を穏やかに落ち着かせてくれた名曲が「EDEN」でした。

「EDEN」の鎮痛効果には、3つの成分があります。
ひとつは、困難の中にあっても己をしっかりと持ち、「陽気な無頼」でエールを送ってくれるような大津あきらさんの歌詞。
さらには、全ジュリー・ナンバーの中で最もネイチャーで本格的なレゲエのリズムを採り入れた石間さんのメロディーとCO-CoLOの演奏。
そして、ジュリーの素晴らしいヴォーカル。
この3つです。

まず、『TRUE BLUE』というアルバムは、どの曲も歌詞が良いんですよね。しかもこの時期限定的な独特の味わいがあるように思います。
90年代後半から2000年代にかけては、覚和歌子さんやGRACE姉さんの詞がジュリーの生き方とリンクし、まるでジュリー自身の作詞作品のように聴こえる、ナンバーが多く見られますが、この『TRUE BLUE』では先んじて男性の詞でそれが起こっていたようです。
「WALL IN NIGHT」の記事にも書いた通り、僕がリマスターCDを購入し改めてこのアルバムのクレジットを見て驚いたのは、ジュリーの作詞作品が「風の中」唯1曲であったこと。音源だけ所有していた時点では、なんとなく収録曲の半分以上はジュリーの作詞のように聴こえていましたから。

「EDEN」の主人公は今、苦境にじっと耐える時期に身を置いていて、それでも無頼に「笑い飛ばす」「歌い飛ばす」矜持を忘れてはいません。
こんなふうに「心めかして」困難に立ち向かえたら・・・と、そんな憧れ、理想の人間像が浮かびます。
で、これは今だから思えることなんですが

素敵なお尋ね者 いなくなったね
Em                    D

寂しんで 楽しんで 心めかして ♪
   Em          G            D

僕は以前からこの歌詞部が凄く好きで、特に「素敵なお尋ね者」という表現に惹かれていました。それは、「愚かで横暴な正義をふりかざす保安官に立ち向かうウォンテッド・ガンマン」のイメージがあったんですけど、今はこれ、「スマートな無頼漢」を表したフレーズのように思えています。
ジュリーの「無頼」はどちらかと言うと寡黙なものですが、昔からジュリーの周りには「素敵なお尋ね者」的な弁も立つ無頼漢がたくさんいたんじゃないか、と。裕也さんや加瀬さんがそうかもしれないし、特にイメージがピタリなのは、かまやつさんなんですよね。
「EDEN」の主人公はそんな無頼漢が生き辛くなり少なくなってゆく世を嘆いてもいるような・・・。
ただ、そこで単にじっと孤独に耐えるだけではなく

焦らず探せば エデンが見える ♪
D          Em    G              D          

この「探せば」が重要だと思うんですよね。
光を見出すのは自分の力だと。「探す」を「目標を持つ」に置き換えても良いかもしれません。
昨年の術後の僕は正にそんな感じで「EDEN」に癒されていました。今もこの大津さんの詞には、人が辛い時、苦しい時、痛い時の人生のエールを思います。

次に、ズバリ!なレゲエ・サウンドに仕上がった石間さんの曲とCO-CoLOの演奏について。
『TRUE BLUE』に寄せた石間さんの作曲作品2曲がいずれもレゲエ・ビートというのはなかなか興味深いです。ジュリーにはレゲエを採り入れた曲も意外と多いですけど(「メモリーズ」「バタフライ・ムーン」「ボンボワヤージュ」「SAYONARA」など)、アルバムに2曲というのは珍しい。そして、「EDEN」はそれらの中で最もネイティヴなレゲエに近づいた特殊な1曲です。

僕はボブ・マーリーなどの本家レゲエはさほど詳しくなくて、どちらかと言うと自分が好んで聴く洋楽バンドの曲達の中に時々見かけるレゲエ・スタイルのナンバーで勉強していったという感じ。
初めて「レゲエ」なるジャンルを意識させられたのは、ストーンズのアルバム『ブラック・アンド・ブルー』に収録されているエリック・ドナルドソンのカバー「チェリー・オー・ベイビー」で、その後キンクスの「ブラック・メサイア」が大好きになったり、ポリスのアルバム『白いレガッタ』を聴いて「なんじゃあこりゃあ!」と衝撃を受けたりしながら血肉としていきました。

「自由度が高いんだけど、譲れない大切な決まりごと(裏拍アクセント)がある」
「パッと聴きラフなようでいて、実際の演奏はメチャクチャ難しい!」
「リフレインに誘われる眠気がクセになり癒される」

それが僕の持つレゲエのイメージです。
「自由度」については後でジュリーのヴォーカルに絡めて書くとして、ここでは「実は難易度の高さハンパない」点を書きたいと思いますが・・・さてみなさま、どの箇所でも良いですからこの曲の途中から「1、2、3、4・・・」とスッと数え始めることができますか?
どこが「1」だか分かります?
「あれれ?」となりませんか?

普段僕らが聴いているロック、ポップスのバンド・サウンドは、「小節頭の1拍目をバスドラ(キック)とベースでビシッと合わせる」のが基本中の基本です。アマチュア・バンドの稽古もまずはそこから始まります。
ところがレゲエではその肝心要の1拍目をわざと「抜く」んですよ。その点をほんの数打以外最後まで徹底しているジュリー・ナンバーは「EDEN」だけ。先程この曲を「ネイティヴのレゲエに最も近づいた特殊な1曲」と書いたのはそのためです。

例えばイントロ。
キックの音が聴こえてきますね。2、4拍目の裏拍を刻んでいます。他楽器が噛みこんでくると「裏の裏」も登場します。でも、初っ端のシンコペーション2打目以降は素直に「1拍目」を刻むことはありません。
「EDEN」のリズムは徹頭徹尾「裏」ノリなのです。これはベースについても同様です。

さらにアレンジで言うと、曲のクライマックス・・・リフレインに載せたアドリヴ演奏で聴き手が「落ちる」頃合を見計らって、ギターやキーボードなどの「装飾担当」パートがサ~ッと退き、ベースだけが明快に残るという手法。「EDEN」ではジュリーが「It's gonna be good」とトーキングを始めるあたりのアレンジですね。これまたレゲエの本道です。
それまで特に演奏を意識せずにゆらゆらと曲に身を任せていた聴き手が、とり残されたかのようなベースのフレーズに気がつく瞬間、いやぁ最高なんですよ。これが癒されるんです。
このベースをはじめ、僕らがそうそう容易くカウントをとれないほどレゲエの演奏は難易度が高い・・・「EDEN」はCO-CoLO期の全ナンバーの中でも演奏の素晴らしさ、凄さは筆頭格ではないでしょうか。それでいて、能天気なキーボードの音色や賑やかなパーカッションなど、難しいことを考えるのが馬鹿らしくなるほどの暢気さ、陽気さがこの曲の「音」の魅力なのだと思います。

最後に、ジュリーのヴォーカルです。
「素敵なお尋ね者」「スマートな無頼」を感じさせるのはやっぱりこのジュリーの声ですな~。
独特の閉塞感はあるけど「怖れ」は無い。力みも無い。良い意味で『告白-CONFFESION』から僅か1年後のヴォーカルとは思えない歌い方・・・このジュリーの自由度を引き出したのはまず石間さんのレゲエ・アプローチな曲想だったと思いますが、当然それだけではありません。

世のレゲエ・ナンバーって、ヴォーカル録りする時の気分で自由にメロディーを組み立ててアドリブっぽく歌っているんだろうなぁ、という印象があります。元々の作曲のメロディーもそんなに煮詰めていないんじゃないかなぁ、と。
ジュリーの「EDEN」も、そういう意味では自由度は高いと思うんです。ラストの「エデンが見える♪」の発声とか、1番「運ぶだけっっさ!」みたいなニュアンスとか。
でも、レコーディング現場の思いつき、って感じは受けない・・・ここがジュリーの几帳面さ、真面目さなのではと僕は大いに惹かれます。
あらかじめメロディーの自由度をリハで吟味した上で、「ここはこういうふうに歌う」と決めてから本番に臨んでいる感じを受けるんですよ。でなければ

ボンヤリ ノンビリ でもイカシテル
D                 Em   G            D         

シッカリ バッチリ だけどアブナイ ♪
D                Em   G                D

この字ハモ後録りコーラスが神技すぎます!
「アブナイ」の後の「ない、ない♪」も、発声からメロディーから「こう!」と決めてなければこんなにピタリとハモれないのではないでしょうか。
ちなみに、あまり語られることは少ないのですが、ジュリーの「自分ハモリ」はどの曲も本当に素晴らしいです。天賦の才ももちろんとして、几帳面な性格をそのまま反映している部分もあるんじゃないかなぁ。
「真面目で几帳面なジュリー」「陽気で無頼なジュリー」、この2面を同じように感じられる「EDEN」のヴォーカル・・・貴重な名曲だと思います。

『TRUE BLUE』はキャリアの長いジュリーファンの間では「CO-CoLO期ならこれ!」と仰る先輩も多く人気が高いようです。しかし、少し前の僕がそうだったように新規ファンの評価は今ひとつのような。
多くの人の再評価を望みたい名盤。特に・・・苦境に挫けそうな時、「EDEN」は効きますよ!


さて、ジュリー自身も「EDEN」はアルバムの中で特にお気に入りの曲のようで、ラジオでは「い~でん」の話をしてくれたり、「ぼんやり、のんびり」な雰囲気もジュリーの性に合っているんだな、と感じます。
でも、あくまでシングルとしてもB面曲ですから夏からのツアーで歌われることはなさそう。いつか生で聴ける日は来るのでしょうか。

アルバムからの「シングル」となるとタイトルチューンの「TRUE BLUE」。こちらはどうでしょう?
う~ん、50曲のセットリストの中に噛み込むのは厳しいかな~。待ち望んでいるファンも多いと思うし、是非柴山さんのアコギで聴いてみたいものです。


それでは、オマケです!
時期としては1年前の資料ということになりますが、『不協和音』Vol.6から、CO-CoLO各メンバーの貴重なインタビューをどうぞ~。


Fukyou618

Fukyou619

Fukyou620

Fukyou621

Fukyou622


では次回更新はいよいよ今年の新曲です!
さすがに新曲についてはじっくり腰を据えて考える時間が必要で、ハイペースでの更新とはいきません。かなりお待たせしてしまうかと思います。

その間のお留守番画像として、今日のお題「EDEN」の歌詞にあやかった若き日のジュリーのショットを3枚、最後に置いておきますね。



Pic0013

ぼんやり♪


Paper263

のんびり♪


005

でもイカしてる♪


アマゾンさんに予約しておいた『ISONOMIA』が、今年は発売日に先んじて今日届けられました。
でも、ここはじっと我慢・・・封を切り歌を聴くのは明日「3月11日」になってからにしたいと思います。

それではみなさまもご一緒に、これからしばしの新曲どっぷり週間といたしましょう!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

沢田研二 「枯葉のように囁いて」

『JULIE SINGLE COLLECTION BOX~Polydor Yeas』収録
original released on 1983 シングル『きめてやる今夜』B面


Kimeteyarukonya

disc-40
1. きめてやる今夜
2. 枯葉のように囁いて

---------------------

前回はかまやつさんのことがあって枕で触れることができず、相当遅れての話題となってしまいますが・・・先月26日、今度は忘れずに『熱中世代』を観ました。
いや~貴重な映像でしたね。ザ・タイガース5人揃っての演奏シーンももちろんですが、2012年の中野サンプラザ公演(タローとスーパースター、ピーのジョイント・コンサート)に向けての音合わせ(ブルース進行のセッション)、タローがキーボードを弾きピーが歌う「楽しい時は歌おうよ」のリハなどのシーンは新鮮でした。
あと、やっぱり僕は「新曲」や「ツアー」に今後も向かっていこうというピーの姿勢はとても好きですね。
もちろん、「小説」(!)も是非書いて欲しいですし楽しみにしていますけど。

それにしても、メンバーの古希のお祝いに皆が元気な姿で駆けつけて演奏までしてしまうなんて、ザ・タイガースというバンドは50年の時を超えてもやはり特別な存在であり続けていますね。
全員、いつまでも元気でいて欲しいものです。


それでは本題。
3月11日の新譜リリースまでプチ開催中の「みなさまからのリクエスト」週間・・・今日は「枯葉のように囁いて」をお題に採り上げます。

お正月のMCでユニバーサルさんにチクリとやったジュリーですが、そりゃあ「アリもんをそのまま」貸してください、出させてください、は虫が良過ぎってもので、せめてファンのニーズを調べた上で、ジュリーが「おっ?」と思う企画打診をして貰いたいですよね。
『Rockn' Tour』などのLIVE盤CD化の実現はファンの悲願ですが、もうひとつ「絶対喜ばれる」のは『B面コレクション』。そこで初めて「CO-CoLO時代まで網羅して・・・」ということになれば素敵な話です。
本当に、ジュリーのシングルB面は名曲の宝庫。加えて、B面ならではの冒険的なアイデアは、時代の流行をハッキリ映し出すこともしばしば。

いつも仲良くしてくださる先輩から頂いたリクエスト・・・気合と気持ちを入れて頑張ります。伝授!


「流行を映し出す」意味では、これはジュリー・ナンバーの中でも特にニュー・ウェイヴ色、ニュー・ロマンティック色の強い1曲と言えます。

70年代末から80年代にかけてロック界を席巻した「ニュー・ウェイヴ」。その定義はなかなか難しくて、海の向こうだと僕の好きなパブ・ロックやネオ・モッズも含まれることがありますし、アフター・パンク・ビートの勢いでデビューしたXTCやポリスあたりも。
ただ日本の場合はYMOの影響力がメチャクチャ強くて、「ニュー・ウェイヴ」と言えば初期はかなりの比重でテクノ・ロックに寄せられているようです。

ジュリーのニュー・ウェイヴ期はアルバム『TOKIO』に始まり、大きな括りではかなり長く継続します。
でも、「TOKIO」という楽曲=テクノかと言うと実はそうでもない・・・S.Eや糸井重里さんの歌詞世界は確かにYMOを彷彿させますが、少なくともバンド・アンサンブルは全然テクノではありません。むしろ、洋楽ニュー・ウェイヴを採り入れた結果日本のテクノ・ブームとも接近したので、「仕上げに狙った」のだと思います。

80年代に入り、邦洋それぞれのニュー・ウェイヴは多様化していきます。
テクノの土台から進化する日本、YMOの世界的な流行を採り入れつつ洗練されてゆく海外。
ジュリーはどちらかと言うと洋楽ニュー・ウェーヴの進化過程をなぞり、ネオ・モッズの『G.S. I LOVE YOU』、パブ・ロックの『S/T/R/I/P/P/E/R』と来て、ちょうどその後・・・82年以降次第に邦洋双方のニュー・ウェイヴが「ダンス・ビート」の方向で足並みが揃います。
いわゆる「ニュー・ロマンティック」の台頭です。
ルックス、ヴィジュアルも重視。ダンサブルかつファッショナブルで、10代の女の子が躊躇いなく「好き!」と言える空気感があって、なおかつ音楽性にも秀でている・・・「ニュー・ロマンティック」って、そんなイメージ。
洋楽の代表格をデュラン・デュランとするなら、邦楽の代表格は・・・僕も今なら分かります。

それは”JULIE & EXOTICS”だったのだ、と。

楽曲で言うと「PAPER DREAM」「デモンストレーション Air Line」「水をへだてて」そして「枯葉のように囁いて」などはズバリ!ですね。

「枯葉のように囁いて」の建さんのアレンジには、ニュー・ロマンティックの手管が満載。ダンサブルなリズムとして、ロカビリーとスカ・ビートを融合するという斬新なアイデアは驚嘆のひと言です。
ところがこの曲は、そんなニュー・ウェーヴ、ニュー・ロマンティック流の手管よりも、三浦徳子さんの詞と井上大輔さんのメロディー、そしてジュリーのヴォーカルの方が全然主張も色も強いという・・・これこそが、リクエストをくださった先輩はじめ「この曲が好き」と仰るジュリーファンの多さの秘密ではないでしょうか。

何と言っても強力なのが井上さんのメロディーです。
イ短調王道の進行で、最高音が高い「ファ」の音ですからジュリーの声域と相性はバッチリ。三浦さんの詞もなめらかに載っていますね。
詞、メロディー、ヴォーカル三位一体。最大の聴きどころは、歌メロ冒頭部はじめ曲中数回登場する

ああ 今、止めようと思っ たのに ♪
   Am          Dm       Am   E7   Am

このフレーズでしょう。
ジュリー必殺の「ああ♪」も箇所ごとにニュアンスが異なります(前の小節の裏を食って「ああ♪」と言うより「あああ♪」みたいに歌う箇所が個人的には大好物)。

で、この詞で描かれる男女、どういうシチュエーションだとみなさまは思われますか?
井上さんの曲が哀愁漂う短調のメロディーですから、なんとなく「人目を憚って逢瀬を重ねる」男女・・・例えば阿久さんの「24時間のバラード」のような物語を連想しますが、まぁそうであってもなくても、僕はこの歌の主人公と相手の女性、「メチャクチャうまくいっている、最高潮のおつきあい」真っ只中だと思うのです。

長いこと あなたに逢っていない
      Am                               Dm

そんな気がして 壁を見つめた
         E7                           Am

グレイのソファの くぼみが指さす
         Am                             Dm

ついさっきまで あなたが居たこと ♪
      G7               E7               Am

状況としては、2人でどっぷりと愛を奏でまくって(←上品に書いたつもりが文字にしてみるとなんだか下世話笑)、「じゃあまたね!」といったん別れた直後、早くも次の逢瀬が待ちきれず悶々としている主人公の様子が浮かびます。
70年代の阿久さん作品だとその状況に何らかの諍いや障壁が垣間見えるのですが、この曲でそうしたものは一切無し。ただひたすら「もっと逢っていたかった」感に暮れる主人公なのです。だって、「あなた」も「僕」も「まだ緑色」だと言ってますから。
逢っている間は常に緑色で、「果てることを知らない」2人(←度々下世話な表現ですみません汗)。

「緑色」と「枯葉色」の対比で心情を描いた楽曲と言えば、サイモン&ガーファンクルの「木の葉は緑」という名曲があります。これは曲調的には一見爽やかな「緑」の謳歌をイメージさせますが実は「枯葉」の嘆きが歌詞の主張。
でも「枯葉のように囁いて」の場合はそれとはまったく逆。曲調からは「枯葉」の切なさを思わせるのに、主人公も彼女も心はバリバリの緑色。
さらにジュリーにこの声で歌われると、パッと見では華奢なヤサ男が実は「あなたと逢っている間は、俺は枯れることはない!」と断言するほどの絶倫男(笑)である、という・・・歌詞の「心」を「身体」に置き換えてみると分かり易いのですが、このギャップに先輩方は萌えるのではないですか?

くちづけしたから あなたは 僕のもの
        Dm                      Am  G7    C

腕時計はずして僕は あなたの  もの ♪
       Dm              Am   Dm  Bm7-5  E7

このあたりは、情景としてずいぶ 具体的ですしねぇ。
う~ん、もしかするとこの曲もまた先日書いた「絹の部屋」同様に、「男性の僕が聴くにはハンデがある」官能の名曲なのかもしれません・・・。

ということで、ここまでは妄想。ここから先は拙ブログ得意の邪推コーナー(似たようなものか汗)です。
以前から「枯葉のように囁いて」の考察記事を書く時が来たら是非触れたいと考えていた、「アレンジの謎」に迫りたいと思います。

この曲の建さんのアレンジ、一番の目玉は3’13”あたり、狂おしく噛み込んでくるヴァイオリンでしょう。
シンセの音であれば考察内容も全然違ってくるのですが、これは明らかに生のヴァイオリンなんですね。こういう曲に生のヴァイオリンをカマす、という時点で「ビバ!ニューウェイヴ!」で、建さんのセンスが炸裂しています。しかもこのヴァイオリンが、あまりにブッ飛んだ熱演にして名演ですから。
で、手持ちの『SINGLE COLLECTION BOX』で見ても、この『きめてやる今夜/枯葉のように囁いて』には演奏者クレジットの掲載がありません。
シングル盤をリアルタイムで購入された先輩方の中にも「このヴァイオリンは誰が弾いてるの?」と疑問を抱いた方はいらしたでしょうね。

その点について、僕と同世代ながらジュリーファンとしては大先輩でいらっしゃるkeinatumeg様の素晴らしい御記事をここで参照させてください(
こちら)。

keinatumeg様はいくつかの材料からこのヴァイオリン奏者を、建さんと深い関わりを持つムーンライダースの武川雅寛さんではないか、と推測されています。記事を拝見し、僕もきっとそうに違いないと思いました。
ところが、ですよ。
同年リリースのアルバム『JULIE SONG CALENDER』収録、武川さんのヴァイオリンをフィーチャーした「裏切り者と朝食を」あたりと比べてみて「枯葉のように囁いて」が明らかに異質なのは、ヴァイオリンのジュリーの・ヴォーカルとの絡み方です。
ヴォーカルもヴァイオリンも、それぞれ互いのトラックを「ガン無視」状態・・・そもそも「ジュリーの歌メロに絡む」となればヴァイオリンのフレーズ自体こうはならないだろう、とアレンジフェチの僕は思うのです。両方表メロ、という感じになっていますからね。
「あれよあれよとあなたは♪」のあたりでは、一部分だけヴォーカルのメロディーとユニゾンしています。通常のバッキング・アレンジではあり得ないことです。

そこで、ヴァイオリンが噛んでくる直前のヴァースの繋ぎ目をよく聴いてみましょう。
ジュリーのヴォーカル「思ったのに♪」の語尾と、「愛が枯葉に♪」の出だしがクロスしています!
つまり、基本「一発録り」で歌うジュリーをして、この曲では何故か「愛が枯葉に♪」以降のヴォーカルを別トラックで後から重ね録りした、ということになります。
これはどうしたことでしょう?

ここで僕の得意の推測(邪推)となるわけですが・・・この曲、建さんの当初のアレンジ構想は、「間奏」としてのヴァイオリン・ソロありき、で組み立てられていたのではないでしょうか。
すなわち、ヴァイオリンが鳴っているBメロと同進行のヴァースが丸々「間奏」で、その後にジュリーの最後のダメ押し「ああ、今止めようと思ったのに♪」のリフレインで曲が終わる、という仕上がりです。

ところが、最終段階でゲスト(おそらく武川さん)のヴァイオリン・ソロを追加録音してみると・・・「ここはヴァイオリンにかぶせてジュリーの歌があった方が面白いのでは?」と建さんがアイデアを変更、「間奏」予定だった箇所から改めてジュリーが歌ったセカンド・トラックを以て曲が完成した・・・これが僕の推測。
その結果、「ジュリーのヴォーカルは主人公の男性」「狂おしいヴァイオリンは部屋を出ていった相手の女性」・・・と、2人それぞれの心情を文字通りくんずほぐれつで体現しきった素晴らしい異色のアレンジ・テイクが誕生した、というわけ。

深読みかもしれないけれど、ジュリーが敢えてリード・ヴォーカルを2度に分けて録った理由が、僕には他に見つけられないのです。
いかがでしょうか?


さて、数日中には夏からの全国ツアー・インフォメーションが届きますね。
日程を目にしたら一層期待は膨らみ、どんなセットリストになるのかワクワクしてくるのでしょう。

今日採り上げたのはB面曲ですが、このシングルのA面「きめてやる今夜」は果たして歌われるでしょうか。仮に「1年1曲」というセレクトだとすると、83年からは「晴れのちBLUE BOY」が最有力。でも僕は「きめてやる今夜」をまだ生で聴いたことがないので、セトリ入りへの期待もとても大きいのです。
ジュリー、歌ってくれないかなぁ?


それでは、オマケです!
今日は83年の2つの資料をお届けます。
まずは、福岡の先輩よりお預かりしている『ヤング』バックナンバーの中から、83年9月号です。


830901

830902

830903

830904

830905

830906

シングル『きめてやる今夜/枯葉のように囁いて』は、アルバム『女たちよ』と同時期だったんですね。こういうことも、後追いファンの僕は資料などで確認し、頭に入れてゆくしかありません。
で、『女たちよ』と言えば・・・最近、同い年の男性ジュリーファンの方からお借りした資料があるんですよ。僅か2ページではありますが、貴重な内容です。
83年発行のキーボード専門誌『KEYPLE』から!


Keyple8301

Keyple8302

僕はこんな雑誌があったことすら先日初めて知ったのですが、いかにもキーボード誌らしい切り口の記事はとても面白いと思いました。


では次回更新は・・・新譜リリースの11日の前になんとかあと1曲、ギリギリになるとは思いますが書いておきたい曲があります。

今では「師」と仰ぐまでに親しくさせて頂いている先輩からリクエストを頂いたのは、もうずいぶん前のこと。
なかなか書けなかったのは、曲が収録されているアルバムの僕自身の評価が遅れまくっていたこと。そして「ヴァージョン違い」の音源が聴けていないこと。
無念ではありますが、結局ヴァージョン違いの「シングルB面」音源は未聴のまま記事を書くことにしました。ホント、CO-CoLO期まで含んだ『B面コレクション』発売祈願!の気持ちも込めて書きたいと思っています。

ということで次回、久々のCO-CoLOナンバーです!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

PYG 「淋しさをわかりかけた時」

『PYG/GOLDEN★BEST』収録
original released on 1971
シングル『自由に歩いて愛して』B面


Pygbest

1. 花・太陽・雨(Single Version)
2. やすらぎを求めて(Single Version)
3. 自由に歩いて愛して
4. 淋しさをわかりかけた時
5. もどらない日々
6. 何もない部屋
7. 遠いふるさとへ
8. おもいでの恋
9. 初めての涙
10. お前と俺
11. 花、太陽、雨(Album Version)
12. やすらぎを求めて(Album Version)
13. ラブ・アンド・ピース・アンド・ホープ
14. 淋しさをわかりかけた時(Live Version)
15. 戻れない道(Live Version)
16. 何もない部屋(Live Version)
17. 自由に歩いて愛して(Live Version)
18. 祈る(Live Version)

---------------------

かまやつひろしさん(ムッシュかまやつさん)が、先の3月1日に亡くなられました。
昨年かまやつさんが入院され病気を公表された時、僕はちょうど人生初の外科手術直前でした。
大変な病気と真正面から向き合い、復活を目指すかまやつさんのお姿に僕は喝を入れられ励まされました。
かまやつさんから勇気を貰い、手術も無事終わって術後の日々が一段落してから、僕は「午前3時のエレベーター」の考察記事を更新、かまやつさんのことをたくさん書きました。
あれからまだ数ヵ月しか経っていない・・・かまやつさんは宣言通りにラジオの仕事もされ、年末には堺正章さんの古希のお祝いに駆けつけるなど、お元気になられたものとばかり思っていました。
突然の旅立ちの知らせは信じられません。

作曲家としてのかまやつさんと言えば、スパイダースをリアルタイムで知らない僕の世代が真っ先に思い浮かべるのは、『はじめ人間ギャートルズ』のオープニング、エンディングの2曲です。
オープニング「はじめ人間ギャートルズ」は、ユーモラスなメロディーにファンキーなリズム、でも土台には武骨なブルース進行がある斬新な名曲。エンディング「やつらの足音のバラード」は、切なくも美しいワルツのメロディーで人類創生が歌われます。いずれも当時から変わらず大好きな曲です。
その後、かまやつさんがジュリーやタイガースに提供した名曲群を知り、スパイダースでの活躍を知り・・・日本のポピュラー音楽の礎を築いたレジェンドだったのだ、と学びました。

訃報があった2日は、ずっと「港の日々」を聴いていました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

☆    ☆    ☆

3月になりました。
祈りの月・・・ジュリーの新譜『ISONOMIA/揺るぎない優しさ』が今年も3月11日にリリースされます。また、澤會さんのツアー・インフォメーションは来週半ばに発送されるとのことで、新曲を聴きながら日程とにらめっこすることになりますね。

今年の新曲は久々の白井良明さん作曲の2曲。
お正月LIVEに1度聴いているとは言え、歌詞やメロディー、アレンジについてはまだ未知数の部分が多く今からCD音源を楽しみにしていますが、新譜発売までのこの3月上旬、拙ブログではこれまでみなさまから頂いていたリクエストお題の中から何とか頑張って3曲を書かせて頂くつもりです。
まず第1弾として、いつも丁寧にブログを読んでくださっている先輩から授かりましたリクエスト曲、PYGの「淋しさをわかりかけた時」を採り上げます。
この曲のリクエストを頂いてからは、ずいぶん時間が経ってしまいました・・・。

そして、今日は「伝授」とは言えない「懺悔」モードがメインの記事となります。
「そんなのつまらない!」とのお声もあるでしょう。でも僕は特にこの数ヶ月、大好きな将棋界の未曾有うの混乱、迷走ぶりを目の当たりにして、「懺悔」「謝罪」がいかに大事なことかを痛感しています。
ほとんどの方はこの将棋界を揺るがす大問題について詳しいことをご存知ないでしょうが、長い将棋ファンの多くが今怒り嘆いているのは、一部の「当事者」である棋士が何故「酷いことを考え、口に出してしまった。ごめんなさい」のひと言を言えないのか、という1点に尽きるのです。しかもそれを言わないのが、悉く僕が普段から個人的に応援してきた棋士達であるという・・・なんともやりきれない思いです。
僕自身が同じではいけません。時間はかかってしまいましたが、今こそ「ごめんなさい」を言う時。
恐縮ながら・・・よろしくおつき合いくださいませ。


Img196

まずは、ちょっと長くなるんですが・・・今日のお題リクエストを先輩から授かり、今回の執筆に至るまでの経緯について書かせてください。

僕のブログ(に向かう心構え)はこれまで幾度かの転機を重ねていますが、その中でも2011年には2度に渡って大きなきっかけがあり、その時に色々と自問自答し考えたことは今も継続して自分に言い聞かせています。
考えたことを具体的に言うと
「読んでくれる人の気持ちを考える」
「己の無知、至らなさを自覚する」
この2点です。シンプルなことではありますが、以前の僕はそれがまるでできていなかったのですよ・・・。
じゃあ今それがうまくいっているかと言うとどうか分かりませんが(自分で「なってなかったなぁ・・・」と思う時もままあります)、常に頭にあることです。

2008年12月の『ジュリー祭り』東京ドーム公演レポートを機に「じゅり風呂」となったこのブログ。有難いことにたくさんの方が訪問してくださるようになりました。
それだけに今振り返って、特に2010年までの記事の中には、大間違いの記述に恥ずかしくて削除してしまいたい、あまりにも失礼な物言いで穴があったら入りたい、と思える記事も多いです。
楽曲考察記事については「あまりにも」と感じる部分を後からこっそり修正することもあるんですけど、問題はLIVEレポート。生ものの記事ですから修正も躊躇われ、自戒も込めてすべてそのままにしてあります。
酷い記述、傲慢な表現・・・とても多いですよ。
記憶の大間違いというだけならまだマシ。例えば2009年『奇跡元年』のレポートで僕は、鉄人バンドのインストのコーナーを平気で「休憩」と書いています。
演奏の諸々を偉そうに薀蓄垂れておきながら、ありえないことですよね。

まぁ、2009年までは「目下勉強中」ということで良かった・・・翌2010年、地方にお住まいの先述の先輩がわざわざ時間を作ってくださり、このブログについてアドバイスをくださるまでの期間は、かなり問題ありでした。
まず僕は同年リリースの新譜『涙色の空』を聴いて「これは凄いことになった」と感じました。
ベースレスの鉄人バンドが、完全に新たな境地に達した、ジュリーは奇跡のバンドを遂に手にした、と。特にタイトルチューン「涙色の空」での「1人1トラック体制」はちょっとこれまで聴いたことがない、こんなふうに音をぶつけてくるバンドは世界中でも他にないとの気持ちが強く、それなのに世間にそれが知られることなく、多くのジュリーファンにも伝わっているのかどうかも分からず・・・「聴くからには真に理解して欲しい」などと偉そうなことを思うようになり、演じ手と聴き手の乖離についてツアー・レポートで書いてしまいました。
「乖離」は実は自分の足元にこそありました。

その先輩は僕の書いたことを「ショックだった」と仰いました。そこで初めて、僕は自身の酷い傲慢に気がつくことになります。
ひとりよがりで調子に乗っていた、自分が見えていなかった、と思い知らされました。

その後しばらく、試行錯誤の時期が続きます。
「失礼のないように」と考えながらブログに向かうようにはなったのですが、具体的に何をどう変えていけばよいのかまでは分からずにいました。
「こう変えよう」と心が決まったのは2011年・・・先述の通り2つの大きな出来事が契機となりました。
ひとつはあの震災です。
遅すぎましたが、ようやく「人の気持ちを考えて書く」ことに思い至りました。自分の考えたこと、思うことを書く前にまずその点を考える・・・それをしないとブログを続けられないほど、あの震災は深刻な出来事でした。
もうひとつの出来事は、”ほぼ虎”という形ではありましたが、初めてザ・タイガースを生体感したこと。
「ロック」のカテゴライズに縛られて音や演奏を追いかけていたのでは見えてこない大切な魅力がここにあるのだ、と半年間の全国ツアーでガツンと知らされたように思います。
僕の想定外のところで「ステージと客席が通じ合う」不思議な雰囲気が漂う公演に何度も遭遇しました。ツアー前に2ケ月使って20曲の考察記事を書いたことも含め、タイガースと真正面から向き合ってみると、自分の至らない点が次々に見えてくるようでした。
何も分かっていないのは僕の方じゃあないか、と。

それからですよ。タイガースでなくとも・・・ジュリーのソロ・コンサートに参加していて、本当に時々ですけど「今、ステージとお客さんの間で特別なことが起こっている。僕はその境地に追いつけていないなぁ」と思う瞬間を感じるようになったのは。
2012年『3月8日の雲~カガヤケイノチ』ツアー後半の「気になるお前」が最初かな。
それまでもきっとあったそんなシーンに、僕は気づけていなかったのですね。
今回は参加叶わず生で体感できませんでしたが、先のお正月の「頑張れ!」エールのシーンもそうだったんじゃないかなぁ、と想像しています。
ジュリー=ロックという考えには今でも変わりありませんし、それどころか「今、世界で一番ロックしている歌手」だと思ってはいますが、今ではそこに「ジュリーはロックというジャンルだけでは括れないけれど」との枕が常に脳内についてきます。この感覚は2011年以降ずっと僕の中にあるものです。

以来、「ロック」を振りかざしたり、自分の考察を絶対のように押しつけることだけはやめよう、と決めました。これは、2010年に先輩が色々とお話くださらなければできなかったことだったかもしれません。御礼が本当に遅れましたが、とても感謝しています。

さて、そこで今日のお題「淋しさをわかりかけた時」。
PYGナンバーの考察は、タイガース以上に僕には難しいのです。当然僕はPYGのステージを生で体感したことがないですし、実はジュリーのデビュー以来の長いファンでいらっしゃる先輩方の中にも、「タイガースのLIVEは観たことがあるけどPYGは機会を逃してしまった」と仰るかたも多いほど。
まして僕などは当時の空気感も想像すら困難。ただただレコーディング音源を聴き込んで色々と考えていくしかないのですが・・・これは何という名曲でしょうか。

1971年リリースという時期を考えても、演奏の完成度はもとより、タイガース解散の記憶も新しいこのタイミングでジュリーはこんな歌を歌っていたのか、との驚き。その声、詞、メロディー、演奏からは美しいほどの切なさが襲ってきます。
これは・・・何だろう?
先述の先輩からリクエストを頂いた際には、リクエスト曲とその時の先輩のお話とは別物と考えていましたが、いやいやそうではなかったのかなぁ、と。
安井かずみさんのこの詞は、「人の気持ちや痛みを考える」内容ともとれるのではないでしょうか。

雨には雨の歌があ  る さ
Gm        Am      Dm  C   F

忘れてたやさしさ ♪
Gm        B♭   F

こちらの気持ちが「晴れ」であっても、相手は「雨」の時もある。雨には雨の歌がある・・・。

愛には愛の明日があ  る よ
Gm        Am         Dm  C    B♭maj7

淋しさをわかり かけた時 ♪
   B♭   Em7-5  A7       Dm

「分かった」ではなく「わかりかけた時」。完全に理解はできていなくとも、「気づき」があれば自分から変わっていける・・・これは、2011年のあの震災と”ほぼ虎”ツアーで僕が悩みながら自分の意思で「変わらなきゃ」と考え過ごした日々と驚くほどリンクします。

この曲はじめ、PYGの演奏は圧倒的にロックです。「ロックバンド」以外の何物でもない・・・だからこそ、当時もしかすると少し前の僕のように、彼等が実際に奏でる音楽とLIVEに訪れるファンの応援のありかたの乖離を書きたてた評論家さんもいたかもしれません(具体的にそのような資料は見たことはないですけど)。
今はそれがまったくナンセンスと分かります。「淋しさをわかりかけた時」の安井さんの詞に、僕はそんなことも改めて教わる思いがします。

・・・と、ここまでは「考察」と言うより個人的に「書いておきたかったこと」です。長々とごめんなさい。
ここからはこの名曲の聴きどころを探ってみましょう。

Sabisisawowakari


今日の参考スコアは、『深夜放送ファン・別冊/沢田研二のすばらしい世界』から。採譜されたコードは相当怪しく誤りだらけですが、本当に貴重な資料です。

まずイントロ、無機質な鐘の音とハモンド・オルガンの低音で「不穏な」感じを受けますね。「花・太陽・雨」でのジョン・レノンの「マザー」のような4拍の重々しいギター連打の印象と重なります。
ところがこのイントロの進行は、曲の最後のハミング部で再度登場。ハモンドの音階が変わり、ハミングのヴォーカル・メロディーが加わるとこうも違うのか!と言うほどの爽快さに驚かされます。
そりゃあそのはず・・・これは、あの「風は知らない」のイントロとまったく同じ進行なのですから。

歌メロが始まると

今  なら話せる傷ついた過去
Dm   C     F       B♭          C   A7

今  なら許せる
Dm   C     F   B♭

あいつ 若い日の憎しみも
      Gm              Am7   Dm   C

今  なら歩ける あの夕陽の丘 ♪
B♭  Am7 F            B♭        C  A7


(ちなみに、『沢田研二の素晴らしい世界』ではAメロの出だしをすべて「Dm→Am→F」で統一していますがこれは二重の意味で誤りです。「今なら許せる」と「今なら歩ける」でコード進行を変えてきているのがPYGの素晴らしい工夫です)

重い歌詞です。
想像でしかありませんが、リアルタイムで聴いたジュリーファン、タイガースファンは、この歌に同年1月24日の記憶を呼び起こされたりしませんでしたか?
新規ファンの僕ですら、この詞を歌うジュリーに「涙」のニュアンスを感じるほど・・・実際、手持ちのCD『GOLDEN★BEST』に収録されているライヴ・ヴァージョンでは、「心では泣いてても」と歌うジュリーの声が涙で震えているように聴こえます。
でも、それがまたジュリー・ヴォーカルと大野さんのメロディーの魅力。背負うものも多い中で、「自分達はこういう音楽をやっていくのだ」との覚悟も感じます。

それにしても、リアルタイムでドーナツ盤のシングル『自由に歩いて愛して』で両面2曲を聴くインパクト、感じられるバンドの気迫は如何ほどだったでしょう。
A面、B面合わせてのコンセプト・シングルという点では、タイガースからのジュリー50年のキャリア中でも突出した1枚かと思います。
PYGの気迫、一体感はこの2曲それぞれのアレンジにも表れていて、間奏ひとつとっても、堯之さん作曲の「自由に歩いて愛して」で大野さんのオルガン・ソロ、大野さん作曲の「淋しさをわかりかけた時」で堯之さんのギター・ソロと、対をなしています。

「淋しさをわかりかけた時」の堯之さんのソロは素晴らしい名演で、「花・太陽・雨」のソロを短期間で進化させたかのようです。
左サイドにギターのコード・カッティングのトラックがありますから、このソロは満を持しての「後録り」でしょう。堯之さんは、チョーキングの際に上弦に触れるかすかな音すら「こう!」とストイックに作りこんでレコーディングに臨んだのではないでしょうか。

それと、これは以前「初めての涙」の記事でも書いたのですが、ジュリーのヴォーカルに身を委ねている時、瞬間瞬間で飛び込んでくるショーケンの声に耳を奪われハッとする、ということがこの「淋しさをわかりかけた時」でも起こります。
例えば1’27”の「明日が♪」のあたり。ショーケン独特の濁音表現の存在感、ハンパないですね。

PYGの曲には、たとえ明るい曲調、前向きな歌詞であってもどこか(良い意味で)影があるように思います。これは、70年代初期洋楽ロックのカウンター・カルチャー色を採り入れているとも言えますし、日本独自のニュー・ロック的な表現であるとも言えます。
苦境の中から立ち上がって行こう、という感覚でしょうか。ですから、ちょっと落ち込んだりしている時に心に染み入ってくる曲が多くなります。

僕はこの「淋しさをわかりかけた時」と「自由に歩いて愛して」の2曲を、2014年のツアー・ファイナル直後によく聴いていました。
ステージで色々とあって僕らジュリーファンの気持ちも沈みがちだったあの時期、この曲を歌う71年のジュリーの声になんとも言えず癒されたものです。
「ただ明るいだけ」の曲ではそうはいかなかったかもなぁ、と思います。

もうひとつ重要だと思えるのは、ジュリーがこの曲を2007年のお正月コンサート『ワイルドボアの平和』で採り上げ、冒頭1曲目で歌っていることです。
『ジュリー祭り』の後、僕は先輩方からタイガースについて色々と教えて頂く機会が多かったのですが、その時「数年前から、ジュリーがピーに会おうとしている」ということを何人もの先輩から伺ったものでした。

タイガースの再結成とかそういうことではなく、長い間疎遠になってしまった友達との再会を望んだジュリー。そんな最中の2007年、「淋しさをわかりかけた時」のような歌をジュリーが歌った、というのは何か深い意味があるようで・・・考え過ぎなのでしょうか。
僕は『ワイルドボアの平和』でジュリーが1曲目に歌った「淋しさをわかりかけた時」をリアルタイムで体感した長いジュリーファンの先輩方が、その時どのような感想を持たれたのかとても気になります。
「おおっ、すごくレアな曲が聴けた!」というそれだけではなかったのではないですか?
コンサートに参加されたみなさま、是非この機にお話を聞かせてください。

今夏からの50周年メモリアル全国ツアー、「シングルばかりを歌う」ということで、ファンは「PYGの曲は歌われるだろうか」と期待を寄せています。
多くの先輩方はその中でも「自由に歩いて愛して」を切望されていますが、どうなるでしょうか。
個人的にはやっぱり「花・太陽・雨」じゃないかなぁと予想しています。
僕が生でPYGナンバーを聴いたのは『ジュリー祭り』の「花・太陽。雨」唯1度。他の曲となるとすべて未体感です。タイガースについてはどうにかこうにか先輩方の後から必死に追いかけ、末席からでもついてはいけてるなぁと思いはじめた僕ですが、PYGは本当に未知のゾーン。気をつけていないと未だにバンド名を「ぴー・わい・じー」と呼んでしまいます(これはYOKO君も同様)。
夏からのツアーで、少しでもPYG追体験の感覚に浸れると嬉しいのですが・・・。


それでは、オマケです!
Mママ様からお預かりしている切り抜き資料の中から、『叫び pyg言行録』をどうぞ~。


Img179

Img180

Img181

Img182

Img183


では、みなさまからのリクエスト週間、次回も「シングルB面」のお題が続きます。
今度はジュリーのソロ、エキゾティクス期の名曲。

僕としては珍しく(汗)、リクエストを頂いてから僅かひと月で書くことになります。
その曲に
は、以前から「書きたい!」と考えていた「アレンジの謎」があるのですよ~。この機に独自の推測でその謎を紐解いていきたいと思っています。
引き続き頑張ります!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

沢田研二 「想い出をつくるために愛するのではない」

from『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』、1978

Love

1. TWO
2. 24時間のバラード
3. アメリカン・バラエティ
4. サンセット広場
5. 想い出をつくるために愛するのではない
6. 赤と黒
7. 雨だれの挽歌
8. 居酒屋
9. 薔薇の門
10. LOVE(抱きしめたい)

---------------------

今日は阿久悠さんのことをたくさん書きたいと思っていますが、タイミング良くTV番組の情報が。
BSプレミアムで放映の『ザ・プロファイラー』が、3月2日に阿久さんの特集を組んでくれるようですね(
こちら)。「時の過ぎゆくままに」「勝手にしやがれ」の話題は(あわよくば映像も)期待できるのではないでしょうか。
是非観てみたいと思います。

阿久=大野=ジュリーのトライアングル黄金期の名曲群・・・みなさまが敢えてその中から「個人的ナンバーワン」を挙げるとすればどの曲ですか?
僕はね、ハッキリしています。
アルバム『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』の中で一番好きな曲であり、すべての阿久さんの作詞作品の中で一番好きな曲をとうとう書く時が来ました。
「想い出をつくるために愛するのではない」、伝授!


真冬に聴くこのアルバムは格別の素晴らしさですが、その最大の魅力は何と言っても「ここまでやるか!」という阿久さんの詞です。
「TWO」も「24時間のバラード」も「アメリカン・バラエティ」も「サンセット広場」も「赤と黒」も「雨だれの挽歌」も「居酒屋」も「薔薇の門」も凄まじいと思う・・・でもやっぱり一番凄いのは「想い出をつくるために愛するのではない」ではないかと僕は思います。
てか、大トリ収録のシングル曲「LOVE(抱きしめたい)」・・・ジュリー・シングルの中でも最強に主人公のダメージ度が高い曲が普通のラヴソングに聴こえてしまうアルバムってどれほどなの?という話。

型破りなまでに斬新かつ挑発的でありながら、完全に大衆に受け入れられ音楽界で圧倒的な支持を得た、というのが阿久さんの詞の凄さです。
「タブー知らず」なその言葉選びが分かりやすく説明できる、ジュリー・ナンバー以外の阿久さんの楽曲をまずここでご紹介しましょう。
1974年に放映された「特撮ヒーロー」子供番組の主題歌ですので、当時小学生男子だった僕と同じ世代の男性ならほとんど知っているはずですが、多くの女性ジュリーファンはご存知ないでしょうか・・・ズバリ『スーパーロボット マッハバロン』の主題歌です(こちら)。

阿久さんの歌詞云々の前に、みなさまはこの歪みまくったエレキギターや、ドラムス鬼のキック連打、ハードなヴォーカル・スタイル、ロックンロールな曲調、グラム・ロックなアレンジにまず驚かれたかと思います。作曲は誰あろう、井上忠夫(大輔)さんです!
で、阿久さんの歌詞、と言うか言葉の選び方がね・・・強烈過ぎませんか?

(悪の天才が)世界征服を夢見たときに
ですよ!
蹂躙されて黙っているか?
ですよ!

こんなフレーズを当時の子供たちは普通に覚えて、歌っていたわけです。「蹂躙」なる言葉の意味を分かっていたかはともかくとして。

さらに話が逸れますが・・・僕は「パチソン」フェチです。
「パチソン」・・・これも昭和の素晴らしい文化のひとつで、当時、子供向けの特撮やアニメなどのテレビ番組幾多の主題歌を、名もないバンドが耳コピで演奏、歌唱しレコーディングしたものを、怪しげなイラストが描かれたレコード、或いはカセットテープに編集されて全国各地のスーパーやデパートで安価で叩き売られている、ということがあったのです。
もちろん「本物」とは違うヴァージョンですから、何も知らずにお母さんが買ってきたレコードを聴いて子供たちは「なんか違う~」と思いながらも楽しんでいたのですね。原曲と比べるとヴォーカルのメロディーがおかしな抑揚になっていたり、ここぞとばかりにバンドが好き放題なアレンジ解釈の主張をしていたりと、バンドの数だけ怪作、迷作が多く生み出されています。
ちなみに僕も母に買って貰った『あつまれ!テレビまんが』というパチソンLPを持っていました(今も実家にあるかどうかは未確認)。すべて「ファットロマンサーズ」なるバンドの演奏。「マジンガーZ」「アイアンキング」「デビルマンのうた」が特に凄いですが、その醍醐味を理解したのは高校生になってからでした。

そんな中、パチソン・マニアの間で「永久保存版」と言われているのが『マッハバロン』のそれです。
僕がこのパチソン・ヴァージョンの存在を知ったのはほんの数年前のことで、たまたまYou Tubeで見つけて聴いた時にはひっくり返りました。
酔っ払って風呂場にカラオケ・セットを持ち込んで歌ったかのようなリード・ヴォーカル、最初のカウント出したメンバーの遅すぎたテンポを信じられないほど忠実にキープする演奏、あまりに陽気なアレンジ解釈のキーボードも凄いんだけど、まぁとにかくここは、歌詞に注意して聴いてみてくださいよ(こちら)。

耳コピが招いた大惨事。
そりゃあ、世界征服を夢見る悪の天才が突然チューニングを始めたら僕も黙っちゃいないけどさ・・・。
でもね、これは逆に阿久さんの凄さを物語っているとも言えるんです。「あの阿久悠さんが書いた詞だよ。子供番組の主題歌だからと言ってナメていたら大変なことになるよ」という実例なのですから。

同じことは、『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』というアルバム、「想い出をつくるために愛するのではない」という名曲についても言えます。プロフェッショナルが心血注いだ歌謡曲をナメてはいかん、と。
僕は次回更新で本格的な「懺悔」モードの記事を1本書くつもりでいます。と言うのも、数年前までの僕はやたらと「ロック」を振りかざしてずいぶん不遜、傲慢な文章をこのブログで書いていました。さらにそれ以前となると、ハッキリ「歌謡曲」なるジャンルを「ロック」から2、3段下に見ていたと思います。
それを翻したのがジュリーの『今度は、華麗な宴にどうぞ』との出逢いであり、トドメが『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』でした。
阿久さんの詞だけとっても、これはロック以上にロックではないか、と。でも、世のジャンル・カテゴライズは「歌謡曲」。それで良い、それが良いのです・・・最強の歌謡曲、ここにあり!です。

阿久さんはこの曲で「2年3ヵ月つきあってきた彼女と別れた」と、要約するならば1行で済むシチュエーションをどこまで拡げられるか、というテーマに挑戦しているように思われます。
まぁ阿久さんが書いたのですからこの物語の中の主人公と彼女の関係はかなり特殊で禁断的なものではあるのでしょうがそれはさておき、「情景」を映し出す言葉も、「気持ち」を表す言葉も神出鬼没、縦横無尽に散りばめられ、濃縮され繋げられて、まるで映画を1本観ているかのような名篇。

夏の日の帽子 くるくると風に舞った
   Am                   G

まぶしさを失い 落ちて行く夕陽は
      F                     Em

生きることを恥じている
Dm       E7       Am       Am9

妥協なく畳みかけられる阿久さんの言葉。
真冬の情景に「夏の日の帽子」を登場させる手法は、同アルバム収録の「雨だれの挽歌」でも「あなたの肌の熱さ」から真冬の凍える寒さを描いた阿久さんならではの神技です。
「想い出をつくるために愛するのではない」と「雨だれの挽歌」は主人公の置かれた状況がよく似ていて、「ホテル」が共通のフレーズなのですが、当然ながら別の物語でホテルの場所も違いますね。「雨だれの挽歌」は外に出ればすぐメトロの駅まで歩いていけますから「都会」でしょう。一方「想い出をつくるために愛するのではない」は窓から冬の海が一望できる「地方」・・・おそらく、夏には旅客で賑わう観光地なんだけど冬は閑散としている「○○岬」といったところでしょうか。

で、主人公は1人ホテルの部屋で夕刻から夜にかけてを過ごしていますが、「昨日」の時点・・・いや、当日のお昼までは彼女と一緒だった、と想像できます。
別れの直後にイーグルスを聴きながら5杯目のウイスキーを飲む主人公。とは言っても聴いているイーグルス・ナンバーは「ホテル・カリフォルニア」ではなさそうです。「呪われた夜」「駆け足の人生」あたりかな。
そして

想い出をつくるために
   Am                Dm

愛するのではないのです ♪
   Am           Em         Am
   
阿久さん、容赦無し!
久世さんにしても阿久さんにしても、ジュリーを愛する天才って、美しいジュリーをトコトン痛めつけ傷つけることで心身が燃え上がったりするのでしょうか。

そして、主人公のダメージを「これでもか!」と追い込んでいるのは、アレンジと演奏も同様です。
『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』には、羽田健太郎さんをはじめとする天才肌ミュージシャンの演奏だからこその素晴らしさがあって、スコアに忠実でありながらそれ以上と言うのか、「どういう曲である」ということを踏まえて音が出ているように思えます。
特にチェロが凄い!情念、恩讐すら感じます。
そして船山基紀さんのアレンジ。一番最後のダメ押しリフレインで、各楽器が音量と手数を下げ、サ~ッと後方に退いていきますよね。とり残され、徹底的な孤独を強いられるジュリーのヴォーカルが、主人公のダメージをダイレクトに伝えてきます。

でも。
この恩讐じみたダメージ・ソングにあって、ジュリーのヴォーカルと大野さんのメロディーだけは「ノーマル」。それはまるで悪戯を企み盛り上がっている仲間連中を無言で手助けしているような・・・それでいてジュリーと大野さん無くしてその企みは成就しないという確信を持った「余裕」とも言えます。
「受け入れている」のではない、「突き抜けたノーマルの余裕」だと僕には思えるのです。
ジュリーのヴォーカルも大野さんのメロディーもひたすらに美しく気高く、俯瞰力に満ちています。このアンバランスこそが「想い出をつくるために愛するのではない」、ひいてはアルバム『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと~』の個性であり魅力ではないでしょうか。
こんな歌、「70年代歌謡曲の王者」ジュリー以外で成立するでしょうか?少なくとも並の歌手では阿久さんに飲み込まれてしまうでしょう。

正に、「狂乱の70年代」と格闘してきた阿久さんが、ジュリーという奇跡のようにノーマルな天才の歌で「時代」を映し出した名曲なのだと思います。

アルバム『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』は、僕の周囲のJ先輩やJ友さん達の間でハッキリ好みが分かれる作品のようです。
「好みでない」と仰る方々から多く聞かれるのが「くどい」というご感想。う~ん、確かに「くどい」です。また、「ド歌謡曲」と評する方々もいらっしゃいます。うん、確かにそれはその通り。
でも僕は個人的に、突出したもの、やり過ぎたもの、突き抜けたものが大好きです。
ジュリーの幾多の名盤の中で、『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』の「突き抜け度」は最高級だと思います。昭和の偉大な「歌謡曲」が産み落とした形見のような1枚ではないか、とも思っています。大好物です。

ただ・・・ジュリー本人がこのアルバムをどう思っているかはまた別の話で。
たぶん、好きではないでしょうね(笑)。
このアルバムから、「LOVE(抱きしめたい)」以外の曲をこの先のジュリーLIVE・セットリストで体感するというのは、夢のまた夢でしょうか・・・。


それでは、オマケです!
今日は、記事お題収録アルバム『LOVE~愛とは不幸をおそれないこと』リリースと時期こそ異なりますが、同じ78年の資料ということで・・・いつもお世話になっている先輩に以前お借りしてスキャンさせて頂いた、『JULIE ON STAGE '78』パンフレットからどうぞ~。


78jan01

78jan02

78jan03

78jan14

78jan07

78jan08

77年末に日本レコード大賞を見事受賞し、明けてのお正月LIVEですよね。有名な「もろた節」を披露してくれたのは、このツアーだったのでしょうか。


さて次回更新は・・・。
今月はここまで「3日に1曲」を自分に課して頑張ってきましたが、2月は勤務先の決算月ということで月末から翌3月頭までは帰宅も遅く、下書きに集中する時間がとれません。ですので1週間ほど更新間隔を空けることになるかと思います。

来月3月11日には待望の新譜『ISONOMIA/揺るぎない優しさ』が発売となります。それまでの3月上旬、溜まりに溜まっているみなさまからのリクエストの中から3曲のお題を選び、この機に書かせて頂くつもりです。
まず次回は、今日の本文中で少し触れました通り、ちょっと「懺悔」モードの記事となります。

2010年に僕のブログの至らなさや欠点について親身にアドバイスしてくださったJ先輩が、その時宿題のようにリクエストしてくださった曲を遂に書こうと決意。
「今なら話せる」・・・あの頃の自分を振り返って。
と、思わず歌詞フレーズのヒントを書いてしまいましたが、次回、PYGのお題でお会いしましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

沢田研二 「夢見る時間が過ぎたら」

from『明日は晴れる』、2003

Asitahahareru

1. 明日は晴れる
2. 違いのわかる男
3. 睡蓮
4. Rock 黄 Wind
5. 甘い印象
6. Silence Love
7. Hot! Spring
8. ひぃ・ふぅ・みぃ・よ
9. 100倍の愛しさ
10. 夢見る時間が過ぎたら

--------------------

先の日曜日は『熱中世代』のことを見事に忘れていて、前回記事を更新した後にじゅり風呂巡りをして「ああっ、そうだった!」と地団駄を踏んだDYNAMITEです。
番組はとても素敵な内容だったようですね。次は忘れないようにしないと・・・。


さて、矢継ぎ早の更新が続きます。
本当に偶然なんですが、このところ藤公之介さん、及川恒平さん、尾上文さんと男性作詞作品のお題が続いていて、今日書こうとしている曲もそうなのです。
昨年は「女性作詞ジュリー・ナンバーの旅」シリーズを書いていたことがあります。はからずも今は「男性作詞ジュリー・ナンバーの旅」をしている感覚。

ただ、今日のお題は特殊な1曲です。なにせ「2000年代の男性作詞作品」なのですから・・・ジュリーファンならば、それがどれほど稀なことかは分かりますよね。

2003年リリースのアルバム『明日は晴れる』の中で僕が最も好きな名曲です(CD購入直後は「違いのわかる男」に、”ほぼ虎”武道館公演直後は「Silence Love」にその座を譲る時期もありましたが)。
「夢見る時間(とき)が過ぎたら」、伝授!


1995年のアルバム『sur←』以降現在まで、セルフプロデュースによる新譜製作を続けているジュリー。
みなさまご存知のようにこの95年を機にジュリーは、「自作詞曲以外は基本的に女性に詞を書いて貰う」というスタンスを貫いています(act、音楽劇は除く)。

例外は、まずTEA FOR THREE、及び「Long Good-bye」のサリー、さらにはジュリーwithザ・ワイルドワンズの吉田Qさん(「涙がこぼれちゃう」「いつかの”熱視線ギャル”」の2篇)、そしてアルバム『明日は晴れる』で伊集院静さんが提供した「甘い印象」そして「夢見る時間が過ぎたら」の2篇ということになります。
僕としてはそこにもう1曲、ジュリーwithザ・ワイルドワンズの「プロフィール」を加えておきたい・・・この曲の作詞クレジット「Sunset-Oil」が一体誰の(或いは数人合作の)ペンネームなのかは未だ謎のままですが、僕にはこれ、男性が書いたとしか思えないんですよ。お互いに年齢を重ねてきた男性の長い友人同士が、人生のエールを送り送られ「まだまだ、これから!」という。
さらにそのアプローチは、伊集院さんの「夢見る時間が過ぎたら」ととてもよく似ているのです。
もし「伊集院さん=Sunset-Oil」だと言われても僕は驚きません。まぁさすがにそれはナイでしょうけど・・・。

前々回更新「絹の部屋」の記事で僕は「男性である、という時点で”官能のジュリー・バラードを聴く際にハンデがある」と書きました。
その一方で、「プロフィール」や「夢見る時間が過ぎたら」あたりは、「男性ファンだから勝手に詞の内容を妄想できる」面もあるかと思います。ただし、僕のようにジュリーと年齢が離れていては残念ながら不充分。
どういうことかと言うと・・・。

ジュリーという人は間違いなく「男が惚れる男」です。
想像するに、そうした親愛の情はジュリーと年齢が近い男性ファン、業界のプロフェッショナルをして
この男とダチになりたい
との願望を抱かせるのではないでしょうか。
ジュリーより18コも年少の僕には、ここにも大きなハンデがあると言えます。

伊集院さんは1950年生まれですからジュリーと同世代ですよね。もちろんリアルタイムでデビュー以来のジュリーの活躍を知っていらっしゃる。
加えてアルバム『明日は晴れる』には、パッケージに謳われている通り「沢田研二・芸能生活35年突破記念」というコンセプトがあったわけです。
このタイミングで同姓、同世代の伊集院さんがジュリーに作詞提供するとなれば、2人互いに50歳を越えた今、「親愛なる友人に向けて、この先の人生のエールを送る」類の作品が生まれることは自然、必然だったのではないでしょうか。

では、「夢見る時間(とき)が過ぎたら」とは具体的にどのような「時」を指すのでしょう。
おもに男性についてよく言われるのが
「青年は未来を夢見る。老人は過去を夢見る」
という言葉。
僕も昨年の12月20日をもっていよいよ50代に突入、その感覚が分かってくる年齢になりました。特に僕の場合は、錆びれた田舎町からわざわざ東京まで出てきて30年以上が経ちますからね。

故郷・鹿児島の小さな高校のクラスメイトからは、僕も含めて3人の男子が未来を夢見て上京しました。
1人は僕と同じ大学を出て今は大手出版社の編集長となり、業界では有名な「企画仕掛け人」として活躍中。もう1人は防衛大学を出て自衛官となり艦長にまで出世、世界を駆け回っています。
故郷を離れ文字通り「ひと旗揚げた」誇れる友人達。
対してこの僕はと言えば・・・上京以来好きなことばかりに熱中し続け、小さな会社勤めでごくごく平凡な日々を今も都会で送り続けています。
まぁ僕の場合はそれが身の丈に合っていますし何の不満があるわけでもないのですが、将来高々と掲げるために用意して故郷から持ってきていた「旗」をそろそろ畳んで片付けようか、という頃合です。
ってことは、僕の「夢見る時間」は過ぎた・・・のかなぁ。

ジュリーはどうでしょう。
思い出すのは『ジュリー祭り』でのMCです。僕は2008年12月3日の時点ではその言葉がよく飲み込めなかったのですが・・・「自分は、”夢を見る”ようなタイプの人間じゃない」とした上で「でも、夢を見させて貰った」と。これまでの歌人生で関わったすべての人達、お客さんへの感謝を口にしたのだ、とその後ジュリーの歴史を勉強して僕にもそのMCの深さが分かってきました。

確かにジュリーは「旗を掲げる」ということで言えばとてつもない実績を残してきた歌手ですが、「大志」はあっても「野心を抱く」タイプではありません。ただ、そんなジュリーが「もうひと旗」掲げたい、と考えた時期があったとするなら・・・後追いファンの僕の考えなので間違っているかもしれませんが、たぶんそれは2001年。
新年のコンサートで過去のヒット曲をたくさん歌ったこと、積極的にテレビ出演に乗り出していったこと・・・ファンとしては「ジュリーが再び表舞台に立とうとしている」とハッキリ感じていた時期だったのでは?

でも、当時の「表舞台」の現場とジュリー自身の「やりたいこと」には想定以上の乖離があったのかな。

いい加減うんざりだろう 時代の青臭   さ
F#m     E         D   A     D     A    F#dim  C#7

今すぐ部屋を 飛び出せ もう止まらない ♪
F#m   E(onG#)   A         G               E

「夢見る時間」は過ぎた、と思いはしなかったでしょうが、ジュリーはまるで大きな反動のように、その後は「自分のやりたいこと」に明確に向かっていきます。
伊集院さんの「夢見る時間が過ぎたら」は、はからずも2002年のジュリー・レーベル設立前後のジュリーを物語っているように僕には思われます。

好きにするさ    誰も止めな  い
C#m         Dmaj7   C#m7    Em7  A7

伊集院さんが「ジュリーとは長年の友人同士」という状況を作品で実現させて
「お前がイイ男だってことは俺がよく知ってる。世間や年齢に縛られる年はもう過ぎたな。これからは自由に、自分の好きに生きろよ」
とメッセージを贈る・・・こういうのは男性ファン独特の歌詞解釈(妄想)じゃないですか?

実際のジュリーはさらにその後、2008年の『ジュリー祭り』2大ドーム公演を大成功させ、「夢を見させて貰った」以降の人気再燃はめざましいものがあります。
僕もその過程で虜にさせられた1人。ジュリー自身が「夢を見ない」人としても、僕らファンはジュリーが歌い続けてくれる限り「過去も未来も同時に夢見る」ことができるわけで、こんな幸せなことはありません。

あと、もう1点伊集院さんの歌詞から思いついたことがあります。
僕はお正月LIVEのレポートを書き終えると、近々の執筆意欲を持つ20曲を選んで1枚のCDに纏め通勤や仕事中の移動時間に聴き込んでいますが、先日「恋がしたいな」の記事を書き終えた直後、「夢見る時間が過ぎたら」を聴いていてふと気づきました。
「恋がしたいな」の主人公って、伊集院さんの言う「夢見る時間(とき)」を過ぎたばかりの、ごく普通の男性なのかな、と。
僕は記事中で大胆な「クローン・アンドロイド説」をブチ上げましたけど、「はて、旗を畳んで、これからどう生きようか」と立ち止まって考えこんでいる平凡な人間のさりげない衝動を描いた物語なのではないか、と考えたのです。いかがでしょうか。
まぁ、クローン説もとり下げませんけどね(笑)。

長々と歌詞解釈を書きましたが、僕がこの曲を好きなのは当然「曲が素晴らしい」からです。白井さんの作曲、アレンジについても書いておきましょう(「夢見る時間が過ぎたら」のような名曲を改めて聴くと、今年からジュリーの新譜レコーディングに再登板となった白井さんへの期待は高まるばかりです)。

アルバム『明日は晴れる』は、90年代後半から徐々に押し進められてきたジュリーの「エレキ・サウンドのロック」嗜好を存分に反映させた、ハードでゴッツい名盤であることは確かです。でも、前後の『忘却の天才』『CROQUEMADAME & HOTCAKES』『greenboy』と比較するとかなり特殊な1枚でもあります。
これは以前「Silence Love」の記事で少し触れたのですが、このアルバムの収録曲は、「アコギでロックするパワー・ポップ」率が高いんですよ。
例えば「Silence Love」には、エレキギターは一切使われていません。それでも「ハード」ですし爆音感も凄い・・・それがアルバム最大の個性でもあります。

90年代のオルタナから派生していった、「ブ厚いサウンドなのにビートルズライク」というファストボール、オーズリー、メリーメーカーズといった各国の頼もしい連中が志向した「パワー・ポップ」の手法。その中でも僕が好むのが、ポップなメロディーを敢えてアコギで重厚に表現して魅せる音作りです。
「夢見る時間が過ぎたら」はその王道のようなアレンジで、アコギのストロークにエレキが明快なリフとバッキングを両刀で味付け。その上でベースの低音は効きまくり、という完璧な仕上がりです。
もちろんメロディーの素晴らしさは大前提。僕は最初にこの胸キュンなAメロを聴いた時、ニック・ロウが在籍していたバンド、ブリンズレー・シュウォーツの名曲「銀の拳銃」(リンク貼りたかったけどYou Tubeで見つけられず・・・本当にAメロはよく似た雰囲気なんです)を思い出し、一発で気に入ったものでした。

錆びれたホテルの窓辺 ♪
F#m       E          D  A

長調の曲の歌メロがマイナー・コードから入るというのがね、「来た来た!」って感じで。
エンディングにドラムスが残るアイデアは何か洋楽のオマージュ元がありそうですが、今は思い出せません(涙)。いずれにしても、アルバム『明日は晴れる』はこの曲のこのアレンジで終わるのが良いんですよね~。


加えて、白井さんのこのアレンジには「邦楽ならでは」の素晴らしさもあります。
それは、エレキギターの音色設定。
長いジュリーファンの先輩方はリアルタイムでこの曲のイントロのエレキを聴いて、どこか懐かしい感じを受けませんでしたか?過去のジュリー・ナンバーで言うと「午前三時のエレベーター」のそれによく似ていますね。
そう、つまりこれは「GS回帰」の名曲でもあるのです。
ジュリーのヴォーカルにも、若い日々を穏やかに思い出しているような印象を受けます。かと言って実際に若かったらこういう曲を歌えたかどうか。
この暖かさは50代ジュリーのものですよね。まるで僕らがジュリーからのエールを貰っているようで。
こうなると僕が妄想した「男同士の友情」などという括りは越えてきます。僕の場合この名曲の真の意味はきっと、これから年を重ねて染み入ってくるのかな・・・。

ということで、「夢見る時間が過ぎたら」は2000年代ジュリーの名曲群の中でも特に先輩方の人気が高い曲、と僕は想像しているのですがいかがでしょうか。

アルバム『明日は晴れる』から僕がこれまで生のLIVEで体感できているのは、「明日は晴れる」「睡蓮」「Rock 黄 Wind」の3曲。
「夢見る時間が過ぎたら」はじめ、そろそろ他の曲も・・・と切望しています。
とりあえず今年のツアーを考えると、このアルバムからのシングル・カットはタイトル・チューンの「明日は晴れる」・・・これはジュリーが選ぶ「50曲」の中に入ってくるんじゃないかな。
『ジュリー祭り』の80曲からは漏れたけど、その後2度のツアーで歌われていますし、ジュリーのお気に入りであることは間違いありません。
2000年代シングルの中、「耒タルベキ素敵」「明日は晴れる」「greenboy」「ROCK'N ROLL MARCH」の4曲はセットリスト入り鉄板、と僕は予想します。
いずれもジュリー自身が50周年を「シングル」で振り返った時、重要な1曲なのではないでしょうか。


それでは、オマケです!
今日は大分の先輩よりお預かりしている切り抜き資料から、2003年発行『東京人』の記事をどうぞ~。


2003tokyo1

2003tokyo2

2003tokyo3

2003tokyo4

2003tokyo5

2003tokyo6


それでは次回更新は・・・せっかくですので「男性作詞ジュリー・ナンバーの旅」をもう1曲だけ続けます。

ジュリーと深い関わりを持つ男性作詞家と言えば、やはり一番に挙げられるのは阿久悠さん。
ちょうど、冬が終わる前に書いておきたかった名篇にして名曲があります。
ジュリー・ナンバーの中でも特に重たい曲なのですが、個人的には「すべての阿久=大野作品の中で最も好きな曲」ですので、暗い記事にはならないでしょう。
どうぞお楽しみに!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

沢田研二 「PLANET」

from『単純な永遠』、1990

Sinpurunaeienn

1. a・b・c...i love you
2. 世界はUp & Fall
3. PLANET
4. プライド
5. 光線
6. New Song
7. この僕が消える時
8. 不安にさせよう
9. 気にしてない
10. ジェラシーが濡れてゆく
11. 月のギター
12. 単純な永遠

---------------------

今日は「”恥ずかしながら今さら知った”シリーズ」といったところでしょうか。

ここまで50年のジュリーの歴史、後追いで勉強してゆくのは大変ながらも本当に楽しい作業です。
そんな中、たまに「もう完全に血肉とした」つもりでいた名曲にまつわるエピソードを新たに知って「えっ、そうだったの?」と驚くことがあります。その度にジュリーの歴史の偉大さのみならず、ジュリーの名曲に関わった多くの人達の素晴らしさを知ることになるのですが、今日の記事は正にそんなお話となります。

採り上げるお題は、アルバム『単純な永遠』から「PLANET」です。早速伝授!


僕は、アルバム『単純な永遠』を大好きになるまでに結構時間がかかっています。
購入したのは2006年でしたか、”第一次ジュリー堕ち期”でポリドール時代のアルバムのリマスター再発盤をすべて買い終えた後のこと。
ポリドール以降のアルバムも一応聴いてみるか、と思い『REALLY LOVE YA !!』に続いて購入したが『単純な永遠』だったのですが、まず初聴で感じたのが「さすがに過剰プロデュースなのでは」と。
何故その時もっとよく聴きこまなかったのか自分自身でもサッパリ分からなくなっているんですけど、とにかく当時は数回聴いて放り投げてしまいました。
本当に恥ずかしいことです。だって僕は今、その「過剰さ」こそがこのアルバム最大の魅力だと思っているくらいなのですから。

2008年に『ジュリー祭り』を体感し、”第二次ジュリー堕ち期”に突入(”第三次”はやってきません。第二次がこの先永遠に続くからです)。直後はとにかく膨大な枚数の未聴のアルバムを買い漁り血肉とすることに終始したので、「既に購入済み」であった『単純な永遠』の再評価は遅れまくりました。
2009年、このブログが「じゅり風呂」として軌道に乗ってきたそんなある日、どういう経緯だったかは覚えていませんが、確か「月のギター」の記事を書こうとしたこともありCDを部屋で流していたところ・・・
突然「こ、これは大変な名盤じゃないか!」と何だか説明しようもない感覚が「降りて」きました。
あっという間に『単純な永遠』は「EMI期の中で1番好きなアルバム」に昇格、現在に至っています。

ただ、正当な評価こそ遅れましたが初聴時から「おっ、この曲は素晴らしいな」と贔屓に思っていた収録曲が2曲ありました。
「PLANET」と「プライド」です(もちろん今でも特に大好きな2曲です。ただしアルバム収録曲の「好き」1番手は、2009年から「気にしてない」で不動)。

僕は感性が鋭い方ではないので、まったく初めてのロック作品を聴く時、これまで自分の中に溜めこんできた「好みの引き出し」に見合う曲をまず最初に好きになります。「プライド」ではデヴィッド・ボウイのグラム・ロック、そして「PLANET」には「ネオ・モッズ」を想起させられたことが決め手でした。
「ネオ・モッズ」なるジャンルについてはこれまでアルバム『G. S. I LOVE YOU』収録曲の記事中で散々書いてきましたからここでは割愛しますが、「PLANET」はもろにモッズ、というわけではなくて、和製モッズの雄である加藤ひさしさんが提供した曲をいじり倒して最終的にこうなったんだろうなぁ、と思っていました。元々はマートン・パーカス(僕が特に好きなネオ・モッズ・バンドのひとつ)みたいな曲だったんじゃないかな、と。

その考え自体に今も変わりはありません。
ただ1点、僕はずっとこの曲を加藤さんがジュリーの『単純な永遠』のために「書き下ろし」た曲だと思い込んでいたこと・・・いやぁ、大好きな曲だからといって早めに考察記事を書いておかないで良かったですよ。
昨年のある日、本当にたまたま長崎の先輩から教えて頂いた「原曲」の存在。
「PLANET」は、かつて加藤さんが結成、活動していたバンド、THE BIKEの「僕はひどいパラノイア」という曲に新たな歌詞を載せ換えた「カバー」だったのですね。

ザ・ジェットセット、シークレット・アフェアー、ダイレクト・ヒッツ、スクワイア、クリーナーズ・フロム・ヴィーナス、そしてマートン・パーカス・・・僕はこれら洋楽ネオ・モッズ・バンドをパブ・ロック・バンドに負けないくらい愛していますが、長い間邦楽モッズについてはまったく見向きもしていませんでした。
己の無知を自覚させられたのは、瞳みのる&二十二世紀バンドのLIVEを観てJEFFさんに興味を持ち、JEFFさんとNELOさんが在籍するバンド、オレンジズのアルバムを購入した時。
日本にもこんなに素敵なモッズ達がいたのか!と。
でもそれを言うなら僕は和製モッズの第一人者である加藤さん(現・コレクターズ)についてあまりにも知らない・・・(キンクス関連の文章はよく拝見していたのですが)。THE BIKEというバンドもこのPVを教えて頂いて初めて知ったのです。

ジュリーファンの先輩方はとうにご存知かもしれませんが、まずはここで先述の先輩に教えて頂いた「僕はひどいパラノイア」のPVをご視聴ください(こちら)。
これはTHE BIKEのオリジナル・ヴァージョンではなく、2000年代に再録音されたものらしく、PVのストーリーは、この曲を最初に録音してから再録するまでの時間の長さを表現しているのかな。
とにかく1から10までモッズそのもの!な名曲。

ジュリーの「PLANET」に施されているあれやこれやのアレンジ手管をトコトンまで削ぎ落としたらこうなるわけです(いや、順序としてはそれ逆なんですけど)。
ちなみにPVにも登場していますが、モッズが乗るバイクは「ベスパ」というスクーターと決まっています。

Mod5

Mod6


↑ 手持ちのモッズ・コンピレーションのCD裏ジャケより

ウィキによれば、やっぱり加藤さんも乗ってるって。

さて、さらに話が少し逸れますが・・・。
「僕はひどいパラノイア」を知って俄然THE BIKEに興味そそられた僕は、色々とネット検索してみました。そこで拝見したのが、THE BIKEのカバー曲をズラリと紹介してくださっているブログ様。

残念ながらジュリーの「PLANET」についての記述はなかったものの、初めて得る知識に大いに楽しませて頂きまして、その素晴らしい記事中で紹介されていた1曲が、小泉今日子さんの「Heart of the hills」(加藤さん作曲のTHE BIKEのナンバー「TOO SHY BOY」を、小泉さん自身が新たに詞を書き換えてカバー)。
早速聴いてみますと・・・(
こちら)。

これ何と、ギターが下山さんなんですよ!
この曲が収録されている88年リリースの小泉さんのアルバム『BEAT-POP』は名だたるロック・パーソンが演奏を固めているらしく、加藤さんがもうひとつ提供した曲では、ギターが布袋寅泰さんとのこと。
「ルースターズの下山」「ボウイの布袋」として並び立つ両雄が、小泉さんの1枚のアルバム内でギター競演とは凄い。しかもどちらも加藤さんの曲で・・・。
機会あれば通して聴いてみたい1枚です。

「Heart of the hills」(「TOO SHY BOY」)での加藤さんの作曲が、クリーナーズ・フロム・ヴィーナスへのオマージュであることは間違いないと思いますが、下山さんのギターの音色、タッチがクリーナーズそっくりで驚きました。しかも本家より上手いし!
下山さん、やっぱり天才です。

それでは話を戻して(汗)。
ここからは「PLANET」と「僕はひどいパラノイア」の比較考察をしていきたいと思います。

まずは歌詞。尾上文さんが新たにジュリーに書いてくれた詞は最高にカッコイイ(アルバム『単純な永遠』のコンセプトにもピッタリ)ですけど、原曲のオリジナル歌詞部を踏襲している箇所もところどころにあって。
目立つのはサビ部。THE BIKEでは「僕は海、僕は空♪」と歌われるところで、「僕は・・・」の後に世界の都市名を次々に繋げる手法です。
また、この曲最大の肝であるAメロ

夜明けのダイナで
A              F#m

見知らぬ恋におちる baby baby ♪
G                 A        E7

この「baby baby♪」はそのまま残されました。
これが無くてはモッズではない!というほど強烈なキメの「baby♪」をいじらずに採用するとは、さすがのセンスですね。

一方、原曲を一変させている歌詞部で僕が素晴らしいと思うのは、Aメロ2回し目。
オリジナルでは1回し目の「baby baby♪」と同じメロディーで歌われる箇所で、尾上さんは「dancing in the space♪」と載せてきました。これがメチャクチャ良い!
ここは音符割りもメロディーも原曲とは微妙に変わっているんです。作詞家さんがメロディーの解釈まで変えてしまうというパターン。ジュリーの歌の切れ味も併せ、「曲先」ならではの名フレーズではないでしょうか。

あと、最後のヴァースで世界中を駆け回るダメ押しの都市名連呼・・・定かではないんですが、サエキけんぞうさんが「街の名前をひねり出していくのが面白かった」みたいなことを話している映像を以前に観た記憶があるのです。とすれば最後の段階でサエキさんが都市名を付け足し歌詞を仕上げた可能性も。
勘違いかな?
そう言えば、初聴時に気持ちよく曲を聴いていたら「ブエノスアイレス」が「メルセデス」に聴こえて、「はい?」と思って歌詞カードを確認したことがあったなぁ。

で、これらの「都市名連呼」はすべて

かけぬける 僕はPlanet ♪
   A        G              A

という最後の一節に全部纏めてかかってくる・・・こういうレトリックは何か呼び方があるのかなぁ?

続いて、アレンジ、演奏の比較考察を。
これは挙げだすと本当にきりがなくて大長文になってしまいますから、僕が特に惹かれるポイント数点に絞って書いておきましょう。

まずイントロ。「僕はひどいパラノイア」はモッズらしくバシッ!とエレキのコード・リフからスタート。このリフは曲中何度も繰り返され、間奏ではキンクス直系の「リフごと転調」も登場します。
一方ジュリーの「PLANET」は、リフはリフでもアコギの単音とチープに(←褒め言葉です)裏拍を刻むキーボードのかけ合いに変貌。
しかもこのイントロ、最初の8小節だけ転調してます。「PLANET」の歌メロはイ長調ですがここだけは嬰ハ長調(「C#7→A7」2小節ずつで4小節×2)。「イントロだけ転調させる」手法は白井良明さんが「麗しき裏切り」で採用しますが、実は建さんもやってたんですねぇ。

「PLANET」は間奏のギター・ソロも面白くて、「大陸風」な音階での独特のフレージングは、明らかに尾上さんの新たな歌詞を受けて編み出されたソロでしょう。
軌道を外れた遊星が世界各地を駆け巡っている雰囲気、ズバリ!ですよね。

あと、どうしても書いておかなければならないのが2曲のキー設定です。
今回僕は先に「PLANET」の方から採譜しました。先述の通りキーはイ長調で、メロディーの最高音は

行きつくとこなど誰も知らない ♪
F#m                               E

この「知らない♪」の「な」が高いファ#の音。
ジュリーとすれば楽々届く絶好の設定ですから、なめらかにかけ登っていくヴォーカルは当然「素晴らしい」のひと言です。

さて加藤さんはどうだろう、ジュリーより高いのか低いのか、と思いながら「僕はひどいパラノイア」を採譜してみて仰天しました。何とニ長調!
この原曲はジュリーより2音半も高いキーで歌われているのです。最高音は高い「シ」にまで至ります(ちなみに最高音部が登場する箇所は、キーだけでなくコード進行の理屈も2曲で異なります)。
元々モッズって、出せるか出せないか、くらいのギリギリの高音を縦ノリのリズムに載って搾り出すスタイルのヴォーカルが多いとは言え、これは凄まじい・・・声質も合わせ、どうやら加藤さんはデイヴ・デイヴィスばりのハイトーンの持ち主のようですね(キンクスでは、兄貴レイのメイン・ヴォーカルを信じられないほど高いところでハモる弟デイヴのコーラス・ワークが魅力のひとつ)。

ただ、「PLANET」でのジュリーの2音半下げのキー設定は大正解で、先に書いた最高音部のなめらかさもさることながら、中ほどの音域の艶がまた絶品。
「夜明け~のダイ~ナで♪」で「け~♪」「イ~♪」と音階移動しながら音を伸ばす箇所などは、たまらない色気があります。
そしてエンディング・・・最後の最後に「ジュリーのヴォーカルだけ残る」アイデアが素晴らしい!
「僕はひどいパラノイア」の方は王道のリフで終わりますね。2曲ともに、「こういう曲ではフェイド・アウトはしない!」というのがモッズ魂ですかね~。

手持ちのツアーDVDの中、「PLANET」は『1999正月コンサート』でLIVE映像を楽しむことができます(バックは鉄人バンド+依知川さん!「PLANET」では、イントロのリフを、下山さんのエレキと依知川さんのベースのユニゾンで弾くというアレンジ・アイデアに驚嘆)。
この時のセットリストは本当に素晴らしく、「PLANET」以外では「遠い旅」「ハッピー・レディー」「ママとドキドキ」「夜の河を渡る前に」といったレアな70年代の名曲なども歌われます。もう一度こんな感じのセトリでツアーをやってくれないかなぁ、ジュリー。

アルバム『単純な永遠』ということだと、僕が現時点で生で体感できているのは、「a・b・c...i love you」「光線」「ジェラシーが濡れてゆく」「単純な永遠」の4曲。
そこで、今年の全国ツアーでは何としても「世界はUp & Fall」を歌って欲しい(昨年の手術直前、根性無しの僕に勇気をくれた名シングル曲!)ところですが、50曲の枠内に選ばれるかどうかは微妙ですかね・・・。


それでは、オマケです!
昨年J先輩より安価でお譲り頂きました、『単純な永遠』ツアー・パンフレットから数ショットどうぞ~。


199005

199007

199009

199010


では次回更新は、2000年代の名曲を書きたいと思います。まだまだ「アルバムで一番好きな」記事未執筆の曲が残っているのですよ~。


今日は暖かな日曜日でした。こちらは明日も気温は高めの予報です(強風が凄いらしい)。
このまま春になって欲しいですがそうはいかないでしょう。これが三寒四温というやつですか。
2月は勤務先の決算月で、来週からメチャクチャ忙しいのですが、体調に気をつけつつブログ更新ともどもベストを尽くし頑張っていきたいと思います!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

沢田研二 「絹の部屋」

from『架空のオペラ』、1985

Kakuu

1. 指
2. はるかに遠い夢
3. 灰とダイヤモンド
4. 君が泣くのを見た
5. 吟遊詩人
6. 砂漠のバレリーナ
7. 影 -ルーマニアン・ナイト
8. 私生活のない女
9. 絹の部屋

--------------------

矢継ぎ早の更新が続きます。
読む方も大変でしょうが、適当にナナメ読みするとか、午後のおやつの時間のお供にするとか、とにかく気楽におつき合いくださいませ。
なるべくコンパクトに、まいります!

先日のオリコン特番で若き日のジュリーを観ていたせいか・・・ジュリーの「デビュー50周年」を振り返る日々の中で、どうしても自分の「ジュリー愛」が長いファンの先輩方に比べて劣っている、ハンデがある、と感じることが時々あるな、と思い至りました。
新規ファンである、ということももちろんですが、まず僕は男性という時点で大きなハンデを負っている・・・つまり僕は「ジュリーに恋をした経験が無い」のですよ。

もちろん、それをして世のすべての男性ジュリーファンが女性ファンに劣っている、と思ってはいません。特にジュリーと世代の近い男性ファンには、同姓ならではの特別な親愛の情の持ち方があって、そのことはたぶん近々の考察記事お題で触れられると思います。それに、真剣にジュリーに「恋をした」経験を持つ男性ファンも少なからずいらっしゃるのでしょうし・・・。
ここで書いているのはあくまでジュリーよりかなり年下、かつノン気な僕個人に限ってのお話です。

そんなハンデを特に強く感じるのが、「官能のジュリー・バラード」を聴いている時。
ただ、例えば「AFTERMATH」「Pin PointでLove」あたりはもう記事を書き終えていますが、これらは男性視点から「行為軸」(ゲスな表現ですみません)と脳内でリンクさせながら聴ける特性があって、同姓だからこそ「分かる」面もあるかもしれません。
ところが、完全に「ジュリーから誘われている受け手」として聴くしかないほどの官能のバラードとなると、これは女性リスナーの感性に敵わないでしょう。
今日採り上げるのはそんな名曲です。

女性ファンの先輩方に比べて、その素晴らしさがどこまで理解できているか分からない、自分のジュリー愛が劣っていることを自覚せざるを得ない・・・。
それでも、大好きな曲。個人的にはアルバム『架空のオペラ』収録曲の中で一番好きな曲です。
「絹の部屋」、畏れながら伝授!


この曲、何といっても圧倒的なのはジュリーのあのヴォーカルですわな~。
ジュリーはデビューからずっと(「ほぼ虎」のあった2011年以外は)毎年新譜をリリースし続けています。
これは本当に世界に類を見ない凄まじい偉業なのですが、毎年リアルタイムで新譜を追いかけていた先輩方が「たったの1年で前作とはガラリと印象が変わった」と感じた作品がこれまでいくつかあったことでしょう。
中でも、84年の『NON POLICY』から85年の『架空のオペラ』の変化には特に驚いたのではないですか?
これはもう、ジュリーのヴォーカルが違う、それに尽きると思うんですよ。

もちろん84年までのヴォーカルだって素晴らしい。
どちらが優れている、という話ではありません。それに、声や歌い方それ自体は、例えば84年の「シルクの夜」と85年の「絹の部屋」を聴き比べれば自然に繋がっている、なだらかに進化している、と思えます。
『架空のオペラ』の衝撃とは、アレンジやミックスといった「楽曲の作りこみ、仕上げ方がジュリーの声をこうも違えるのか」という1点だと僕は考えています。
エキゾティクスのロックな演奏があって、そこで類稀なセンスでヴォーカリストとしての機能を果たしていたそれまでの手法から、ただただジュリーの歌がそこにある、まずジュリーの声があって伴奏がサポートに徹している、という手法への変化。
劇変ですよね。
ヴァイオリンと掛け合う「灰とダイヤモンド」、実験的なダブル・トラックを採り入れた「影-ルーマニアン・ナイト」と各曲ごとの切り口はそれぞれ違えども、「歌を押し出す」曲の作り込みはアルバム『架空のオペラ』全体のコンセプトであったようです。

「絹の部屋」での大野さんの作曲は、長調のバラード王道中の王道です。
特にAメロのコード進行については、キーやメロディーこそ異なりますがまったく同じ理屈で「愛の出帆」「約束の地」「護られているI LOVE YOU」などの純度の高いジュリー・バラードで採り入れてられています。
普通こういう曲って、仕上げに豪華な装飾をしたくなるものなんですよ。厚いオーケストラを入れたり、満を持して転調させたり、コーラスを重ねたり・・・でも『架空のオペラ』はそういうことを排するところで成立している名盤ではないでしょうか。

「絹の部屋」の場合は、「よくぞコーラスを思い留まったなぁ」と。特にBメロです。

お互いにさりげなく 小さな嘘達を
A♭            B♭        E♭        E♭7

ちりばめて見せるのが
A♭                F7

恋のドラマトウルギー ♪
      B♭            B♭7

耳に心地よく綺麗で覚え易いメロディー。音感に疎い僕ですらここは
「ラ♭ラ♭ラ♭ラ♭ラ♭~、ラ♭ラ♭ソソソ~・・・♪」
と字ハモのメロディーをすぐに脳内で音源に重ねることができます。
でもこの曲は最初から最後まで「あくまでジュリーのメイン・ヴォーカル1本!」なんですよね。

ただし、黒子に徹する演奏も、だからと言ってただ漫然としているわけでは当然なく、個人的にはジュリーのヴォーカルの間隙を縫うホイッスルのような感じのシンセの音色に特に惹かれます。
あと、独特の雰囲気があるベース・・・これは普通のフレットレスでしょうか。それともシンセ?
僕の耳では分かりません。『架空のオペラ』の演奏については未だハッキリしない謎が多いです。

この曲でのジュリーの発声の特徴は、「そっと置く」ように語尾を歌っている箇所が多いこと。
1番Aメロがとにかく凄くて

君の頬で妖しく     輝   く
   E♭        Gm7(onD)  Cm7  Cm7(onB♭)

美しい罠  だ ♪
Fm7  B♭  E♭     A♭  B♭

の「罠だ♪」の「だ」であったり

瞳を閉じ
  A♭

たまらずゆらりと揺れた ♪
                  Fm7      B♭

の「揺れた♪」の「た」であったり。
前年までの「放り投げる」ロックな語尾表現とはまた違う、「そっと置く」としか言いようのない独特の発声感覚。
特に1番では「さぁ、こっちへおいで」というシーンを歌っているわけですからねぇ。凄い凄いと思いながらも、ここが男性の僕には大きなハンデ。
どうですか、先輩方?「罠だ♪」のところで早くも「もう好きにして~」とメロメロになっちゃうものですか?

さて、ジュリーのヴォーカル、大野さんのメロディーと同じく素晴らしいのが及川恒平さんの詞です。
ジュリーが自作詞以外は女性の作詞作品を好むことは周知の事実ですが、当然男性が作詞したジュリー・ナンバーも名篇揃い。個人的には、ジュリー・ナンバーを通して初めてその才を知った及川恒平さんの作詞作品には格別な思い入れがあります。
”第一次ジュリー堕ち期”に購入したアルバム『いくつかの場面』で出逢った「外は吹雪」「人待ち顔」「U.F.O」の3篇には本当に驚いたものです。これほど素晴らしい詩人を今まで知らずにいたのか、と。

「絹の部屋」は『いくつかの場面』収録の3篇とはちょっと空気感が違いますけど、素晴らしさは不変。
煽動性の無い特殊な剥き出しのエロス・・・ズバリ書いてしまいますが、性交渉を「お互いの不自由を喜びあえる」と表現するセンスは只事ではありません。
「男性が聴くにはハンデがある」と書かざるを得ないジュリー官能のバラードを男性の及川さんが作詞している、ということからして既に凄い。

ゆこうよ君 ゆこうよ君
      E♭ Gdim   A♭  Bdim

真夜中の絹の   部屋へ ♪
       E♭     A♭  B♭7   E♭

このサビの詞、歌に自然に身を委ねることのできる女性ジュリーファンの先輩方が本当に羨ましく・・・今日はなかなかに悔しい(?)伝授でございました~。

それにしても。
この数年、年末にお2人のJ先輩との忘年会開催が恒例となっているんですけど、やっぱりその時期にお会いすると「お正月LIVEはどんな曲を歌ってくれるのか」という話題になります。そのたびに
「今回は”絹の部屋”を歌ってくれそうな気がするんですよ。でも僕がセットリスト予想記事で書いちゃうと外れるので敢えて書きません」
などと自信満々に言い続けて一体何年目になるのか(←去年も言った汗)。

ちなみに毎年、お1人の先輩が「”夜のみだらな鳥たち”を歌って欲しいのよ~」と言った後に僕が「いや、可能性が高いのは”絹の部屋”ですよ!」と応える、というのが完全にパターン化しています。ジュリー、どちらもなかなか歌ってくれません(笑)。
果たしてこの先、生のLIVEでその2曲を体感する機会は訪れるのでしょうか。

とにかく、『ジュリー祭り』デビューの僕は『架空のオペラ』収録曲の中ではまだ「砂漠のバレリーナ」1曲しか生で体感できていないのですよ~(その唯一の曲が「砂漠のバレリーナ」ってのがまた凄い話ですが)。
とりあえずは、夏からの全国ツアーで「未体験シングル曲」の一角にして代表格、「灰とダイヤモンド」に期待しています。歌ってくれるよね、ジュリー?


それでは、オマケです!
今日は、これも福岡の先輩からお預かりしている資料で、85年の『アサヒグラフ』をどうぞ~。


85asahi1

85asahi2

85asahi3

85asahi4

85asahi5

85asahi6



ということで、怒涛の更新ペースについていけない方が続出しているかとは思いますが・・・まだまだ手を緩めず攻め続けますよ!
次回お題は、吉田建さんプロデュース期の名曲です。ネオ・モッズについても書くことになるかな~。

各地の雪の被害、その後が心配されます。みなさまお住まいの地は大丈夫でしょうか。
こちらは明日の気温が19℃の予報。暖かい日と寒い日、気温の差が激しい季節になってきたようです。

僕は風邪の症状がようやく治まりました。
今の風邪は一度かかってしまうと咳が長引いて大変ですよ。みなさま、充分お気をつけください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

沢田研二 「恋がしたいな」

from『sur←』、1995

Sur

1. sur←
2. 緑色の部屋
3. ZA ZA ZA
4. 恋がしたいな
5. 時計/夏がいく
6. さよならを待たせて
7. あんじょうやりや
8. 君が嫁いだ景色
9. 泥棒
10. 銀の骨

--------------------

大好きなジュリー・ナンバーをお題にサクサク更新していくシリーズ、第3弾です。
今日は90年代に飛びまして、ジュリーのセルフ・プロデュース最初のアルバム『sur←』から「恋がしたいな」を採り上げたいと思います。

個人的には、アルバムの中では「時計/夏がいく」に次いで2番目に好きな曲(日によって他収録曲に並ばれることもありますけどね)。
CD購入時から変わらず大好きなんですけど、これは全ジュリー・ナンバーの中でも詞・曲とも非常に難解な1曲でもあります。特に覚和歌子さんの歌詞ですね。
不思議な名編で、「答がハッキリ見つからない」ところにまた魅力を感じます。

ずっと前に「I'LL BE ON MY WAY」の考察記事で、三浦徳子さんの歌詞について「唐突に”沈黙が金だぜ”なんて言葉が登場する必然性が分からない」と書いたところ、コメントで先輩方の解釈を伺うことができスッキリした、ということがありました。
でも、「恋がしたいな」については既に僕なりに歌詞全体のストーリー設定に「答」を見つけていて、それがおそらくみなさまにとっては相当に突拍子もないと言うか大胆な解釈なのです。
今日は恥覚悟で思いきってそれをご紹介しようと・・・。同時に、あわよくば先輩方に「正しい解釈」を教えて頂きたい、という主旨でございます(汗)。
枕もそこそこに・・・乞、逆伝授!


ここんとこ僕の辞書に 事件という文字がない
F               B♭     C  Dm          E♭       

スバ ラシイことだ ♪
B♭  C         F      B♭ C

スーツにゆでたまごの
F                B♭    C

人生はコピーだが ワイフは美しい ♪
Dm     E♭           B♭ C      F

冒頭のAメロ歌詞部からまず僕の頭に浮かんだ主人公像は、ごくごく普通の「勤め人」。
普通に家庭を持ち、平凡ながらそれなりに充実した毎日を送っている中年男性の日常・・・かと思いきや。
Bメロに入ると

シア ワセと退屈は うら おもてだなんて
B♭  C        F         B♭  C             Dm

夢  の見かた忘れた
B♭  C           F     Am7(onE)

幼  稚な    奴等の いいぐさだ ♪
Dm   Dm7(onC)  B♭        C

何か様子がおかしい・・・主人公はそんな平凡な日常に違和感を覚えているようです。
そしてサビでは

さやに銀のナイフ そっとおさめて僕も
Fm  E♭6  B♭     Fm     E♭6     B♭

タブロイドの陰に つぶやきを隠そう ♪
Fm E♭6    B♭   Fm   E♭6    B♭

硬質でぎこちない「衝動」が描かれます。
そして唐突に、「恋がしたいな」のタイトルフレーズを隠れるようにしてつぶやく主人公。
これは一体・・・?

僕はアルバム購入後しばらくの間この曲に強く惹かれつつも、サビの最後に登場する「恋がしたいな」というキメのフレーズがそれまでのAメロ、Bメロからの流れと結びけられず、歌詞解釈に悶々としていたものでした。
これはつまり、幸せなんだけど退屈な日常の裏で、「人生を変えたい」と密かな願望を持っている、という感じなのかな。でも何か釈然としないな、と・・・。

それが、「あっ、そうか!」とスッと腑におちたのが、このアルバムからタイトルチューンの「sur←」の考察記事を書いた直後のことでした。
とは言っても、例によって僕なりの「深読み」(邪推とも言う)です。みなさまにおかれましては、ここからは「こんな解釈があるのか」という感じで、もの珍しさで読んで頂ければと思います(汗)。

覚さんって、絶対SF小説を読む人だと思うんですね。
何故なら、アルバム1曲目「sur←」の中に「ニューロマンサー」というフレーズが登場するから。
これは80年代末から90年代にかけてSF界を席巻し、今も多くのフォロワーを輩出しているニュー・ジャンル『サイバーパンク』の元祖とも言われる、ウィリアム・ギブスンの名作『ニューロマンサー』をオマージュしているものと思われます。
とは言え、ロックよりも先にSF小説に嵌っていた僕はギブスンの『ニューロマンサー』を読んだことがありましたが、このフレーズに「?」となったジュリーファンはきっと多かったのかな。

一方「恋がしたいな」の歌詞全体に「?」を抱えていた僕とすれば、同じ覚さん作詞作品である「sur←」の「ニューロマンサー」に倣って「SF」のキーワードでこの詞を読み解けるかもしれない、と考えてみました。
「分からない」言葉はどれだ?と探してまず着目したのが、1番Aメロの「人生はコピーだが」なる表現です。
思い当たったのが、「これは、クローン・アンドロイドの物語ではないだろうか」という。

遠い未来の話なんでしょうけど、「複製人間」が普通の人と同じように暮らし、その生をまっとうしてゆく時代がいつか来るのかもしれません。「恋がしたいな」はそんな世界をさらにSF的におし進めた物語。
主人公は、ランダムに選ばれた「誰か」の人生をそのままなぞって生きているクローン・アンドロイドの一人。彼等の「人生」は試験的に政府機関の監視を受け、ゴシップ雑誌からも興味本位に情報開示されています(もうひとつのキーワード「タブロイド」からの連想)。
クローン本人は「感情」こそあれ生き方を自分で選べる立場にはなく、ただ誰かが以前辿った道をそのまま歩いているだけ。特にその人生に不満があるわけではないけれど、ふと、この決められたルートを逸脱する「個」の衝動に駆られる主人公。
どうすれば自分は変われるんだろう。

「恋がしたいな」

うん、これはロバート・シルヴァーバーグあたりが書きそうなストーリだぞ!
いかがでしょうか。やっぱり飛躍が過ぎるかな?

キーワードはさらにもうひとつ・・・2番に「回転ドア」というフレーズが出てきますよね。
日本SF作家のレジェンドの1人である半村良さんに『回転扉』という作品があります。ごくごく平凡な毎日を送っていたある兄弟が、亡くなった父親と瓜二つの男と出逢ってから突然、事業など何もかもトントン拍子にうまく事が運ぶようになり生活が劇変するのですが実は・・・という話で、ひとつにはその「劇変」を象徴する言葉の意味含めてタイトルが『回転扉』。
僕は覚さんが使った「回転ドア」に同じイメージを重ねます。例え解釈自体は強引としても、覚さんの「恋がしたいな」が「コピーの日々」からの変化、打破を求める物語であることは言えるでしょう。

ただ、最終的に主人公が恋をしたのか、「恋し方」が分からなくて苦悩したんじゃないか・・・などと、僕はそんなところまで考えてしまっているんですけどね・・・。
いやいや、得意の邪推を長々と失礼しました。

それではここで、覚さんが大いにインスピレーションをかき立てられたであろう吉田光さんのメロディーについても書いておきませんとね。
特徴的、個性的な曲です。こういう曲だからこそ、覚さんのあの歌詞が載ったのか、とも思います。

吉田さんと言えば、単に「ハード」にとどまらず、プログレであったり、オルタナであったり、アフターパンク寄りのゴシック・ロックであったり・・・阿久=大野時代とはまた違うヴィジュアル、構想力に秀でた「ギンギンのジュリー」を体現してくれるド派手なロック・ナンバーの数々をまず思い出しますよね。
僕が吉田さんのジュリー提供曲の中で最も好きな「Shangri-la」は正にそんなナンバーですが、2番目に好きなこの「恋がしたいな」は幾多ある吉田さん作曲のジュリー・ナンバーとしては「静かなる野心作、異色作」といった位置づけになりましょう。

吉田さんの曲はどれも、小節割りからコード進行から「ひと筋縄ではいかない」高度に練りこまれた作り込みが最大の個性。
その点、「恋がしたいな」はド派手な一連のロック・ナンバー以上に凄いんですよ。こんなにポップで行儀の良い曲なのに、紐解けば特級の変化球であり、ジュリーのヴォーカルが楽々とそれに応えている、という二重の驚きに目を見張ることになります。

最大の特徴はサビ部。
ヘ長調からヘ短調の転調です。これは「同主音による近親移調」で、これまで「追憶」「涙色の空」などの数曲のジュリー・ナンバー考察記事で触れたことがあります。ただし、それらはすべて短調でAメロが始まり、サビで明るい長調に転ずるというものでした。
「恋がしたいな」の場合は逆。長調で始まった曲がサビで哀愁を纏う短調へと一転するのです。

実は邦楽で採り入れられる「同主音による近親移調」はそのほとんどが「追憶」のような「短調から長調」のパターンです。もちろん例外も多くありますが、比率とすれば相当偏ってはいます。
これは長年個人的に「不思議だなぁ」と考えていたこと。ある意味、国民性なのでしょうかねぇ。

洋楽に目を向ければ、比率は半々くらいでしょうか。
例えばビートルズ。「同主音による近親移調」を用いた曲は数多く挙げられる中、「短調→長調」は「今日の誓い」「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」「アイ・ミー・マイン」(いずれもイ短調からイ長調)。一方「長調→短調」だと「ノルウェーの森」「フール・オン・ザ・ヒル」(いずれもニ長調からニ短調)、「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」(ト長調からト短調)と、みなさまご存知であろう有名な曲が次々に頭に出てきますし、ポール・マッカートニーのソロになると圧倒的に「長調→短調」の比率が上がって、「ワンス・アポン・ア・ロング・アゴー」「ラヴリエスト・シング」「ビューティフル・ナイト」など。
ビリー・ジョエルなんかも「プレッシャー」「レニングラード」といった「長調→短調」パターンの曲の方が先に思い当たるくらいです。
これをして、「恋がしたいな」に吉田光さんの「洋楽嗜好」を見てとることはできると思います。

また、Aメロが1回し目と2回し目で微妙に進行、メロディーを変えてくるという手法も吉田さんならでは。これは他の吉田さん作曲ジュリー・ナンバーにも見られる特色で、とにかく細部の煮詰め方が半端ないのですね。
「一筋縄ではいかない」・・・でも、最高にポップに聴こえます。何より、淡々としつつも優しげな雰囲気があるじゃないですか。素晴らしい名曲だと思います。

ジュリーの、何気ない中にふと色気を見せるクールな歌い方は、90年代独特のものかな。
かと言ってアルバム全編そうではなくて、むしろ「恋がしたいな」は唯一無二ですよね。
他収録曲には「時計/夏がいく」のような歌い方もあれば、「ZA ZA ZA」があり「あんじょうやりや」のような歌もあり・・・とんでもないヴォーカル・アルバムですよ。
ジュリー、セルフ・プロデュース時代の幕開けにふさわしい名盤です。

僕はこれまでこのアルバムからは「緑色の部屋」「時計/夏がいく」「さよならを待たせて」「あんじょうやりや」「君が嫁いだ景色」「銀の骨」と、半分以上の6曲を生のLIVEで体感できています。
『ジュリー祭り』デビューの僕からすると、『sur←』は2007年までのオリジナル・アルバムの中では特にセットリスト入り率の高い1枚、という印象なのです。
残された4曲の中、「ZA ZA ZA」そしてこの「恋がしたいな」の2曲については、いずれ聴く機会があるのでは?と期待していますが・・・さて実現するでしょうか。


それでは、オマケです!
今日は、福岡の先輩からお預かりしている資料の中から『BRUTUS』1996年2月1日号。
この時点でジュリーの最新アルバムは前年95年にリリースされていた『sur←』で、DVD『Zuzusongs』と共に記事中で紹介されていますよ~。


Brutus1

Brutus2

Brutus3

Brutus4

Brutus5

Brutus6

Brutus7

Brutus8

Brutus9


「Don't Look Back In Anger」なる踊り文句はなかなか意味深です。これが単に「Look Back In Anger」だとよく聞く言葉で、例えばデヴィッド・ボウイにもそのままのタイトルの曲があります(79年リリースのアルバム『ロジャー』収録、邦題は「怒りをこめてふり返れ)。
このジュリーの記事はそこに「Don't」がついているわけですね。どういう意味になるのかなぁ。


・・・ということで。
新譜リリースまではだいたいこのくらいのペースでビッシビシ更新していきます。
今は、その期間に「書きたい」と意欲を持っている曲達を1枚のCDに纏めて通勤や勤務内移動の時間に聴いています。本当に、どれもこれも名曲ばかりです。

みなさまのご贔屓の曲がその中に1曲でも入っていると良いのですが・・・。
次回は80年代、絶品のバラードを採り上げる予定です。どうぞお楽しみに!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

沢田研二 「何を失くしてもかまわない」

from『チャコール・グレイの肖像』、1976

Tyakoruglay

1. ジョセフィーヌのために
2. 夜の河を渡る前に
3. 何を失くしてもかまわない
4. コバルトの季節の中で
5. 桃いろの旅行者
6. 片腕の賭博師
7. ヘヴィーだね
8. ロ・メロメロ
9. 影絵
10. あのままだよ

---------------------

怒涛のペースで更新しているので、読んでくださるみなさまに大変な労力をおかけしているのではないかと思いますが(汗)、今日も張り切ってまいります。
みなさまのご自由にナナメ読みして頂ければ・・・。
更新頻度が高いぶん、なるべくコンパクトに書くことは心がけますので!

ということで枕は短めに・・・今日は、アルバム『チャコール・グレイの肖像』から「何を失くしてもかまわない」を採り上げたいと思います。

僕らは今、「全編ジュリー作詞」の新譜を毎年聴けるというとても幸せな状況にありますが、「全編ジュリーの作曲」ということになると、この76年リリースのアルバムまで遡らなければならないんですよね。
ジュリーの作曲のみならず、豪華な作詞陣による抒情性も、そして演奏、アレンジについても驚くほどにクオリティーの高い大名盤です。

僕がこのアルバムで最も好きな曲は、70年代和製グラム・ロックの最高傑作とも言える「夜の河を渡る前に」。僅差で続くのが「桃いろの旅行者」です。
では3番手は?
これが難しい。どの曲も大好きだし何かしら傑出したところがあって・・・決められません。
ただ、ジュリーの持つ「清潔さ」「生真面目さ」がそのまま自作のメロディーや藤公之介さんの詞、バックの演奏にまで反映されていること、ジュリーの当時の稀有な美声だけではない、楽曲全体の「美しさ」という点で、「何を失くしてもかまわない」は特に素晴らしい1曲ではないでしょうか。
今日は「ジュリー50周年」を僕なりにしみじみと考えつつ、妄想も織り交ぜつつ(汗)・・・伝授です!


「何を失くしてもかまわない」を「とても悲しい歌」だと思っているかたは多いのではないでしょうか。
それは確かにそうなんです。切なくなるメロディー、歌詞ですよね。

そもそも、50年の歴史の中でジュリー自身による作曲作品は数あれど、比率とすればジュリーは圧倒的に長調で作曲することの方が多いです。
ところが、『チャコール・グレイの肖像』では、「何を失くしてもかまわない」「桃いろの旅行者」「ヘヴィーだね」「影絵」「あのままだよ」と、収録曲の半分が短調。それだけでも異例のアルバムと言えます。
これは、当時のジュリーの環境、状況が色濃く反映されたと考えるより他ありません。
76年のジュリーにどんなことがあったのかを僕が知ったのは『ジュリー祭り』以降のことでした。
”第一次ジュリー堕ち期”のポリドールのアルバム大人買いの頃は何も知らず・・・僕は本当にそんなことすら分からないまま『チャコール・グレイの肖像』を聴いていたんですよねぇ。

一方リアルタイムでこのアルバムを聴いた先輩方は、短調のバラードである「何を失くしてもかまわない」で、その美しさに感動しつつも、胸をしめつけられるような感覚があったのではないでしょうか。

でも、ちょっと待って下さい。
「何を失くしてもかまわない」って、本当にそんなに悲しい歌でしょうか。悲しい物語なのでしょうか。
例えば(可能性はほぼゼロに近いでしょうけど)今のジュリーがこの曲を歌っているシーンを想像してみましょう。どんなふうに聴こえるでしょうか。(引用)

がむしゃらに 走り続けていると
   Em                  Bm

まわりの景色が  わからない
G                Am    B7        Em

まして後を 振り返ることなど
G          D  Am                G   B7

思いもよらないことだった ♪
   Em       G    B7        Em

唐突ですが、僕は男としては歩くのが遅い方です。
先述した先輩とは「歩く速度」の相性がすごく良くて、もうひとりの先輩とカミさんと4人でお会いした時に街をブラブラと散歩していると、いつの間にか完全に2対2に分かれてしまっていることがよくあります。2人して相当ゆっくり歩いているのでしょうな~。
逆に、こちらもいつも仲良くしてくださる先輩で「女性でここまで」と思うほど速いスピードで颯爽と歩くかたもいらっしゃいます。僕は先輩に合わせて頑張って速く歩きますが、それは苦ではありません。いつもより早く歩いているので、景色がいつもと違って見えます。それもまた楽しいものです。
あと、完全に余談ながら、YOKO君は僕以上に歩くのが遅いです。彼はどうやら同時に2つのことをするのが苦手なタイプのようで、おしゃべりしながらだと信じられないほどゆっくり歩きます(笑)。

まぁ僕やYOKO君の例は置いとくとして、一般的には女性より男性の方が歩幅も広いし歩くのが速いですよね。彼氏の歩くスピードについていくのが大変、という女性の話は、現実でもよく聞くことがあります。

「何を失くしてもかまわない」では、男女が共に生きてきた道のりを「歩く速度の違い」に例えて男性視点で語っています。
主人公の男性は凄まじい猛スピードで人生を駆けてきたようで、ふと「彼女は後ろから必死でついてきているんだけど、自分があまりに速いのでいつの間にか2人の間に途方もない距離ができていた」ことに気がつくわけですね。
ジュリーの50年、その1年目、2年目からずっと応援してきた先輩方は実感していらっしゃると思います。
ジュリーはとてつもないスピードでどんどん先に進んで、それこそがむしゃらに走り続けていて・・・背中を見失わないように追いかけることは、楽しいながらもとても大変だったのではないですか?

対して、『ジュリー祭り』からジュリーを追いかけ始めた僕の距離感覚はどうかと言うと・・・。
もちろん、ジュリーは僕より遥か先を行っています。その時その時の「時代」を見つめながら、先のことを考えて歌い続けていますね。
でも、遠くに辛うじて見えるジュリーの背中は、それ以上遠ざかっていく感じはしません。離れて歩いていても、その歩幅自体はファンと同じである気がします。
ジュリーがいつからそんな感じになっていったのか僕には分からないのですが、先輩方ならなんとなく時期を思い浮かべることができるのかもしれませんね。やっぱり、セルフ・プロデュースでアルバムを作り始めた頃なのかな。或いは2001年あたりから?
それとも、もっと最近になってからでしょうか。

そして今年、50周年のメモリアル・イヤー。
夏からの全国ツアーについて「デビューから50年間のシングルの中から50曲を選んで歌う」と宣言してくれたジュリー。これはもう、新しいファンも新規ファンもみんなが「ジュリーの1年目」に立ち返り
「僕(ジュリー)と一緒に50年をおさらいしてみよう」
というステージになること、間違いありません。

ここで待っていよう 追いつくのを
Bm                          Am       Em

それからにしよう 先のことは
       Bm               Am       D7

何を失くしてもかまわない
   Em       G   F#7       B7

あなたの心をとり戻せるなら ♪
      Am   Em      D          Em

お正月コンサートが終わった直後は毎年そうですが、今ジュリーファンは深刻な「じゅり枯れ」の時期。
でも、夏の全国ツアーがはじまるまでの間を「遠くからずっとジュリーを追いかけていたみんなを、ジュリーが自分の横に追いつくまで待ってくれている時間」だと考えてみてはどうでしょう。
これはボ~ッとしてはいられませんよ!
そして

「それからにしよう、先のことは♪」

僕は直接聞いていませんが、お正月のMCでジュリーは「70を超えたらみんなを楽しませることを考えている」と言ってくれたそうですね。
50周年を区切りとして、その先はジュリーもファンも同じ歩幅で、並んでゆっくりと歩いてゆく・・・ジュリーはそんな歌人生を考えているのかもしれません。

そんな妄想に耽りながら「何を失くしてもかまわない」を聴いていると、この歌は短調のバラードでありながら全然切なくはなくて、心躍るジュリーとファンとの相思相愛の歌のようにも聴こえてきます。
「何を失くしても・・・」とは確かに悲愴な印象を受けるタイトル・フレーズなんだけど、リリースから41年経った今それを、「大切な人、大切なもの以外はもういらない」という素敵な断捨離ソングとして解釈するのもアリではないでしょうか。
これが、今回僕が「何を失くしてもかまわない」を採り上げて書きたかったことです。
いかがでしょうか?


さて、これだけで記事を終えてもナンなので、この曲の素晴らしい演奏について少し書いておきましょう。
左右にミックスを分けた2本のエレキギターによるツイン・リード・アレンジの感触から、これは井上バンドの演奏ではないかと僕は考えています。
『チャコール・グレイの肖像』は各曲ごとの演奏クレジット明記はないのですが、昨年書いた「桃いろの旅行者」の記事に、「堯之さんか大野さんがアレンジを担当している曲が井上バンドで、船山さんアレンジの曲が羽田健太郎さん、後藤次利さん達の演奏と考えるのが自然」という、ねこ仮面様からの目からウロコなコメントを頂きました。
「何を失くしてもかまわない」は堯之さんのアレンジですから、そのお言葉とも合致します。

初聴の印象に反して、意外にトラック数の多い曲です。
例えば鍵盤は、左サイドにミックスされたピアノの他、センターではシンセ・ストリングス、2番から登場するバンドネオンのような音色のキーボードの計3トラック。
ギターは左右のエレキギターに加え、センターにアコギ、スティールの計4トラックです。
左サイドのエレキは要所要所で右サイドのメイン・リードとハモるセカンド・リードとなっています。こういう仕上げ方はいかにも井上バンド、だと思うんですよ。

全トラックの中で僕が最も惹かれるのは、間奏の最後の最後、2番のジュリーの歌が始まる直前に美しくヒラヒラと3連符で舞うピアノのフレーズです。
以前「櫻舗道」の記事で触れた「桜アレンジ」とよく似ていますが、アルバムが『チャコール・グレイの肖像』ですから、ここは「枯葉アレンジ」と呼びたいところ。
まるで「わくらば」(←恥ずかしながらピーの「一枚の写真」を聴くまで知らなかった言葉。もう覚えました!)が風に舞い飛んでいるかのようなピアノは、この曲、このアルバムにピッタリの名演だと思います。


それでは、オマケです!
今日は、Mママ様からお預かりしている切り抜き資料から、『沢田研二/イメージの世界』という特集記事を。

お題曲とは少し年が違うのですが、ジュリーがラジオ番組『沢田研二の愛を求めて』の中で藤公之介さんの詩を朗読したことがあって、それを題材にジュリーのフォトと共に構成した内容となっています。


Image1

Image2

Image3

Image4

Image5

僕は『沢田研二の愛を求めて』なるラジオ番組についてまったく知りませんし、そもそもこの記事が何の雑誌に掲載されていたのかも分かっていません。
サイズ、紙質から考えると『女学生の友』でしょうか。
先輩方からの伝授、お待ちしています。特にラジオ番組については知りたいなぁ。
特番だったのか、それともある程度継続してオンエアされた番組があったのか・・・。


では次回更新は、90年代の名曲を予定しています。
いくらジュリーが夏からのツアーまでの間「ここで待っていよう、追いつくのを♪」と言ってくれている(妄想ですけどね)としても、新規ファンの僕は先輩方と違って、相当ダッシュで駆けなければジュリーの背中には追いつきません。そりゃあ、とんでもない距離ですよ。

リアルタイムでは知らなかったジュリーの名曲達をどんどん採り上げて、ひとまずがむしゃらにジュリーの背中を追いかけてみようと思っています。
引き続き、更新頑張ります!

| | コメント (13) | トラックバック (0)

«沢田研二 「そばにいたい」